« 取材の撮影の撮影 | メイン | ジョージと多忙!! »

天気は大事なスパイス!

今日も、今週末の宮崎で行われるトップリーグの担当試合に向けての準備を行った。チームのスカウティング(プレー傾向分析)を行い、ラグビー協会で少しスケジュール等のミーティングをして、ジムに向かい汗を流した。

今週末の宮崎は少し気温が下がるらしい。
雨は降らないと思うが、天気へのシミュレーションや対策はレフリーとしても行う。

上田さんのブログで、天候対策についてお題を振られたので、反応。

雨の日のラグビーは僕は嫌いではない。雨の日は晴れの日と違って、チームの戦術・戦略が変わってきて、時には晴れの日とは違った思い切ったプレーの選択もなされるので面白い。例えば、ハイパント攻撃。ハイパント攻撃とは、スタンドオフ(10番)の位置から思いっきり高いボールを相手のフルバック(15番)の手前くらいに蹴って、落ちてくるくらいのタイミングで数人で一気に潰すプレー。フルバックがミスしてハンブルをすると一気にトライチャンスにつながる。しかし、上手いフルバックに蹴ってしまうと、上手に取られてすれ違いでビックゲインを許してしまう。このビッグゲインから、アンストラクチャプレーと呼ばれる、パターンにはまらないプレーに持ち込まれ、トライにつながるチャンスが広がる。このアンストラクチャーのトライは、ラグビー独特の選手一人一人の状況判断が絶妙に重なり、本当に芸術的なトライを生み出す。
今年のワールドカップでも、ウェールズ戦で、ジャパンが皆でつなぐ芸術的なトライを生んで世界中から絶賛されたのは記憶に新しい。

特に、僕が天候で気を使っているのはスパイク。もちろん自分の足に合ったスパイクしか履きたくないこだわりを持っているが、天候とグランドコンディションで現在4足のスパイクを履き分けている。このスパイクは、そのうち「スグレモノ」のコーナーで紹介する事にする。

また、トップレフリーは、「カンタベリー・オブ・ジャパン」のスポンサーシップにより、半そでと長そでのレフリージャージを支給されている。南国育ちの僕は長そでが好きで少し寒くなると着用を始める。

インナーについても、カンタベリー社のインナーを着用している。ここ3年くらいは、スパッツのようなコンプレッション(*少し筋肉に圧をかけ緊張状態でパフォーマンスを上げる)のインナーシャツを着用している。このコンプレッションも、半そでと長そでがあり、寒い時用と暑い時用がある。
半そで用のコンプレッションは、発汗作用にも優れており、体温が上がり過ぎないような対策も取っている。

本当は、選手たちの様にハーフタイム中に濡れたユニフォームを着替えて後半に挑むのがベストだが、残念ながらもう少し時間が必要だろう。
トップリーグの開幕戦もハーフタイムに着替えがなく、10分間寒い冷たい思いをしていた。後半のパフォーマンスに影響しないように、後半直前にウォームアップしなおすんだけど・・・。

2年前のマイクロソフトカップ(全国社会人大会)では、雪の中でレフリーをした。その日は長そでを着て、実はユニフォームの中はニュージーランド・ロトルアで購入した登山用のインナーシャツを着ていた。凄く暖かかったけど、暑くて汗まみれになったのでハーフタイムに脱いだ思い出がある。
その時は、グランドがアイスバーンみたいになっていたので、アルミニウムのスパイクで、通常より本数の少ないタイプを使用し、ガリガリっと走った。
試合後は、通常の試合よりも身体へのダメージはなかなかなものだった。


snowMicroSanyovsKUbota5.jpg

@雪のマイクロソフトカップ「三洋電機vsクボタ」


どんな天候でも試合を行うラグビーって言うスポーツは、それぞれの天候で本当に色んな事が起こって面白い。
それだけ面白いコンテンツがたくさん含まれているだけに、レフリーがしっかりとその良い味を引き出せるようにこだわりを持つのは当たり前であって、それがラグビーに対する敬意を払うと言う事だろう。
今年も暖冬だから、冬にドカッと雪が降ったりするのかも知れない。ヒョウかも知れないし、バケツをひっくり返したような雨かも知れない。12月の群馬県・太田の試合は冷たい北風の強風かも知れない。

snowMicroSanyovsKubota7.jpg

ラグビーって言う、鍛えられた大男達が、紳士的に緻密な”格闘”を行う。そこに天候という”スパイス”がミックスされて、より魅力的で、誰も想像する事が出来ないスリリングな展開になる。

ラグビーってそんなスポーツ。

楽しくてしょうがないね。

snowMicroSanyovsKubota9.jpg

T3

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ