« 雪降り過ぎ! | メイン | 読者ジュワッチ! »

トップリーグプレーオフ決勝!

G'Day Mate!

トップリーグプレーオフ決勝@秩父宮


サントリー 47−28 パナソニック


IMG_4083.JPG

今年度シーズン最後の秩父宮ラグビー場開催の試合となったこの試合。
オープンでスピードとテンポのある激しい試合展開となった。

IMG_4245.JPG


このレベルの集中力は素晴らしい。


IMG_4049.JPG

グランドの状況に相反してセットプレーが非常に安定していたので、不必要な反則も増える事なくゲームシェイプがきちんとある試合様相となった。

IMG_4197.JPG

試合序盤からフェーズプレーの打ち合いの様相となり、いきなり開始5分でTMO判定(ビデオレフリー)。しばらく時間がかかっての判定であったが、グラウンディンと同時にタッチインゴールのラインに触れていたので、ノートライと言う事で22mドロップアウト再開となった。
本当にきわどい。

IMG_4056.JPG


前半終盤までは13−13の同点で膠着していたが、終わり際にサントリーがトライを挙げ20−13で折り返した。

IMG_4109.JPG

ハーフタイムには、スパイクをスタッドから軽いものに履き替え、前半の簡単なレビューとチェックリスト確認をして、後半に入った。


IMG_4159.JPG

後半は、よりゲームが速いテンポで動きだし、だんだんとお互いにディフェンスを切り始めた。サントリーはデュプレアから速く動き始め、チャンネルもゼロやワイドを巧みに使い分けた。パナソニックも、ターンオーバーからの仕掛けにいつも脅威を感じさせながらのプレー。
マイク・デラーニとジャック・フーリーが絡むと何か起こるような感じがする。

IMG_4047.JPG


IMG_4107.JPG

後半、サントリーが決定づけたのは64分。
デュプレアが外に開いて、ジョージ・スミスがアングルをつけてスイッチで切り裂いて来た。
本当にシンプルなスイッチプレーだが、場所と時間が効いた。テンポがある中で、フェーズを続けてプレー出来ていたからこそ出るシンプルなプレー。お見事。
ジョージ・スミスはこの日3トライを挙げてMVP獲得。

IMG_4202.JPG

70分以降に2トライを穫ったパナソニックも自力を見せた。
ジャック・フーリーが、この人はどれだけ足が速いんだ、、とため息が出る様な70mインターセプトを見せ、後半のホーン後には約3分間のインプレーの末にチームトライを挙げた。

IMG_4221.JPG


最近の日本の決勝レベルの試合は、膠着する様相でのラグビーの様相をしていた。それはそれで賞賛を受け、それを好むラグビーファンは多くいた。今日の試合は、両チームがボールをテンポを持ってプレーする、コンテストを全ての局面で80分通じて促す事をし続けた結果、両チーム共にフィットネスとスキルを全員が出さざるを得ない、終始スピードのある展開となった。


IMG_4066.JPG

走った距離も、走ったスピードもかなりだったと思うので、前半の調子でスタッドのスパイクで後半もレフリーしていたら、確実に後半足がつってたかもしれないなぁ。
後半の試合終了ホーンの後に、3分間プレーが続くなんて予想していないし、それをやりきる両チームのフィジカルレベルもすごい。


IMG_4195.JPG


これから日本選手権大会が佳境を迎えるが、東芝もフィジカル強いし、NECも重みを持ちながらプレーが出来る危険な選手達が多い。
どこがサントリーをフィジカルラグビーで上回れるか楽しみだ。


IMG_4289.JPG

@37さん、サンキュー。今度、お茶おごる。


Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ