« ウォッカ de 帰国! | メイン | 雑誌ターザン! »

クラシックオールブラック戦!

ども、どもホルン。

クラシックオールブラックス 15−13 日本代表

ref%20080531.jpg

@ナショナルアンセム


惜しかった!!
大善戦。内容を細かく見ていくと、「クラシックオールブラックス(CAB)のミスが目立った」とか「日本代表はチャンスを生かしきれなかった」とかというコメントが多く聞かれたが、とにもかくにも、Raizo的には、”あの方法しかビッグネームに勝つ方法はない”というゲーム展開だったと思う。

ラグビーは、戦術・戦略も、気持ちも、天候も、レフリーもゲームに影響する度合いが比較的他のスポーツよりも多いスポーツ。昨日のように、日本代表が”競る条件”が揃っていると、えてしてああいう展開になっている。
昨年、Raizoが担当したCAB戦も今日と似たような条件。結果は、CAB25−20日本代表で日本代表が勝ちかけた。

CAB%202008%20027.JPG

@ポスター


ラグビーの場合、ビッグネームとの対戦は、ミスマッチになる可能性があるので、IRBは最近はマッチメイクを認めない傾向にある。
でも、昨日の親善試合は、明らかにナイスゲームであって、日本代表の強化にとても良い試合だった。


CAB%202008%20025.JPG

@チームオブ3(左から富士さん、ティム、Raizo)


歴史が造られる一歩手前の国際試合だったと思う。
行って生で見たお客さんは、本当に得をしたと思う。行ったお客さんからたくさん良いコメントをもらった。


試合中は、たくさんの日本でプレーしているもしくはプレーしていたオールブラックスの選手達がいた。
グランドで、「Taizo!久しぶりね!」なんて声をかけられたりしながら、ちょこちょこと話をしながら試合してた。フランカーの選手となんかは、僕らが使ってるトランシーバーの話なんかしてたりしたなぁ。でも、こんな話しながらも、やっぱりオールブラックス。プレーは、がっつり厳しいところにバシバシ身体を当てて入ってた・・・。迫力あったね。


2008_0531_154638AA.JPG

@元気だった?今、どうしてんの??


日本代表は、これからパシフィックネイションズカップで、NZマオリ、オーストラリアA、サモア、トンガ、フィジーと言った世界の強豪と対戦する。

Go Japan!!

Raizo

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ