« Round 2 ENGvsCANADA ! | メイン | ラウンド3!! »

トレーニング&レビュー

ども、どもホルン。

今日は、1日トレーニングDay。朝からレフリーミーティングで、ラウンド2のレビュー。

ビデオセッションにて、ブレイクダウンやファウルプレーのクリップでディスカッション。何と51シーンもあった。。。。。
51シーン全部が良い題材であったとは思えないが、僕らのようなU19ワールドカップ、U21ワールドカップ、セブンズワールドサーキットを共に参加したレフリーばかりではないので、コンセンサスを揃えるためにやっている。
2005年から一緒にやって来たレフリーは、オーストラリア・ニュージーランド・フランス・日本のレフリー。この4名はIRBパネルレフリーに入っている。その他は、たまに別の大会に参加したりしている感じでずっと一緒ではない。

長いビデオセッションが終わると、ラウンド3の割当発表があった。Raizoは、次のラウンドのレフリーはお休みで、タッチジャッジを務める。

ニューポートにて

カナダvsフィジー
イングランドvsオーストラリア

の2試合をタッチジャッジ担当。

しかし、このタッチジャッジを担当するという事が大きな意味を持つ。ミラクルが起こり始めている。。。。

%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg
@大会ロゴ

ミーティングが終わると、ホテルに戻りジムにこもった。。。
バイクとランとウェイトとプールと今日はフルコース。
今日のバイクはきつかったぁ〜。
クロスカントリーのバイクだったが、心拍数165で10分くらいこいだ時間があって、音楽を聴いてたけど、何を聞いてたか憶えてない。。。
一般のお客さんは、「必死に自転車をこぐアジア人」にちょっと釘付けになってたね。。。。視線が熱かった。

さてさて、今日は2つの規律委員会が開かれた。規律委員会とは、試合で出たレッドカード(退場処分)やサイティングコミッショナー(規律委員)によって試合中もしくは試合後に裁定処分が必要とされた選手を裁く法廷のような委員会。
フランスvsイタリア戦で、2つの危険なタックルが起こった。両方ともにフランスの選手であったが、1つ目のケースはタッチジャッジの申告によりレッドカード、2つ目のケースはサイティングコミッショナーによるもの。
結果的には、1つ目のケースは1週間の出場停止、2つ目のケースは2週間の出場停止となったそうだ。

%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%B3%E5%B8%AD%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%84%9F%E3%81%98.jpg
@シンビン席はこんな感じ

フランスはラウンド3でホスト国のウェールズと対戦する。かなり熱い試合になりそうだ。
その他、熱そうな試合は、南アフリカvsサモア、イタリアvs日本、アルゼンチンvsニュージーランド。
プール戦最後の試合となるラウンド3。勝てば上位進出が期待される。負ければ来年の降格の危機にさらされる。

ウェールズは、まれにみる快晴続き。
明日もトレーニングするぞ!

%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg
@マッチボール

Raizo

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ