« 初上陸!新潟! | メイン | 田中姿子さんへの回答!! »

アジア5ネイションズ 優勝!

ども、どもホルン。

日本代表 祝 初代チャンピオン!!

本日、14:00キックオフで新潟ビッグスワンスタジアムにて行われた、アジア5ネイションズは、

日本代表 75vs29  香港代表

で、日本代表の圧勝!!今回が、アジア5ネイションズ開催の初年度となった為、まだ来週に2試合(他の国々が2位決定戦と最下位決定戦を行う)を残して、我らが日本代表が全勝初優勝。


P2008_0518_114420.JPG

@ビッグスワン


新潟は気温24度ほどで、快晴と、非常に良いラグビー日和り。
グランドの芝も青々としてカーペットのような綺麗な状態。サッカーグランドとあって、短い芝生で、少し固めのグランドだったけど、とても良いコンディションでラグビーできたと思う。
約8000人の観衆がかけつけて応援してくれた。

今日の試合は、民放での生中継も、J-スカイスポーツでの生中継もあった。
また、この試合をユーロスポーツでヨーロッパ全土に放映し、ニュージーランドでも放映される。
ユーロスポーツでのコメンテーターは、僕の友達のガーベイさん。メールが来たので、色々と試合情報を送っておいた。

P2008_0519_003936.JPG

@試合プログラム

試合は、日本代表のアタックにかなり進化が見られた。ハプニング的にトライが取れたように見えるけど、かなりコントロールされて良いつなぎプレーからのトライばかり。
スクラムトライも、渾身のトライで、香港が意気消沈してしまう時間帯に取ったトライ。

ミスももちろんあったが、それは修正出来る範囲と思う。
ディフェンスの崩壊は、インサイドのフォワードの選手がディフェンスラインに立ち遅れていて、内からの押し上げが足りない為に、外国人バックスディフェンスが抜かれてしまっていた。

P2008_0518_114641.JPG


この試合で、レフリーを担当したのは、アラビアンガルフ協会No3のグラント・ベイトマン。スクラムマネージメントと反則の繰り返しに対する対処が後手を踏んだ感じはあったが、ゲームに影響する事も少なく試合結果には影響ないレフリングだった。
彼は、まだ3試合しかテストマッチを担当していないので、それを考えると良く頑張ってレフリーしていた。
試合後は、彼と、一緒に来ていた家族、IRBオフィサー、大会マネジャー、マレーシアタッチジャッジを連れて、ディナーでおもてなしをしてあげた。
グラントと家族は、この後、東京で数日の休暇を取る予定でいるので、色んな東京の案内をメモにしてサポートしてあげた。
今回は、新潟県協会レフリーのHi−Noさん達に多大なサポートを頂いて、海外招聘レフリーたちも非常にハッピーに大会を終える事が出来た。ラグビーを支えてくれているのは、このような仲間が全国にいるおかげ。Raizoも元気が出た。がんばるぞー。


P2008_0518_164035.JPG


試合後は、スタジアムでアフターマッチファンクションが行われ、そこでは、香港協会会長が、良いコメントをされていた。

「これまでの対 日本代表との戦いの長い歴史で、香港代表が3トライを奪い、29点という得点を取れた事は、香港にとって最高の結果であり、誇りに思う。日本代表が常に強さを見つけてくれて、それを他のアジアチームが切磋琢磨して追い付こうという姿に、自分たち香港代表の強化モチベーションがある。」

2011年ワールドカップで、アジアからの切符の可能性は2つ。
アジア全体が盛り上がる事でのみ、この2つを取るという結果はついてくる。
アジアのラグビー精神の熱い気持ちを感じさせるスピーチだった。

22日からは、Raizoはカザフスタンへ遠征。

カザフスタン vs アラビアンガルフ

色んな遠征にまつわる問題を抱えての出発になりそうだが、アジア5ネイションズの最終戦。そして、同時に、その試合に負けたチームは2部へ降格してしまう、どちらも負けられない厳しい試合。
モチベーションを上げていこう。

Raizo

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ