« 小さな幸せ! | メイン | 仲間のラン! »

日本選手権2回戦!

G'day Mate!

先週の日曜日は、日本選手権2回戦のアシスタントレフリー担当。

NECグリーンロケッツ 62−19 キャノンイーグルス


DSCF5304%E3%81%B4%E3%82%93%E3%81%BC%E3%81%91%E3%81%9F%28-_-%3B%29.JPG


埼玉・熊谷ラグビー場は、到着してみると綺麗なグリーンをしていた。
これは、熊谷ラグビー場独特の茶色の冬芝に色を塗って緑色にしているもの。


DSCF5298.JPG


グリーンロケッツを緑の走りやすい冬芝がウェルカムしたのか、それともグリーンロケッツの1人をウェルカムしたのか分からないけど、またこの人が大爆発だった。

DSCF5296.JPG


この日、また爆発したナドロさんだったが、NECが相手ポジションとのミスマッチを早く見つけ出してボールを全員で運んで順応したと見るのか、ナドロさんが得意な相手にだけは得意な形が突出して出たのかは、意見が分かれるところ。
オーストラリア時代のナドロさんのプレーぶりからすると、ディフェンス力が強いチームやフィジカルな試合もしくは相手バックスリーが自分よりもフィールディングや個人技で上回るとほとんど目立たない試合があった。
日本のチームで心身共にステップアップしたのか分からないけど、結果としてハイパフォーマンスが出来ているのは本当に脅威。

DSCF5301.JPG

この日は一試合で7トライの大活躍。


DSCF5308.JPG


ナドロさんは、トップリーグ表彰式でのスピーチでも口にしていたが、トライを穫らしてもらえるのは、他のプレーヤーの力だと言う所。
今年のNECのバックラインはバランスが良いなと思う。キャメロンと田村を並べて使った所が上手くハマったのだと思うが、釜池のセンターと瀬崎の逆サイドウイングもバランスが良い。
フィジカルコンタクトで強い選手達が、それぞれがあまりガメずに攻撃しているのが良いアライメントを作っている。
SHの桜井が基本的にパスマシーンだが、テンポが速い為に、来ないと思っていたバックスフロントスリーがディフェンスを切って来る場面も出来る為に、ディフェンスはなかなか外に飛べない。そうしてフェーズが重なると、どうしてもナドロさんと1対1が出来てしまう。

トライをいくつか穫られた後に、アンストラクチャから苦し紛れに攻めようとしても、またカウンターやインターセプトでナドロさんに当たってしまう。


DCF5312.JPG

今日の対戦相手のキャノンは、チームとしてはこんなに長いシーズンを送った事は無いと思うので、チーム強化のピークや目標設定としては随分とハンデがあったと思う。
環境は抜群のチーム。来年トップリーグに昇格して強化を急ピッチで進めるのだろう。初年度からシーズンを通じたパフォーマンス一貫性がどれだけ出せるかが残留のキーになると思うが、期待して楽しみにしよう。

3月11日の準決勝は、

サントリーv東芝
NECvパナソニック

という対戦になった。

どのチームもありそうな試合。
トップリーグプレーオフ準決勝のような大味でブロークンな試合にならない事を期待。
来年の日本ラグビーの推進力の為、本当に重要な残り3試合なんだな、これが。
この3試合で日本ラグビーがステップアップしておかないと、もう海外は次世代ラグビーに移り変わる準備が出来始めている。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ