aspotaトップサイトマップ

« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月 アーカイブ

2010年07月01日

記録的な霧!

こんにちワオ!

ハミルトンを朝5時起きで出発!

外は記録的なフォギーな天気。。。

まーったく前が見えず。。。

延々とタウロンガへ向けて2時間弱の危険なドライブ。。
山道のクネクネで、しかも通った事がない道。街灯もなし。。


30062010_006_.jpg

ハミルトンに来て8週間経過。
フィジカル的にもメンタル的にもキツいトップの試合が続いていて、しかもミーティングとペーパーワークとが続いてスケジュールがとんでもないことになってるね。
プレッシャーが最近すごいなぁ。。

協会を代表して来てる気持ちが強いので、一生懸命やらなきゃね。
トップの試合をもらい続ける事と、しっかりパフォーマンスする事は、僕以外の誰にも出来ないし、目標を達成する事は誰にも出来ず自分次第で自分のみ。
多くの人が関わってくれて、多くの経費を使っている訳だから、今出ている大きな達成は価値があると思う。
NZのラグビー文化は豊かだけど、ラグビーレベルで言うとプレミアシップ以上のレベルを吹かなければ、日本のトップリーグの方がとても難しくレベルが高いし、そちらを吹いていた方が自分のためにはなる。
NZのラグビーはカテゴリーが上がると一気にレベルが上がるね。だから、こちらではプレミアシップを吹いている=NPCが吹ける、にはならない。
時間をかけてコツコツと実力をつけ信頼を得て、ドカンとステップアップ出来ないと、NZでの勝負は難しいね。

気合いだぁ。

今日は日本に電話もした事もあって、ちょっとだけ日本に帰りたくなってます。。。。

Taiz

2010年07月02日

オールブラックスセブンズ!

こんにちワオ!

ツイッターでフォローしてくれている方は、既にご存知だと思うけど、先日、オールブラックスセブンズの代表合宿に帯同して来た。

今回の合宿は、10月にインドで行われるコモンウェルス大会の最終セレクション合宿。

NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20007.JPG

@マウント・マンガヌイ

タウロンガにある、マウント・マンガヌイで行われた合宿には、スーパースターが招集された。
NZセブンズのスーパースターである、DJフォーブス、ザー・ローレンス、トマシ・ザマ、カート・ベイカー、ショーウェン・スタワース、ティム・ミケルソン、トビー・アーノルド、ソロモン・キング、サビ・タクラと言う、世界でも超有名・超トップのスーパースペシャリストに加えて、オールブラックスのフルメンバーも招集された。

15人制オールブラックスからやってきたのは、

ザック・ギルフォード
アダム・トンプソン
ブレンデン・レナード
ホセア・ギア
ベン・スミス

キャップ持ちの中でも、いつでもトライネーションズに出れそうなメンバーばかり。。。
本気になるとはこういう事だなぁ。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20023.JPG

@ブラ

試合は2日間の大会と全く同じスケジュールで行われ、僕のレフリー出番は2日目の決勝ラウンド。朝と昼過ぎにフルコンタクトのガチンコ試合が行われ、監督のゴードンがハッピーでなければ、4本でも5本でも試合をやると言う厳しさ。

試合前のチームミーティングも入念に行い、結束を高めると同時にやるべき事の確認を行った。

NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20024.JPG

@ストレッチング

この日は、IRBから送られて来た大会運営に関する今後のIRBセブンズとオリンピックに向けた様々な課題点のリストがあり、NZ協会関係者とチームスタッフ陣とのミーティングに参加し、ちょっとしたディスカッションがあった。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20025.JPG

@Taizもストレッチ。スティーブ・ミルンと。

試合は、完全なクローズドで行われ、メディア禁止。
今日の試合が終わったら即効でメンバー発表なだけに、ちょっとピリピリな試合。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20026.JPG

@ショーティーは来てたけど。


とってもハイペースで、コンテストの激しく、凄まじいアタックからのトライがいくつもある試合展開となったね。
キックオフから最初のトライまでが1分30秒のインプレー。。。最初のプレーでいきなり皆息が上がり、乳酸の溜まる試合に。。。
ザックは何度も何度も「Taizo!!あと何分!?」と聞いてくる。僕が時間を答えると、「まだそんなにあるの!?」ってリアクション。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20027.JPG


ホセア・ギアには、「スプリント勝負しようぜぃ。」って事で、独走の度に意地のかけっこ勝負をして来た。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20041.JPG

試合後は、ザックからチームを代表して感謝のあいさつをしてくれて、無事に、選手のイイところと悪いところが良く出た激しいセレクションマッチを終了した。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20064.JPG


試合が終わると、みんなで仲良くプールリカバリーと温泉に出かけて来た。
ゆっくりと楽しい話で盛り上がって、良い時間だったね。


NZ7sCamp%20Mt%20Maunganui0610%20085.JPG

セレクションマッチは、選手の人生の中でも大きなターニングポイントになり、レフリーとして責任も重大となるけど、世界のトップチームを預からせて頂いてとても光栄で、声をかけてくれたオールブラックスとNZ協会に感謝感謝。

Taiz

2010年07月05日

ノースハーバー!

こんにちワオ!

土曜日のハミルトンは、霧の中。
早朝にBILLと目指したのは、ノースハーバー。
ワイカトからのレフリー交流派遣で、ノースハーバーからレフリーご招待を受けた。

North%20Harbour%200610%20023.JPG

@Taiz&Bill


今回やってきたのは、イーストコーストベイ。

結果は、

イーストコーストベイ 102−0 マフランギ


mahuveastbay0710.jpg

ビッグスコアになって、フィットネストレーニングのようなゲームだったな。
ノースハーバーのレフリーコーチと今回の試合で取り組んだのはいくつかのポイント。
この点については、ほぼ完璧に達成。
いくつか細かく修正をかける点をディスカッションして試合は無事に終了。

mahuveast%20bay%202.jpg

でも、この試合で、1つ出来事。前半の終りに起こった反則。
なーんでもないタックル(タックルというほど強いコンテストでもないけど)で、マフランギの選手がタッチに出されて、この選手がボールを相手の選手の顔に向けて放り投げた。。
ボールを顔にあてられたイーストコーストの選手は、殴り返す事もなかったんだけど、軽くマフランギの選手のほっぺたを”ぺチッ”とたたいた。。。笛をビーッ!!と吹いたので、喧嘩にはならなかったんだけど、そこに遅れて歩いてやってきたマフランギの選手が、なんと、イーストコーストの選手の顔にひじ打ち。。。

north%20harbor%20-0710%20006.JPG


もちろん、この事で、マフランギのボールを投げ挑発した選手はイエローカード。イーストコーストの報復選手もイエローカード。マフランギのひじ打ち選手はレッドカード。。。


north%20harbor%20-0710%20003.JPG

@むむむむ

まーったく議論もアピールもなく、あっさりと3人ともグランドから出て行った。。
納得せざるをならないくらい明らかな反則で、しかもベンチの真ん前。。。
何でそんな事するんだろうね。。。
レッドカードを出された選手に関しては、マフランギのチームメイトからも彼に対してかなり文句が出てたね。。。
この一件以外は、喧嘩もつかみ合いも文句の言い合いも全くなかったので、本当に残念。。


north%20harbor%20-0710%20002.JPG

@おっさんコーヒーって呼んでます。


後半は、マフランギのリーダーが「もう早く試合を終わらせてくれー。」とうるさいうるさい。
シニアの公式戦だから終わらせられないのだよ。。。
しかも、そのリーダー、試合後のファンクションの時に僕に対して言った言い訳がすごい。。。
先週のチームトレーニングは選手が集まらず出来なかったんだって。。しかも、前回はマフランギがイーストコーストベイに勝ったと、変に自慢げだし。。。
そのチーム事情など知らないし、ちょっとリアクションに困ったねぇ。。。


North%20Harbour%200610%20029.JPG

@FWリーダー近すぎるだろぉ。。後ろの人は礼拝中ではありません。。


このイーストコーストベイは、オールブラックスが多く輩出されたクラブとして歴史のあるクラブ。1995年のワールドカップにて日本代表が145点を取られた試合の立役者であるSHアント・ストローンがプレーしたのもこのクラブ。


north%20harbor%20-0710%20008.JPG


この日は、チームのファンクションとノースハーバー協会のファンクションに参加して終了。

North%20Harbour%200610%20056.JPG

ワイカトのプレミアシップや代表試合で結構厳しい試合が続いていたので、メンタルリフレッシュにはとても良い遠征だったね。フィジカル的には結構ハードだったけどぉ。

Taiz

2010年07月06日

H・I・Sブログ更新!

こんにちワオ!

H・I・Sの旅ブログを更新しました。

アユタヤ2!

こちら↓↓↓

H・I・Sの旅ブロ

http://ameblo.jp/taizo-play-on/


Taiz

2010年07月08日

NZ協会ルールテスト!

こんにちワオ!

月曜の夜は、ニュージーランド協会のルールテスト。
レベル2。

レベル1を軽々とクリアして(当り前か。。。)、今回はレベル2。
前回のレベル1は、30分ちょっとの速効でクリアしたけど、今回は分厚い、分厚い。

Gwenshield%200710%20001.JPG


90問の妙な書き方をされている、これまた妙な試合シチュエーションに頭がグルグルしながらも、1時間くらいの速効で終了。こういうのはスピードが勝負。
英語の読解力の問題と言うよりも、純粋にルールの理解度の問題なので、サササッと回答する。
試合の中では、あんまり時間かけて考えてられない訳だからねぇ。。

NZ人よりも後にテスト始めて、僕が先に終わったもんだから、かなーり不思議がられたけどね。
でも、テストはあまり頻繁にやらなくてもいいです。。。。
ちょっとテスト続きでお腹いっぱいな感じだなぁ。

Taiz

2010年07月09日

グインシールド!

こんにちワオ!

こちら陽気の続くハミルトンでは、今週いっぱいを使って、ケンブリッジという地域で「グインシールド」が開催されている。風はさすがに冷たいけどね。。。

グインシールドは、12歳以下のラグビーチャンピオンシップ。
参加チームはワイカト地区から全土の代表チーム編成で参加している。

Gwenshield%200710%20004.JPG


12歳以下と言っても、スキルがすごい。。。
ドロップキックもきちんとキックオフできるし、コンバージョンキックも15m付近から30m級のキックもきちんと入る。。。

Gwenshield%200710%20007.JPG


周りを囲む指導者も親もスゴイ熱心な勢い。


Gwenshield%200710%20013.JPG

@ラグビーディべロップメントオフィサーのリース

基本的には、ワイカトのレフリーと香港&シンガポールから交流で来ているレフリーが担当しているが、Taizもレフリーコーチングでサポートがてらに、レフリー担当もした。
子供たちは、すごいね。頭の中はいっちょまえのトップ選手。でも、仕草はやっぱり子供。
痛くて泣きだす子もいるし、すごく新鮮な体験。


Gwenshield%200710%20006.JPG

試合が終わると、たくさんの人たちに感謝のコメントを頂いて、非常にピュアなグラスルーツラグビーを体験させてもらった。

Gwenshield%200710%20026.JPG

日本でも吹いてみたいね。

Taiz

2010年07月10日

ITMカップ プレシーズンマッチ!

こんにちワオ!

木曜日は、ワイカトスタジアムにてITMカップのプレシーズンマッチが行われた。
ITMカップ前のセレクションの強いプレシーズンマッチは、この試合が2試合目。
ワイカトは2週前にベイオブプレンティと厳しい試合をやったこともあり、今日も強かった。

ITM%20warm%20up%200710%20009.JPG


ITMカップ プレシーズンマッチ

ワイカト 36−7 オークランド

ITM%20warm%20up%200710%20004.JPG


この日は、午後にグインシールドのレフリーコーチと1試合レフリー吹いてきたので、3連ちゃんラグビーの日になった。盛りだくさん。
グインシールドのレフリー結果は、劇的な試合となり、サウスワイカト26−24ケンブリッジ。両チームともに大人顔負けの試合運びだった。


ITM%20warm%20up%200710%20002.JPG

@キャラクターの濃すぎるシェーン&Taiz


オークランドは、昨年までクインズランド・レッズに所属したダニエル・ブレイドが帰ってきたが、この日はプレーしなかった。黒いダッフルコートにジーンズとカジュアルな格好をしていて、黒を着てたこともあって、フランカーなのに大きくは感じなかった。
オークランドのフォワードは全般的に小柄な感じ。ポリネシアンにアイランダーが多いので締まっているから細く見えてしまうのかな?


ITM%20warm%20up%200710%20005.JPG


ワイカトは、まだまだ2本目に近い状態。
ブレンデンレナードは先日のオールブラックス7’sのセレクションで怪我をしてプレーせず、スゥイーニーもプレーしてなかったし、デメルモンチを含むフォワードも数名がプレーせず。
日本のキャノンに移籍したチーフスSOのカラム・ブルースの穴を誰が埋めるのかが興味あるところだが、ACTブランビーズからSOを連れてきたので、彼がSOをした方がいいと思う。今日はFBで活躍してたけどね。


ITM%20warm%20up%200710%20018.JPG


ITMカップ(NPC)で、アジア人が初めてマッチオフィシャルとしてグランドに立つ事を大きな目標に頑張ろう。ITMカップ開幕戦が7月末なので、そこでアシスタントレフリーになれるように、パフォーマンスを見せるのみ。
当日は、ワイカトのクラブ決勝も前座試合で行われる。メインのITMカップでのアシスタントレフリーを目指そう。

Taiz

2010年07月11日

TRI NATIONS!

こんにちワオ!

行ってきた!
はるばるとオークランドまで。
プレミアシップの試合が終わると、すぐに帰り支度をしてティアムツからオークランドへ出発。

ABs%20SA%200710%20065.JPG


5時過ぎに出たティアムツだったが、ハミルトンに入ったくらいで既に5時半。
トライネイションズのキックオフは7時半。
オークランドに入ってきたのが、7時前くらい。
ここから落とし穴。。。
Googleマップで調べて来たんだけど、だいたいの場所は分かっても、地図と景色が全く違う。。。しかも、夜で周りが見えない。。。しかもしかも、イーデンパークに行くのに全くイーデンパークの文字も、それに近いサインも看板も何もない。。。
色んな人に電話しまくって、結局近くまで来た後はガソリンスタンドで聞いた。。。
道を聞いても、「そんなとこにあったらスタジアム分かりやしないや。。」って感じだった。


ABs%20SA%200710%20066.JPG


しかも、スタジアム近辺の住宅道路がすべて封鎖されているために渋滞が発生。しかも、車を止める所がなく、かなーり遠い住宅街の中に駐車スペースを見つけて、10分以上歩いてスタジアムへ。。。
もちろんキックオフに間に合う訳もなく、前半15分過ぎで到着。


ABs%20SA%200710%20070.JPG


イーデンパークの近くに駅ができているので、そちらを交通手段として使わせたいのだろうけど、本番のワールドカップではえらいこっちゃになる事は間違いない。
今回の試合はワールドカップの予行練習も兼ねているが、半分しか入っていないスタジアムでこの混雑用では、本番はとんでもない事になると思う。
トイレも、コーヒーとかの列よりも並んでいるくらい混雑していたから。。男性用がそうであるという事は、女性用はえらいこっちゃ。。。子ども達はまたかわいそうな思いをしていたなぁ。。

ABs%20SA%200710%20056.JPG

@メアラム

スタジアムはまだ改修中のために半分以上がガラガラ。でも半分はスゴイ熱気。
スタジアムの感じはサッカースタジアムに近く、コーポレートルームがわんさか設置されてあり、コーチングスタッフのルームもいい所にガラス張りで設置。現代ラグビーのニーズをきちんと反映されたようになっていた。


ABs%20SA%200710%20055.JPG

@リッチー・マコウ


試合は、

ニュージーランド 32−12 南アフリカ


ABs%20SA%200710%20069.JPG

@リチャード・カフイ


で圧勝。
ただし、ニュージーランドが意図して来た事が十分に出来て勝ったのか、南アフリカが激しさを上げる事が出来ずに負けたのか、言いようが難しい感じだった。

ABs%20SA%200710%20058.JPG

@コーリージェーン

試合が終わると、レフリーを務めたアラン・ルイス(アイルランド)やアシスタントのスチューイと会ったり、ワイカトのムリアイナとあいさつしたりしてスタジアムを後にした。
ワイカト協会に手配して頂いたチケットも、選手ロッカールームのトンネル近くだったので、多くの選手たちに会う事が出来た。

ABs%20SA%200710%20068.JPG

@ジミー・カウワン

寒くて長ーい一日だったけど、来た甲斐があったね。


ABs%20SA%200710%20067.JPG

@ダン・カーター


ちなみに、この試合で頭突きをした南アフリカのバッキース・ボタ選手は、裁定により9週間の出場停止に。


Taiz

2010年07月12日

プレミアシップも佳境!

こんにちワオ!

プレミアシップもセミファイナル間近で、佳境に入って来た。
天気は最近晴れ続き。。。

プレミアシップのレフリー担当は、首位チーム担当。。。。のビッグアップセット。

ティアムツ 41−12 モリンズビル

Waikato%205%200710%20010.JPG

@写真撮ってくれた岸川さんに全員で感謝。

首位のモリンズビルがアウェイで敗退。それでも、モリンズビルは首位。
前半は、シーソーゲームとなり、15−12のティアムツリードで折り返した。しかし、後半に入ると、パフォーマンスとは裏腹に、プレー結果が対照的に。。。
ティアムツは、強力なバックローが爆裂し、後半4トライを挙げる大活躍。
方や、モリンズビルは、意地を見せて相手インゴールを落とし入れて行くが、インゴールノックオン2回、インゴールヘルドアップ1回と、合計3トライに関わる部分で致命的ミス。。


Waikato%205%200710%20011.JPG

この日は、日本から岸川委員長もやってきたので、ワイカトのプレミアシップで80分間切れる事のないフィジカルなフルコンテストのラグビーを楽しんでもらった。


Waikato%205%200710%20004.JPG


首位のモリンズビルとハミルトン・オールドボーイズは、セミファイナル進出確定しているが、残り2席をかけてシビアな戦いをしている。
現在の順位はこちら。


モリンズビル   (23)
ハミルトンボーイズ(22)
フレーザーテック (19)
ティアムツ    (17)
マリスト     (15)
ハウタプ     (13)
オトロハンガ   (6)
メルビル     (4)

( )は勝ち点。

Taiz

2010年07月14日

東芝上陸!

こんにちワオ!

ハミルトンは記録的な快晴続き。すごい青空。
風は冷たいけど。

今週は、グインシールドやら、U17ワイカトセレクションマッチのレフリーやら、U18全国大会やら色々詰まっていてとんでもなく忙しい。。。

Waikato%205%200710%20017.JPG


そこに、東芝がハミルトン入りしてきた。

今回の強化合宿はワイカト協会にお願いして一緒にやっている。
僕も、ワイカト代表の監督で、日本代表でもアシスタントコーチをしていたクリス・ギブスからお声がかかって、ワイカトレフリーとして東芝との練習に帯同する事に。でも、この日は、午前中にU17代表のセレクションマッチとセレクションフィードバック(どの選手がどういう特性を持っているかのレフリー的視点フィードバック)をやってたので、午前中のプログラムが終了したのがすでに午後1時。そして練習は午後2時から。。Busy..。

Waikato%205%200710%20021.JPG


練習は、


@ラインアウト
@ドライビングモール
@ブレイクダウン
@キックオフリスタート

と盛りだくさんの、結構長い時間の練習。


Waikato%205%200710%20024.JPG


久しぶりに会う顔ぶれで、ちょっとこっぱずかしい感じもあったりだった。

東芝1・5本目くらいのチームでワイカトU20代表と試合をして快勝。
ワイカトU20代表v関東代表が接戦でワイカトが勝利した事や、NZ入りしてからの準備期間、アウェーと言う事等を加味していくと、東芝はあまり大きなけが人も無く、調子はまずまずイイのかなって感じ。練習の雰囲気も、なかなかまとまりがある感じは充分あったね。

Waikato%205%200710%20020.JPG

@ワイカト分析屋のマット&東芝のオトちゃん

僕は、大忙し、ああ忙しい忙しい。


Waikato%205%200710%20016.JPG

@ワイカト代表、荷物の運び方も大胆。スタジアムからクレーン車でコンテナごと運んできた。。


Taiz

2010年07月16日

シューズブラシ!

こんにちワオ!

ワイカトの天気はまだまだ奇跡に快晴。
多分、週末は雨かなぁ。

でもでも、NZのグランドは黒土で、走ると必ず黒土がシューズにびっしり。


Waikato%205%200710%20012.JPG

ほとんどのグランドにはシューズブラシが置いてある、
ワイカトのグランドには、ムールーカラーのシューズブラシ。

グランドから出るときは、ガシャガシャってシューズをきれいにしてから帰りましょー。


Waikato%205%200710%20013.JPG


ラグビーシューズは大事に。

Taiz

ロータリークラブ!

こんにちワオ!

”パブリック・スピーキング”に行ってきた。
今日、ゲストスピーチで招かれたのは、ワイカトのロータリークラブ。
ロータリークラブは世界的な奉仕活動団体。


U18Championship0710%20018.JPG

この団体には、政治家さんや、大学教授の方、校長先生とか様々。
ハミルトンの農業研究センターの中にある、ホスピタリティルームを使って、毎週水曜日に会を開いているそうだ。

今日は、現役海外スポーツアスリートとしては初めて招かれたということで、約30分間のスピーチをしてきた。
内容は、僕の自己紹介、日本とニュージーランドのラグビー仕組みとプレーの違い、レフリーとしての成功例とパフォーマンスクオリティ管理についてのロジックについて。


U18Championship0710%20022.JPG

@Taiz&ワリーさん&フランシスさん


ロータリークラブは、古い団体なだけに、オープンでリラックスしている反面、とても厳粛で多くの式進行のルールとプロセスがある。
途中では、面白おかしく最近のニュースの話題を語り、そこに出てきた登場人物と同じ名前を持っている出席者は、小銭の寄付をしなければ行けないとならないというゲーム?みたいなのが行われた。グッドアイデアだと思ったね。そのお金はロータリークラブ運営に使われるからまた本人に戻ってくる。


U18Championship0710%20021.JPG

@フランシスさんがお金回収

また、ゲストスピーカーした僕には、マオリのネックレスがプレゼントされた。
このネックレスは、会員全員が直接一人づつお祈りをしてくれて、みんなの祈りが入ったネックレス。
これもマオリの特別なしきたりだそうだ。

来週は、副知事さんがゲストスピーカー。そのあとは、ボートのチャンピオンや、ネットボールチャンピオンたちをゲストに呼ぶ予定にしているそう。

とても貴重な体験だった。フランシスさんに感謝。

Taiz

2010年07月19日

U18チャンピオンシップ!

こんにちワオ!

ハミルトンはまだまだ奇跡的な晴れ。
先日、NZ協会のU18チャンピオンシップが行われた。

今年のホストはワイカト協会。この大会を開催するのにオフィスの職員も毎日遅くまで仕事してて大変だった。試合会場は、ハミルトンにあるStポールカレッジ。この大会のために芝を養生して、特設スタンドを設置しての会場設営。

U18Championship0710%20011.JPG

参加チームは、

チーフス
ブルーズ
ハリケーンズ
サザン


U18Championship0710%20007.JPG

スーパー14と同じフランチャイズチームで、スーパー14と同じユニフォームを着てくる。
NZのユースレベルは、北島がユース強化が先を行っている為に、北島の州は単独チームで参加するだけの力があるけど、南島は、クルセーダーズとハイランダーズは合同チームでサザンとして参加してくる。
合同にしても、サザンは最下位。

U18Championship0710%20015.JPG


チーフスは、高校世界一のハミルトンボーイズ高校の選手が含まれている。しかし、ワイカトの地域が広すぎて、ハミルトンボーイズ単独の方が強いかもしれなかったけど、色んなチームの連合チームと化してしまい、チーフスはちょっとチーム力が落ちてしまい優勝できなかった。

U18Championship0710%20016.JPG

チーフスには、アジア人のプロップがプレー。彼はハミルトンボーイズに通う韓国人だが、将来、史上初のアジア人オールブラックスになりたいそうだ。チーフスまで来ているわけだし身体も大きいから可能性はとんでもなくある。頑張れ!アジア人!

U18Championship0710%20009.JPG


この大会は優勝シールドをかけて戦う全国大会であるが、この全国大会は、同時にニュージーランド高校代表を選ぶ選考大会ともなっている為、ニュージーランド協会はじめスーパー14の蒼々たるコーチたちが勢ぞろいした。


U18Championship0710%20012.JPG

U18Championship0710%20013.JPG


優勝は、スカイスポーツで生中継され、僕はワイカト協会からアシスタントレフリーとしてグランドに立つ事が出来た。オークランド・ブルーズvウェリントン・ハリケーンズで行われ、接戦をブルーズが制し優勝。
この中から2年後にはスーパー15でプレーする選手が多く出ると思うと、なんだか嬉しくなるね。

U18Championship0710%20010.JPG

@ビデオ撮影のマークも元気!


僕自身もNZ協会U18全国大会決勝でアジア人として貴重な体験をさせてもらって、NZ協会に感謝感謝。

Taiz

チーム・ブレックファスト!!

こんにちワオ!

先日の早朝に、ワイカト協会よりご招待を受けて、ITMカップ・ワイカト代表チーム・ブレックファストに出席してきた。

ワイカト協会とスポンサー各社とワイカト代表が出席する伝統的な朝食。

Hamilton%20ref%20meeting%200710%20005.JPG

@朝食前には選手たちとロッカールームでお茶。


一度、この伝統もなくなったらしいんだけど、現在のCEOであるグラハムさんが復活させた。
この朝食では、同時にワイカト代表選手のアナウンスメントも行う大事な儀式。2010年シーズンのチーム発表とともに、決意を述べて決起集会も兼ねた。

Hamilton%20ref%20meeting%200710%20006.JPG


今年のワイカト代表は、僕がレフリー担当をしたvsベイオブプレンティ選抜(ワスプス)戦も、その2週後に行われたオークランド代表戦も、ほとんどの選手がパフォーマンス良かった為に、選手選考が難しかったそうだ。
監督のクリス・ギブスさんも、セレクション会議の後には、落選した選手や関係者のケアに、当選した選手や関係者への連絡で、ずーっと携帯電話をにぎりっぱなしだったね。


Hamilton%20ref%20meeting%200710%20009.JPG


オールブラックスのムリアイナ、メイサム、カフイはトライネイションズがあるので、セレクションの対象外。シビバトゥは肩の手術でセレクションの対象外となった。

恐ろしく若くてタレントそろいのエキサイティングなワイカト代表。一緒に、早朝6時からトレーニングした選手たちも多いので、応援することに。
ITMカップでは頑張ってほしいね。


Hamilton%20ref%20meeting%200710%20010.JPG

Forwards:
Alex Bradley (Morrinsville Sports)
Aled de Malmanche (Hamilton Old Boys)
Hikairo Forbes (Melville)
Romana Graham (Hautapu)
Zak Hohneck (Otohanga)
Vern Kamo (Fraser Tech)
Jack Lam (Hamilton Marist)
Toby Lynn (Te Rapa)
Ben May (Te Awamutu Sports)
Chris Middleton (Te Awamutu Sports)
Steven Setephano (Hamilton Marist)
Toby Smith (Hamilton Old Boys)
Dominiko Waqaniburotu (Fraser Tech)
Nathan White (Te Awamutu Sports) - Captain
Matt Vant Leven (Fraser Tech)

Backs:
Sosene Anesi (Hamilton Marist)
Stephen Donald (University)
Frank Halai (Hamilton Marist)
Tawera Kerr-Barlow (Hautapu)
Brendan Leonard (Morrinsville Sports) - Vice Captain
Christian Lealiifano (Marist)
Tim Mikkelson (University)
Trent Renata (Hamilton Marist)
Henry Speight (Hamilton Old Boys)
Dwayne Sweeney (Morrinsville Sports)
Savenaca Tokula (Fraser Tech)
Jackson Willison (Hamilton Old Boys)

Taiz

2010年07月21日

プレミアシップ終盤!

こんにちワオ!

先週末の試合は、プレミアシップ準決勝進出をかけた大事な試合のレフリー担当となった。

1位2位のオールドボーイズとフレーザーテックに、3位確定のモレンズビルは準決勝進出決定。残り1席をかけて、ハウタプ、ティアムツ、マリストが争う格好。


Hamilt%20on%200710%20022.JPG


今日のレフリー担当試合は、

マリスト 85−12 メルビル


Hamilt%20on%200710%20034.JPG

とんでもないオープンゲーム。メルビルはセミファイナル進出に芽がないのと、けが人続出で10人を欠いてのチーム編成。プレミアシップのファーストラウンドではメルビルがマリストに勝利していたが、さすがにきちんとチームが作れないとキツイ。しかもマリストは、ACTブランビーズからやってきたSOや、ワイカト代表の選手が数名スタートで出てきてしまったからアタックは凄まじかった。。。

Hamilt%20on%200710%20035.JPG

メルビルはいつも規律の部分で大変なチームで、ワイカトのプレミアシップの中でも一番とも言われるほど、試合中の騒音はすごい。でも、この試合は、得点が開いた事もあってか、反則数は11回。とってもオープンで規律の高い試合となった。

自分自身の課題で持ってきた事も、良く集中して出来たので、とても有意義で価値のある試合となった。

Hamilt%20on%200710%20023.JPG

ホストチームとなったメルビルは、試合中の口の悪さでは一番だが、実はホストチームとしてもワイカトで一番。ビルさんという名物オヤジが、レフリーやゲストを過剰なくらいにもてなしてくれる。普通は、レフリーたちは2杯くらいドリンクがタダになるんだけど、このメルビルはエンドレス。。。酒が飲めると分かると、とんでもなくふるまわれる。

Hamilt%20on%200710%20024.JPG

@古いオールブラックスジャージー

クラブとしても歴史のあるチームで、ワイカト協会が設立される前に存在していたので、唯一、ファーストジャージに「ハミルトン・ラグビー協会」のロゴが印刷されている。他のクラブチームには許されていない、唯一の特権なので、それはそれはスペシャル。

Hamilt%20on%200710%20038.JPG

@珍しい鹿のトロフィー Withビルさん

今日は、ファンクションパーティの時に、メルビル出身のNZマオリ代表の伝説。「ノーム・モロー」さんがいたので、写真撮ってもらった。フランス代表と試合をしてセルジュ・ブランコもプレーしたNZマオリ代表の歴史となる試合に出場した話とか色々と聞けて、すごく良かった。

Hamilt%20on%200710%20036.JPG

@Norm & Taiz


もっと長くいたかったけど、夜のトライネイションズ観戦の予定があったので、ファンクションでスピーチをして先にお邪魔した。


Hamilt%20on%200710%20033.JPG


Taiz

2010年07月23日

テストマッチゆっくり観戦。

こんにちワオ!

先週の土曜は、試合の後に急いで移動してビルの家に。。

テストマッチをマイSKYで観戦。
このマイSKYは、インタラクティブになっていて、ライブで試合を見ていても、一時停止や巻き戻しが出来る。巻き戻しした後は早送りしてライブ放送に戻ってこれるのでとっても便利。

判定が微妙なシーンとかあると巻き戻してしまうのがラグビーの人たち。。

でも、前半の遅れもハーフタイムをどーんと早送りして飛ばしてしまうので、本当に便利便利。

SKYの間違いに僕は気付いたぞ。

Hamilt%20on%200710%20039.JPG


レフリーのアライン・ローランドさん。所属はアイルランド。アイルランド人とフランス人のハーフだけど、フランス協会所属ではありません。。。

そして、この日の夜ごはんは、農場直送のラムの足。そのまんんまデカいのをオーブンでじっくり。色々とあーだこーだ冗談を言い合いながら、ワイワイと完食。

Hamilt%20on%200710%20040.JPG

ラグビー好きが集まるとやはり熱く語り合う。

そんなテストナイトでした。

Taiz

マンデーMTG&映画!

こんにちワオ!


今週はまた忙しい。。忙しすぎる。。
月曜日は、リカバリーする間もあまりなく東芝とワイカトの練習に。

メニューはアタックディフェンス。


東芝アタック   パッド有り 15分間
東芝アタック   パッドなし 15分間
ワイカトアタック パッド有り 15分間
ワイカトアタック パッドなし 15分間

の60分間インプレー。走り続け。

Hamilt%20on%200710%20062.JPG

練習が終わると、オフィスでミーティングをひとつ終わらせ、夕食を食べ、ワイカトスタジアムにレフリーミーティング。
今日は、アシスタントレフリーの役割の再確認。いよいよセミファイナルや各レベルのファイナルが始まるので、チームオブスリーの役割確認が大事になる。

僕のミーティング参加も残りわずか。

Hamilt%20on%200710%20067.JPG

そしてミーティングの後は、みんなでまたスターバックスミーティング。
何を話したか覚えてないくらいのたわいもない話で盛り上がったって言う事だ。

Taiz

東芝勝利!

こんにちワオ!

水曜日は、お昼からワイカトスタジアムにて東芝とワイカト代表のトレーニングマッチが行われた。
ワイカト代表は、木曜日から始まる最終トレーニングキャンプ前の、シーズン入り最後となる実践トレーニングマッチとしての位置づけで試合を行った。ワイカト代表は、セレクションマッチを含めて、vsベイオブプレンティ、vsオークランド、vsタラナキと試合を立て続けにやってきた。最後は東芝に勝利してはずみをつけてITMカップに挑みたいところだったが、そうは簡単に行かなかった。

東芝 49−33 ワイカト代表

試合開始からワイカト代表の猛攻撃。フェーズプレーを重ねてどんどん前進してくる。
FLリアム・メイサム、HOアレド・デメルモンチ、SHブレンデン・レナード、とオールブラックスはプレーしているし、WTBドゥエイン・スイーニー、CTBサビ・タクラとチーフスのプレーヤーも威力が凄い。一発で切ってくる。
スクラムも、東芝1番がバインドも出来ないくらいのエンゲージヒットをしてきて圧倒。ラインアウトは、デメルモンチのスローインは流石にオールブラックス級。「いつサインコール言ったの??」って言う感じで、デメルモンチがボールを手にしたら、シュッてボールをスローしちゃう。それでとんでもなく正確で高い。。
東芝は、ワイカトのラインアウト反則のペナルティキックからクイックタップで仕掛けて何とか1トライを取り、19−7のワイカトリードで前半を折り返した。
ワイカトが80%くらい前半を支配して、東芝はほとんどないチャンスの1つをものにしてトライにつなげた格好。


Hamilt%20on%200710%20025.JPG

@レフリーの使っているコミュニケーションギア

後半は、全く間逆。。
ワイカトはリザーブメンバーにガラッと替え始めて、ゲームの様相も変化。
やはり若手のスクラムハーフは、練習でもストラクチャを理解してなかったり、臨機応変のコミュニケーションができてなかったりしていたのが、露呈された。
東芝は、ディビッド・ヒルの上手いキッキングゲームがはまった感じかな。ワイカトの選手たちがキックからカウンターを仕掛けるけど、フィニッシュまで行かずミスの連発。だんだんとミスも孤立したミスになってきて、東芝にボールをわざわざ献上してあげる感じ。
東芝は、ストレスが溜まりワイカトレフリーと喧嘩し始めたワイカト選手たちがペナルティを繰り返す所を見逃さず、ペナルティ→ドライビングモール→トライに徹底し、何度もトライを挙げた。NZの選手は、ドライビングモールディフェンスをそう普段やっていないので、対応に苦戦した。
結局、ワイカトはディシプリンを守る事なく、レフリーとは平行線。。。前半、レフリーは東芝のキルザボール系の反則(ロールアウェイ、倒れこみ、ゲート)に連続でぺナライズしたが、後半は、ワイカトが連続でペナルティを取られ、後半だけでワイカトに2枚のシンビン。。。ワイカトはメンバーチェンジし過ぎたのと、ディシプリンの部分が悪く、完全な自滅。。

Hamilt%20on%200710%20026.JPG

@ギアの管理もトップレフリーの役割

試合後に監督のクリス・ギブスさんと話したけど、クリスは凄く良いコーチで本当に素晴らしい態度だったね。「レフリーは、レフリーとしてやるべき事をやっただけ。選手たちがステップアップしようとするには、あの選手の試合に向かう姿勢ではダメ。」とのコメント。しっかりと自分たちに目線が向いていて、試合で何をすべきか、何を課題にしているのかが良く見えているコーチだと思う。
感情や印象に任せて、「さっきのあれば何の判定だったのか?」とか「レフリーがきちんと反則を取れ。」だの「相手チームが、〇〇の反則をしているから見てくれ。」とか必死になっているコーチとはけた外れだね。

またまた学びのあった試合でした。

Taiz

2010年07月26日

うにの朝ごはん!

こんにちワオ!

ワイカト協会の早朝、まだ朝7時台。。。。
寒い。。。。

朝から協会のラグビーオフィサーのルーベンと2人でごそごそとキッチン。
朝飯を一緒に食べようと言う事になって、不思議な日本人と不思議なマオリ人と2人で食べたのは、これ。。。


Hamilt%20on%200710%20068.JPG


ニュージーランドの白人は、ウェーッて言うねぇ。。
”うに”=”シーオーチン”。

Hamilt%20on%200710%20070.JPG


僕らはいたって平気。

ちょっと大きめの大味なニュージーランドのウニ。


Hamilt%20on%200710%20071.JPG


それをピタと一緒に食べてみる。

Hamilt%20on%200710%20072.JPG

味付けをしなくても普通に美味い。


Hamilt%20on%200710%20073.JPG


すこーしだけウニの量が多かったので、ちょっと最後の方は「もういいです・・・」ってなったけど、久しぶりのフレッシュな魚介でうれしかったねぇ。

Taiz

2010年07月27日

最後のワイカトプレミア!

こんにちワオ!

土曜日は、いよいよ長いワイカト遠征の集大成となった、ワイカトのプレミアシップでは最後のレフリー担当。

hamiton%20hautapu%20v%20oto%200710%20006.JPG

プレミアシップ・チャンピオンシップ
ワイカトドラフトプレート準決勝

ハウタプ 24−10 オトロハンガ


hamiton%20hautapu%20v%20oto%200710%20010.JPG


試合中の天気は良かったんだけど、前日に降った雨の為に、グランドはとーっても重いグランドに。。選手たちも試合中にぐちってたなぁ。。

試合中には色々と自分自身で試して来た事や、これまで少しづつ上手になってきた事をたくさん出せるようにと色々と考えながら試合に取り組んだ。

hamiton%20hautapu%20v%20oto%200710%20005.JPG

終わってみると長いようで早いようでの長期遠征。

結構、身も心もお金も使ったので、帰国したら少しトーンを落としてちょっと充電が必要な感じかな。


hamiton%20hautapu%20v%20oto%200710%20004.JPG

なんだか後ろ髪をひかれる残り20分間のプレミアシップ・セミファイナルだった。

Taiz

2010年07月29日

レフリーやろう&ホーマー!

こんにちワオ!

ハミルトンを走るこの車。レフリーになろうと宣伝がプリントされている車。もし、協会やどこかカーレンタル等のスポンサーがいれば、僕も喜んで日本でラグビー活動で走りまくるけどね。
どこかありませんでしょうかねぇ。。。

hamiton%20hautapu%20v%20oto%200710%20012.JPG


と、ところで、やっとインターナショナルレフリーの大先輩かつ旧友に会う事が出来た。
ずーっとメールとか電話ではやりとりしてたんだけども、なかなかお互い忙しかったり、彼が病気で具合い悪かったりとで、なかなか会う事が出来なかった。

ニュージーランド、いや、世界が誇る偉大なラグビーレフリー。

「ポール・ホーニス」

hamiton%20hautapu%20v%20oto%200710%20016.JPG

@お互い、大のラグビーグッズコレクター。

僕は、ずーっとあだ名で”ホーマー”って呼んでるけど、僕も彼にたくさん見習った偉大なレフリー。今は、レフリーを引退して新しい仕事に専念している。大きな建築系の会社で、いろいろな商業関係の仕事をしてとーっても忙しくしている。
僕は、彼の最後のシックスネイションズでタッチジャッジだった。でも彼の奥さんの容態が悪化し、シックスネイションズの試合を急きょキャンセルして帰国した。
奥さんのレベッカさんも奇跡的な回復をして現在は元気にしていた。

南アフリカvオーストラリアのテストマッチをホーマーの自宅で一緒に観戦して、また色々と教えてもらった。
また、日本にも来て欲しいなぁ。

Taiz

インターミディエイト!

こんにちワオ!

火曜日にマタマタまで行ってきた。
早朝からの移動で、まだまだ霧が深く寒かったけど、グランドに到着すると比較的良い天気に。

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20064.JPG


今日の大会は、インターミディエイト・スクール大会と言って、U13の大会。
今日は、レフリー&レフリーコーチの役割。


Raglan%20and%20Hobitt%200710%20076.JPG

子供たちは、本当に上手。
キックも、セットプレーもパスもしっかりしているなぁ。

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20073.JPG

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20084.JPG

ワイワイと子供たちと一日中走りまわって楽しんだ。

一日長かったから足はちょっとパンパンだなぁ。。。

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20086.JPG

@Flying Referee

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20070.JPG


先日のスプリントトレーニングでがっちり走りこんだのもかなりのダメージ。
がっちり来ております。

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20068.JPG

これで、今年の僕のハミルトンでのレフリング活動は終了。
たーくさんの試合を吹いた。
長ーい長ーいシーズン。


Raglan%20and%20Hobitt%200710%20072.JPG

もういっちょウェリントンでプレミアシップを吹いて帰国になるので、残り数日の準備を楽しもう。

Taiz

2010年07月30日

インターミディエイト子どもギャラリー!

こんにちワオ!

インターミディエイト大会の子どもたち。
エネルギーあって生き生きしてました。


Raglan%20and%20Hobitt%200710%20065.JPG

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20078.JPG


Raglan%20and%20Hobitt%200710%20080.JPG


Raglan%20and%20Hobitt%200710%20083.JPG

Raglan%20and%20Hobitt%200710%20085.JPG


もうすぐ日本に帰国するけど、最後の1踏ん張り用のパワーをみんなからもらってます。

最近、日本に電話している回数が増えてきているけど、少しづつ気持ちが日本に帰国中ですかね。。。
1試合用の充分な情熱だけは残しておきますー。


Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ