aspotaトップサイトマップ

« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月02日

トップリーグプレーオフ決勝!

G'Day Mate!

トップリーグプレーオフ決勝@秩父宮


サントリー 47−28 パナソニック


IMG_4083.JPG

今年度シーズン最後の秩父宮ラグビー場開催の試合となったこの試合。
オープンでスピードとテンポのある激しい試合展開となった。

IMG_4245.JPG


このレベルの集中力は素晴らしい。


IMG_4049.JPG

グランドの状況に相反してセットプレーが非常に安定していたので、不必要な反則も増える事なくゲームシェイプがきちんとある試合様相となった。

IMG_4197.JPG

試合序盤からフェーズプレーの打ち合いの様相となり、いきなり開始5分でTMO判定(ビデオレフリー)。しばらく時間がかかっての判定であったが、グラウンディンと同時にタッチインゴールのラインに触れていたので、ノートライと言う事で22mドロップアウト再開となった。
本当にきわどい。

IMG_4056.JPG


前半終盤までは13−13の同点で膠着していたが、終わり際にサントリーがトライを挙げ20−13で折り返した。

IMG_4109.JPG

ハーフタイムには、スパイクをスタッドから軽いものに履き替え、前半の簡単なレビューとチェックリスト確認をして、後半に入った。


IMG_4159.JPG

後半は、よりゲームが速いテンポで動きだし、だんだんとお互いにディフェンスを切り始めた。サントリーはデュプレアから速く動き始め、チャンネルもゼロやワイドを巧みに使い分けた。パナソニックも、ターンオーバーからの仕掛けにいつも脅威を感じさせながらのプレー。
マイク・デラーニとジャック・フーリーが絡むと何か起こるような感じがする。

IMG_4047.JPG


IMG_4107.JPG

後半、サントリーが決定づけたのは64分。
デュプレアが外に開いて、ジョージ・スミスがアングルをつけてスイッチで切り裂いて来た。
本当にシンプルなスイッチプレーだが、場所と時間が効いた。テンポがある中で、フェーズを続けてプレー出来ていたからこそ出るシンプルなプレー。お見事。
ジョージ・スミスはこの日3トライを挙げてMVP獲得。

IMG_4202.JPG

70分以降に2トライを穫ったパナソニックも自力を見せた。
ジャック・フーリーが、この人はどれだけ足が速いんだ、、とため息が出る様な70mインターセプトを見せ、後半のホーン後には約3分間のインプレーの末にチームトライを挙げた。

IMG_4221.JPG


最近の日本の決勝レベルの試合は、膠着する様相でのラグビーの様相をしていた。それはそれで賞賛を受け、それを好むラグビーファンは多くいた。今日の試合は、両チームがボールをテンポを持ってプレーする、コンテストを全ての局面で80分通じて促す事をし続けた結果、両チーム共にフィットネスとスキルを全員が出さざるを得ない、終始スピードのある展開となった。


IMG_4066.JPG

走った距離も、走ったスピードもかなりだったと思うので、前半の調子でスタッドのスパイクで後半もレフリーしていたら、確実に後半足がつってたかもしれないなぁ。
後半の試合終了ホーンの後に、3分間プレーが続くなんて予想していないし、それをやりきる両チームのフィジカルレベルもすごい。


IMG_4195.JPG


これから日本選手権大会が佳境を迎えるが、東芝もフィジカル強いし、NECも重みを持ちながらプレーが出来る危険な選手達が多い。
どこがサントリーをフィジカルラグビーで上回れるか楽しみだ。


IMG_4289.JPG

@37さん、サンキュー。今度、お茶おごる。


Taiz

2012年03月04日

読者ジュワッチ!

G'Day mate!


国立(くにたち)に出没し、本屋で待ち人を待って時間つぶし。

この表紙を見つけたら買わない訳がない。


現在、熟読中。


そして、ゼットン星人の人形をこれから見つけてやろうと決意中。


大事な試合の前に、士気がガンガンに上がります。

Taiz
Non Title

ラグビークリニック!

G'Day Mate!

ただ今、発売中。

ラグビークリニック。


DVC0004.jpg


相田さんとTaizトップリーグ総括対談。

Taiz

2012年03月05日

熊谷!

G'Day mate!


昨日の熊谷、試合前にスタジアム周辺をふらふら散歩。


しばらくすると、荷物をゴロゴロと引いた集団が向こうの方からゾロゾロと歩いてきた。

グリーンロケッツのメンバー。


多分、300mはあるだろう距離からスタジアムまで荷物持って歩いてきた。
熊谷ってスタジアムに横付けしないんだぁ。。


ナドロさんが、一人だけ巨大でやっぱり目立ってた。

Taiz
Non Title

時間差攻撃!

G'Day mate! 良いことは重なる日。 いろんな事が時差でやってきた。それぞれにいただきモノをして、有り難い有り難い。 こういう時差はウェルカムウェルカム。 随時、受け取り窓口を開けていて良かった良かった(笑) Taiz Non Title

十円貸して。

G'Day mate!


朝から目指すは千葉県・勝浦。

言い慣れないので、何度も何度も「勝沼」と間違える。

朝の駅に行くと、近所のマチャくんがいた。
最近、卒業や新年が重なるために、ポール・スミスでバリバリ働くマチャオはちょっとお疲れ気味。


ちょっとコーヒーでも買おうと思ったら十円足りないじゃないかぁ。


マチャくんに「十円貸して。」ってお願いして、コーヒーを買ったら、最後の一本だったみたいで、売り切れサインが点灯。


ラッキー!

ところで、十円なんか返すつもりなんかないのに、何で「十円貸して。」って言うんだろ??


Taiz
Non Title

ちがうちがう東京駅ちがう!

G'Day mate!


勝浦、本気の小旅行モード投入。


と、言うわけで朝から東京駅で迷った。。


案内板で確認して、わかしお7号に乗るべく「1、2番」ホームを目指した。
行ってみると、わかしおなんかやって来る気配がなく、もう一度確認すると、やはり「1、2番」ホームとの事。


おかしいなぁ、と迷った挙げ句に見つけた「京葉線1、2番」ホーム。。


紛らわしい!


って事で、京葉線乗り場を目指す事に。。。


遠すぎっ!!

京葉線乗り場は、ぜーんぜん東京駅から離れてるし、むしろ有楽町駅。


駅名看板を見ながら、ちがうちがうそうじゃ、そうじゃない。東京駅じゃない。

って、鈴木雅之しかそんなの言わないだろ。


あー、歩かされた。。


トホホホホ。
どもホホホ。

Taiz
Non Title

はーるばる。

G'Day mate!


来たぜ、勝浦〜。

すごい雨じゃないかぁ、太平洋沿いわぁ。。。


勝浦には行った事がなかったので、事前に関東版の電車路線図で確認。

う、、載ってない。。

ちょっと広めの路線図に変えて見てみたら、端っこやーん。
ちーばくんのお尻のところやーん。

って、事でガンガンに雨で迎え入れてくれる勝浦駅をあとにして、国際武道大学キャンパスへ。
学食直行で、みんなに少し驚かれる視線をもろともせずに、ソッコーでチキンカツ定食をたいらげてやった。

おいしゅうございました。


Taiz
Non Title

2012年03月06日

女子日本代表セレクション!

G'Day Mate!


女子7人制日本代表の合宿は最終日。
5日間のハードスケジュールを無事にこなした。


DC00523.jpg

@みんなで仲良く修学旅行みたいに帰りましたー。

ビーチで負荷のかかる状態でのトレーニングセッションや、ウェイトトレーニング。

そして最終日は、今年からIRB大会と採用される香港ウィメンズ7人制大会へ向けた最終セレクションマッチ。

グランドコンディションが悪いながらも、宮崎コーチのアドバイスを聞き、だんだんと強さのあるプレー選択になっていったセレクションマッチとなった。

疲労やコミュニケーション不足から来たのか、目線が少し落ちて来ると、個人判断する為のビジョンが狭くなるので、どうしてもリアクティブなアタックになって、間合いが使い切れない部分があった。しかしながら、ボールをスペースへ運ぶ事や、ブレイクダウンでのボールキープの意識、サポートの寄りの意識はアメリカ大会で見た時よりもステップアップしていると思う。


DC00525.jpg

@鍵がないと大騒ぎだったけど、無事に発見して事無きを得ました(笑)

香港のプール対戦チームは簡単じゃないチームのようだが、しっかりとコンディションを整えて旋風を巻き起こして欲しいと期待する。

サッカーのなでしこジャパンと比べられたりするけど、全く別のスポーツだから、、。
でも、サッカーみたいにニックネームついていたんだっけ??
「アマテラスJAPAN」とか、品があって美形と強さを兼ね備えてていいんじゃない??

ちょっと緊張しながらも、キャプテン鈴木彩香選手と写真とってもらっちゃった。
僕は、握手出来ないくらい緊張してたので、今度は握手してもらおうと思う。
もつかれーでした。


DC00522.jpg

@風呂上がりのTaiz&彩香選手


鈴木彩香選手のブログもよろしくー。↓↓↓

http://ameblo.jp/ayaka-suzuki/

アマテラスJAPAN、暖かい応援お願いしますー。

Taiz

2012年03月08日

勝浦タンタン麺!

G'day Mate!


GEDC7126.JPG


勝浦駅にわかしおで到着。

全く勝浦と言う土地の情報がないTaizは、どこに来たんだろうと変な気分。

GEDC7128.JPG

駅には、不気味な人形が、、、。
本当に心臓バクバクなるような怖さがある人形。。
海沿いだからアマさんと言うか、そういう感じのがあっても良いけど、ガチでマネキンやん。。なんで本物っぽくしようとしたのか、なぜ駅にそれを設置しようとしたのか、全くもって謎。。


GEDC7130.JPG


恐る恐る近づいて覗いてみると、、、、ちょっとうっすら笑っているではないかぁ。。
トラウマになりそうだぁ。。


GEDC7127.JPG


カツオが有名なのか、ゆるキャラもあり。
カツオを口にする事はあるのかなぁ。。なんて思ってたりしたけど、結局、食べる事はなく帰って来た。

国際武道大学職員のオータさんがわざわざ挨拶に来てくれて、お土産まで頂いてしまった。。
これが、勝浦B級グルメで売り出し中との事。

”勝浦タンタン麺”

GEDC7144.JPG

そりゃ、美味しいに決まっている。
だって、エースコックの商品だもの。

それで、ピリ辛の美味しいタンタン麺でした。

良いものをどうも有り難う!でした。

またお世話になります!

勝浦タンタン麺、来るね。

Taiz

2012年03月09日

小さな幸せ!

G'Day mate!


僕らは七ツの星なのさ、夜空に輝く星じゃなく、てんとう虫の羽の上。


小さな幸せをおすそ分け。


Taiz
Non Title

2012年03月10日

日本選手権2回戦!

G'day Mate!

先週の日曜日は、日本選手権2回戦のアシスタントレフリー担当。

NECグリーンロケッツ 62−19 キャノンイーグルス


DSCF5304%E3%81%B4%E3%82%93%E3%81%BC%E3%81%91%E3%81%9F%28-_-%3B%29.JPG


埼玉・熊谷ラグビー場は、到着してみると綺麗なグリーンをしていた。
これは、熊谷ラグビー場独特の茶色の冬芝に色を塗って緑色にしているもの。


DSCF5298.JPG


グリーンロケッツを緑の走りやすい冬芝がウェルカムしたのか、それともグリーンロケッツの1人をウェルカムしたのか分からないけど、またこの人が大爆発だった。

DSCF5296.JPG


この日、また爆発したナドロさんだったが、NECが相手ポジションとのミスマッチを早く見つけ出してボールを全員で運んで順応したと見るのか、ナドロさんが得意な相手にだけは得意な形が突出して出たのかは、意見が分かれるところ。
オーストラリア時代のナドロさんのプレーぶりからすると、ディフェンス力が強いチームやフィジカルな試合もしくは相手バックスリーが自分よりもフィールディングや個人技で上回るとほとんど目立たない試合があった。
日本のチームで心身共にステップアップしたのか分からないけど、結果としてハイパフォーマンスが出来ているのは本当に脅威。

DSCF5301.JPG

この日は一試合で7トライの大活躍。


DSCF5308.JPG


ナドロさんは、トップリーグ表彰式でのスピーチでも口にしていたが、トライを穫らしてもらえるのは、他のプレーヤーの力だと言う所。
今年のNECのバックラインはバランスが良いなと思う。キャメロンと田村を並べて使った所が上手くハマったのだと思うが、釜池のセンターと瀬崎の逆サイドウイングもバランスが良い。
フィジカルコンタクトで強い選手達が、それぞれがあまりガメずに攻撃しているのが良いアライメントを作っている。
SHの桜井が基本的にパスマシーンだが、テンポが速い為に、来ないと思っていたバックスフロントスリーがディフェンスを切って来る場面も出来る為に、ディフェンスはなかなか外に飛べない。そうしてフェーズが重なると、どうしてもナドロさんと1対1が出来てしまう。

トライをいくつか穫られた後に、アンストラクチャから苦し紛れに攻めようとしても、またカウンターやインターセプトでナドロさんに当たってしまう。


DCF5312.JPG

今日の対戦相手のキャノンは、チームとしてはこんなに長いシーズンを送った事は無いと思うので、チーム強化のピークや目標設定としては随分とハンデがあったと思う。
環境は抜群のチーム。来年トップリーグに昇格して強化を急ピッチで進めるのだろう。初年度からシーズンを通じたパフォーマンス一貫性がどれだけ出せるかが残留のキーになると思うが、期待して楽しみにしよう。

3月11日の準決勝は、

サントリーv東芝
NECvパナソニック

という対戦になった。

どのチームもありそうな試合。
トップリーグプレーオフ準決勝のような大味でブロークンな試合にならない事を期待。
来年の日本ラグビーの推進力の為、本当に重要な残り3試合なんだな、これが。
この3試合で日本ラグビーがステップアップしておかないと、もう海外は次世代ラグビーに移り変わる準備が出来始めている。

Taiz

2012年03月11日

仲間のラン!

G'Day mate!

みんなでラン。

走ってる時は楽じゃないけど、終われば解放。


2012-03-07%2020.04.30.jpg


走るのが趣味な人にはたまらないのだろうけど、自分は完全にグランド場向きの身体。

2012-03-07%2021.05.02.jpg

久しぶりにコンクリート走ったなぁ。。

2012-03-07%2021.05.19.jpg

@おい、こら、ダンカン!


みんなで風呂に入って、牛タン食べて、日ごろの話に盛り上がり、また友情が深まった。

DVC0565.jpg

尊敬出来る年齢の異なるレフリー仲間といる時間は至福の時。


レベルは違ってもレフリーとしての目的は同じ。

士気が上がったね。


2012-03-07%2020.59.57.jpg

Taiz

習志野陸上自衛隊決勝!

G'Day mate!


国益に附する。


GEDC7284.JPG


我が国を誇る精鋭なる部隊。習志野自衛隊の演習へ招聘されて行ってきた。

GEDC7294.JPG


部隊が19チームに分かれて対戦する世界でも類を見ないスペシャル訓練試合。


本当にこの日を楽しみにしていた。

GEDC7325.JPG

@団長&マッチオフィシャル

自衛隊の隊員たちは、文句なしの国が誇るべきヒーロー。


東日本大震災では最前線で人々を助けた。

GEDC7172.JPG

@福島での被災者捜索へ。


GEDC7174.JPG

GEDC7173.JPG

GEDC7176.JPG

先日、宮城県を訪問させていた際に、一年ほど経つのにあまり景色が変わっていなかった。
震災直後からあたりを綺麗にしてくれたのは、結局のところは自衛隊と全国のボランティアの方々と地元の方々。


国や政治家さんに役所は残念ながらフットワークが軽いわけではないようだ。


GEDC7238.JPG


GEDC7272.JPG

イロイロな震災での話を伺い、試合に臨んだ。

GEDC7169.JPG


決勝戦は規律も高く、激しく気持ちのこもった試合となった。
スクラムは一度も崩れる事もなく、反則は双方二つづつの合計4回。
トライは合計五回と、グランドコンディションの悪さから考えると非常にクオリティーのある演習となった。

GEDC7291.JPG

応援やラッパ隊と演習場全体が一体感に包まれた。

GEDC7285.JPG

明日、震災一年を迎えるが、震災で尊い命をなくされた方々の御冥福をお祈りすると共に、震災の影響から力強く立ち上がっていらっしゃる全ての方々が、依然と変わらぬ日常生活を一日でも早くおくる事が出来ますよう、心から願ってます。

GEDC7160.JPG

@自衛隊の震災でのご活躍を色々と教えて下さった及川(およかわ)さん。お世話になりました。明治天皇の間の前にて。


GEDC7283.JPG

@僕の送迎車はこちら。

Taiz

2012年03月12日

3・11準決勝!

G'Day mate!

日本選手権大会 準決勝


サントリー 23ー8 東芝

国立競技場は3月11日が日曜日にあたり、東日本大震災の一周年として、スペシャルな試合となった。

バックスタンドのオリンピック聖火台横には、サントリーと東芝のチームフラッグが半旗で掲げられた。


自分もイロイロな気持ちを整理してゲームにアシスタントレフリーとして入った。マッチオフィシャルとしては、何が理由で何か特別な気持ちや想いがあろうとも80分間は試合だけに集中する義務がある。これは今日の試合だろうが、テストマッチだろうが、レギュラーシーズンの試合だろうが、そこには差別はなく関係ない。ドライに試合キックオフまでには気持ちを振り切りゲームに入らなければならないと思う。

試合が今日と言う事もあり、全国的にスペシャルマッチであるから、大震災復興に関わった方々のリスペクトとメッセージを形にして国立競技場に立った。


DVC0584.jpg

@自衛隊が実際に災害支援にてガレキ処理や被災者捜索の時に使った”絆”グローブでグランドに立った。


試合前に、全員で黙祷を捧げ、個人的にはハーフタイムに黙祷を捧げた。

試合は、やはりこの府中ダービーの因縁の試合。気持ちが入っていた。

東芝がやはり接点でとにかくフィジカルに来た。
ブレイクダウン周辺を身体を打ち付けるようにじりじりとゲインして行く。力技が東芝は得意。サントリーには効く。脅威のミニモールを東芝は前半多様したが、サントリーのコラプシングモールの反則でなかなか組ませてもらえない。後半も東芝ラインアウトからビッグチャンスのモール機会があったが、モール形成時のオブストラクションの反則があったと言う事で絶好の機会が無くなった。
また、ショートサイドを攻めた場面でサントリー青木選手にインターセプトをされ、トライを穫られたのが決定的となった。

モールで機会を失い、インターセプトで突発的にトライを穫られた、この2つのシーンがゲームの直接的なターニングポイントだったと思う。

DVC0583.jpg

@ユニフォームの下にはコレ着ました。


サントリー側は、特に後半は、プレッシャーをかけてペナルティを誘発し3点を重ねる事は出来ていたが、自分たちの形でトライまで持って行く形は全くなかった。
テンポが上がらず、フェーズ重ねが思う様に出来なかった大きな理由にはブレイクダウンの形にある。

ブレイクダウンの形が、多く選手がコミットしているこんもりとしたブレイクダウンになっていて、ボールを捌くスキルがあるからボールは出て来てフェーズは多いものの、基本的にはアンストラクチャの攻防になっている。
立ってプレーするとか、相手側に倒れて引っかかる選手たちを少なくするとか、少数ブレイクダウンで激しくコンテストするゲーム様相にならなくては来年以降の日本ラグビーにはつながって来ない。


DVC0586.jpg

@試合に際しての頂きもの有り難うございます!!!


選手達も必死の思いで、勝ちを意識して来ているので、なかなか難しい。
毎年のリーグ全体の課題であるが、一年の終盤でより良いラグビーをする為に、いかにシーズン前や前半部分でクオリティラグビーを目指すか。

2011−12シーズンの試合は、もう1試合のみ。

この試合は、来年の日本ラグビーへの最後のチャレンジとして、自分としてはトップリーグプレーオフ決勝をさらに上回るフィジカル的にもメンタル的にも激しくクオリティの要する試合になるように向かって行きたい。


DVC0591.jpg

@スペシャルなねんりんバーム。じゅんこさんドーモ。

Taiz

2012年03月13日

マンデーミーティング!

G'Day mate!

恒例マンデーミーティング。ルールの整理をした。シチュエーションがかなり複雑で、今週末の日本選手権決勝でもおこりうる事の事前整理。


頭をたっぷり使った後は、隠れ家で軽めの餃子。


結構、笑った。


一週間良い感じでスタート。


Taiz
Non Title

2012年03月15日

ジャパンセブンズ!

G'Day mate!

伊勢原へ!

朝6時過ぎに我が家を出て、伊勢原は専修大学へ七人制日本代表セレクション合宿への召集ということで行ってきた。

朝のラッシュで荷物を担いでの格闘。

無事に到着して、ガッチリと走ってきた。


ジャパン対専修大学を四本吹いた後には、フルコンタクトのジャパンウチゲバで一試合。
ガチンコ勝負の試合は、21ー19という接戦。

試合終了後は、仲良く風呂に入り、ラーメン定食を学食で頂き、ミーティングで試合レビューとフィードバックをして終了。


ジャパンセブンズ代表は昔からファミリーなので、長らくチームの一員として関わりを持ってると、たわいもないことで話に花が咲く。


香港セブンズへの準備は残りわずか。
ジャパンのためにはファミリーの一員としてサポート出来る事は微力ながらやりますよー。


がんばれ、ジャパン!

Taiz
Non Title

寒そうで暖かい!

G'Day mate!

最近、良く揺れるねぇ。


この人は、最近の暖かいお天道様にご機嫌。

まだまだ空気は乾燥してるし冷たいけど、家の中で縁側前のベストスポットを良く知ってるね。


春はもうすぐかな。

Taiz
Non Title

2012年03月16日

あっかんべー。

G'Day mate!

我が家の近所のファミリーマート。
角に犬がつながれて、飼い主を待つの図。


指さして笑っちゃった。。

この犬、舌が出たまんま。

無限あっかんべー犬。


春になると色んなのが出てくる。


Taiz
Non Title

ひげぴよ!

G'Day mate!


かわいくもなんともない。

とっても子ども向けとは思えない、オッサンのひよこ。


シュールさたっぷりで、僕はかなーり好きだけど。

こういうマイペースなオッサン。結構、見かける。


誰とは言わないけど。。


Taiz
Non Title

2012年03月17日

この映画は。

G'Day mate!


さすがに、こびとシリーズもアングラ的に人気があると言っても、これはちょっとやり過ぎと思う(笑)


Taiz
Non Title

アジリティ&中華!

G'Day Mate!


国立競技場の隣り、明治公園で関東レフリーの有志が集まりトレーニング。


GEDC7351.JPG

アジリティトレーニングとポジショニングトレーニング。

Taizは、コメントをふられたので、試合後のキャプテンコメント(笑)
ドロップゴールが2回決まったからねぇー。


GEDC7350.JPG

@補食はバナナ。うっきー。

ラントレーニングが終われば、みんなで仲良く風呂に入って、自由解散し、青山の中華へ。


DVC00661.jpg

激混みだった店内も、ムリクリに席を空けてもらって、さくっと食べてきた。

Taizはチャーシュー入りチャーハンを注文。


DV00660.jpg


ピッピさんは、麻婆丼。

DVC00658.jpg


カメラマンの金崎レフは、天津丼と言う事で。

DV00657.jpg


みんなでワイワイやっていると時間が過ぎるのが早い。
本当に一日が早い。

Taiz

ジャパンセブンズ強化合宿!

G'Day Mate!

GEDC7403.JPG


東京都・辰巳にある日本協会のラグビー場で、ジャパンセブンズの強化試合が行われた。

対戦相手は、専修大学の皆さん。


GEDC7381.JPG

@ジャパンにより負荷をかける為に、ちょっと専修さんには事前打ち合わせ。


今回は、香港セブンズのメンバーも発表されたので、前回の合宿に参加していないメンバーも合流。
激しくもテンポのある試合で、戦術やコンビネーションを確認。

GEDC7384.JPG

集合する毎に精度が増して来た。

フィジカルでステップアップしながら同時にメンタル面で自身をつけ、出来るだけ時間を共有する事で、コミュニケーションやコンビネーションを増して行く。


GEDC7382.JPG

@お、フィジーの伝説。ナワルさん!

ディフェンスのフォーカスの仕方や、ボールの運ぶ場所、仕掛けて行く間合いとサポート等、この日修正をかけようとした事は、すぐにパフォーマンスに出す事が出来ていたと思う。


GEDC7401.JPG

@専修大学のみんな、ありがとう。春シーズンも頑張って下さい!


あと、1週間で香港セブンズ。

フィジカルコンタクトをもう1段階上げて、厳しい局面もチームワークで乗り切れるように信頼関係をより高めて欲しい。

GEDC7414.JPG

@キャプテン山ちぇる。この男が目を開けた時に、凄いパワーが発揮される・・・。


Taiz

2012年03月18日

ハンサムボーイズ!

G'Day Mate!

無作為に認定している

「ハンサムボーイズ」


通称: HB


GEDC7405.JPG

ハンサムボーイズ2人と記念写真を撮ってきた。

なかなか難しい条件が揃わないとHBとして認定されないので、奇跡のハンサムボーイズである。

GEDC7409.JPG


ゴミ箱に入っているのかと思ったら、アイスバスだった、、、。
水もしたたるイイ男なんだなぁ。


Taiz

2012年03月19日

坂井ちゃん頑張れ!

G'Day mate!

GEDC7408.JPG


坂井ちゃん香港で頑張れ!

見えない所からのキレキレカットイン、期待してます。

ジグザグ走の仕掛けも結構効くね。

Taiz

ツルがんばれ。

G'Day Mate!


ツル、香港エンジョイ。

ツルは香港セブンズ何回目だぁ??

GEDC7415.JPG


ブレイクダウンとキックオフでのボールキープに期待。

コカコーラでもジャパンでも赤いユニフォームなので、何か赤いイメージしかないな。
あと、立派なギョーザ。。


Taiz

ササフィがんばれ!

G'Day Mate!


ひょんな事からササフィと言う言われ方をしている事が判明。
と、言う事で、「ササフィ」

GEDC7411.JPG


立派なヒゲやん。

ヒゲがなびくくらいの快速でこの日も走ってたなぁ。

香港と東京では走りまくって来て欲しい。


Taiz

トヨ、合流なう!


G'Day Mate!


トヨ、招集。

GEDC7413.JPG


香港セブンズのバックスもこれで攻撃を増したなぁ。

ディフェンスとアタックでふところがある所を見せて来て欲しいね。

期待してますー。
東芝で出てなかった分のうっぷんも晴らして来て欲しい。

Taiz

2012年03月20日

スーパーヤングスター!

G'Day Mate!

間違いなく、現時点でのヤングスターでしょう。

日本ラグビー界の宝の原石と思う。

GEDC7410.JPG

少しずつ身体も出来て来ているし、接点の際での思い切りも良くなって来た。

何よりもポジティブな性格がナイス。

のびのびと頑張れ、ヨシ!


Taiz

2012年03月22日

日本選手権決勝!

G'Day Mate!


第49回日本選手権大会決勝 @東京国立競技場

サントリーサンゴリアス 21−9 パナソニックワイルドナイツ


DSCF5364.JPG

軍配は、サントリーサンゴリアスへ。
我慢が利いたラグビーを終始やっていた。激しく疲労とプレッシャーがかかるラグビーをしていても全員がポジティブだった。態度とフィットネスが残り10分クオリティに形として出ていた。


IMG_9824.JPG

前半は、お互いがフェーズで攻め立てた。
お互いブレイクダウンが激しく、自分たちのキープボールを落としたり自ら足で引っ掛けてのターンオーバーからボールが一気に動き、お互いに危険な状態が何度もあった。
パナソニックはサントリーの反則を誘発し、そこからペナルティゴールを狙うが外れたりポストに嫌われたりと、点数を重ねる事が出来なかった。


IMG_9847.JPG


サントリーは敵陣深く入る回数があまり多くなかったが、入れば個人技でピシがトライ。
その後、中盤からチャレンジしたパナソニックのフラットパスを小野沢がインターセプト→独走トライ。

IMG_9839.JPG


後半も14−9で60分あたりまで膠着を続けたが、サントリーのフェーズプレーの連続から平がディフェンスを切り、ポスト左に勝負ありのトライ。


IMG_9912.JPG

この試合では、スピードとテンポを求めた。
コンテストがあらゆる局面で起こり、セットプレーのミスや、ゲームのターニングポイントでいかに正しく状況判断が出来るかが、ゲームの結果に直接的に影響する試合様相となる事。
また、激しいフィジカルコンテストやストレス/アンダープレッシャーゲームで、いかに冷静になれるか。
これらは、全てがワールドカップ期間中のJKジャパンで日本ラグビーが確認し、国内リーグの中で対策と強化を取って行かないとならない部分であった。

IMG_895.JPG


また、これだけのフィジカルコンテストでズタズタになりながらも、クリーンに戦う事。

IMG_9816.JPG

グランドに立った両チームの選手には尊敬の念を込めておめでとうと言いたい。


IMG_9869.JPG


自分自身にとっても今シーズンの文句なしベストゲームでした。

IMG_9927.JPG


ブレイクダウンとセットプレーに重視したレフリングをしたので、レビューでも正確性と妥当性は良かった。
課題としては、フェーズでのオプションが多様な状況下での自分自身のポジショニングとアシスタントレフリーとの連携部分。
また、一回目のビデオレフリーはインゴールの事例ではあるが得点に絡む部分ではないので、使用不可。ミスジャッジとまでは行かずとも運用上のエラーなので、猛省。


IMG_9848.JPG

ワールドカップも終わり、ビデオレフリーの運営範囲拡大やブレイクダウンでのペースアップに関する事、クイックスローインのスピードアップ化と、よりラグビーがダイナミックにワイドにテンポとスピードを持ってプレーして行くルール変更になっていく可能性があるが、その為にも、今シーズンでスピードとテンポのある試合をやっておく必要があった。
トップリーグに来ているワールドクラスのコーチやプレーヤーが試合後に感想を述べてくれたように、決勝では少しそれを覗く事が出来た。


GEDC7416.JPG

@決勝のマッチオフィシャルは、それぞれにアシックスに強い思い入れのある布陣。アシックスで一体感あり。


来年の日本ラグビー、全てのカテゴリーで大きくステップアップする事を期待。

GEDC7417.JPG

@決勝マッチオフィシャル。左から、第3AR : 藤内レフリー(日本協会A1、関東急上昇のレフリー)、日本協会A級レフリー ベスト3のチーム・オブ・スリー布陣 : 原田レフリー、Taiz、かずひとレフリー


このマッチオフィシャルで最後にベストを尽くせて良かった。仲間に感謝。
素晴らしいアシスタントパフォーマンスでした。

Taiz

2012年03月23日

テルちゃん来たー!

G'Day Mate!


わざわざテルちゃんが泊まりに来た。
一ノ関に住むお姉ちゃんと二人で遠路はるばる電車とバスを乗り継いでやってきた。

テルちゃんは、大船渡市に住んでいる。
東日本大震災では大津波にのまれ、奇跡的に生きていた。


GEDC7420.JPG


その時のストーリーはいつ聞いてもつらくなる。。

波がやっていた時に、家の一階にいたテルちゃんは濁流に胸元まで浸かり、何とか2階に逃げようともがいた。だが、流されてきたタンスや冷蔵庫に挟まり、ようやく引き上げられて命を取りとめた。
消防士の誘導で何とか高台を目指したが、羽織っていた毛布を奪い取られたり、火事場泥棒はすでに出ていたりと、修羅場だったそうだ。

震災直後はテルちゃん達は行方不明になっていたので、僕らは手分けして捜索していた。

結局、数週間後に、膨大な被災者リストの中から名前を見つけ、近くの公民館にいる事が分かった。
この捜索では、日本代表アシスタントコーチの薫田さんも知恵を貸して下さって、本当に助かった。公民館へは全然電話がつながらず、ちゃんと話が出来たのは、またその随分後。。

最後のメッセージが「着替えがないよー。」という事だったので、洋服をつめて送る準備をすぐにした。

ぐちゃぐちゃになった家を数ヶ月かけて公民館と家を行ったり来たりしながらキレイにして、数ヶ月後には家に戻った。家に戻ってもブルーシートをかけてセキュリティはほとんどないに等しい家だったそうだ。
家は、大型半壊と言う認定を受けたらしく、たった25万円の補助金が役所からは出たらしい。。航空写真を元に認定をしたらしく、家が無茶苦茶であっても屋根があればそんな認定をされてしまうらしい。。

なんだかなぁ。

被災した人たちに対して集められた多くの寄付金はどこに消えたのやら。。


数ヶ月間の公民館住まいで、エコノミー症候群を発症し、テルちゃんは脚を悪くしてしまったけど、明るく楽しい話でひとときを過ごした。

今度は、自分が大船渡に行ってみる番だな。
春には一ノ関の親戚の家にも行く予定。

Taiz

2012年03月30日

復興支援ウィークエンド!

G'Day Mate!

週末はささやかな復興支援の為に東北を目指した。

GEDC7438.JPG


日曜日のチャリティーマッチを前に、トップリーグの選手達や協会事務局の方々が手配して東北を回った。
マッチオフィシャルとしては、自分と原田レフリーがそれぞれ先入りして地元の方々と交流を図った。原田レフリーは仙台で高体連からみの交流で実際に笛をお手本で吹かれたりして活動。Taizは、気仙沼へ向かった。


GEDC7428.JPG

@休憩で見つけたご当地限定スイーツ。

オーバルハートの事業が赤い羽共同募金とのタイアップし、また気仙沼市役所等を絡めた大きなイベントとなった。

GEDC7429.JPG

みんなで貸し切りバスに乗り込み、気仙沼を目指した。
ちょっと目を覚ますと、外は一気に雪の景色へ。


GEDC7430.JPG


今回、オーバルハートで参加した人たちは、大西さんやIBMの選手たち、それにプロボディボーダーや有名商社の方や食品工場の社長さん達と様々な業種の方々が活動に参加された。

GEDC7436.JPG

途中、休憩で立ち寄った一ノ関のあたりで、以前に台風が襲った猛威の記録を見て、改めて東北は過酷な環境の土地柄だと痛感した。

GEDC7432.JPG

岩手のガソリン代、、、。
東京と同じように高騰。。
しかも、気仙沼はさらに10円ほど高い。。
ガソリン代は税金の固まり。。
被災地の優遇とか考えてしまうけど、何かそう簡単ではないのだろう。そうポジティブに考えたい。

Taiz

寂しい雪景色。

G'Day Mate!


GEDC7449.JPG

気仙沼に到着すると、バスの運転手さんにお願いして皆で改めて震災の影響があった所を通過してもらった。
初めて生でその有り様を見る方々もおり、みんな呆然と立ち尽くしていたのが印象強かった。


GEDC7444.JPG


雪のとても寒い中を作業される方々が多く、本当に頭の下がる思いだった。

GEDC7447.JPG


到着した瞬間から、また、胸がぎゅっと締め付けられる思いだった。

Taiz

ラグビークリニック!

G'Day Mate!

午前中は、トップリーグチームの選手達と合流し、ラグビークリニックを実施。
対象は、地元の小学生から中学生のラグビースクールの子どもたち。

GEDC7469.JPG


みんなでゲームをしたり、タッチフットでトップリーグの選手達と対戦したりした。

GEDC7482.JPG

@パナソニック主将、誠一も登場!

大声を出して、みんなと協力をして、たくさん笑って、

ふれあいの中に多くのメッセージが含まれていた。
Taizも選手や子ども達に混ざって、少し本気もところどころ見せながらの参戦。

GEDC7485.JPG

クリニックが終わると、みんなボールやマスコットキーホルダーをもらって、トップリーグの垂れ幕にみんなのメッセージを書いて来た。

GEDC7480.JPG


子どもたち本当に楽しそうだったなぁ。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ