aspotaトップサイトマップ

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月01日

H・I・S・ブログ更新!

どもほほほ。


冷たい雨もなんだか雪に変わるとか言ってるねぇ、、、。そんな天気予報も完全無視で、ただいま成田空港。
昨日で終了したプレーオフの余韻もなく、次の遠征国ニュージーランドに向けて出発!
と、言っても、、、ニュージーランド行くのにオーストラリア経由でのフライト。。。
先が思いやられるわい。。。

珍道中の始まり始まり。。。
あんまり楽しい感想はなさそうだから、びみょー。。。

H・I・Sの旅ブログを更新しました。

こちら↓↓↓

H・I・Sの旅ブロ

http://ameblo.jp/taizo-play-on/

Raizo(ラーゾー)

ジェット☆航空…。

Non Title
どもほほほ。

今回の遠征は、今まで聞いた事はあるけど、乗った事も、乗った人も知り合いにいない、J○T STAR。。

初めてだし、メンバーシップもなければ、知り合いもいない航空会社。心配事ばかりだが、ニュージーランド協会が委託した旅行会社より決められて送られてきたフライトチケットだから、交渉の余地はなし。


チェックインするのに延々と待たされ、チェックインの際に聞くところによると、機内サービスは水だけ…との事。完全にサービスなし。お金を払ってエンターテイメントや飲み物を購入する仕組みだが、イヤホンすら購入しなきゃいけないらしい。。

大丈夫かぁ??


しかも、イヤホンいくらかなと思い、尋ねてみると、「事前に予約してないから購入出来ません。」ときてバッサリと切られた。。

JALやANAのサービス(グランドホステスの会話の仕方や態度も含めて)が頭をよぎり、天国のように思えてきた…。


搭乗して、今頃は離陸しているはずなんだが、まだ成田空港…。


ちょっとした軟禁状態。。離陸にもたもたしていた為に(機内クルー同士の確認作業で)、雪が降り出し、翼の部分の雪を取り除く作業で跳べないとの機長アナウンス…。。

大丈夫かぁ??

珍道中過ぎるだろ…。。。

Raizo

2010年02月02日

オークランド到着!

どもほほほ。

雪の影響を理由に一時間以上の軟禁で、無事にゴールドコースト到着。

ゴールドコーストでは十分くらいしか乗り継ぎの時間がなく、慌てて買ったカプチーノも機内持ち込み不可と言われ破棄することに。。

係員に、「ここで飲むか、捨てるかになりますー。」

って新手の二者択一で一気飲みを強要されて、「じゃあ、よっしゃー!」って飲むわけがない…。

しかし、成田空港からゴールドコーストまでの約十時間強+ゴールドコーストからオークランドまでの6時間のフライト…。
見事にノーフード&ノードリンクだった。あと、ほぼないに等しいエンターテイメント。。
そんなちっちゃいテレビじゃ目の前に座った人しか見られないだろ。しかも、音なし。。

スチュワーデスとのコミュニケーションも結局ゼロだった。

オークランド空港に到着すると、いつもは他の国では通らない税関申告コーナーへ。ニュージーランドはスポーツシューズを見せなきゃいけない。理由は土が着いているから。
今回の遠征の荷造り、、一番始めにやったのは「スパイク洗い」。。

でも、ここはラグビー王国のニュージーランド。僕のようにラグビーを職業にしてる人には、パスポートコントロールも税関も全く質問されることなくスルーパス。
職員のおばちゃんからは、「ウェリントンセブンズ大会頑張ってね。」と元気づけられた。

家を出てからもう24時間以上経ったけど、もうちょっと頑張ってウェリントンを目指すとしよう。

Raizo
Non Title

2010年02月03日

ウエリントン到着! 

どもほほほ。

NZウエリントンへやっと到着!

強風で有名な風の街、ウエリントン。
飛行機は、ウエリントン空港へ近づく毎に大揺れでジェットコースター状態に。。。

00580.jpg


機内では、バックパッカーの日本人学生の2人と一緒になり、彼らからは「ナショナルトレジャー」と呼ばれ、空港に到着。。。

空港ではニュージーランド協会の方が送迎に来られてホテルへチェックイン。


00573.jpg

@ゴールドコースト空港にて。コーヒーを捨てられたところ。ポップなつもりのデザインも数字のゆがみがフライトを不安にさせる・・・。


ちょっとへとへとだったけど、ソッコーで1回目のレフリー会議。。。。

大会開始は金曜日だが、水曜日&木曜日で合計5回のミーティングがある予定・・・。
すごく忙しくなりそうだ。。。


Raizo

2010年02月04日

大激論勃発!

どもほほほ。

朝は7時から定例のマネージャー会議。
日本との時差が4時間あり、到着したばかりの僕にとってはちょいと厳しめ・・・。日本はまだ夜中の3時。。。


%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20013.JPG

会議の中で、各チームのストレスが大噴火して、IRBと一触即発になった。。。

原因は、飛行機での移動の事。

Raizoも、Noフード&Noドリンク&Noエンターテイメントによるはちゃめちゃな過酷移動を強いられて来たが、フランスチームから”正式な協会よりのクレーム”という形でわざわざ宣言してクレームが始まった。。。

一番の理由が、フランスから直行便やスムースに乗り継げる便がたくさんあったにも関わらず、”一番安いと思われるチケット”を大会側が手配した為に、ロンドン経由でニュージーランドに渡航しなければならなかったと言う事。しかも、ロンドンでは6時間のトランジットがあったそうだ。。。選手のコンディションやパフォーマンスを完全に大会主催側が無視している事の表れだと厳しく批判。

続いてスコットランド。
スコットランドも同様に長いトランジットの渡航を強いられていて、その待ち時間の間に、チームは”食べ物””飲み物””近くの休憩用ホテル”を取らなければならなくなり、それにかかる費用や手間がすべてチーム持ち出しになってしまう。しかも、このリクエストを事前にしていたのに、大会側はメール返答すらしなかったとの事で、その姿勢や考え方にひどく憤慨していた。
また、安いチケットや、格安の航空会社を使用すると、サービスがミニマムで制限されてしまう為、荷物超過分を支払わないとならなくなる。スポーツ選手が世界大会規模で海外移動する際には、規定の重量で移動する事は不可能。。。。この超過分を支払う金額で、良いフライトに乗れるくらいの金額には充分になるのに。。。

まぁ、今回僕も、乗り換えをする度に、荷物超過分の金額を払うように言われたから。。。Jet☆は、国際スポーツ選手やビジネストリップには向いてないね。


%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20009.JPG

@少女とブランコするフィジー監督・タニブラ


ニュージーランドがその後にガツンと、、、。

普段旅行をしない人たちが1回の旅行で海外に行くのであれば、ストレスも負担もほとんど苦ではないと思うが、一年で半年も国内・外を移動し続けるインターナショナルアスリートにとっては、問題は非常に大きい。
大会側にとってはトラベルコストを下げる事が収益を上げる一番の理由かもしれないが、本来、大会主催側が持たないといけない発想は、参加者のコンディションの確保ではないのか?チームが色々なプランをし時間をかけて大会成功の準備をしているのに、大会側がそれに答えないのは非常におかしい。

と言うもの。。まったくその通り。。。

簡単に”ステータス”という言葉で表現すると、多くの人たちは「甘やかされること」とか「あいつらは要求ばかりで・・・。」なんて言う事が多いけど、

”ステータス”=”最善を尽くす”

と言う事。その最善の尽くし方・尽くせる能力にレベルの差があると言う事。。。


過酷な活動を経験した人は、その経験をしたことない人たちよりも圧倒的に少数派なので、大会主催側や協会の上に立つ人たちの中にインテリジェンスが高く経験豊かでこういう事が理解してもらえる方々がいないと、とっても話は複雑になり難しい。。。。

%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20006.JPG

そんな激しい会議を終えると、すぐにフィジーvsサモアの練習マッチへ。。。


%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20008.JPG

@練習終わると反省会

ガンガンに走らされ、午後からはチームアクティビティ。。。
フェリーに乗り移動し、とんぼ返りしてまた夕方からレフリーミーティングと、レフリーディナー。。。


%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20023.JPG


一日大忙しで息をつく暇もないねぇ。。。


Raizo

2010年02月05日

クルセイダーズ!

Non Title
どもほほほ。

今年のスーパーラグビーのカンタベリークルセイダーズユニフォーム。
モノホンですぜ。

胸には新しいスポンサー「ニュージーランド銀行」のロゴが。

ビューティフル。

Raizo

ウエリントンパレード!

どもほほほ。

ニュージーランド・ウェリントンは快晴。

気温も20度くらいで心地好い感じ。

今日は、午後からウェリントンの街を練り歩くパレードに参加。


0589.jpg

レフリーチームはステージカーとゴルフカートに乗り込んで、とんでもない数の観客の中を通って、約一時間のパレードをエンジョイした。

0590.jpg

オフィスで仕事する人たちも、工事現場の人たちもパレードの間は仕事を中断して、歓声を送った。

さすがラグビー王国である。

元オールブラックスセブンズキャプテンのカール・テナナもテレビのコメンテーターで参加。
先日のトップリーグプレーオフも、ニュージーランドでコメンテーターしてくれたそうで、イロイロと世間話。


0587.jpg

@KT&Raizo

トップリーグもニュージーランドの目の肥えた人たちがたくさん観ているので、しっかりと国際基準に合わせて吹いて、コミュニケーションもラグビー用語については正しく英語を使わないと行けない時代が来たということかな。

0585.jpg

@James&Raizo


夕方からはアシスタントレフリーとのミーティングもしっかりやって、準備はバッチリ。

僕個人的には、IRBセブンズレフリー担当の世界記録更新大会になるが、大会に持ってきたフォーカスポイントに集中していこう。

Raizo

2010年02月06日

トライネイションズ!

Non Title
どもほほほ。

ビューティフル!

オリジナルのトライネイションズ優勝カップ。

2010トライネイションズのアジア優勝は、、、

Raizoに決定!


Raizo

2010年02月07日

ウェリントンセブンズ開幕!

どもほほほ。

ウェリントンセブンズ開幕!


Flying%20ref%20FijivsPNG.jpg

@Flying Referee!


日中は強い日差しで、とんでもなく暑かった。
今日の試合は3試合。

ARGvsSAMOA.jpg

フィジー ○ー× スコットランド
フィジー ○ー× パプアニューギニア
サモア ○ー× アルゼンチン


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20057.JPG


フィジーが、ライダーとオスカーの二人が走りまくり、ビッグスコアに。もちろんレフリーも走らされ、ガッチリと汗だくに。

3試合目は、この日一番難しい試合になってしまったサモアvsアルゼンチン。なぜ難しくなったかと言うと、このプールはカナダとフランスが入っていて、アルゼンチンは、カナダとフランスにまさかの敗北。。。
サモアに対して14点差をつけて勝たないとカップ準々決勝に進めないため、とんでもなくタフな試合になってしまった。


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20058.JPG

よくもまぁゲームの中でたくさんのことが起こるものである。

難しい試合だったけど、なんとかこなした。

今回の大会、ニュージーランド・イングランド・フィジー・サモアが強そう。南アフリカがたくさんの選手を怪我で失っているのがどう影響するか。

%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20063.JPG


明日も難しい試合が必ず当たるので、しっかりと準備しよう。
まずは、睡眠時間の確保だな。


Raizo

ウェリントンセブンズ決勝!

どもほほほ。

ウェリントンセブンズは、フィジーの逃げ切り優勝で終了。


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20107.JPG

カップ決勝

フィジー 19−14 サモア

ふたを開けてみれば、Raizoが大会前にレフリーしたトレーニングマッチと同じカードで、同じような内容だったねぇ。。。


Flying%20ref%20Kenia%20AUS.jpg

@Flying referee™


まぁ、フィジカルですわ。
でも、ティア2の国が決勝に立っている事がとても嬉しく思う。
他のティア2の国々もケニアのように大健闘。


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20226.JPG

@Flying Referee™


Raizoの出番は、

フランス ○ー× USA
オーストラリア 26−17 ケニア

シールド決勝

USA 17−14 トンガ


USAvsTonga.jpg

usavstonga%20pk.jpg


シールド決勝は、トンガが良いプレーを見せてくれて、USAが後半ロスタイムに刺し勝つ内容で、非常にエンターテイメントな試合だった。


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20230.JPG


大会チケット発売開始から3分間で売り切れとなった今回のウェリントンセブンズ。
35000人の大観衆の70%がウェリントン以外からわざわざやってきた人たち。
凄い仮装パーティの大観衆で、まともな格好をしている人は誰もいない。。。

%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20120.JPG


そして、スタジアムの客席にみんな座っているかと言うとそうではなく、コンコースの売店にビールを買いに行列に並び、コンコースやスタジアムの周りで大パーティしながら飲んで騒いで暴れている。。

%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20121.JPG


凄いパワー。

世界中大ヒットで、今期のNo1映画の「アバター」の格好していた人たちの集団がいてなかなか圧巻であった。


0605.jpg

@オールブラックスのイートン選手&Raizo

世界で一番のパーティーラグビー大会。

毎年毎年、どんどん規模がデカくなっている。
何度来てもエキサイティングな大会でRaizoも大好きな大会だなぁ。。

明日はちょっと一息休憩して、次のラスベガス大会に備えよう。


yc%20france.jpg

%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20214.JPG


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20217.JPG


Raizo

H・I・S・ブログ更新!

どもほほほ。

今年は寅年。
そんな南アフリカのトラをご紹介!

H・I・Sの旅ブログを更新しました。

こちら↓↓↓

H・I・Sの旅ブロ

http://ameblo.jp/taizo-play-on/

Raizo(ラーゾー)

2010年02月08日

ダニエル・カーターの店!

どもほほほ。

試合の翌日はレストとレビュー。

身体はガッチガチ。。。。

ボディポスチャーがちょっと悪い感じ。。。
明日、コンディショニングをフィジオに頼もう。。

午後の休みは街をぷらっと。

オールブラックスのスタンドオフ”ダニエル・カーター”のお店に行って買い物。

00613.jpg


店員のステファニーさんが良くしてくれてちょっと得したね。

昨夜には、パブにはリッチー・マコウの彼女が来てたね。
NZ協会の会長の娘さんもジョインした。いっつもNZに来ると思うけど、世間はとっても狭い。。。

あー、背中と肩がパリパリだぁ。。。

Raizo

USAへ移動開始!

どもほほほ。


DVC00623.jpg

ランチはたまたま一緒になったウェリントンセブンズ優勝チームのフィジーと。
セブンズの天才、ウィリアム・ライダーとは日本語が混ざりながら楽しく会話。
”ブルーノ”っていう6か月になるプードルを飼っている話で盛り上がった。ブルーノはデカいプードルらしく、大人の腰ぐらいある超大きいプードルらしい。。。

これからニュージーランド協会の方に空港まで送ってもらってアメリカへの移動開始。

ウェリントン→オークランド→ロサンゼルス→ラスベガスと移動するので、かなりの長旅になりそうだ・・・。
しかも、アメリカのセキュリティが厳しいので、ストレスがたまることは間違いないね。


ま、何とかなるでしょー。

今年のスーパー14のカンタベリーとオークランドのセカンドジャージ。
ビューティフル!


DVC00592.jpg

@カンタベリー・クルセイダーズ


0593.jpg

@オークランド・ブルーズ

Raizo

2010年02月09日

ラスベガス!

どもほほほ。

ウェリントンを出て、オークランド空港へ。
国内線から国際線に乗り換える為にシャトルバスへ。

国際線ターミナルではアメリカに行く人と、その他の国に行く人はゲートが分かれていた。
アメリカに行く人は、厳重にセキュリティチェック。


%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20105.JPG

ボディチェックも、トレーニングシューズの中も、カバンの中も厳重に検査。
何もないとは分かっていても、なんだかいい気はしないよね。

飛行機は、イングランド、オーストラリア、サモア代表と同じ便になった。
ニュージーランド航空を使ってアメリカを目指したので、行きのジェット☆と比べると、全くサービスが違って素晴らしく天国のようだなぁ。。。カウンターのおばちゃんも優しくしてくれたしぃ。。。
ニュージーランド航空なら世界中どこでも行きたいなぁ、何回でも乗ってもイイ感じがする。

%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20004.JPG


機内では、ずっと観たかった「パラノーマル・アクティビティ」を観る事が出来た。。。
でも、今サンくらいだった。。。ちょっと期待し過ぎたかなぁ。。。
評価出来るのは、製作費が100万円もかかっていなかった事(オリジナル映像にスピルバーグが手直しして150万円くらいになったとか)と、カメラ一つのワークで特殊効果を使ったこと。演技が微妙な事と、テンポがちょいイマイチな感じがしたなぁ。。。ちょっとベタでも、ホラー映画独特の音響効果があったら良かったのかね。。。

あとは、「サロゲート」。
素晴らしかったね。なかなかツボにハマる「アイランド」とか「iロボット」以来の未来SFで面白かった。
人間のアイデンティティと、人間の愛って、どんなに技術が発達してもアナログだって事だなぁ。
って、感想まじめ過ぎるなぁ、、、俺は何を言っておるんだ??

%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20289.JPG


もう一丁、仕事しながら見たのは「プッシュ」。
クリス・エバンス(ファンタスティック4)とダコタ・ファニングが超能力者に。
ダコタちゃんおっきくなったなぁ、、、っと歯とアゴをだいぶ矯正したね。。。役は13歳の役みたいだけど、まだまだ子役ばっちりイケる。
香港が舞台だけど、なかなかSF炸裂で面白かった。


最後に見た「ゾンビーランド」は最高だったね。
設定に多少の無理があっても、ゾンビ映画にはそんなの関係ない。
ひと噛みだけされても、ゾンビになるんだが、ゾンビが人を全部食べてしまうシーンもあり、人を食べつくす基準と襲って仲間にする基準とが曖昧でいい感じ。ゾンビ映画って、毒々しさの特殊効果と勢いがあればそれで充分だって事だなぁ。。。
面白かった!


周りでワラビーズの連中は早々に撃沈して寝てるけど、Raizoはパソコンに向かって、ひたすら充電が切れるまで仕事。。。

%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20013.JPG


ロサンゼルスに到着すると、ちょっとお腹が空いたのでナチョスでも。。。
また何ともデカいナチョスで全部は食べず、、、。

%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20014.JPG


イミグレーションでは、すんなり通過。。
アメリカにあまり来ない人たちは両手をガッチリ指紋とられるけど、Raizoのは一回だけの照合で通過。
荷物もすんなり通り、いよいよラスベガスへ到着!


%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20022.JPG


いきなり空港内にスロットマシーンが。。。


%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20021.JPG

ちょいとイカしたウェルカムだったね。

あー長旅疲れた〜。

%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20023.JPG

Raizo

2010年02月10日

カジノに到着!?

どもほほほ。

ラスベガスは砂漠の真ん中。。。

夏だと言うのに夜は劇的に寒い・・。


%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20027.JPG


空港からはアメリカ協会の方がバンでホテルまで送迎してくれた。しかも、映画に出てくるギャングが銀行強盗するような大きなバンで。。。
ちょっと興奮状態のレフリー軍団ではあるが、ワイワイ言いながらホテルへ。。

ホテルに到着すると目がテン・・・。

ホテルロビーはカジノ。

%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20043.JPG

Raizoはカジノに泊まるのかい?ホテルに泊まるのかい??

凄いホテルだ、しかしながら。


Raizo

桜開花!

どもほほほ。

こちらはラスベガス。。。砂漠の真ん中。。。

日本からは、河津桜が咲いたとのお知らせメールが送られてきた。

100207_121201.jpg

きれいだぁー。

去年はまともに桜をエンジョイしなかったけど、今年はちょっとエンジョイしたいね。たぶん出来るかな。

Raizo

2010年02月11日

神様の部屋!

どもほほほ。

現在宿泊中のホテル。

昨年出来たばっかりのホテル「ハードロック・ホテル」

Raizo好みのロックンロールなホテルで最高。

天国にいるみたいだぁー。

部屋にも神様の絵が飾ってある。

%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%92%20051.JPG

@神様じみへん

毎日拝みながら一日を過ごし、気合いが入るぜ。


Raizo

カートの神様!

どもほほほ。

ホテルの14階に泊まっているMEは、いつもエレベーターを乗り降りすると神様と出会う。

カート・コバーン。

%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20007.JPG

ニルヴァーナのCDは何回も聞いてはダメにして、同じCDを買う事が何度もあったなぁ。。

今日も何度も拝んできたぞ。


%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20003.JPG


部屋に行くまでの廊下でちょっと歌ったりなんかしてね。。。

今日も会議づめ。。。

Raizo

2010年02月12日

ハードロックな食事!

どもほほほ。

ハードロックな生活してるぜい。

ホテル中に流れるロックを聴きながら、ミーティング攻め。
昨日は、朝7時半からずーーーーーーーっとミーティングやレビューの連続で、夜の7時半までホテルの外に一歩も出る事なく。。

%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20020.JPG


ここのホテル生活は、どれくらいロックかと言うと、アメリカンコーヒーの象徴であるスターバックス・コーヒー。
ホテルでは、スターバーックスが飲み放題!

タダで飲めて最高。

小さな喜びをフィジーのレフリーと楽しんでる。
ミーティング攻めだから飲む量も増加しているから気をつけないと・・・。

%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20024.JPG


このいつも登場のフィジーレフリー・ジェイムス。
ちょいフィジーでは有名。
どれくらい有名かと言うと、プロゴルファーのビジェイ・シンより有名。
昨年は、フィジーのスポーツ大賞を受賞して、ビジェイ・シンと最終投票を争い勝った。

%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20025.JPG

@James Blabiu !


フィジーの国では、ラグビーセブンズの視聴率が70%を超えるのでラグビーのトップ選手たちは超有名人。
Raizoもフィジーのビッグゲームを担当する事が多く、同じティア2(強国9強を除くチーム)を引っ張るレフリーと言う事で、フィジーの人たちにはかなり良く知られているらしく、フィジーの知らない人たちに良く声をかけられる。。。

%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20026.JPG

@厳し目の表情でエスプレッソを攻める僕

今日も、朝から練習マッチだぁ。。
せわしなくしてますぞ。


Raizo

ジャニース!

どもほほほ。

ジャニス・ジョップリンー。


%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20010.JPG

若いねぇ。。。

今日もロックのオンパレードだぁ。

ミーティング詰めだぁ。。。

Raizo

2010年02月13日

ネバダから来ました!

どもほほほ。

こちらネバダ州はラスベガス。

ヤシマ美容室の歌がグルグル回りはじめた・・・。

今日は朝からプラクティスマッチ。

canada%20g.jpg

@フライングレフリー


カナダvsギアナ(英語でガイアナ)

の試合。

たくさん走らされて筋肉痛は必ずやってくるだろうねぇ。。。。

canada%20gueana.jpg

@フライングレフリー


カナダは結構試合組んで、結構な本数を毎日こなしてるなぁ。。
タックルがないルールでやっているから選手たちは比較的楽なんだけど、レフリーは距離を走るので、かなりしんどくなるなぁ。。


%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20033.JPG

空気が乾燥していて15度くらいまでしか気温も上がらないから風邪に注意で、たくさん水分を取ろう。

今日も会議つめだぁ。。。


Raizo

2010年02月15日

ラスベガスセブンズ開幕!

どもほほほ。

ラスベガスセブンズいよいよ開幕!
第1日目の第1試合目からなかなかの観客数。

今回の大会はプール・オブ・デス”死のプール”がほとんどで、ほとんどの試合が非常に難易度の高い試合。。。
チリとギアナが参加しているが、このチームが絡む試合も違う種類の難しさがあるので、全部の試合が難しいと言ってもいいね。


lasvegas%20usa%20fiji.jpg


今日は、三試合をレフリー担当。

   フィジー ○—× USA
オーストラリア ○—× フランス
スコットランド ○—× チリ


lasvegas%20usafiji.jpg


フィジー対USAは、USAの完璧なゲームプランで、もつれにもつれた。
結果はフィジー14−12USA。。。
USAが押し上げムードで、時間いっぱいって感じだったから、もし1分あったらUSAが勝った可能性はかなりあったね。


lasvegas%20chiliscotland.jpg

我らがジャパンはアルゼンチンに刺し勝って、みんなの度肝を抜いていた。
この若いチームが長期的に強化できる環境が一日も早く出来上がる事を祈るばかり。

明日も難しい試合が続くぞ!

Raizo

ベガスより速報便り!

どもほほほ。

今日もいい天気のラスベガスセブンズ2日目。

各ファイナルの速報!

lasvegas%20sevens%2009%20086.JPG

@マッチオフィシャル


我らがジャパンは大健闘。
世界の人々に、ジャパンはなかなか手ごわいぞと印象つける事が出来ると思う。
パスの精度もスピードも、ディフェンスのしぶとさや、ディフェンスラインの修正スピードリアクションもかなり精度が上がっていたと思う。

各ファイナルの結果は、

シールド決勝
スコットランド 17−7 日本

ボウル決勝
USA  28−17 フランス

プレート決勝
南アフリカ 12−7 フィジー

カップ決勝
サモア 33−12 ニュージーランド

lasvegas%20sevens%2009%20006.JPG

@サンボイスタジアム


カップ決勝は、骨の芯まで痛くなるようなかなりヘビーな戦いとなった。
ナタを打ち合っているようなフィジカルでパワフルながちんこ勝負。
喧嘩のような試合を制したのはサモア。

lasvegas%20sevens%2009%20090.JPG

大会中はIRBの分析屋さんで仲の良い友達のリースの手厚いサポートで、パフォーマンスも充実。
今日も、リースは多忙な一日をすごしているぞ。

ラスベガスは今日も眠らずパーティ・オンになるんだろうね。

Raizo

2010年02月16日

IRB Sevens 111 matches !!

どもほほほ。

IRBセブンズシリーズ ラウンド4 USAラウンドもサモアの劇的インターセプト2発で今シーズン初の優勝を決め終了。

lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20017.JPG


試合終了後のグランドは、ファンが大量にグランドへなだれこみ凄いことに。。。
小さい頃の5カ国対抗ラグビーでは良く見られたシーンではあるが、最近は、セキュリティが高いために、ほとんどこういう光景は見られなくなったので、ある意味新鮮。でも、ある意味ちょっと不安な感じだったね。。喧嘩や選手に何かあったりしたら大問題ではすまない事態になってしまうからね。

Raizoは、

フランス ○—× スコットランド

アメリカ ○—× アルゼンチン


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20006.JPG


アメリカvsアルゼンチンは、会場も含めて燃えたねぇ。。
前半アメリカが猛烈に攻撃を仕掛けるも、反側の連発。ホームびいきに行くわけには行かないので反側はきちんと取るんだけど、アメリカのファンはそりゃあ怒りますわね。
でも、この後からアメリカが素晴らしいトライを2トライ上げて、14−0で前半終了。アルゼンチンはほとんど何もやっていない状態の前半内容だったので、後半にエンジンがかかってきた。
アメリカが後半も先制して19−0になった後は、一方的にアルゼンチン。
19−14となったところで、残り5秒。
アルゼンチンのベンチど真ん前での、アルゼンチンの反則を取り、万事休す。。。
明らかな反則だったから致し方ないけど、ちょっとレフリングの強さが必要なシーンだった。

lasvegas%20usaargen.jpg

@フライングレフリー™

また、レビューして次の大会にしっかりつなげよう。

lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20010.JPG


今回のスタジアムは、サッカースタジアムで、フィールドの横幅が少し狭かった。大会前には各チームから猛烈な抗議があったくらい。
グランドも柔らかかったので、足への負担がいつもよりかなり大きい。足の疲労を取ることに全力だな。


lasvegas%20usaarg.jpg


IRBセブンズ大会のレフリー担当試合数
通算は、ちょうど「111試合」に。

Raizo

2010年02月17日

世界美食フリーツアー No.55!

どもほほほ。

大会が無事に終了し、大会後のファンクションパーティーに参加して、ラスベガス大会も一段落ついた。

アフターマッチファンクションは、ハードロックホテルのプール貸し切りで、盛大に生バンドでナイトクラブと化していた。

ちょっとした時間が空いたので、フィジーレフリーのジェームスとフィジー協会のマーケティングマネージャーとブランチに行ってきた。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20031.JPG

@アバクロの店につれていってあげたら、初めて香水を買ったジェイムス

行ってきたのは、「カジノロイヤル・デニーズ」。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20033.JPG


日本みたく「デニーズへようこそー!!」 っていうのは全くないんだけど、まぁこっちのアメリカンな店員たちは声がデカイわデカイわ。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20035.JPG


まずは、三人ともパフォーマンス成功の祝杯という事でシェイクを注文。完全にアメリカ人たちの中で浮いているパシフィックネイションズ。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20037.JPG

@厳し目の表情でストロベリーシェイクをベガスするの図。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20036.JPG

@厳し目のフィジアン


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20038.JPG

@厳し目の表情のフィジアン・マネージャー

やっぱりかぁあっ!って感じで、シェイクと共にスペアのシルバーマグがついてきた。。
飲み終わって、シルバーマグから継ぎ足すと、また満杯に…。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20039.JPG


食事食べられるかなぁという不安の会話をしていると、食事が運ばれてきた。ラーゾーは「バッファローウイング」と「オムレツセット」。。

lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20041.JPG

ウイングは甘辛いくて旨いなぁ、と思ったけど、じわっと辛い感じ。。ウイング→ストロベリーシェイク、ウイング→ストロベリーシェイクみたいな順番になって完食。

lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20045.JPG

オムレツは、オムレツの中身は玉ねぎとベーコン。何で、オムレツタマゴの上にまた半熟目玉焼きなんだぁ?とちょっと不思議になったけど、なかなかサイドでやってきたパンケーキと合うじゃないかぁ。これなら家でもできるかも。

lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20042.JPG

@トリオ


フィジー協会マーケティングマネージャーは、さすがに割腹が良い通りにたくさん食べる。。「トリオセット」にプラスして、デカイ「チーズケーキ」を完食。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20046.JPG


ジェームスも、「チキンステーキ」を完食して、三人共に、お腹がパンパンになり、歩くのもいつもの半分くらいのスピードになっちゃってた。。

lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20034.JPG


ちょっと満腹の為に口数も減った感じしたけど、三人ともに充実感と幸せでいっぱいのお食事だったなぁ。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20048.JPG

Raizo

最悪の緊急事態!!

どもほほほ。

最悪の事態…。

こちらはサンフランシスコ。。

何故か日本に帰国してない…。

sanfrancisco%200210%20001.JPG

朝7時にハードロックホテルをチェックアウトし、一人で空港へ。。。
空港ではUSエアウェイズのカウンターでスムースにチェックイン完了。

荷物が重いので、エクセスバゲッジを気にしたが、アメリカは荷物の重さには比較的に寛容な為、事なきを得て、出発ゲートを目指した。


lasvegas%20sevens%20DAY2%200210%20024.JPG

@シーザーズパレス


ゲートは「A3」とのことで、そちらでしばらくコーヒー片手にボケッとしてた。。ん、だけど、、急にゲートが「A5」に変更になりましたとのアナウンスが。。アメリカ人のオッサン、早口でごもごもと強いアメリカン英語でアナウンスしたら、韓国人の人やラテンの人たち解らないじゃないかぁ。。。
出発直前に、急にゲート変更ってあり!?って思いながらも、搭乗の時間に。。

まだ搭乗始まらず…。

しばらくすると、「応答待ちで十分ほど遅れます。」
とのアナウンス。

30分くらい経つと、搭乗が始まった。
半分くらいの人が飛行機に乗り込んだところで、搭乗中止!


ん、何があったんだ!?


てな具合いのざわつきで、一度乗り込んだ乗客がみんな飛行機から下ろされて、出てきた。。
怒り狂う中国人もいれば、不安で尋ねる女性もいたり、僕みたくちょっとギブアップ状態の人達もいて、ちょっと騒然。。。

結局、オペレーション待ちで一時間以上の遅れで、サンフランシスコに飛んだ。
飛行機では、2秒くらいの記憶しかなく、撃沈睡眠して、サンフランシスコに無事に到着ー。


lasvegas%20sevens%2009%20041.JPG


こっから最悪…。

USエアウェイズが大幅に遅れた為に、国際線乗り継ぎが出来なくなっちゃった。。。

まぁ、たまにあることと思い、USエアウェイズのチケットオフィスに行き、予約変更しに。

USエアウェイズのカウンター職員・・・最悪…。。フライトの遅延は、天候悪化によるもので、USエアウェイズはあとは知らないとか言い出した。ラスベガスの空港は快晴だったし、サンフランシスコも良い天気。。しかも、ラスベガス空港で、アナウンスがあった時には天気の事なんか言ってなかったぞ…。


sanfrancisco%200210%20002.JPG

@到着時のサンフランシスコ


職員おばちゃんじゃラチが開かないので、スーパーバイザーのでっかい太った黒人おばさんが出てきた。結局、最悪に険悪な態度を取られ、高圧的に言われ、何の進展もなし。。

USエアウェイズ以外のフライトはきちんとサンフランシスコに到着しているのに、USエアウェイズだけ遅れたらしい。

しかも、USエアウェイズが遅れたせいで、東京に帰る便が一日まるまる延び、宿泊が必要となるのに、自分で宿泊代を払えとの事。


lasvegas%20sevens%2009%20044.JPG

@トランプビル

この会社、昨年にハドソン川での不時着事故を起こしているので、多少の霧では空港に飛びたくないのだろうね。パイロットが未熟って事だなぁ。。確かに、変な運転してた…。

lasvegas%20sevens%2009%20040.JPG

@アメカジのベタ。アバクロ。

そして、ラスベガスから日本に直接運ばれるはずの荷物を取りに行くように指示をされた。延々と歩きバゲッジ・サービスに行ったけど荷物なんかありゃしない。。

サンフランシスコから東京まではJALで飛ぶので、JALのカウンターへ移動。国内線ターミナルから国際線ターミナルへトボトボと歩いて行き、JALカウンターへ。。

JALのグランドホステス職員の対応は、パーフェクトだったね。飛行機の予約変更の手続きも丁寧に案内してくれて、空港付近で宿泊するホテルも安いホテルを案内してくれて、行き方やその他必要な事を細かく教えてくれた。。行方不明の荷物も探してくれるそう。

%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20009.JPG

@ホテルパリス

USエアウェイズは、自分たちの責任をJALに押し付けるような言い方で、実際に今回は全部JALにやらせたねぇ。これは今日だけじゃないらしく、昨日もUSエアウェイズが遅れて、乗り継ぎがあった乗客は「JALが待ってくれているからJALで手続きするように」 と言われたらしい。でも実際は、USエアウェイズからJALには一切何の連絡なく、怒った乗客はJALに文句を言ってきたらしいね。。。
本当に困ったもんだ。。


%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20010.JPG

@ホテル・ビラジオ


%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20143.JPG

@ビラジオ・フォンテーン

今回の日本→ニュージーランドへのフライトと言い、ラスベガス→東京と言い、大会が手配したフライトチケットだったが、安いチケットで済まそうとし過ぎた為に、逆に高くついた典型的な例だと思うね。。


%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20029.JPG

@ニューヨーク・ニューヨーク


%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20031.JPG

@MGMホテル

なかなかの珍道中であります。

Raizo

2010年02月18日

オーシャンズセブン!

IRBのテレビ番組企画にて、映画オーシャンズイレブンもとい、「オーシャンズ・セブン」に選出されました。

ラスベガスのど真ん中で、映画オーシャンズ11のように撮影を行いました。

%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20014.JPG


選ばれた選手たちは凄いプレーヤーばかり。

1.スティック(南アフリカ代表キャプテン、昨年シリーズチャンピオン)
2.ベン・ゴーリング(イングランド代表、通算得点王)
3.ロロ・ルイ(サモア代表、アメリカ大会カップ優勝)
4.サンティアゴ・ゴメスコーラ(アルゼンチン代表、トリックトライ王)
5.コリンズ・インジェラ(ケニア代表、昨年シリーズトライ王)
6.クリントン・シルズ(オーストラリア代表、No.1ティーンエイジャー)
7.平林泰三(レフリー、IRBセブンズ通算最多レフリー担当試合数)


%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20008.JPG

@サンティアゴ

%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20011.JPG

@スティック&コリンズ

%E3%82%89%E3%81%99%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20012.JPG

@ロロ&Raizo

ベラージオや、パリス、メイン通りでの撮影だったので、凄い人だかりも出来たけど、ちょっと寒い中での撮影楽しみました。

Raizo

2010年02月19日

ミラクルの旅!

どもほほほ。

サンフランシスコでは、朝起きてみると外はとんでもない深い霧。。。

「こんなんでまた飛ぶのかいな・・・?」


SF.jpg

なんて思いながらも、朝9時に予約しておいたシャトルバスに乗り込んで空港へ。

チェックインもまーったく待つことなく、一番最初に扱ってもらってスムースにチェックイン。しかも、行方不明の荷物も見つかって、一端受け取ることなくそのまま成田まで運んでくれるとのこと。ラッキー!

ビジネスラウンジでは仕事に没頭し、時間になると、外はまぁまぁな天候に。。。
JALは定刻で飛びますとのアナウンスに、「さすがJAL!」と思いながら、搭乗。。。

DVC00652.jpg


サンフランシスコから東京までは約11時間のフライト。
時刻のことを考えると時差の関係でややこしく混乱してしまうので、考えないようにして、飛行機の上でもパソコンに向かう。。。パソコン仕事の合間に、パソコンで”インビクタス”を途中まで干渉。モーガン・フリーマンのマンデラ大統領のしぐさは完璧ね。ラグビー選手はみんな身体が出来てないので、きちんとトレーニングしなさいって感じだったけど、さすがイーストウッドの世界観は雰囲気だけでジーンとしてくる、埃っぽさやノスタルジックさがにじみ出てるなぁ。。。続きはまた。

アンダープレッシャーの中で行動していると、人間って”ひらめく”。
今回のフライトもかなーりのひらめきがあって最高。

日本に機体が着陸したのが夕方4時半・・・。

DSC_1793.JPG

こっからミラクル本番開始。。。

夜7時の羽田空港からのフライトに乗り込まなきゃなんだけど、間に合うか!?

着陸→ゲート到着→パスポートコントロールまでで、すでに4時50分。。。

荷物の受け取りで、待っていると一番最初に優先で出てきた。超ラッキー!!

税関をパスして、バスで行くか電車で行くかを悩み、バスで行くことに賭けてみた。
最終に間に合うバスは5時05分。。。

あと、2分のところで間に合った!!ミラクルびんびん。

さぁさぁ。飛行機の航空チケットも持っていない為、少なくとも6時半までには羽田に到着しないと間に合わない、、、。成田空港第2ターミナルでバスに乗ったので、第1ターミナルへバスが移動したりして、結局、成田空港を出発出来たのは5時15分。。。マジで間に合うのか!?と思いながら、しばしバスで休憩、羽田空港でのダッシュに備えた。


羽田空港に到着!!なんと6時15分!!
奇跡的にすべての道路がすいていた。。。そんなのってあり!?

羽田空港に到着すると、ANAのチケット発券・購入の窓口へダッシュ!!
ラスベガスからサンフランシスコの状況を早口で説明して、7時5分発の飛行機に変更してもらうことに。この便、たった1席しか席が開いてなかった。アンビリーバブル!

これで終わらない。

なんでも、なんと一本前の6時45分の飛行機に間に合うかも?って。
そうしますって事で、6時45分の飛行機に変更!しかも、変更料もチケット代もタダと来たってもんだ。。。アメージング。

約3週間の海外遠征でとんでもない荷物を持っていたRaizoは、もちろん国内線の規定になんかそうことなく、大量に超過。。。。うまい事やってもらってエクセスバゲッジ代タダ。。。すげー。

優先の手荷物検査場にかけこむ。。。

っと、ここで足止め。。。

いつもひっかからないPSPとカメラを検査官の若い研修生女性が止めちゃった。。。
優先搭乗の意味がないじゃないか。。ちゃんと出来ない女性をここに配置したらダメよ。。っと、全く問題ないので、無駄に時間だけくって通過。

ゲートへダッシュ!

もう僕の名前が羽田空港中にこだましまくってる・・・。結局、みんな全ての乗客が乗り終わった所に、6時47分に滑り込みで乗り込む事が出来た。。。。


いろんなトラブルあったけど、結局はスーパー・ミラクルな旅だったんだな。
真似すると危険・・。

Raizo

宮崎タッチ&ゴー!!

どもほほほ。

行ってきたのは故郷・宮崎。

ほとんど日帰り状態の宮崎帰郷で、サクッとファミリービジネス。

みんな元気そうだった。


57.jpg

@超ローカルジュース「スコール」マンゴー味。”愛のすこぉ〜るぅ〜♪”で小さい頃からのおなじみ懐かしい味。


久しぶりに実家に一瞬だけ帰ってみたが、何でうちの家に「ハワイの木」なんかが生息してんだぁ?しかも、母親がハワイの木について力説キメてるし…。


54.jpg

それでなんで、なんで、立派なサボテンも生息してんだぁ?

55.jpg


夕方前にはとんぼ返りしてきて、明日は秩父宮でレフリー。


ラグビー日本選手権 準決勝
秩父宮ラグビー場 14時キックオフ

NEC対三洋電機

Jスポーツは生中継。NHK総合は4時20分から放送となっている。

どんな試合になるやら。
スクラムクオリティとブレイクダウンクオリティが重要。
一般プレーの50ー50ボールがゲームのターニングポイントとなると予想。

自分のゲームプランは持っているので、あとはお楽しみと言うことで。

反則には厳しく行こう。反則なければ吹きもしませんが、、、。

現代ラグビーらしいラグビーになると良いと思うな。

Raizo

2010年02月20日

ヴァレンタイン・デイ!

どもほほほ。

今日も外はいい天気で日本選手権・準決勝日和。

約1週間遅れでバレンタインがやってきたRaizoは、これもらってハッピーフェイス。

%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20016.JPG


”ポップ・オブ・キング”のマイケル・ジャクソンDVD「This is it」に、嵐のDVD。


C00659.jpg


姪っ子の手作りチョコレートも、なかなかタッチーな感じで嬉しいおいしさだったね。


C00660.jpg


コンディションばっちり。
がんばって走ろう。

Raizo

2010年02月21日

日本選手権準決勝!

どもほほほ。

日本選手権準決勝

三洋電機 25−16 NEC


nec%20sanyo.jpg

@フライングレフリー™で入場!


80分間、はっきり言ってガチンコの試合。
普通後半になればなるほど疲れてきてフィジカルも落ちてくるはずだったんだけど、気力が体力を上回るとはこの事で、終盤になるにつれてプレーが激しくなっていった。

nec%20sanyo%201.jpg

今日のグランドは秩父宮。

%E5%AE%AE%E5%B4%8E%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20098.JPG


試合前にグランドのチェックをしたが、ミッドフィールドは砂場。
スパイクをいくつか準備してきたので、前半は6−2システムの取り替え式のスタッドスパイクを使用。
今日も、足がとられる事もなくネンザする事もなく試合が出来た。


%E5%AE%AE%E5%B4%8E%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20100.JPG


試合前からスクラムがきちんと組めるかどうかを不安視する人たちが多かったが、グランドコンディションも含めてラグビーであるので、足場が悪いから何度もリセットOKだったり、多少の反則はOKと言う訳ではない。それはドレスチェックで試合前に両チームには話をしておいた。グランド環境に順応するスキルを持っているのもトップリーグレベルと言う事。
試合は、スクラムの反則はきちんと取ったが、全体的には、きちんと重圧のあるスクラムを組んでいて安定しているスクラムを組んでくれていた。実際、三洋にはスクラムからのサインプレーでの先制トライもあった。

%E5%AE%AE%E5%B4%8E%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20099.JPG

もう一つ、ゲームの中で勝負のあやになるのは、やはりブレイクダウン。
三洋はフェーズプレーからもキックからもセットプレーからもカウンターからも全体的に色んな局面からトライが取れるチーム。一方、NECはフェーズプレーも良いんだけど、スカウティングしてみると、ジャッカルのターンオーバーからとドライビングモールからのトライに自信を持っているのが分かっていた。
そうすると、ブレイクダウンでは、特に攻撃側のタックルでの反則がキーになる。ジャッカルさせないようにするノットリリースザボールやオフザゲートの反則なんかは今日の試合においてはかなりネガティブな反則になってくる。


5b33.jpg


8c38.jpg

また両チームともにディフェンスに絶対的な自信を持っているチーム。ボールは横にはテンポ良く回るが、縦に切って動いてくる場面はやはり少なかった。


e95c.jpg

ゲームは、後半25分にNECがトライを挙げ、18−16と2点差まで追いついた所から残り5分まで、とんでもなくゲームに緊張感があった。
NECのラトゥも、闘志むき出しもイイところになっているし、三洋のブラウンも、どんどん静かに集中力が高まってきている感じがした。


f0b2.jpg


シーズン終盤になると、簡単で奇麗な試合なんて一試合もない。
激しく厳しく醜い凄い試合ばかりとなる。

5d0f.jpg


花園のもう一試合もトヨタが東芝を破った。

来週の決勝は

トヨタvs三洋

6989.jpg

@写真は、373さんより!!!

ちょっと新鮮な決勝の感じ。両チームともにアップテンポでオープンな創造的なラグビーが出来るチームなので、トライのたくさん見られる現代ラグビーらしい現代ラグビー試合に期待。

Raizo

エピちゃん。

どもほほほ。


%E5%AE%AE%E5%B4%8E%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20077.JPG


ラグビー映画に出演しているこの人。
三洋でプレーしてたエピじゃない?タイオネさん、かなりエグイ選手だったなぁ。
コントロールするのもちょっと難しい感じで、来たばっかりの時に初めて公式戦で彼にシンビン出したの僕かも・・・。

でも、ちょっとやんちゃな感じでかもし出してるなぁ。。。

この半身の威嚇姿勢もちょっとだけやんちゃ・・・。

%E5%AE%AE%E5%B4%8E%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20076.JPG


マットデイモンは、もうちょっとだけ南アフリカアクセントを練習すると良かったかな。
モーガン・フリーマンの演技は最高だったね。マンデラさんそっくりの仕草や表情で素晴らしかった。


%E5%AE%AE%E5%B4%8E%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20001.JPG


一番ジーンと来たのは、エンディングロールのスライドショー。
学生時代に憧れた選手たちが次々と出てきてジーンと来た。

アバターをまだ見てないので早く見たい。

Raizo

2010年02月22日

22/2/22/2/22!!!

どもほほほ。

時差のあるところを移動距離もハンパなく飛び回っている”フライングレフリー™”ことRaizoは、夜中に寝ていると、”ガバァ〜ッ!!”と「うぁっ、ヤバい!何時だぁ!?」ってな感じで飛び起きる事もある。。。。

ふと、時計を見ると、朝か!?昼か!?と思ったら、うしみつ時の、、、、

「2時22分!」

C00554.jpg


思わず、飛び起きたから心臓バクバクになっていても、写メでパチリ。

世の中は、本日、平成22年2月22日。

テレビのニュースも色んな人たちもゾロ目と言う事で、あやかって切符発行してみたりニャンニャンと猫の日にしたり。

でも、あまーい!

22−2−22−2−22

「平成22年2月22日2時22分」

まで行かなきゃ。

C00668.jpg


縁起がいいのか、呪われているのか。。。

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

でも、ビンビンとRaizoアンテナにきている事は間違いないと言う事。
Raizoに気をつけろ。

Raizo

2010年02月23日

追われる身。。

どもほほほ。

IRBセブンズ終わると報告書。
日本選手権終わるとレビューとコンディショニング。

時差ボケは、ちょっとのクッションの間をおいてやってくる。。。

0669.jpg


2冊目のパスポートももうなくなって来たので、春からの予想もつかない遠征に備えて切り替えに行ってきた。

グッスリ何日か起きる事無く寝たい感じがするが、怪我も風邪も全くないので休む理由も出来ず仕舞い・・・。
寝たい・・・。

0364.jpg

仕事の合間は、タリーズで新作のチョコレートドーナツから糖分を脳みそに送り、ダブルエスプレッソで脳みそをたたき起す。

0673.jpg


寝たい・・・。

Raizo


2010年02月24日

サンタナに会った!

どもほほほ。

ラスベガスでの出来事。

生きる伝説のギタリスト、「カルロス・サンタナ」に会った!

DVC00642.jpg


ハードロックホテルでコンサートがあったので、そこにレフリーチームでチームアクティビティで行ってきた。
知っている曲もたくさんやってくれて、本当にギターうまいもんだわぁ。
Raizoもバンドマンやっている頃、中学生・高校生のころにエレキギター買って練習したけど、まったく予想のレベルまでは達する事できず。。。速弾きとかできなかった・・・。仲間は超うまい連中いたけどなぁ。。。

DVC00644.jpg


ドラムの人のソロも、XのYOSHIKI以来の感動。


%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20045.JPG

@お宝!サンタナの本物衣装!


あっという間に終わったライブだったけど、途中でサンタナが言っていた”コンディション・オブ・ラブ”の話は分かったような分からなかったような・・・。


%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%90%20046.JPG

@お宝のサンタナのギター!


サンタナは同じホテルに泊まっていたので、みんなはほとんどと言っていいほど気づいてなかったが、僕は何度も近くにいたね。
一度は、握手して挨拶したんだけど、ニコニコしてて超イイ人だったね。マネージャーさん達はあんまり笑っていなかったけどね。。


C00667.jpg

@入手超困難!サンタナのカジノチップ!本物!

僕がサンタナと会話して握手したもんだから、アメリカ人の人たちからは僕が握手を求められる求められる。。。

「その手がサンタナと握手した手でしょ!?握手して!」

みたいな感じで、、、。

さすがに、世界的なスーパーギタリストとは、こういうことである。

Raizo

転落に注意って…。

Non Title
どもほほほ。

プロラグビーコーチ第一号の大西一平氏が自身のblogで電車の広告を取り上げるもんだから、以降、看板という看板に執拗な執着心が芽生えつつある僕…。

とある都内の看板…。

「転落注意」の看板…。

転落以前に頭取れとるやん。

「頭部離脱に注意」しなきゃならんのでは。。。

疲れると妄想も屈折するわ。

Raizo

2010年02月26日

ラグビークリニック!

どもほほほ。

25日発売のラグビークリニックにインタビュー掲載されました。
全国の本屋さんで。

今回の内容は、「いいレフリング、悪いレフリング」。


DVC00684.jpg

既存のレフリー研修会では披露しないRaizoのレフリングのコツが随所にヒントとしてちりばめられています。
もし詳しく聞きたい方は、どこかでRaizoつかまえて質問して下さいな。


DVC00693.jpg


夜は、もう遅くなったけど、色々とする事があり愛犬ウィリーと仲良く並んで仕事。

愛犬ウィリーは甘えていたかと思えば、ぐーぐーいびきかいて寝ちゃった。。。

DVC00694.jpg


Raizo

2010年02月27日

インビクタスなランチ

Non Title どもほほほ。 こないだスプリングボクスの選手がくれたジャージ着て、インビクタスなイメージで坦々麺を食べる。 辛くて熱いので、周りの人に関係なく、一人だけ半袖だ。 Raizo

いよいよシーズン大詰め!

どもほほほ。

決戦前日。

明日は日本選手権決勝。

秩父宮ラグビー場
14:00キックオフ

三洋電機vsトヨタ自動車


僕はアシスタントレフリーの担当。
Raizo的には、もういっしょう来週の3月7日に博多であるオールスター戦のレフリー担当割り当てがあるので、まだシーズンは終わらないんだけど、思えばあっという間に日本ラグビー2009−10シーズンは終了。

Raizoはすでにシーズンの総括を始めているぞー。
パフォーマンスは昨年シーズンよりも格段にステップアップした(評価は自己評価&IRBによる客観評価)。また、2009年は”美意識”を上げるとのシーズンテーマを持って挑んだが、その片鱗はたくさんのレフリングパフォーマンスとして魅せる事が出来た。ゲームにポジティブなメンタリティで臨み、たくさんのヒラメキ=フレアーなレフリングをパフォーム出来た。
多くの人たちはラグビーに対して、選手に対して、レフリーに対して、コーチに対してとてもネガティブに屈折した視線で見てアプローチしてくる。自分はレフリーとしてのタスクを遂行するためには、ラグビーというゲームに対しては100%ポジティブな健全なメンタリティで接する必要性があり、トップレフリーというのはそういうポジションでもある。


lasvegas%20sevens%2009%20032.JPG

@With Rock マハロのポーズで

2010年の年間テーマも着々と進行中(テーマは一部の方にのみ公開済み)で、この2年間取り組んでいる「ある次世代のラグビー」のレフリング研究と試行錯誤にかなり具体的に取り組めている。

昨年からまたレフリング活動が楽しさを増しているので、また色んな事が楽しみでしょうがない。

明日もきちんとアシスタントレフリー役割を果たそうと思う。

どちらが勝つか分からない両チーム。
楽しみだ。


PS
今日はひょんな事から超偶然にIBMの諸君と会った。
コーチのスティーブが満了との事らしい。
IBMと言えば、自分もその文化つくりには関わったが、日本ラグビー界の歴史では大事なトップリーグチーム。
まだまだ以前の仲間も、僕も頑張るぞ。


Raizo

2010年02月28日

怪獣ソーダ!

Non Title
どもほほほ。

復刻堂のウルトラマン怪獣ソーダシリーズが最近また始まった。

ピグモンの缶ゲット。

シークレット缶は何だろ?

ちなみに外は冷たい雨。。35000人参加の東京マラソンは無事にスタートしたらしい。。今年もその中に、カズさんが含まれてる。頑張れ!カズ!
晴れたら市ヶ谷あたりか日比谷あたりに応援しに行こうと思っていたが、今は、秩父宮ラグビー場に向かって電車移動中。

Raizo

自衛隊レンジャーラグビー!

どもほほほ。

本日は晴天なり、本日は晴天なり、テスト、テスト、本日は晴天なり。。。

やってきたのは習志野自衛隊。
日本の自衛隊のレンジャー部隊を擁するパラシュート部隊。世界でも有数の少数精鋭のパラシュート部隊として有名。


IMG_0070.JPG


今日は、自衛隊の四大演習の一つである自衛隊ラグビー大会の決勝をレフリーしにきた。自衛隊は射撃演習等の中にラグビーを演習として毎年実施している。


0090.JPG

まず第一の感想が「光栄」であるということ。
国益に附するということはめったにあるものではない。自衛隊は国の宝どころか、今もハイチに人道支援を実施しており、そんな自衛隊のレンジャー部隊の演習に関われるというのは本当に極少の機会であり貴重な事である。


IMG_0069.JPG


イロイロなしきたりと規則に乗っ取り全ての式次第が進んでいく。その統制はまさに圧巻であり、本当に色々と学びがあり、身の引き締まる思いであった。


0084.JPG


自衛隊のレンジャーの隊長とも挨拶。やはり他国でいうところの将軍さまの地位にいらっしゃるだけあり、握手の握力も強い。


IMG_0078.JPG

@将軍様


試合が始まると、駐屯地の中に決勝だけのために作られた特別なラグビー場にところせましと自衛官が応援に集結。
ラッパ隊も応援に加わり、やはり普段のラグビー場とは全く違う雰囲気の大歓声の中で決勝戦が行われた。


IMG_0076.JPG

試合は、一進一退のアンビリーバボーな試合。
あんなにプレーが連続したのはトップリーグでも見ない。3位決定戦を吹いたD10レフリーも見たことない光景に度肝を抜かれていた。
隊員の半分以上がラグビーの初心者。一番短い隊員はラグビー始めて三ヶ月弱。。


0083.JPG

しかし、恐るべきフィジカルの強さとメンタルの強さ。そこに忠誠心や責任感の強さを持つ「つわもの」の姿には凄さをまじまじと感じた。

人間でそんなにすごいんだと素直に驚かされた。

IMG_0091.JPG

試合終了間際一分前まで、5対5の同点。
両チーム共に、強烈なオフロードパスの連続にピック&ゴーの連続。それを湧き出るようなしぶといタックルで止めまくる。
最後に、第四空挺部隊が決勝トライを挙げ12対5で優勝。

まさに死闘。。。

IMG_0077.JPG

@死なない屈強な教官さま


しかもこの死闘で賭けていたのは、木柱!
優勝チームは木の柱を授与されて、一年間、この木を守るそうだ。


すごい。。

0073.JPG


ちょっと寒くなった身体は、駐屯地の風呂でゆっくり温めた。
駐屯地の大浴場の一番風呂とは本当にありがたく気持ちいい。。。

IMG_0092.JPG


そして、外部からこの訓練を支援に来たRaizoは、行きと同様に駐屯地から装甲車で特別送迎を受けて後にした。

IMG_0094.JPG

気をつけ!敬礼!

DVC00701.jpg

@写真はD10 with Thanks.


明日からまた精進します。

Raizo

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ