aspotaトップサイトマップ

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月 アーカイブ

2011年11月01日

アシックスの青!

G'Day Mate!

サポートして頂いているアシックスさんよりスプリントシューズが届いた。

よりクッションの着いていない地面を直接蹴る感覚で、軽いものをというリクエストに対応してもらった。


GEDC3726.JPG


アシックスさんによると、今年のTaizの色は青で決定という事で、今シーズンは青押しで行く事になった。
ちなみに、ジャパンキャプテンのキクは”オレンジ”だそうだ。

ブーツは、どれくらい青いのがやってくるの分からないけど、今年はブルーで攻める。

Taiz

宮崎の週末!

G'Day Mate !

予定されていた秩父宮でのキャノンv横河電機のトップイーストが中止となった為に、急遽、宮崎に週末だけ帰って来た。

宮崎に来て、ふらっと近所を車で通ると、まだやっていた。


GEDC3507.JPG

駄菓子屋さん。

小さい頃に良く自転車で行った駄菓子屋さんの”むらこそ”。

GEDC3505.JPG

なんとなんと、当時のおばちゃんが昔と全然変わらずに頑張ってやってくれていた。
昔あった駄菓子のくじの話をすると、おばちゃん覚えていて話が盛り上がった。

店の奥にあるゲームコーナーも20年以上前に遊んだコインゲームがそのまま健在で頑張っていた。


GEDC3503.JPG

@90枚当たった事あるよ。

タイムマシンに乗ったかと思ったような感じだったね。

Taiz

かをるばあちゃん!

G'Day Mate!


2年ぶりに帰郷。

祖母に会いに。
祖母は99歳。

ニュージーランドにわざわざ従姉妹のゆみちゃんにお願いして電話をかけて来てくれたりした。
9月に、ニュージーランドから電話で話した時には、すごくハキハキと電話で話をしてくれて、「秋に必ず会いに行く。」と約束をしてた。

偶然のタイミングで宮崎に帰る事が出来たのだけど、土曜日にばあちゃんに会いに行ってみると、嬉しそうにしていた。話をするだけでも体力を使うので、少しだけ話をして、しばらく握手をして帰って来た。

ばあちゃんの病院の後に、ばあちゃんの家に久々に行ってみた。
昔から変わらない縁側に座って庭の畑を眺めたり、五右衛門風呂や、よく昔に遊んだ家の裏に行ってみたりした。

ばあちゃんは、翌日に逝った。

海外遠征で葬式には行けなかったけど、色んな人に電話をした。

最期は、色々と孫の話をしていたところで急に息を引き取ったそうだ。

スーパーウーマンだった、かをる婆ちゃん。

死去した後、長男である叔父が、ばあちゃんを車に乗せ、ばあちゃんの実家や先祖の眠る墓を見せに連れて行ってくれた。

毎年、大学選手権や日本選手権で自分の姿をNHKで観戦する事を楽しみにしてくれていたばあちゃん。
宮崎で初めてトップリーグ公式戦が行われ、Taizがレフリーをした時には、わざわざ試合会場に応援しに来てくれた。
宮崎で春の早慶戦があった時も会場にかけつけてくれた。

ばあちゃんに会いに行く約束を果たした事は本当に幸いだったと思う。

ばあちゃんから最期に病院で言われた事もしっかりと頑張ろうと思う。

Taiz

2011年11月02日

メヒコへ!

G'Day Mate!

今度は、”メヒコ”ことメキシコへ出発。

アメリカン航空にてダラス経由。

成田空港に到着してフッと気づいた。。。

アメリカ経由って、ただのトランジットでも一度パスポートコントロールを通って本国に入る手続きをしないと行けない。

と、言う事は、ビザがいると言う事??

メキシコは事前に調べていたので、日本人だとビザがいらない。

んーーー、もう渡航の24時間を切っているし、もう遅いと思っていたら、良く考えると今年2月にラスベガスに行ったので、その時のビザが残ってた。
ほっとして、堂々とダラスへ到着。

GEDC3733.JPG

12時間の移動も少し短く感じた。元々2時間しかない乗り換え時間だったが、成田からの出発が遅れて、乗り換え時間が約40分しかない。
40分で、預けた荷物を受け取り、税関検査を通り、ターミナルを移動し、荷物を預け直し、パスポートコントロールを通り、ゲートに行く。。。

無理だろ。。。

という事で、それぞれの関所で役人と交渉し、列を並ばず前に入れてもらう事に。。

ミラクルで事無きを得た。

ゲートに到着は約5分前。

並んでたら完全にアウトだったね。


ずーっとニュージーランド人と接していたので、とっても綺麗な英語のアメリカンイングリッシュが本当に気持ちいい。
やっぱりアメリカンカルチャーの方が格段に便利だし居心地良い。
と、言いながらも自分はオージー訛りがあるんだけど、、、。

GEDC3732.JPG

ダラスカウボーイズのショップを見つけて、独りで少し興奮。
でも、まだまだ旅は始まったばかりなので、荷物の心配をして何も購入せず。


GEDC3734.JPG


そして長旅の末、目的地のメキシコ・グアダラハラ空港へ到着。

空港には大会ボランティアの方々がいてくれて、こちらでもほとんど並ばずに空港を出た。


GEDC3737.JPG


合法的な横入りの連続だったけど、皆さん、ご協力に感謝。

Taiz

ハイセキュリティ!

G'Day Mate!

今回メキシコに来たのは、第16回パン・アメリカンゲームズに参加するため。

いきなりIRBよりの招集がかかった。

アジアのテリトリーではなく、しかもオリンピック委員会が運営する世界でもとっても大きな大会なので、今回の招集にはかなーり驚いた。

はっきり言って、大会の規模が大きすぎて、どれくらい凄い大会か見当もつかないくらい。
アメリカ北大陸と南大陸に加えて、カリビアンの国々が参加する大会。

GEDC3738.JPG

選手団は選手村に宿泊するが、オフィシャルたちは街中のホテルに滞在した。
オリンピック大会ならではの手続きの多さ。

GEDC3783.JPG

アクリディテーションと言われるIDカードの手続きはステップを踏みながら、色々な大会情報と共に受け取る。このIDカードは大会中の命。無くすとえらいことになる。
IDカードを持っていると色々な優遇があり、公共のバスが無料になる等のメリットがある。


GEDC3739.JPG


また、オフィシャルたちの宿舎ともあって、セキュリティはバッチリ。
と、言うかヤリすぎるくらい。

毎回、毎回、ホテルを出たり入ったりする時は金属探知機の機械を通る。
うっかり玄関を1歩でも出ると、金属探知機に並んでる人の列に並びなおさなきゃならないとかなってしまうので、面倒ではあるんだけど。。

また、大会支給のユニフォームについても、事前に細かーく身体のサイズを提出。
それでもサイズが違うものが受け渡される。
大きな大会なら日常茶飯事なんだが、今大会の違うところは、このサイズ違いのユニフォームを直してくれるテーラーがあるという事。
ホテルの2階の1室にテーラーがあり、好きなようにサイズを直してくれる、、、。
はっきり言って凄い。しかもタダ。

34インチの超デカいスラックスを受け取り、30インチに作りなおしてもらった。
しかも、裾も太ももの部分も完全にサイズ変更。
サイズ直しというよりも、新しいスラックスの作り直しって感じ。
そして、圧巻が、IRBレフリージャージがサイズ間違いでXLがやって来たんだけど、それをMサイズに仕立て直ししてくれた。。。
しかも、夕方4時に出して夜8時には3色のジャージが完璧に仕上がって届いた。
凄い。

GEDC3786.JPG

もちろんホテルの外にもセキュリティ。
警察がウヨウヨ。。。
マシンガンを持った警察のトラックもバンバン走っている。。

メキシコ警察のパトカーがTaizがいっつも憧れているダッヂ社製。
超カッコいい。

乗ってみたいけど、パトカーだからなぁ。。乗るような事をしてはダメダメ。

Taiz

10ペソ!?

G'Day Mate!

合間にホテル周辺で備品の仕入れに。。

洗剤を買ってみた。

GEDC3778.JPG

メキシコなのに、なぜだかローマ。
全く英語が話せない近所のお店のおばあちゃんに一生懸命ジェスチャーしての購入。
しかも、「いくらですか?」をスペイン語で言えなかった為に、全く英語が伝わらず金額が分からない。。。
おばあちゃんが「○△&#・・・。」と言ってるんだけど、何にも意味が分からない。

結局、おばあちゃんが言っていたのは、

10ペソ

日本円にすると約57円。
安いね。


GEDC3779.JPG

そして、次に探し物をしている間に喉が渇いたので、コンビニへ。
1リットルのコーラゼロを購入。
デザインもちょっと日本のとは違う。

今度はスペイン語で「クワント?(=いくら?)」と聞いてみた。

帰って来た答えは、、、


10ペソ。


ホントかよ!?
1リットル60円しないって、、、間違いじゃないの??

GEDC3780.JPG


っと言う事で、得した気分で、電気屋さんでハートレートモニターの電池を買いに。
特殊電池でフラットな電池。

それで、また調子に乗って「クワント?」と尋ねてみた。
帰って来た答えは。


10ペソ。。。


え、、、。

嘘でしょ。。
まったく適当に言っているとしか思えない。
さもなくばミラクル。。。

57円の洗剤に1リットルのコーラに電池。

メキシコ最高。

Taiz

2011年11月03日

サッカー!!

G'Day Mate!

行って来た。

サッカー準決勝

アルゼンチン 1−0 ウルグアイ

GEDC3805.JPG

IDパスを駆使し、バスに乗ってアルゼンチン協会レフリーのボリーと一緒に観戦。
エスタディオ・オムニライフ スタジアムに着くと、そのすごさに圧巻。


GEDC3838.JPG

GEDC3795.JPG


人工芝のスタジアム。

選手達が凄く近く見える。


GEDC3796.JPG

やっぱり南米のサッカー選手の足技とスペース感覚は半端ない。
なんでそんなに簡単に出来るんだってくらいスキルが高い。


GEDC3802.JPG

スペイン語のアナウンスメントは未だにチンプンカンプンなんだけど、ボリーが色々と教えてくれたのでとっても助かった。


GEDC3836.JPG


南米独特のサッカー会場の雰囲気で良かったね。
日本の感じとは少し違うね。
みんな一人一人の声の音量がデカイ。

やかましいね。

しかも、知らない人でも平気で声をかけてくるので、そのウザさもある。

GEDC3811.JPG


オリンピック関連の大会ってこういう事なんだなぁ、と少し雰囲気に慣れるのにはとても参考になった。

GEDC3789.JPG

@スタジアムに行く途中にあった変なオブジェ。


Taiz

メキシコの観客!

G'Day Mate!

オー、ディスガスティング。。。

メキシコのサッカー観客。。。ぜーんぜん試合観てない。。。

ワーワー、ヤーヤー言ってて本当にぜーんぜん試合観てない。

はちゃめちゃ。


GEDC3804.JPG

熱狂的な観客。
キーパーがゴールキック蹴る時には、

「オ〜〜〜〜、プートー!!」

だって。。。スペイン語でとんでもない意味。。。

ひどいね。。
ウォームアップしている控え選手達に向かっては、

「今日は出番無し!今日は出番無し!!」

って繰り返し数百人で一緒に声を合わせて叫んでるし。。

GEDC3823.JPG

一部では試合とは全然関係なくサンバを踊っていて、その周辺も一緒にサンバ踊ってる。。

テレビカメラが向かうと、皆一斉に立ち上がって、カメラを向くし。。
そのうちに、観客の1人が黒い四角いカバンをカメラに見立てて、それを持って観客席を歩くと、みんなカバンに向かって一斉に立ち上がって向いている。。
なんなんだ、、この熱気。

GEDC3818.JPG

しかも、綺麗な美女が歩くと、男どもが一斉に、

「ブエールタ!ブエールタ!ブエールタ!」

って叫ぶし、、”振り向け”って意味なんだよね。。

GEDC3826.JPG


メキシコプロレスのマスクをかぶった観客もいたりと、随分にぎやかです。

でも、Taizの後の少年はニンテンドウDSをやってた。。。
そういうのはスポーツ会場には禁止。。
ゲームは家でやれ。


GEDC3837.JPG


ま、どこの国の子どもも一緒か。

Taiz

ブラジル代表、デカッ!

G'Day Mate !

大会のマネージャーミーティングがあると言う事で、パン・アメリカンゲームズ選手村へ。


GEDC3848.JPG


なーんにも周りに無い所に、ドンっとマンション街が。
それが今大会の選手村。

選手村に隣接してインターナショナルスクエアが作られ、そこには色んな物産展のようなブースや、フードコート、オフィシャルグッズ屋さんとが並んでいる。

GEDC3849.JPG

会議は、スペイン語と英語の交互で行われ、現地の大会主催者側からの様々な説明はスペイン語、IRB側からの説明は英語で行われた。

GEDC3861.JPG

僕の様なスペイン語が自己紹介しか出来ないレベルの人には、会議が始まる前にヘッドホンが渡され、なんと同時通訳。
この同時通訳が凄い。
事前に打ち合せたんですか?ってくらいの同時タイミング。

英語から日本語、日本語から英語だと文法や文の構成が全く逆なので、文章を最期まで聞いてからでないとなかなか同時通訳は難しい。
スペイン語から英語は一緒なのかなぁ。。
スペイン語出来る人に今度聞いてみよう。


GEDC3851.JPG


会議が終わると、ちょっとその辺をふらっとして他のスポーツの人たちと少し交流。
メキシコの新体操の女の子は、超小さくてビックリ。。。
その子、後でテレビに出てたけど、金メダリストだったね。

逆に、大男の集団がアイスクリーム屋さんに。。

GEDC366.JPG

バレーボールのブラジル男子だって。
デカッ!!!
これが飛んで来てスパイクして来るのか。。
女子が金メダル取ったから、自分たちも取れると良いなって話てたね。
でも、多分、彼らは、「ラグビーなんか激しいスポーツ良くやってるなぁ。」って思っているよねぇ。
かなーり興味津々な感じだったから。

Taiz

2011年11月04日

ゴー!メヒコ!

G'Day Mate!

パン・アメリカン大会は予選プールを無事終了。
さすがに国をかけた戦い。
普段のIRBセブンズと全く違った緊張感があるし、レベルもぐっと上がっている。
国が多くの予算を使っているのがはっきりとパフォーマンスに出ている。


GEDC4086.JPG


Taizがレフリー担当したアルゼンチンvメキシコも、いきなり前半出ばなにメキシコが先制トライ!しばらくアルゼンチンをリードした。自力ではアルゼンチンが格上なので、試合を終わってみると24−5となったが、そんなに開かなかった。
驚いたのはブラジル。アメリカと19−19で引き分けた。
アメリカも良くなかったと言えば良くなかったが、そういう展開に持ち込んだブラジルは評価出来る。

GEDC4184.JPG


メキシコの地元応援もノイジーで最高。

IMG_2325.JPG


メキシコ人の陽気な感じが全面に出ていてリアクションが過敏で大きい。

また、このグアダラハラは、メキシコで一番の美女が多い事で歴史的に有名らしい。
聞く人、聞く人、本当に口を揃えて言うね。


IMG_2312.JPG


メキシコで一番の大都市はメキシコシティなんだけど、それを差し置いて美女の街だと言う事だそうだ。

IMG_2307.JPG

IMG_2327.JPG

GEDC4142.JPG

GEDC4072.JPG

ラグビーをやっている人は、メキシコのスポーツ人口のたった1%だそうだが、美女がいっぱいスタジアムに足を運ぶ。


IMG_2401.JPG

良い事です。

Taiz

2011年11月05日

決勝キター!

G'Day Mate!

メキシコ最終日。

チームのレベルとゲーム強度が一気に上がる。
最終日には、各協会や各国のオリンピック委員たちが多くかけつけ、グランド外でのプレッシャーレベルも上がった。

GEDC4102.JPG

パン・アメリカン大会 決勝。

レフリー割当来た!

アジア人レフリーとしては、この大会規模での決勝レフリーは初めて。

IMG_2406.JPG


自分はパン・アメリカン大会の参加協会所属では無く、よその大陸の協会所属レフリーであるが、大会パフォーマンスで勝ち取った。
自分自身でも、トーナメントレフリーとしての強みと結果を充分に魅せる事が出来たと思う。
今回は、より気持ちが強く入っていたのと、自信を持ってやるべき事へ集中して向かう事が出来たので、メンタル状態もとても良いコンディションになった。

やるべき事がクリアに見えて、やっている事への実感が持て続けた大会だったと思う。

GEDC4192.JPG

担当したのは、

準々決勝 
ウルグアイ 7−0 ブラジル

準決勝
カナダ 21−19 USA

決勝
カナダ 26−24 アルゼンチン

GEDC40.jpg


”3タテ”をする事。
実際に起こるとは思わなかったが、1試合1試合を実直に向き合った結果がそうなった事は、本当に素直に嬉しい。
今回の大会では、「パフォーマンスで他を圧倒すること」を自分自身に課して自分でプレッシャーをかけた。
大会やゼブンズを理解し、それをゲームとして表現して行く。
フィロソフィックな部分であるが、それが観客に伝わって行くのを実感出来た。


GEDC4218.JPG


強度とプレッシャーの中で、歓喜を創造して行く事に関わって行く。

そんな実感があった大会であった。

遠くアジアからやって来たこの土地の母国語を話す事が出来ないレフリーであったが、遠い将来のアメリカ大陸ラグビーにとっての何か小さなヒントやきっかけを残す事が出来たら幸いだね。

IMG_1072.JPG


大会後のクロージングセレモニーは、アメージングな雰囲気で行われた。
さすがオリンピックに関わる大きなイベントだね。
スポーツの力はとてつもなく大きいという事を再認識する大会だった。

IMG_2723.JPG

IMG_2713.JPG


Taiz

2011年11月06日

当たり前!

G'Day Mate!

最近、うれしかった事。

これをお店で見つけた事。しかも山積み。

色んな事が当たり前であって、色んな事が必然である。

フィロソフィックである。

Taiz
Non Title

2011年11月08日

おっさんの飛行機!

G'Day Mate !

超過密スケジュールのゲリラ遠征も終了し、帰国。

帰国便。。。

グアダラハラは衝撃的に素晴らしい場所だったんだけど、空港がロシアの空港に並び、Taiz史上最悪ランキングに入った。

空港で税金の払い戻しをしてもらおうと、朝7時の飛行機出発時刻なのに空港には朝4時に到着。
ホテルからトーナメントのオフィシャル用にフリーシャトルが出たので、そちらに乗り空港へ。

もちろん道はガラガラで空港もこの調子で空いているんだろうと思っていた。。

大間違い。

空港大混雑。

観光客+パン・アメリカンゲームズのサポーター+選手団。


GEDC4222.JPG

今回はアメリカン空港を使って渡航したので(エンターテイメントが劇的につまらなくて、しかも超満員のフライトだったので苦痛のフライトだった)、アメリカン航空の牛歩攻撃のような列にならんだ。
選手団も並んでいたのだが、なぜだかカリビアンチーム(名前は伏せますが、、)はガンガン横入りしていく、、。そのおかげで、多分30分で行けたところを1時間かかった。
この空港、しかも、手荷物検査のスキャンがなく、1人1人のカバンを係員が開けて質問しながら検査している。。。。とんでもなく効率の悪い空港。。

そして、自分の番がやってくると、係員の人に突然、「アメリカン航空ですか?」と尋ねられた。
もちろんアメリカン航空なので、そう答えると、今度は「ダラスに行きますか?」と、、。いやいや、帰りはロサンゼルス経由なんだけど。。

GEDC4224.JPG

と、結局、アメリカン航空のチケット手配で、実際に使う飛行機は”アラスカ航空”という意味の分からない事で、結局、アラスカ航空のデスクに行って並びなおす事に。。。

全く優しくも無く、効率も最高に悪いグアダラハラ空港。

もちろん税金払い戻しも出来る訳がなく、しかも、すぐに搭乗しないといけないハメに。


GEDC4225.JPG

朝も早すぎて寝てもいなかったので、意識朦朧としながらの日本までの帰国便。

あまりどう過ごしたかの記憶も定かではなく、疲労困憊で出し尽くしたメキシコの遠征だった。

Taiz

成田へカムバック!

G'Day Mate!

帰宅して残務や遠征で出来ていなかった事を少しだけ片付けて、また翌日には早朝3時起き。

朝10時出発のフライトを日本協会が取って来たので、朝8時前には成田に到着しないといけない。
埼玉の自宅からは成田はもちろん近くない。
始発の電車でも成田空港に行くのは不可能なので、タクシーを使い、リムジンバスへ乗り継ぐ。

GEDC4282.JPG

初めてまともに見た東京スカイツリー。
今度近くまで行ってみたいね。

朝もやの中をボケーっとスカイツリー見ながら、「ああ、自分は浦島さんだなぁ、、。しかも時差ボケも変な感じで睡眠不足続いているし。。」と少し寂しい感じに。。。

成田に到着するとまた何でか分からないけど、とんでもないラッシュだった。。
セキュリティチェックは大混雑で、30分以上かかったのはこれまで初めて。

今度の目指すは灼熱シンガポールで。

気合いだぁ。

Taiz

シンガポールセブンズ!

G'Day Mate!

ジャパンも参加するシンガポールセブンズへやってきた。

今回のシンガポール行きでは、協会側からはANAでの直行便とバンコク経由での便の2つのオプションが事前に送られて来た。
外務省のバンコク行きの渡航警告がさらに引き上げられた事もあり、バンコク経由での大きなリクスを背負う事は低調にお断りして、直行便にしてもらった。

最近は、フライトのオプションがある場合にいくつかの候補を聞いてくれるから有り難い。

ただし、直行便にした事で、シンガポール入りがギリギリになったので、夜にシンガポールに入り翌日からすぐに大会開始と言うハードスケジュールに。
飛行機も満席だったので、小さく縮こまりながらのケツ筋が痛くなりながらの慣行トラベル。

到着するとすぐにコンディショニングを始め、暑さの対策。


GEDC4318.JPG

しかも、今回のシンガポールセブンズは、少年の部と女子の部も加わった事もあり、3日間の大会に。

3Dayトーナメントはなかなか過酷。

汗だくになりながら走りまくって来た。


GEDC4303.JPG

優勝候補のペンギンズには、以前にワールドでプレーしていたウィリーもいたりして懐かしい顔も。
また、優勝候補のデベタレブ(フィジー)やポンソンビー(NZ)、フランス代表ディベロップメント、ボルネオイーグルズ(マレーシア)、サニーバンク(オーストラリア)、インパラ(ケニア)、ランドウィック(オーストラリア)と、代表クラスの選手がずらりといるチームが参加している。


GEDC4305.JPG


1日目は2試合、2日目は4試合のレフリー担当とアシスタントレフリー担当も数試合。

ハイパフォーマンスでガッチリ行きますよー。

GEDC4310.JPG


Taiz

ちょっとした洪水!

G'Day Mate!

奇跡的に晴れていたシンガポールも、夜中に目が覚めるくらいの激しくうるさい雨が降った。
夜中に降っていた雨に起こされ、”明日はずぶ濡れかなぁ。。”と思いながらも、ま、いっかと再度就寝。。。

朝グランドに行ってみるととんでもない自体に。。

完全にグランドが浸水で、レフリーテントが洪水状態に。。

GEDC4362.JPG


オーマイゴー!っと言う訳で、どこからか持って来てくれたプラスチックのパネル等で緊急補修工事をする事に。。

GEDC4365.JPG

@フランス人もお手上げの表情で

やっと終わると、朝のブリーフィングをモーニングコーヒーで。
スターバックスのなんとコンテナの入れ物で持って来た。

すごい。

GEDC4359.JPG

アジア協会の事務局長のロスは優雅にグランドで新聞を読む。

マンガ。

GEDC4366.JPG

と、シンガポールがこんな雨でおろおろしてしまうという事は、もっと大変なバンコクはどんな事態になっているんだろ。。
想像もつかないなぁ、、。
もし、今の雨の状態が12月まで続いてしまうと、観光客と海外渡航者が経済に大きなダメージを与える事になり640億円の損失が出てしまうらしい。。。
一刻も事態が解決する事を願うばかり。

GEDC4364.JPG

@カップはもうクリスマス気分。


Taiz

シンガポールセブンズ最終日!

G'Day Mate !


GEDC4351.JPG


流石に最終日。
ゲームの難易度がぐっと上がった。
観客も7000人が入り盛り上がった。


GEDC4458.JPG


今回の大会は、

ベスト16ファイナル
準々決勝
準決勝

と決勝トーナメントを吹いて行った。

GEDC4374.JPG

多くのチームがトップクラスのレベル選手を連れて来ていた中に、ふと気づくと何とワラビーズが。
ほとんど誰も気づいていなかったが、ジョシュ・ヴァレンタイン。

GEDC4385.JPG


どうしてもトゥキリとの問題の事が頭をよぎってしまうが、スーパーラグビー/ワラビーズの大スターがプレーとは。
試合では残念ながらフランス代表に24−14ランドウィックで負けてしまったが、随所に視野の広さやスキルの高さを披露していた。

GEDC4397.JPG


GEDC4403.JPG


決勝は、フィジーのデヴェタレヴとマレーシアのボルネオイーグルスの対戦。
デヴェタレヴはもともとフィジー代表ディベロップメントのような扱いクラブではあったが、最近はそれほど代表選手を輩出してない。でも、やはりフィジー人。デカイし、スキルがある。

GEDC4475.JPG


ボルネオの方は、マレーシア協会のバックにオールブラックスセブンズコーチのゴードンが関わっている事もあり、ニュージーランドU20代表選手や次に7人制オールブラックスに入って来る選手が招集されていた。
自力に勝るデヴェタレヴが優勝し、シンガポールセブンズも無事に終了。

GEDC4439.JPG

今回の大会では、自分自身のレフリングと共に、地元シンガポールの若手レフリーへのスキルコーチングも行った。
レガシープログラムに積極的に関わって行く事も、アジアのトップとしてのトップレフリーの大事な役割。


GEDC474.JPG


とても有意義な弾丸ツアーだったね。


Taiz

2011年11月09日

みんなのピース!

G'Day Mate!

シンガポールの人は歴史的にはどうか分からないが、若い世代の人たちは本当に日本人好きだねぇ。
街にいてもグランドにいても一目を置かれる。

GEDC4459.JPG


日本語を片言で話す人たちから色々話しかけられる。

日本人の印象は「ピースサインをする事」って話になって、みんなでピース。

GEDC4461.JPG


GEDC4462.JPG

GEDC4464.JPG


GEDC4465.JPG


GEDC4466.JPG

GEDC4467.JPG


GEDC4468.JPG

GEDC4469.JPG


GEDC4471.JPG

GEDC4472.JPG


世界が平和でありますように。

Taiz

シンガポール的な。

G'Day Mate!


GEDC4510.JPG


飛行機まで時間があったので、コンディショニングや色々と雑務を済ませて、オーチャードロードに行ってみた。
初めてion=アイオンに行ってみた。


GEDC4490.JPG

広くて良いね。
しかも、日本には進出して来ていないブランドもあり。


GEDC4494.JPG

映画でも観ようと時間が丁度いい具合にあった映画をピックアップ。

「23:59」

本当に何でも良かったので選んだ映画は、中国語のホラー映画。

GEDC4513.JPG


完全にリングのパクリも良い所なんだが、低予算で作られているせいか、会話が長い。
白人系の外国人なんかいる訳もなく、観衆はほぼ100%中国系。。
字幕スーパーでは英語表記があったんだが、そっちを呼んでると映像がちゃんと観られない。。


GEDC4509.JPG

封切りしたばかりだった事と、この日が祝日であったと言う事で、チケットを購入した時には満席と言われた。
15:40に開演と言う事だったが、15:39にはガラガラ。。。
どうなってんの??と思っていたら、一気に大群が押し寄せ、満員の騒々しい劇場に。

”劇場では静かに”

というのも伝わる訳はなく、いつまでたっても騒がしい。


GEDC4507.JPG


パクリと言っても、ちゃんとした感じのホラー映画なんだが、Taizはかなーりカルチャーショック。
この観客、終始、爆笑しながらホラー映画を観ている。。。

どん引きするわぁ、、、この国民性。。。


GEDC4515.JPG


と、しばらくオーチャードロードの変貌ぶりを観察してホテルに戻り荷物を取って空港へタクシーで向かった。


GEDC4506.JPG


いやー、世の中まだまだ広い。

GEDC4504.JPG

@シンガポールらしい。セブンズイレブンに両替所があるのか、両替所にセブンイレブンがあるのか。。


Taiz

2011年11月11日

爆笑の旅!

G'Day Mate !

シンガポールから帰国すると日本にいなかった間の事をカバーする為にバタバタ。
シンガポールにいる時よりも断然忙しい。

メキシコの大会へのフィードバックもしっかりしラップアップ。

トップリーグについても映像で追っかけられるだけ追っかけたり。

そして、すぐに次がやってくる。

朝5時起きで、また荷造りを初めて6時には出発。

次はクアラルンプールへ。

飛行機では最近のフライトの中では久しぶりにテレビ番組が充実。今日はかなり久しぶりに快適なフライトだった。いつもストレスと疲労にまみれるフライトだったからアスリートの旅としては全然ダメ。

パソコンを開けて仕事しながら、テレビでやっていた”めちゃいけ!”を見ながら爆笑。
声を出さないで肩を揺らしながら笑ってた。。。

東京スカイバカ決定って。

随分と寒くなった日本からまた灼熱の赤道方面へ。

コンディショニングに気をつけようー。

Taiz

2011年11月12日

乗り越えどころ!

G'Day Mate !

7時間半のフライトを経て、日本との気温差約15度のクアラルンプールへ到着。

パスポートコントロールも預けた荷物のピックアップも適度に待った程度で比較的にスムース。

宿泊先は結局聞かされていなかったが、勘でホテル名は記入して事無きを得た。
空港には迎えが来ていると連絡が来ていたので、その人を探す事に。
結局、その人はいたのだが、ホテルまでの送迎をしてくれる訳ではなく、結局ホテルの名前を聞いて自力でホテルまで行く事に。

タクシーで行く手段を聞いたが、1時間くらいかかるかも知れないと言うので、エクスプレス電車を使う事に。。。。

エクスプレスチケットを購入し、乗車時間約30分の世界の車窓から。。
真っ暗で外は何も見えず。


セントラル駅に着くと、タクシー乗り場へ。
タクシークーポンを購入する所は乗り場と別の場所にあると乗り場に来て初めて知り、タクシーの列に並んでいたのは結局無駄に。。

スーツケースをごろごろと押し移動しながら、タクシークーポンを購入し並び直し、言われたのが、「待ち時間45分。」。。。

あんぐり。。。

GEDC4525.JPG


無事にタクシーに乗り込み、ほっとしたら、大渋滞。
何とか、裏道をぐるぐる行ってもらって、ホテル到着。

ホテルチェックインは夜8時半。

お昼と夕方のミーティングは参加出来なかったのだが、夜9時からミーティングだと言う事で、もう一踏ん張り。

ミーティング後に遅めの夕食を取り、やっと部屋に入って落ち着いた。

日本時間朝5時から、シンガポール時間夜11時まで長かったなぁ。。。

っと、今回は、今年A1級に昇格した清水レフリーも参加。
彼は別便でクアラルンプールに朝来たらしい。
しかも、空港からホテルまで送迎はあったそうだ。
マレーシア協会曰く、「こっちのヤングボーイは空港で送迎してやってくれって日本協会から事前に言われてたからねぇ。ははは。」だって。


おーい。

GEDC4526.JPG

しかも、さっそく大会が開幕する今日は、朝7時にホテルを出発!
朝6時前に起床すると、外はまだ暗いに決まっている。

こういう逆境、乗り越えるぞ。
もうコンディショニングなんて言ってはられないが、長旅&睡眠不足&灼熱の悪条件で怪我しない様に神経使って行こう。

気合いじゃ。

Taiz

2011年11月13日

灼熱から!

G'Day Mate !


DSC_1101.jpg

暑いところで頑張ってます。

、、暑中見舞いみたいになってるね。。
日本はもう寒くなってるのに。。

Taiz

2011年11月15日

コブラテンズ!

G'Day Mate !

灼熱。。

朝は5時台起床で、ホテル出発のバスには7時に乗り込み、スタジアムを目指した。
まだ、朝起きても外は暗い。。。

GEDC4531.JPG

一日目から走りまくった。

テンズは試合時間が10分ハーフ。
でも7人制と同じルールで、テンポは早く、フィジカルコンタクトは多い。

GEDC4543.JPG


今日は3試合で充分だろうと踏んでいたが、4試合のレフリー担当が当たり、フル稼働。

先週のシンガポールセブンズから引き続き参加をしているチームも多くある。


GEDC4548.JPG

プールA:ペンギンズインターナショナル(英国)、コブラ(マレーシア)    

     NNKノースリンク(南ア)、上海RFC(中国)

プールB:トラディションRFC(日本)、ポンソンビー(NZ)

     カシュアリナクーガーズ(豪州)、ASAL(マレーシア)

プールC:ナドロガRU(フィジー)、マッセイRFC(NZ)       

     ケープタウンRPC(SA)、NSワンダラーズ(マレーシア)

プールD:カンタベリーRFU(NZ)、ボルネオイーグルス(マレーシア)

     NSシルバーバックス(豪州)、インパラ(ケニア)


GEDC4560.JPG

参加チームはこんな感じ。日本のチームとしてトラディションRFCがエントリーしているが、日本人は一人もいやしない。
YCAC関係者がニュージーランド人をかき集めて参加。でも、結構やりますなぁ。
カンタベリー代表は、今年ニュージーランドで優勝したチーム。元ヤマハで現在クルセイダーズのコーチも努めるタバイ・マットソンがITMチームとアカデミーの混合チームを率いて参加。
もちろん優勝候補筆頭。
色んな国の代表選手がたくさん参加しており、サモア代表フッカーで今回のワールドカップにも参加していた選手や、今年のIRBジュニアワールドカップで優勝したニュージーランド代表のセンターもボルネオイーグルスで参加してた。

GEDC4563.JPG


日本では馴染みがないチームが多いが、実際に参加しているプレーヤーの素性を知れば知るほど凄いレベルだと言うのが分かる。

この大会は、賞金がかかっており、優勝するとUS$15000が獲得出来る。昨年はこの3分の1の金額だったので、今年はどのチームも目の色が明らかに違う。

GEDC4569.JPG


一日目のオオトリの試合をレフリーしたが、他のプールマッチと空気が全然違った。

ペンギンズ 19−17 コブラ

昨年優勝のペンギンズと地元コブラチーム。
スタジアム全体が悲鳴やら重圧かかった歓声やらで、異質の試合だった。

GEDC4535.JPG

明日は、もう一段階レベルが上がる。

しっかりと準備を。

Taiz

2011年11月16日

オウフルな新聞!

G'Day Mate!

朝からスタジアムで新聞読んどる。
地元のレフリー。

東南アジアの新聞はエグイ。

いっつもそう思う。

GEDC4527.JPG

その記事が一面かい!って思うような記事が。。

先日の”2011、11、11”の出来事。

他に良い事なかったのか、、、と本当に疑ってしまう記事。


GEDC4529.JPG

スクールバスの交通事故の写真がデカデカと。
4名の犠牲になった先生や生徒の写真も。

全くマレー語が読めないので、代わりに読んでもらったら、すごいニュース。

スクールバスが横転をして、みんな無事だった為に、全員バスから避難して、道路脇に避難。
そこで別のバスが来るのを待っていたらしい。
その生徒の集団に、トラックが突っ込んで来てしまったというとんでもない事故。

GEDC4528.JPG

この手のニュース記事は当たり前。

良くあるのは、被害者の写真が載る事。

まったく考えられない事だけど、こちらでは当たり前。

朝飯前に読んでるこの人達に少しドン引きである。

Taiz

イングランド代表!?

G'Day Mate !


コブラテンズの凄いところ。

バスでの移動がトップレベルのテストマッチの様に、ポリスエスコート付き。

白バイ隊が先導で、一気に赤信号でも突っ走る。

GEDC4572.JPG

オーガナイザーの方に、

「白バイ手配するのは難しいんじゃないですか?」

って尋ねると、

「簡単、簡単」

と帰って来た。凄い。


GEDC4571.JPG

でも、このバス、なぜかイングランド代表のマークが入ってる。
しかも、がっちりRFU(イングランド協会)の本物マークじゃないか。

なんでなんだ。と思いながらも、ちょっとイングランド代表の感じがした。

イングランド代表で、ポリスエスコート付き。

悪くないじゃないか。

Taiz

少々お待ち下さい!

G'Day Mate !

クアラルンプール!!!!

とんでもなーい!!

GEDC4618.JPG

カップ準決勝を1試合終えたところで、雨が降り始めた。

と、尋常じゃない雨。

台風よりも雨。。。

GEDC4646.JPG

日本のゲリラ豪雨の経験あるけど、はっきり言って凄かった。。。
雷もドンピシャ、ドンピシャ落ちまくっているし、、、。

場内のお客さん達もどこにも一歩たりとも行けない時間が40分。

グランドを見ると芝生が浸水してラインが見えなくなっているではないかぁ。。


GEDC4645.JPG

目の前が真っ白になるくらいの大雨は本当に久しぶりに見たね。

この後、お隣のタイの知人が心配になりメールを。
バンコクはどんどん酷くなっているらしい。。

とんだハプニング。

Taiz

2011年11月17日

コブラテンズ決勝キター!

G'Day Mate !

コブラ国際テンズ最終日は、結構シビアな雰囲気で進んで行った。。

と、言うのも、力が拮抗していて、どのチームが勝ってもおかしくない試合が続いたから。
どのチームも負けん気が強く全面にアグレッシブさを出して来ての戦いとなった。


GEDC4591.JPG


昨年大会は、ミスマッチやワンサイドゲームの結果になる試合が多く、地元マレーシアのいつくつかの参加チームも不満があったようだ。
マッチオフィシャルはそういう声も多く耳にしながら、ビルドアップしていくプレッシャーと、悪条件の天候の中で頑張ってレフリングした。

GEDC4610.JPG

@選手入れ替え用のベル

今回の大会には、海外レフリーとしてはシンガポール(実際はニュージーランド人)、日本のレフリー2名、スリランカレフリー2名が参加。第1日目で1人のスリランカ人レフリーが怪我の為に離脱。そして2日目にもう一人のスリランカレフリーがパフォーマンス評価によって離脱。残る海外レフリー3名と地元マレーシアレフリー2名を加えてのレフリングとなった。
マレーシアレフリーについては、過去にマレーシア州大会でも色々と物議をかもし出す事があったそうで、マレーシアチームがらみの試合には割当はされなかった。
そうすると難しい試合は全て海外レフリー3名に当たってくる。
大会2日間を通じて、お互いの試合をしっかりと見合い、お互いがフィードバックしたり、試合へ向かう直前までレフリングスキルの話をしたりしながら、とても良いコミットメントと協力体制が取れていた。


GEDC4667.JPG


Taizは本大会も3タテ。

カップ準々決勝:

ボルネオイーグルス 5−0 ナドロガ(フィジー)

カップ準決勝:

コブラ 5−0 カンタベリー代表

カップ決勝:

ペンギンズ 12−10 コブラ

GEDC4668.JPG

カップ準決勝あたりから、後半に疲れを感じた。
第1日目のダメージと、睡眠不足や移動疲労がやはり否めないと正直に思った。
特に、ゲームに何か影響した訳ではなくゲーム自体には非常に締まった感じがあって、激しく良い試合をしていた。だが、自分自信の中には、よりいつもよりもプレッシャーを感じている部分があり、コミュニケーションを増やし少しアグレッシブにマネジメントしていった。

GEDC4682.JPG


強いコミュニケーションを出来た事でプレーヤーコントロール的には大成功。
選手自身もすでにかなり疲労が溜まって来ているし、拮抗した試合展開の中でよりストレスレベルが高くなっていたため、色んな工夫を持ったコミュニケーションを使わず黙って判定ばかりをしていたら、間違いなくもめ事やファウルプレーは乱発していったと簡単に予想される。

GEDC4672.JPG


カップ決勝のカードは、第1日目のオオトリの試合と同じ試合。
しかも、奇しくも2点差の試合となった。

地元アシスタントレフリーにも多くのプレッシャーがかかり、少し判定に揺らぎがあったりもした。地元コブラクラブが決勝と言う事もあり、完全に雰囲気はコブラ寄り。
どうにかバランスを取ろうとする自分と、周りからの期待する判定はそうではない反応とがあった。より客観的に、より断定的に、強いレフリングをやり切って、今大会は終了。


GEDC4681.JPG

自分的には、この数週間では大きくステップアップ出来たし、厳しい試合の連続体験から来るトーナメントの戦い方が身にしみて実感が持てた。
非常に貴重な経験。

この経験が出来た事は大きい。

経験をさせてもらった全ての人たちに感謝。


GEDC4699.JPG


良いピリピリ感があった大会だったね。

GEDC4711.JPG

@優勝賞金US$15,000-はペンギンズ(英国)の手に!

Taiz

2011年11月18日

3連戦終了!

G'Day Mate !

大会終了後は、アフターマッチファンクションがコブラクラブハウスで行われ、このツアーも終了。
ホテルでは、スマートフォンを移動の際にバスで無くしたレフリーがいたりして、ちょっとしたトラブルがあり、ファンクションへの参加は夜11時くらいになってしまった。
ファンクションでは、選手やコーチ陣と交流。

その後、マレーシア協会のレフリープレジデントの友人と一緒に食べ直し。
と、言うのも、ファンクションではほとんど飲み物しか残ってなかったね。。


GEDC4715.JPG

夜中に帰国するシンガポールのレフリー、早朝に帰国するスリランカのレフリー達を見送り、やっと就寝した。

朝は朝から、コブラ大会主催者から朝食にお誘いを受け、中華料理のディムサムみたいな朝食をいただいた。大会へのフィードバックや来年に向けて等の話をしてきた。


GEDC4716.JPG


ホテルに送ってもらうと、ちょっとしたトラブル。
フライトが夜中なので、ホテルがレイトチェックアウトになっているか確認しに行くと、11時のチェックアウト予定になっている。しかも、レイトチェックアウトにする為には1泊の半額をチャージすると言う。他に、多くチームが滞在しており、レイトチェックアウトのチームは多い。先ほど朝食に行ったので、大会主催者さんに相談。
そうすると主催者さんが、フロントにかけあってくれた。
無事にレイトチェックアウトになった。ノーチャージで。

でも、少しフロントの雰囲気が険悪。。。

主催者さんに何と話したか聞いてみると、

「レイトチェックアウトに変更しないと、来年のコブラテンズは他のホテルを使う。」

と、、、、。
や、や、やり過ぎ。。

と、言うか、この主催者さんは、よりスタジアムに近い所にホテルを所有しているので、それが物理的に可能だから怖い。。
しかも、「そういうホテル変更は、簡単ではないでしょう??」と尋ねると、「いくつか候補があるから、簡単、簡単。このホテルよりプールも広いし選手の為には良いかも。」と、、、異次元の発想。

来年、コブラテンズのホテルが変更になっていたら、、、理由は、、、僕です。。

GEDC4733.JPG


ランチは、レフリープレジデントがお迎えに来てくれて、今度はラクサ。
アッサムラクサで、色々とレフリーディベロップメントの話に。


GEDC4728.JPG


夜は、友人の刑事と合流。
屋台的なシーフードを汗をかいて食べながら、レフリーコーチングの話。


GEDC4755.JPG


その後、セントラルステーションから電車で空港へ移動。
空港に到着し、搭乗手続きを済ませ、パスポートコントロールを通過すると、また友人の刑事が待っていてくれて再度合流。


GEDC4749.JPG


この刑事。
ただ今、マレーシア空港で私服刑事中。
空港でもポリスエスコート的な扱いで、ターミナルを移動するモノレールの中では、半径3メートルくらい人がよりつかなかった。。
刑事にエスコートされている犯人みたいに思われていたのかなぁ。。笑顔で話していたからそんな事ないはずだけど、、、。


GEDC4760.JPG

GEDC4761.JPG


彼の話を聞くとすごい仕事。彼の管轄はマレーシア空港全域。バッジをつけたマレーシア空港警察が職務についているが、刑事はバッジを付けずに空港内をつねにウロウロ見回りしている。あやしいと思った人を尾行したり職務質問したり何でも出来る。
マレーシア警察や税関職員が犯罪者を見つけた場合も、彼にリポートがやって来て、その後さらに対応するかどうかも自由に決める事が出来る。
勤務時間が決まっているものの、24時間営業らしい。。。デカって凄いね。
ちなみに、彼は空港職員の事を把握しているが、空港職員やマレーシア警察は彼の事を知らないらしい。。。汚職を防ぐ為には、そういう所も徹底しているんだなぁ。

GEDC4759.JPG

メキシコからシンガポールへ、シンガポールからマレーシアへ。
大陸をまたいで、気候的にも非常にハードだった3連戦も終了し、非常に良い結果を出し続ける事が出来て、大成功。


GEDC4734.JPG


今度はトップリーグだ。

Taiz

ニッポン放送!

ウッチャンナンチャンのナンチャンがパーソナリティを努めるラジオ収録してきました。

ニッポン放送 AMラジオ 1242

南原清隆のスポーツドリーム


GEDC4516.JPG

@ナンチャン&Taiz


放送スケジュールは

11月21日(月)〜25日(金)
毎日18:00ちょっとすぎから。

5分くらいづつの番組です。

どうぞ宜しく。

Taiz

2011年11月23日

トップリーグ2011デビュー!

G'Day Mate!

ジャパントップリーグ2011−12シーズン。
第4ラウンド目にして登場。

1_lage.jpg

待ち遠しくてしょうがなかったね。
ワクワクしながら挑んだ。

土曜日は秩父宮ラグビー場でアシスタントレフリー。
NTTコミュニケーションズv神戸製鋼は、冷たい大雨の中で今シーズン1番のアップセットゲームとなった。

5_lage.jpg

大きな荷物を持って秩父宮ラグビー場から外苑前駅まで大粒の雨にびしょ濡れになりながら駆け込んだ。
雨の時は、駅前でゆっくりと傘をしまう人たちは本当に迷惑。入り口が小さい地下鉄は余計につまってしまうね。

そして福岡へ飛行機移動。

大雨の為に自分の飛行機は5分遅れたが、その1便後からは40分遅れになったそうだ。
不幸中の幸いってやつ??

福岡は夜でも気温20度以上あって暖かい。

11_lage.jpg

自分がレフリーを担当する日曜日はカラッと晴れた。
風は少しだけ冷たかったけど、太陽が覗くと結構温かかった。

12_large.jpg

ジャパントップリーグ4ラウンド

NEC 32-15 サニックス

4_lage.jpg


前半は10−13でNECが折り返した。サニックスは開幕からセットプレーが安定してなかったが、この試合はそこそこ安定した。ペナルティゴールが決まって来て、得点をリードする時間があったらNECのオプションが変わっていたかも知れない。
ラインブレイクもフェーズプレーのボールキープもある程度出来ていたが、得点リードで優位に立っていたNECは自信を持ってディフェンスしていた。
サニックスディフェンスは、NECラトゥとナドロが真っすぐ走って来て、それを止めるのに手こずっていた。

7_lage.jpg

@Flying referee©


自分自身では、いくつかやりたい事を持って挑んだが、ある程度出来た実感は持てた。
ペナルティバランスとゴール前のコースの良い課題が見つかったのも良かったと思う。

GEDC4850.JPG


もう少しレフリングと試合とのミスマッチが少し起こるかなと思っていたが、特にそういう事もなくゲームフィット出来たと思う。試合中には少しテクニカルになっている感覚があったくらいで、切り替えは良く出来ていた。


GEDC4872.JPG

来週はトップリーグが空くので、よりゲームフィットネスが上がるようにチューンアップしよう。

GEDC4880.JPG


やっぱりトップリーグはイイネ。

Taiz

2011年11月24日

シヅカちゃん!?

G'Day Mate !

え!?

しずかちゃんの救急車??


GEDC4838.JPG

”ず”と”づ”がよーく見ると違うんだけど、口を揃えて言ったのは、「良いの?自由に名前つけちゃって?」。

普通、なんか”ハ”の何とかとか、”イ”の何とかとか、番号とカタカナが混ざった記号みたいなやつなんじゃないの??

GEDC4839.JPG


救急隊員の皆さん、飲み過ぎの女子大生らしき人を看病してた。
救急車も忙しいんだから、酔っぱらい程度でわざわざ呼ばないように。。


Taiz

色選び間違った人!

G'Day Mate !

試合会場に現れた棒地域協会公認レフリー。


GEDC4770.JPG

君はガリガリなんだから、この色のこのタイツの組み合わせを買っちゃいかん。。

もじもじ君みたいになっているじゃないか。。

でも、本人は少し自慢げだったけどね。

Taiz

まみちゃん!

G'Day Mate !

博多って言ったら、屋台タイ。

と、言う訳で、サクッと屋台に。


GEDC4788.JPG


ちょっと名が知られていると言う訳で、

「まみちゃん」

へ。


GEDC4808.JPG

@息もピッタリ。

おでんや博多名物の一口ギョウザなんかをちびちびと。。
まみちゃんからのちょっとしたお気遣いのチキンをもらったりしながら。


GEDC4786.JPG

随分以前に、1人で屋台に来て豚足を食べた事を思い出すなぁ。

GEDC4836.JPG


色々とたわいもない話に花が咲いて、眉毛の青年と島人と3人でしっぽりとした。
島人は、隣りに座った宮崎出身のおじいさんにガッチリと捕まって、半分説教みたいな話で盛り上がっていたね。


GEDC4833.JPG

短い時間だったけど博多文化に触れてラッキー。
外はすっかり寒くなってたけど、屋台の中は活気と熱気でとても良かった。


GEDC4837.JPG

Taiz

スッチー!

G'Day Mate !

地下鉄博多駅でいっつもぶつかりそうになるスッチーがいる。。

本当にぶつかりそうになる。。

DV00119.jpg

@あっぶね。


下を向いて歩いていると、本当にドキッとする。

見事に毎回毎回ここにこの人たちがいる事を忘れているので、いっつもビックリドッキリさせられるね。

Taiz

2011年11月25日

極寒へ!

G'Day Mate!

朝から成田空港へ。

次の行き先は極寒の地。
とりあえず一区切りの海外遠征。

週末だけの忙しない海外遠征となりそうだが、有意義にしたいと思う。

今回はデルタ航空。


GEDC5227.JPG


中国人と韓国人の乗客でいっぱい&そんなに大声出さなくても聞こえるでしょうって感じの混雑したフライトとなった。


最悪。


このフライト。エンターテイメントがない。

11時間半のフライトは、完全に軟禁拷問状態。


DV00132.jpg

一応、エンターテイメントありますと自信持って言われても、画像がスキップしていて完全にバグ状態。
無表情なキャビンアテンダントさんたちは、モニターを直しもしないし、気づいていない様子。。

その映像はこちら↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=2fp7Tkp7WfE

空港に到着すると、数日前のテロ未遂の影響か、パスポートコントロールが二段階。
一度、パスポートコントロール手前で外国人は立ち往生させられ、アメリカ人を優先。
パスポートコントロールはアンビリーバボーな大混雑。。


パスポートコントロールを通過するまでに、飛行機から降りて軽く1時間はかかった。。

Taiz

2011年11月28日

サンクスギビングデイ!

G'Day Mate!

今年はサンクスギビングデイの午後のニューヨーク到着だったので、パレードは見られず。

GEDC5271.JPG

サンクスギビングデイの日は、ほとんどのお店は閉まっている。
タイムズスクエアのにぎわいを除いては、いつものマンハッタンの様相とは全く異なる。

GEDC5272.JPG


スーツを着たビジネスマンもあまり歩いていないし、タクシーの渋滞もない。

変な感じ。


GEDC5250.JPG


5番街をちょっと歩いてみて、早めにホテルへ戻り、頑張って就寝。

全然寝られる訳もなく、11時半、2時22分、4時、5時半、6時と起きてしまった。。

と、言う訳で、寝られないからちょいとトレーニングして出かける事に。。


GEDC5251.JPG

Taiz

ブラックフライデー!

G'Day Mate !

サンクスギビングデイの翌日は、ブラックフライデー。


GEDC5401.JPG


デパートは大セールを始める。
BBCニュースによると、今年の購買意欲はかなり落ちているそうで、早くから開店しているデパートはガラガラだそうだ。。
それでも、中にはたくさん買い物をする人たちもいる。


GEDC5358.JPG


昨晩眠れなかったTaizは、早朝にマンハッタンへ出て来た。


GEDC5426.JPG

アバクロやホリスターは前日のミッドナイトから朝まで特別開店してた。しかも40%オフ。
でも、その時間はホテルで睡眠と格闘していたので、どうせ眠られないなら行けば良かったなぁと思いながら。。
翌日は9時開店にとんでもない行列が出来てた。。


GEDC5236.JPG

5番街のスタバを購入して、ちょっと身体をあっためた。
スタバの注文の時、お店の人が「Taizoがグランデサイズのモカを飲みたがっているよ。」ってコーヒー作る人に頼んでいたのがイイ感じだったね。

GEDC5481.JPG

午前中のうちに5番街出発、ダウンタウンまで向かって、これから一気に立て続けに3つのミーティングをこなした。

GEDC5243.JPG

@ティファニー5番街店

ちょっと、、ちゃんと寝られてないから最後のミーティングはヘロヘロだったなぁ。。


GEDC5451.JPG


Taiz

グラウンドゼロ!

G'day Mate !

一気に来たね。

去年はずっと地下を建築していたグラウンドゼロも、一気に陸上の建設が進んでる。

GEDC5490.JPG

@ワールドトレードセンターは、以前よりも高いビルとして生まれ変わる。


911という数字は誰もがこの並びを見るとそれだと分かる。
数日前にテロ未遂の単独実行犯がニューヨークで捕まった。
ことあるごとに計画を企てる人間がこの世の中にはいる。。

GEDC5489.JPG

人為的な惨劇が実行されたこの場所にいて、気持ちは複雑だったね。
特に、去年と違って、今年は日本の震災の件があったので、気持ちはとても重くなった。
日本の場合は人為的ではなかったので、比べる事は決してしたくないが、その時に感じた絶望とかやり場のない怒りがまたこみ上げて来た今年のグラウンドゼロだった。

GEDC5491.JPG


自分が東北の方々に出来る事はこれまで通り継続してやって行こうと思う。

トップリーグでは東北の試合の担当は割当たってないけれど、トップレフリーとして他の地域で試合がある時でもいつも気持ちは東北に向いているし、機会があれば是非色々と活動したいと思う。

トップレフリーは個人活動レベルでは行けない、強いメッセージ性を持ってレフリングしなければならない。
機会を与えられた人間は責任を全うしなければならない。

自分でも機会を作って東北を訪問しようと思う。そしてオフフィールドで出来る事をしたいと思う。
まずは被災した親戚を訪問したい。

自分の信念を貫こうと今一度確認したダウンタウンだったね。


Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ