« ワイカトより。 | メイン | 荷物が。。。 »

長旅開始!

G'Day Mate!

ハミルトンを出発。またもや恒例となっている2列の14席しかない飛行機に乗って出発。
ハミルトンの街を眺めながら、やはり色々な事を考えこむ旅。
なかなか切り替えづらい事ばかりが起こっていたので、そう簡単じゃないなぁ。


DSC_0107.JPG

オークランドに到着すると、国内線ターミナルから国際線ターミナルへ移動し、しばし次の飛行機を待った。


DSC_0113.JPG

@エアーニュージーランド


次の飛行機は、ブリスベンに向けて。オークランドからブリスベンは約3時間とそう思ったほど遠くなかった。
古巣のブリスベンの街に降りる事なく、2時間の乗り換え。
何のサインもなく、ただただ”75”番というゲート番号を探して、多くのひとが探しあるいていた。。。なかなか優しくないトランジット。。


DSC_0112.jpg

@コックピット丸見え。


そして、ブリスベンから今度はドバイへ向けて出発。
今度は10時間以上のフライト。
これはキツかったなぁ。。満員のエミレーツ航空で、足や腰がガチガチに。。

ドバイに到着すると、旅のつきもの”ハプニング”。。。

トランジットの時間がもともと1時間しかないアレンジメントだった上に、エミレーツ航空からトルコ航空への乗り換えが簡単じゃない。。。
到着してすぐのトランスファーデスクには誰もおらず、とりあえず多くの人についてトランジットのあるゲートへ向かった。そこには全くゲートの案内も、チケットカウンターの案内もなく、誰か分かりそうな人を探す事に。。。
まだチェックインしておらず、チケットを持っていないので、ゲートではなくチケットカウンターに行かないと行けないのだが、インフォメーションの人の案内では、ゲートに直接向かうように。。。

DSC_0111.JPG

案内されるがままに、延々と長ーい道のりを歩き続け(インフォメーションの人は「ウォーキング・ディスタンス」と言っていたが、途中で地図を見ると、目印となるところまで”25分”かかるって。。。。What!!!???

延々と歩き、たどりついたトルコ航空のデスク。

はい、残念でした。。。

ゲートは案の定、クローズド。。閉まってた。。

もともと1時間しかないトランジットは無理があったし、協会からはチケットが転送されてきたのみだったので、そんな付加情報も全く持ち合わせてなかった。。。

ブリスベンからの飛行機も多少遅れていた事もあり、色々な状況や自分の職業等を説明して、スーパーバイザーを呼んでもらえる事に。。

スーパーバイザーとの交渉の末、ゲートを再度開けてもらい、チェックインして乗る事に成功。


DSC_0083.JPG

@一緒の飛行機だったロシア代表。。ロシア代表のでかすぎる荷物がベルトに引っかかり、えらいこっちゃになってた。。

ドバイからイスタンブールに移動し、イスタンブールの空港でドナーというトルコ料理で昼食を取り、また数時間待って、無事にグルジアのトリビシに到着した。。。

約2日間の移動の旅。

毎度の珍道中開始。

Bring on!!

Taiz

 

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ