aspotaトップサイトマップ

« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月 アーカイブ

2011年03月03日

日本選手権決勝!

こんにちワオ!

日本選手権 決勝

サントリー37−20三洋電機

15000人弱を集めた晴天の秩父宮。現在の秩父宮は22000人入らなくても満員に見える。個人的には2万人入って欲しかったが、今シーズン最後の公式戦を観に来られたラグビーファンは、その雰囲気を満喫したのではないだろうか。


DSCF4103.JPG

9年ぶりのサントリー優勝。
今年のサントリーは、プレースタイルを大きく前進改良したチャレンジをしたので、優勝したという価値だけではない付加価値がついた格好になったと思う。

前節のフィジカルでタフな試合を怪我ギリギリで戦った三洋電機からするとコンディショニングは本当に難しかっただろうと思う。

DSCF4098.JPG

試合を振り返ると、サントリーが前半からボールポゼッションを取れた事が大きかった。
前半の三洋電機はボールコンテストが出来にくいブレイクダウンになってしまい、チャンスの機会を待ったがその我慢の時間にトライを取られたのが後手のオプションになる事につながった。ディフェンスからラグビーをするチームは、ボールコンテストするブレイクダウンがあってこそ、そこからのターンオーバーを起点に逆襲が出来る。現代ラグビーでは、ターンオーバーからのカウンターアタックから得点につながるケースが大きいので、ブレイクダウンがコンテスト出来る状態ではないと、なかなかそのような様相にはなりにくい。やはりアタック側の倒れるプレー、ゲートがもっとクリーンにならないと、継続ラグビー=コンテストラグビーのゲーム構造にならない。
また、ボールは継続出来ているものの、アシストタックラーが執拗にからんでいるので、スローボールのボール展開となり、相手レッドゾーンでなかなかディフェンスをこじ開けられなかったのが、得点をあげきれない要因となったと思う。


DSCF4074_hiwasa.JPG


サントリー側は、アタッキングラグビーの徹底ぶりがまた1段階上がったと思う。本来ならばボールランナーになれる佐々木選手や竹本選手たちが目立たないのは、ブレイクダウンクオリティにチームとしてこだわっている事を表している。
さらに、これまでラインブレイクをした後のディシジョンメイキングにエラーが多かったが、この試合では、トライまで行く意識が強く、パスを放すタイミングやボールを運んでいる部分にミスマッチを見つけていく判断に優れていたと思う。


DSCF4084.JPG

@Flying AR 。37氏さすがです。

この試合でもターニングポイントが多くあった。
得点につながる部分での、微妙なサントリーのデコイや、スクラムから1歩ディフェンスに行くタイミングが遅れてしまった三洋SHのタックルミスの場面でサントリーのトライになったプレー。そして、前半最後のサントリーのペナルティからの三洋電機ペナルティゴール(ゴールは失敗)。三洋ヒ—ナンの怪我。サントリーのブレイクダウンでの反則(ゲート・倒れこみ)もマネジメントを入れていたらゲームの様相がどうなったのか。等々、ゲームが変って行く、もしくはゲームの様相が変わっただろうターニングポイントがいくつもあった。それだけトップリーグが難しいリーグになって来て向上している証拠だろうと思う。

DSCF4097_gg.JPG


今年の公式戦は終了。

今シーズン日本ラグビーで出来た事・もっとやるべき事。
ほんのちょっとのシーズンオフに良く色々な人たちと話してみようと思う。

Taiz

日本選手権の後は。

こんにちワオ!

日本選手権の試合後はアフターマッチファンクションがあった。
会長は所用と言う事で欠席されたが、両チームとラグビーファンの方々とで皆和やかに会が行われた。

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20045.JPG

そしてファンクションが終わると、レフリーの相田さんは神奈川県の集まりに行かれたので、その他のメンバーで近所の焼き肉屋さんへ。
”戸田っち”の漫談を聴きながら、ホルモン系でのシーズン締め。


%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20043.JPG


大笑いでシーズンをポジティブに終了。

でも、すぐに僕の次シーズンは始まる。

Taiz

埼玉スタジアム!

こんにちワオ!

中学生122名へラグビー指導をしてきた。

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20066.JPG

埼玉地方は、吹雪・・・。
恐ろしく吹雪いている中を埼玉スタジアムに向かい、「本当に開催するのか」をしつこく担当に電話連絡しながら、敢行。

中学生の熱意で、開始30分前には完全に雪は止み、2時間みっちりのラグビートレーニング。

「手を使う事と、重さを感じるトレーニング」

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20070.JPG

メインコーチは日本初のプロコーチ大西一平氏。
僕はアシスタントコーチと言う事で参加したが、一平さんとは5・6年ぶりに一緒にグランドに立ったなぁ。。久しぶりでワクワクして楽しかった。

とにかく子どもたちは、みんな上手!

アジリティもボディバランスも上手い。

中学生のポテンシャルと上達スピードにとても感動した。

埼玉スタジアムの皆さん、運営会社の皆さん、大変お世話になりました。
この素晴らしい企画が、日本スポーツ界のカンフル剤になる事を心から願います。

Taiz

2011年03月05日

フィジーへ!

こんにちワオ!

雪の寒さを解凍し、数時間後には移動開始!
自宅に帰宅したのが夜10時過ぎ・・・それで、、、家を出たのが朝5時。。。。
睡眠と言うよりも仮眠を取り海外遠征の準備。

7時20分に成田集合と言う事で、タクシーとバスを乗り継ぎ成田空港へ。
最善を尽くしてギリギリに到着したので、この時間帯のフライトはあまり現実的ではなく本当に大きなリスクあり。


%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20075.JPG


ジャパンセブンズのみんなと合流し、チケットを受け取り韓国経由でフィジーへ。
韓国に到着は12時前で、フィジーへの乗り継ぎ便は夜7時半。
空港で何度も集合と解散を繰り返し、無事に九州組と関西組と合流し、昼食を取ってまた自由解散。

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20079.JPG

@韓国の伝統音楽を興味深く観る2人。

もちろんこの自由時間は、僕は仮眠に時間を使う事に。
一人で隠れて寝てたと思ったら、目を覚ますと周りに選手達が。。

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20082.JPG

@その2人。

仮眠×仮眠で、すでにガッチリと身体が固まりまくり。

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BC%91%EF%BC%91%20087.JPG

@既にファミリーが出来始めている昼食。


珍道中アゲインの予感。

Taiz

2→0→25!

こんにちワオ!

超寒いところから極寒へ、極寒から逆熱へ。

気温2度の日本から、気温0度のインチョンへ、そして早朝のナンディは気温25度。

飛行機は混んでなく、比較的快適に。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20185.JPG

@フィジー上空。


ただし、あまり寝られずパソコン&映画のいつものコンビネーション。

「FASTER」の典型的アクション映画に、いつものThe Rockの展開で飽きて半分観ず。。
でも、「Black Swan」は面白かった。以前に色々と調べた事があったことの映画。役になりきると言うのは、そういう事なんだなぁ。。良い映画。
そして、まだ観てなかった「RED」。映画館に無理して行こうとしたが、行かなくて正解。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20190.JPG

と、みんなナンディに到着すると、疲労感たっぷり。

そこからジャングルの中を通り、スヴァへ。。。3時間弱のバスでの旅。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20191.JPG

@道端に痩せた馬がつないであるのが気になるんだよなぁ。。。


昼過ぎに到着し、ほんのちょっとだけホテル休憩。

すぐにグランドに向かい、ロングジョグや恒例の「セブンミニッツ」で一度息を上げた。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20194.JPG

@はい、もつかれー。


一日挟んですぐに大会開幕。
せわしない準備期間だけど、最大限の努力を。

Taiz

F&S&J!

こんにちワオ!

フィジー協会によるファンクションパーティに招かれて来た。

今回のフィジー・マリストセブンズ大会に参加しているフィジー・サモア・日本の3チームでの交流。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20005.JPG

歓迎のスカーフ(スカートになる)をフィジー代表の選手よりそれぞれ丁寧にかけて頂き、美味しいフィジー料理を振る舞って頂き、交流を図った。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20004.JPG

@最年長。

若い選手達はすぐに打ち解けて、たくさんの笑顔で美味しくご飯をたんまりと食べていた。
でも、日本人の選手とは、一回のお皿に盛っている料理の量が倍くらい違う。。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20011.JPG

@照明の関係で凄い色に。。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20012.JPG


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20013.JPG


そして、各代表からお礼と挨拶のスピーチをし、最後はフィジーの方々の綺麗な讃美歌がプレゼントされた。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20010.JPG

@フィジー

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20009.JPG

@サモア

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20008.JPG

@日本は岩淵マネージャー

同じティア2の国は、色々と心から通じるところがある。

ラグビーの素晴らしさを再確認したひと時だった。

Taiz

トレーニングマッチ!

こんにちワオ!

フィジー代表との練習試合。

到着した翌日だが、時差も24時間移動の疲れも関係なく練習試合敢行。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20036.JPG


もちろん灼熱。
日本の天気予報では最高気温27度とか言っているが、全くそんな気温ではなく、現地の人も気温34度の湿度80%と言う。
そんな尋常じゃない気候。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20018.JPG

@アヒオ。自然が似合うねー。


過酷な環境で、フィジー代表と実践を行い、色々と確認作業を行った。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20038.JPG

@沼のようなグランドで捻挫しないで頑張った。

明日から大会開幕。
朝早いぞー。

Taiz

買い出し&チームディナー!

こんにちワオ!

スタッフについて補食の買い出しへ。

スーパーはどこの国行っても面白い。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20096.JPG

@いろんな所にセブンズの広告!


今回は、缶詰コーナーに魅かれた。コーンビーフ、もといコーンマトン。
食べた事ないけどどんな味なんだろう??

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20095.JPG

@缶詰ずらり


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20093.JPG

@普通のコーンビーフ

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20094.JPG

@コーンマトン。。


帰りに電気屋さんにもケーブルを買いに。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20097.JPG

@わたさんは、ちょっと退屈そう。


最新の”厚型テレビ”!!

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20099.JPG

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20100.JPG

超アフロのお母さんとも出会い、買い出し散歩終了。

少数精鋭で運営しているジャパンセブンズは、なかなかやる事は多いね。
スタッフの皆さんモツカレー。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20107.JPG

@アフロ母ちゃん&KEN&Taiz


夜は、近くの日本食レストランへ。
ヘルシーなマグロのステーキ。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20081.JPG

もちろん店員さんはフィジアン。笑っちゃぁ行けないが、ニヤけずにはいられないね。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20084.JPG

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20082.JPG


カルチャーショック。

Taiz

出演記録。

フィジーにて各メディアに出演しました。

フィジータイムス(新聞)
ブラFM(ラジオ)
フィジー・チャンネル1(テレビ)

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20089.JPG

@BULA FMの方々と。

また、センタープラザでのラグビーイベントに、日本代表スタッフと共に参加しました。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20087.JPG

@数千人の人だかり。


おや、どこかで見た事ある人たちが。。。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%81%A0%E5%BE%81%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20088.JPG

@ムー!


こちらフィジーでは、ラグビー人気の凄まじさと、ラグビーレフリーの社会的ステータスが尋常ではないです。

Taiz

2011年03月14日

気持ちを強く持って。

今回は、東北関東大震災での、震災の悲惨さ被害の大きさに言葉に詰まった。。
足止めになっていた韓国で、やっと夜中にテレビをつける事が出来、CNNニュースを見た時に、その光景に映画のようなシーンで事実の飲み込みまでに時間がかかった。

この度の震災で被害を受けられた方々に、心からお見舞いを申し上げると共に、一日でも早い安心な日常が戻りますように、お祈り申し上げます。

この2日間は、自分の親戚や知人の安否確認に追われている。

「携帯電話が通じないだけ」と言い聞かせながら、望みを持ち続けている。

C00935.jpg

どうか、皆さん気持ちを強く持って、正しいと思う判断をされて行動をして欲しいと思います。大きな出来事から数日経つと、人災=悪い人間やパニックになる人間による混乱、が起こると言います。震災のこの状況に、面白おかしくモラルのない人間も多く出てきます。
どうか平常心を持って、Stay Positiveでお願いします。

僕も、引き続き安否の確認作業と、節電、我が家の準備等と、出来る事から始めよう。
*フィジー遠征の出来事は、数日経ってからさかのぼって掲載します。

スポーツの力をみんなの希望に。

Taiz

2011年03月15日

アルゼンチンからのメッセージ!

こんにちワオ!

まだまだ困難な状況に気持ちが暗くなる。
でも、大変な境地からも、安全を知らせてくれる連絡や、ブログ等のラグビー関係者からのメッセージで勇気つけられたとの有難いメールも送られて来ている。
ラグビーがラグビーたるアイデンティティ、スポーツがスポーツであるアイデンティティをしっかりまっとうしよう。

今週末、レフリー派遣される予定だった宮崎県・川南町の為の復興イベントが中止との連絡が来た。
宮崎の実家にも、こちらの状況や東北にいる親戚・友人の状況を連絡したが、ニュースには全く出ないものの、宮崎の新燃岳が4000m級の大爆発をして、宮崎が再度災害にあった。。

San%20Diego%2009.JPG

@アルゼンチン代表!

毎日のように、世界中からメールがやってくる。
本当にありがたい。
自分の事だけではなく、出来るだけ多くの人々とシェアしたいと思う。

アルゼンチン協会関係者よりメッセージが送られてきた。
写真付きで。

Refereando%208%20%281%29.jpg

@アルゼンチンレフリーのロッキー

Friends.......They love you,

But they're not your lover

They care for you,

But they're not from your family

They're ready to share your pain,

But they're not your blood relation.

They are........FRIENDS! !!!!

A True friend...... .

Scolds like a DAD..

Cares like a MOM..

Teases like a SISTER..

Irritates like a BROTHER..

And loves you more than EVER..

even me if I'm one of them.....


*日本訳

トモダチ。。。あなたを愛してます。

でも、あなたの恋人ではありません。

あなたの事を想っています。

でも、あなたの家族ではありません。

あなたの痛みを分け合う準備が出来ています。

でも、あなたと血縁はありません。

彼らは。。。トモダチです!!!

本当のトモダチ。。。

父親のように叱ってくれる。

母親のように世話してくれる。

姉妹のようにじゃれ合い。

兄弟のようにじらしてくる。

そして、これまで以上にあなたを愛している。

私でさえ、その一人であるかも。。


Wellington%2009%202.JPG


一人じゃない。トモダチが多くいる。

Taiz

2011年03月18日

カナダからの手紙!

こんにちワオ!

地震発生から1週間経った。
黙とうと祈りを捧げた。

陸の孤島となっている埼玉の自宅は奇妙な日常が続いている。
卵、紙、パン、米、ガソリンがあっという間に消える。かと言えば、レストランは営業しているし、近所の工事も普通に行われている。。。
バスや電車の交通機関は完全にマヒ、道路はガソリンを何時間も待つ車で大渋滞を引き起こしている。

買占めなのか、物流が途絶えているのか、偏ってモノがない。
レストランの業者らしいおじいさんが、目の前で卵を全部買い占めて行った。

今まで経験した事のない状況が色々と視界に飛び込んでくる。

計画停電は、実際はいつ停電が来るか分からず、停電以降、インターネットが不通になり、家の電気系統にも故障が。でも、自分より遥かに困っている人たちがいる。一刻も早く現地に届いている物資が届き渡り、寒さや飢えから解放されて欲しいと心から願う。


DSC_0021_2.JPG

@現在はテレビの仕事もしている伝説ミーガン

カナダからメールが来た。
カナダの女子代表元キャプテンのレジェンドである、ミーガンから。

カナダ女子代表は、自分自身にとっても強く記憶に残るチーム。
先月、ラスベガスの大会でも、女子国際セブンズの試合でカナダ戦をレフリーした。
2009年のワールドカップセブンズ大会期間中に達成した国際セブンズ試合100試合。その試合が、カナダ女子代表vsスペイン女子代表だった。


"Friends,


There aren't many words to express what the rest of the world feels while we see the images on TV of what is happening in your country. My heart breaks for you and the devastation but I also know that you're a very determined and resolute nation - it's impossible to imagine now but you will get through this.


I've played against your national women's rugby team in both Sevens and XV's and have always been very impressed with their humility and friendliness. And of course athletic ability!

Our thoughts are with you and you have our support, even from the other side of the world.


Meghan Mutrie"


IMG_2907.JPG

@カナダ女子代表が応援してます! Thanks a million for your message and photo, Meghan!!

日本語訳:

「トモダチへ

テレビに映るあなたの国での出来事を見て、表す言葉もありません。ハートブレイクでした。そして荒れ果てた状況にも、日本人は非常に決意が強く不屈の意志を持った国であると思います。私には、この状態からの復興は測り知れませんが、あなた達はやり遂げると思います。

私は、15人制と7人制の両方で日本代表とプレーした事があり、いつも人間味や友情の深さに驚かされてきました。そして、もちろん運動能力も!

私達カナダ女子代表の想いがあなた達と共にある事、そして世界の裏側からでも私達はサポートしています。

ミーガンより」

世界中のラグビーに関わる人が、日本を想い、そして心から応援している。

Taiz

2011年03月20日

コミュニケーションを!

こんにちワオ!

震災発生から一週間経って、自宅のインターネットもやっと本日復旧。
ケーブルテレビのホストが停電により故障との事。

未だにガソリン・灯油・卵・牛乳の流通はうまく行ってない。
連日、川越街道はガソリン待ちで大渋滞になっている。

物流は大丈夫だとの報道が出始めているので、都心から徐々に正常な生活になりつつあるのかとは期待するが、現状の混乱ぶりにあまりその実感は沸かない。「来週には・・」と言う声が多く聞かれるようになったので、そうなる事を望むばかり。


%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%EF%BC%96%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%93%20399.JPG

@フィジー代表&日本代表で合宿交流

震災から時間が経ってきて、被災地にいるいないに関わらず、多くの人たちが疲労を訴え始めている。

これまでに見た事のない光景を目にしたり、これまでに体験した事のない事柄を聞いたり読んだりすると心理的な反応を起こす。
その度合いが今回のように度を遥かに超えていると大きな反応となる。

直接的に作用する原因は、被災者の方々のように家が壊れてしまった等の物理的なものもあるが、被災地にいない遠く離れた安全な所に住んでいる方々も、実は生活環境が大きく変わってしまったり、将来の不安を駆り立てられたり、以前から抱えていたストレスが大きくなってしまう等の影響を受けてしまっている。
実際に、停電・物流の麻痺・交通網の麻痺によるストレスはとても大きい。

メンタルのケアをしてあげる為に、効果がある事。

「コミュニケーションをとる」

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%20025.JPG

@フィジー人の知人ジェームスの親戚一同と。

過度なストレスへの正常な反応として、気持ちが高ぶる事がまず起こり、色々な感情が生まれてくるそうだ。
気持ちが高揚してくると、人は言葉を発したくなる。不安だから確認作業をしたくなる。子どもは分かりやすく、いわゆる「ハイ」な状態になる。

きちんと話を聞いてあげる、話を聞いてもらう。

そんな事の積み重ねで、小さなストレスをきちんと解消して、こころのケアをする事で、無駄なケンカや犯罪、心の傷を負う事を防ぐ事が出来ると思う。

Taiz

2011年03月21日

節電。

こんにちワオ!

簡単に出来る事は、すぐにやる。

家の中でもジャンバーを着て、節電節電。
パソコンも時間を決めて一日少しづつ。


%E9%9F%93%E5%9B%BD%EF%BC%86%E5%AE%B6%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%93%20006.JPG

Taiz

2011年03月25日

計画停電。

Non Title こんにちワオ! 埼玉県は計画停電の地域に入っている為に、本日も計画停電。 節電と計画停電で、停電予定が次々と解除されている。 我が家は比較的多く実施されているので、協会に行っても停電前に帰ってきた。 暗い部屋にキャンドルを使い夕食を食べるのだが、部屋から外を眺めると電気がついているところもあったりするので、どんな仕組みになってるのか気になるなぁ。 4月末までの計画だった計画停電は、夏までの計画に計画変更になったらしい。 街からは綺麗に水が消えた。卵・パン・米は「一家族一個」限定でモノが戻った。ガソリンはあるようで渋滞がかなり短くなったが、いつ配布したか分からない整理券を持つ人たちのみの給油。 釜石シーウェーブス幹部としばらく電話で話す事が出来、部員の活躍や元気な声を聞いて、心から頑張って欲しいと思った。 我が家も親戚が震災被災しているので、改めて家族で一致団結して前進していこう。 Taiz

2011年03月26日

吉野家!

Non Title
こんにちワオ!

久しぶりに吉野家の牛丼を食べる。
劇的に速く、そして、うますぎる。

ニュースで見た。今回の震災では、どこかの被災地に吉野家トラックが出て、皆さんにふるまっていた。

最近、外食を出来るだけ控えているので、凄く新鮮でもあったね。

毎食、吉野家でも良い感じ。

Taiz

チャリティーTシャツ!!

こんにちワオ!

カンタベリーより、東日本大震災の被災地復興支援Tシャツが本日より発売開始!


DSC_0028.JPG

「NZ地震・東北地方太平洋沖地震」
被災地復興支援Tシャツ販売のお知らせ


平成23年2月22日に発生いたしましたニュージーランド地震、
および平成23年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震で
被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対しまして、心よりお悔やみを申し上げます。

DSC_0023.JPG


カンタベリーは、両震災の被災地復興を支援するため、
チャリティTシャツ「2 Countries 1 Goal」を下記の通り販売いたします。

利益の全額は、日本赤十字社を通じて、日本とニュージーランドに50%ずつ寄付し、
被災の救援活動に役立てていただきます。

このたび被災された方々には謹んでお見舞いを申し上げますとともに、
一日も早い復旧がなされますよう心よりお祈りいたします。


DSC_0027.JPG


★「Together for 2Countries 1Goal」
被災した2つの国がともに1つのゴール(復興)をめざしてほしい。という願いをこめて、メッセージをプリントしました。


商品名: JAPAN・NZ T-SHIRT
価格: 2,000円(税込み)
カラー: ホワイト、ブルー
サイズ: M、L、XL 

【販売期間】
2011年3月26日(土)〜5月31日(火)
※一部の地域は、3/27(日)〜

【販売店舗】
全国のカンタベリーショップ 23店舗
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/shoplist/index.html

※仙台店は、休業中になります。

・多摩南大沢店
TEL:042-679-0451

・大阪鶴見店
TEL:06-6915-0912

・長島店
TEL:0594-45-8801

DSC_0024.JPG

がんばろう、ニュージーランド!!

がんばろう、日本!!

Taiz

2011年03月30日

Pray for Japan!

こんにちワオ!

少しづつライフラインが戻りつつある。
プラクティカルにスーパー等が対策をはじめていて、入荷と同時に売り切れ状態は解消され、モノが完全になくなる状況はゆっくりになって来た。このような非常事態で国家的主導者は現れる事なく、パニック状況が続いているが、それでもポジティブに危機を打開しようとしている。

先週末は、香港セブンズが開催され、ニュージーランドがカップ優勝。
「母国の為に気持ちが入っていたパフォーマンスをした」とティッチンズ監督が感想を述べたようなハイパフォーマンスだった。ワイカトのティムやフランキーも表情に気合いと感傷的な感じが入っていた。

200665_1789102860435_1625490018_1785650_3354917_n.jpg

@Tommyが送ってくれた素晴らしいPhoto。Huge Thanks to Tommy @ IRB

日本代表も苦しい思いで参加人数割れをしてまでして参加した。

大会関係者やIRBからは大会期間中にも、メール等で様子が知らされていたが、スタンドは日本代表へエールを送り、負けても勝っても健闘をたたえたそうだ。
日本代表の目標としての、IRBのコアメンバー(TOP8)に入る事や、オリンピックに出場しメダルを獲得する事からすると、今回のボール準優勝(今大会参加チーム9〜10位による決勝)と言う結果は厳しく残念ではあったが、経験値の非常に浅いメンバーである事を考えるとポテンシャルを見せた大会になったと思う。

日本代表として出来る事。

世界に向かって日本人が頑張っている事を代表して見せる。

次週はオーストラリア・アデレード大会。
もう1段階ステップアップして頑張ってほしい。

頑張れ日本代表!
頑張れニッポン!

Taiz


2011年03月31日

ガソリン復活も。。。

こんにちワオ!

まだまだ寒い日が続くが、家の近所はガソリンが復活した。

数時間の渋滞を解消する為に、ガソリンスタンドは整理券を配って対応を始めていた。その整理券がいつ配られているかは分からなかった為に、整理券を利用してのガソリン補給は1度も出来なかった。

DVC00460.jpg


ダメ元で行ってみた近所のガソリンスタンド。
みんながガソリンを入れるタイミングから上手く外れた事と、ちょうどガソリンタンクローリー車がやってきた時だったので、震災後初めての満タンに。

ずーっと消えていたガソリン価格表も電気がついた。
価格表を見てビックリ。

DVC00479.jpg


ガソリン高騰へのストレスと、ガソリンが入れられる事への感謝と、非常に複雑な心境。

被災地の方々へ、出来る事は微力であるが、着々と進行中。

まだまだ厳しい寒さや心労は大きいと思いますが、頑張ろう。
頑張ろう日本。

Taiz

がんばろう日本!

Non Title
こんにちワオ!

サッカーチャリティマッチ「日本代表 2ー1 Jリーグ選抜」


四万人以上の観客が集まった長居競技場は、感動と慈悲の素晴らしい雰囲気だった。

何だか、観客もどこか義務めいたような感じで試合を盛り上げ、大歓声をあげ、そして選手たちと一緒になって元気を発信しようとしているように感じた。


カズ選手のゴールで最高潮。一発のゴールで、誰も、この時期に試合をする事に疑問を持つなんていう事を考えることすらしなくなった。

特に子供たちは、カズ選手世代でないために、カズ選手の全盛期を知らないが、すでに今はスーパーヒーローとなって夢の対象となった。


連日の被災報道を直視して被災地の環境を把握しておくことも大事な事だが、テレビを通じて、この苦しい時に「歓喜、感動、希望、夢」を感じられるのも、本当に大事な事だと思う。


政治家や専門家の会見では、この勇気や元気は伝えられない。


プロスポーツがプロスポーツたる社会的責任を存分に果たした瞬間だと思った。

スポーツの力を生きる力に。
スポーツには力がある。

感動した。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ