aspotaトップサイトマップ

« 潜伏中!? 11:06AM | メイン | 世界美食フリーツアー »

首狩族とアフターマッチファンクション

コブラ10sもマレーシア・ボルネオイーグルズが優勝して終了した。優勝セレモニーの後、僕らは一旦ホテルへ戻り、着替えて「アフターマッチファンクション」と言うラグビーの試合終了後に行われる事がラグビーの伝統となっているパーティに出かけた。

普段、国際大会のファンクションパーティではナンバーワンと呼ばれるネクタイにブレザーの正装が基本。だが、ここマレーシアのように、とんでもなく暑い場所では、スマートであれば特にブレザーを着用する事が必須ではなくなってきている。他の国のレフリー達は、それぞれの協会のエンブレム付のポロシャツを着ていた。僕の場合は、基本的にどこでもドレスシャツに協会ネクタイを着用して行く。

ディナーを取りながらのパーティとなるが、大きい国際大会では、テーブルディナーがほとんど。その下のランクの大会では、スタンディングでケータリングサービス(ビュッフェ方式)で行われる事が多い。今回も、大会運営・チーム・レフリーそれぞれテーブルに振り分けられてのディナーであった。

大きな国際試合ともなると、その地域の一番高級なホテルを使い、政府関係者も来られる。今回は、こちらの観光省大臣が主賓であった。

アフターマッチファンクションでは、スポンサーからの挨拶や大会オーガナイザーからの挨拶、主賓挨拶、チームへのプレゼンテーション、レフリーへのプレゼンテーションが行われる。

今回、決勝を吹いた事で、こちらのラグビー協会の会長からプレゼンテーションがあった。記念品は、6月にアジアバーバリアンズ対サバ州代表(地元チーム)の試合を担当したときの大きな写真。なかなかレフリーがこのような粋なプレゼントを頂くことが少ないので、本当に感激した。
難しい試合を担当して大きな重圧にさらされて来た事が、一気にリリースされた瞬間でもあった。


Cobra%2010s%202%20009.JPG

頂いた写真。


そして、ファンクションパーティでは、各チームが歌や踊りの出し物をやって感謝とエールを贈るのがラグビーの伝統だ。チームは、チーム間の士気を高めるために、普段から一緒に歌を練習し歌ったりする。
フィジーやサモアのクリスチャンソングはいつ聴いてもすごく綺麗で素晴らしい。
ニュージーランドもハカ(マオリ族の踊り)をやった。

また、地元協会のエンターテイメントもあった。バンドや地元の踊り(バンブーダンス)を披露。10歳の女の子がダンスと歌を披露したが、これはかなりインパクト強かったなあ。

そして、地元の踊りのハイライトが、ボルネオ半島に住む原住民の首狩族による踊り。吹き矢のデモンストレーションもやってくれた。実は、ボルネオ半島には、いくつかの首狩民族がおり、ムルト族・イバン族・カダザン族が有名な民族。
この日はムルト族の踊りだったが、実は、以前にイバン族の村へ訪問した事がある。


Brunei2007July%20073.JPG

ブルネイジャングル中の野良水牛

「ロングハウス」と呼ばれる、名前そのままの長屋に住んでいて、かなりジャングルに囲まれた所に住んでいる。今はさすがに人の首は狩っていないらしいけど、未だにサルの首は狩るそうだ。
なぜ、首を狩るのかという疑問が沸くが、いくつか説があるらしい。一つは、ジャングルの中で、植物しか食料がない為、種族を絶やさない為に食べ合うと言う説。もう一つは、いくつ首を狩ることが出来るかが、強い男性を表す力の証明であって、その為に首を狩ってシャレコウベを人々に見せる説。
実際に、家の玄関の前にはちょっとした台があって、そこにガイコツ(現在はサル)を置くと言う。
この部族の本では、おばちゃんが人間のガイコツをいくつも飾っている写真があった。

Brunei2007July%20077.JPG

ロングハウス


Brunei2007July%20079.JPG

T3@ロングハウス

また、これらの部族は、非常に背が小さく、大きい男性でも160cmくらいしかない。
キナバル山(標高4000m級)の東アジア最大の山で、登山競争があるらしいが、海外からのチャレンジャーの横を平気な顔して走って登って行っちゃうらしい。


Brunei2007July%20141.JPG

コタキナバルの中心部 1


Cobra%2010s%202%20075.JPG

コタキナバルの中心部 2

良い所、一度はおいでコタキ。

T3

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ