aspotaトップサイトマップ

« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月 アーカイブ

2012年04月05日

炊き出し!

G'Day mate!

GEDC7495.JPG

午前中にたっぷりと笑い、汗を出した後は、オーバルハートによる炊き出しを行った。


GEDC464.JPG


雪が深く積もっていたので、子供たちが手慣れた感じで雪かきをし、そこにテントを張り、赤十字が提供した大きな簡易鍋を使い美味しいホルモンハンバーグやハラミのバーベキューをたくさんふるまった。


GEDC7461.JPG

GEDC7467.JPG


GEDC7489.JPG


GEDC7494.JPG

GEDC500.JPG

また、一年以上経った今も仮設住宅に住まわれる方々へ美味しいホルモンハンバーグを食べて頂こうと、トップリーグの選手たちと一緒に一件一件訪問して、暖かいホルモンハンバーグを届けてきた。


GEDC513.JPG


ご年輩の方々や、小さなお子さんがいらっしゃる方々、お体を不自由にされてる方々が多くいらっしゃった。
一日でも早く以前の生活に戻って頂きたいと心から願うばかり。


GEDC7519.JPG

美味しいホルモンハンバーグでほんの少しの間でも食卓の笑顔が増えたならと思う。


GEDC498.JPG


Taiz

気仙沼向洋高校!

G'Day Mate!


お腹いっぱいの午後は、気仙沼向洋高校へ。

期末試験の為に、午前中はラグビー部が活動出来ないのでラグビークリニックに来られなかった。ならば、という事で午後に学校を訪問した。

GEDC7524.JPG

まだまだ仮設の学校で勉強する向洋高校の生徒達。

この日は、グランドが悪天候で使えないので教室の中で行った。

GEDC7526.JPG

皆で円になり、お互いの自己紹介をし、そのあとにそれぞれに人生の中で大事なエキスの話をしてきた。


GEDC7528.JPG


その後は、ユニット別に分かれて、質疑応答をしたり、パスやスクラムのスキルトレーニングをした。

GEDC7543.JPG

スキルトレーニングが終わると、これから少し使えるラグビーに大切な姿勢や補強トレーニングメニューをやって終了した。

2度目の向洋高校への訪問だった。
前回、また再びやって来る事を子ども達と約束したので戻って来た。
また約束して来たので、また行く事だろうと思う。

GEDC7530.JPG

@女子マネージャーとコミュニケーションする明治OB

Taiz

チャリティーマッチ!

G'Day mate!

06.JPG

大変意義のある一日となった。

002.JPG


震災から一年強が経ち、トップリーグで活躍するトップ選手、トップレフリー、協会幹部、元日本代表レジェンド達が大集結した。


GEDC769.JPG


今年のトップリーグチャリティマッチは、昨年までの引退する選手やレフリーたちのお祭り舞台という事ではなく、未だに多くの問題を抱える震災被災地へ元気をあげよう笑顔をあげようと言う非常に強いメッセージを持った試合となった。


GEDC7574.JPG

東北出身の選手たちや、その家族や親戚の方々も多く会場に来られ、特別な雰囲気の中でのラグビーとなった。


GEDC7579.JPG

試合自体はコンテストがほとんどないゲーム内容になってしまい大味なビッグスコアとなってはしまったが、やはり随所に見せるスピードやひらめきのコンビネーションプレーは、子供たちにもとても良いお手本となっただろう。


003%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8F%96%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%82%8A.JPG

@五郎丸選手のキックはノーバウンドでナイスキャッチ!

シニアチームの全員モールで最後のトライを取り、ラグビーは皆の力を合わせて協力し、大きな事を達成出来る素晴らしいスポーツなんだと言うことが表現出来たようにも感じた。

009%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%83%AA.JPG


010%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4.JPG


最後のコンバージョンゴールは最年長の東芝ブレイブルーパス松田選手が狙った。ゴールはみんなの想いが後押ししたように、バーを越えていった。


011%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B8.JPG

@松田選手のゴールに全員でプレッシャー!!!

キックの前にはアシスタントの原田さんとゴールが入っても入らなくても旗を上げてゲームを終わろうと言ってたんだけどね(笑)

05.JPG

@走る人。


004%E6%8C%81%E3%81%A3%E3%81%A6%E8%B5%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%82%8A.JPG

@ボール持ってラン!


試合が終わるとみんなで仲良く記念撮影。

GEDC7614.JPG

@MVPは独走しまくった友井川選手


GEDC7587.JPG

@何年経ってもレフリーには一切れとしてお寿司をくれないスシロー。。。一応、宣伝しとくか。。

帰りに仙台に住む親戚を訪ねて東北ツアーは終了。


GEDC7595.JPG

元気を与えて与えられて、スポーツの最高峰に関わる者としては責務であるが、出来る範囲で十年、十五年と支援して行ければと思う。


GEDC7615.JPG


Taiz

2012年04月09日

トレーナーセミナー!

G'Day mate!


赤羽の味の素スポーツセンターへ!

DV00823.jpg

年に一度行われている日本協会のトレーナー研修会へ講師として呼ばれてきた。
題目は、レフリーとの関係。


競技規則やその他の規定で決められている事を整理し、確認した。


DV00822.jpg

今回は、そういう規則以外にも、大事なコモンセンスの部分を強調してきた。

ラグビーのアイデンティティを理解する人たちによってゲームは円滑に安全に成立するもの。
そういう風に人が信頼しあってやるから、ラグビーは素晴らしいチームプレーが生まれたり、感動が生まれたりするスポーツ。


DV00824.jpg

@魚雷

これから少し定義が曖昧になっているトレーナーやフィジオ等がだんだんと役割の整理をされていくことになるが、ラグビーの試合に関わる仲間。大事にしていきたい。

Taiz

2012年04月10日

東京セブンズ!

G'Day Mate!

11年ぶりにセブンズが東京に戻って来た。

とんでもない嵐と一緒に。。。


%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%8B%E5%80%92%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.JPG

晴れ男のTaizとしては、公式戦で雨を降らせては行けないと神頼み。。
非常に光栄な事に、エキシビジョンマッチをレフリー担当させて頂き、11年ぶりの秩父宮でのセブンズの笛を鳴らす事が出来た。不思議と、エキシビジョンマッチの時には風のみで雨は降らず。。その後、とんでもない雨と風が、、、。一応、Taizがレフリー担当した公式戦での雨知らず都市伝説は更新っと。。。誰だったんだぁー?凄まじい雨男わぁ。。??


2012-03-31%2009.30.24.jpg


また、芝の養生の為に秩父宮をこの1ヶ月ほど使用していなかった。2011−12シーズンの秩父宮最後の試合はTaizに吹かせて頂き、今シーズン始まりの最初の笛を吹かせてもらって、これもまた何か縁を感じたね。


DS0284.JPG

@Pat, thanks a million for great photo.


自分は11年前のワールドセブンズシリーズ東京ラウンドにマッチオフィシャルとして関わっていたので、非常に感慨深い想いだった。
11年前の東京ラウンドに来た事のあるニュージーランドや南アフリカ等のチーム関係者ともそういう話になる。


DVC00921.jpg

@左から、Matt, Taiz, Paul

今回の大会、いろんな価値がある大会。

そして、運営やゲームクオリティ等が世界から試される大会となった。

DSCF5465.JPG


天候が残念であったが、2日目のゲームクオリティとしてはまずまずであると思う。
運営面についてはやはり大規模な大会運営に慣れて
いない為の不備がいくつもある事を大会中にも指摘を受けながらの運営となった。
一生懸命やってますではダメなプロの世界。非常に良い体験や経験となったと、日本サイドの多くの人たちはポジティブに反省をしたようだ。


%E5%BE%8C%E3%82%8D%E5%A7%BF2.JPG


自分自身もマッチオフィシャルの運営や受け入れ等の準備には、1月中旬くらいから微力ながらサポート。
海外現役レフリーの仲間たちは東京の1週間に満足して帰ってくれたので良かった。


%E8%B5%B0%E3%82%8B%E5%BE%8C%E3%82%8D%E5%A7%BF.JPG


先週の香港ラウンドが、次年度シーズンのコアチームを決定する非常に重要な予選を兼ねており、また、IRBセブンズにおける獲得ポイントも他の大会よりも大きいため、全チームが先週の大会に最高のピークを持った。怪我やオフピークに第1日目の悪天候もあり、より番狂わせが起こりうる様相に。


DSCF5468.JPG


フィジー、ニュージーランド、南アフリカ、イングランド、ウェールズと第1日目で完全な15人制ラグビーをやってしまったので、チームとしてのビルドが出来ておらず、本来のエンジンがかかるのに時間が足りなかった不完全燃焼感を残して大会終了。

%E6%89%93%E3%81%A1%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E4%B8%AD%20%282%29.JPG


サプライズをかけてきたのが、オーストラリア。

また若く新しいスコッドでやってきた。

特別に凄い選手はいないが、バランスが取れている事と、若いので持久力があったと思う。
オーストラリアらしい若くてワンマンショーの独自判断が効くフットボーラーが多くいた。
チーム全体の選手平均点が高いので、まんべんなくスキがない。
ワンマンショーで点を取った後にしぶとく我慢比べをして、また相手のミスから省エネで点数を取って帰る。

最後までハマっていた気がする。

2012-03-31%2010.27.25.jpg

@カズ&Taiz。多くのアジア人がチャンスをもらって挑んでいるが、IRB大会でカップ決勝をレフリー担当し結果を出したアジア人レフリーは、過去にもこの2人のみ。

一貫性を保つ事は難しいと思うので、次のエジンバラ/ロンドン大会は簡単ではないと思うが、アカデミーの組織的な成功がタイトルになった格好となった。

今回のオーストラリア代表のちっこいスクラムハーフは、そう言えば昨年のシンガポールセブンズに来てたなぁ。クインズランドのサニーバンクでプレーしていて、この時にも良いプレーしてたなぁ。


2012-03-31%2018.59.11.jpg

@多くの方のサポートを受けてパフォーマンスしてます。感謝。

次の4シーズンは毎年やってくる東京セブンズ。
パレードがあると思って仕込んでいたネタもパレードが無かったので封印した。
来年は、一段とユニークな大会として大盛り上がりを期待。

2012-04-01%2015.57.33.jpg

@フィツィー、カズ、ボリ、Taiz、コニシヤス


来シーズンはお天気に恵まれますように。

Taiz

2012年04月12日

全国高校選抜大会!

G'Day mate!

かなり久しぶりに全国クラスの高校大会をレフリーした。

毎年、全国高校大会や選抜大会には、レフリーコーチングや観戦で来ていたが、かなり久しぶりに割り当てが来た。

GEDC7750.JPG


レフリーがキャンセルしたところに同じA級レフリーの原田さんと入ったようだが、将来のジャパンやトップリーガーの原石のプレーが目の前で見られるのは、レフリーとして幸せ。

ひらめくプレーや、ユニットで練習してきた精度の高いプレーが連発する。

ひたむきであり、必死で不安定感もあり、また精神的なプレッシャーにもベンチやコーチ陣も含めてコントロール出来ておらず、不用意なアピールを連呼する。
この素晴らしいプレーの連続と、ディシプリンの発達途中段階の不安定さを見て、高校生のポテンシャルを無限大に感じる事が出来た。


GEDC7751.JPG

現在は、大学生でも高校生でもジャパンには届く事が出来る。

エディーさんのフィロソフィの中には、選手がスキルを持っていて特別な能力を持っている選手のセレクション条件の他に、選手のアティチュード(態度)を強く重んじる。
正しい態度のある選手は、エディーさんクラスのコーチがトレーニングすれば、素晴らしい選手になる事が出来る。


今回の熊谷には、正しいアティチュードを持った選手がたくさんいたことは確認出来たし、アティチュードが変われば将来とんでもない選手になる可能性を秘めた選手もたくさんいた。

これからの数年間、彼らの成長と活躍をしっかりと見ておこう。


Taiz

2012年04月13日

目黒桜祭!

G'Day mate!

昨年の桜というものは全くと言って印象がない。

GEDC7777.JPG

@目黒川

今年は、生まれて初めての形で桜祭りに関わった。

GEDC7805.JPG


早朝7時に目黒の会場となる公園を一平さんたちと目指した。


GEDC7787.JPG

@レア!一平さんが冷たさに感覚がなくなりながらワカメつめとる。

気仙沼から美味しいサンマやイカ等の特産品でお店が出た。
気仙沼市議会のモリヤさんが場所を仕切って指示に従ってボランティア活動。


GEDC7782.JPG

GEDC7783.JPG

自分の役割はもっぱらメカブ切り。
メカブエンドレス状態になってたが、数時間切りまくってきた。

GEDC7797.JPG


GEDC7798.JPG


GEDC7800.JPG

モリヤさんがイカを焼き始めると、売り物と思いきや通る人たちに「食ってけぇー。」ってタダで配りまくっていた(笑)

GEDC7803.JPG


贅沢で新鮮な食材がたっくさんの桜祭り。
何だか分からないけど湧き出るような元気。


GEDC7806.JPG

こんな形で春の訪れや暖かさを感じるとは、思ってもいなかった。

GEDC7807.JPG


僕は早朝から手伝って、お昼は、東京大学キャンパスを目指した。
ラグビークリニックの取材と共に、東大ラグビーへのルール講習会。
部員が倍増しててびっくり。
そして、人工芝になってびっくり。

砂埃にまみれて、部室したのお風呂に入り、キレイにしたかと思えば洋服を着る頃には足が真っ黒に。。。みたいなのの繰り返しだった時代が懐かしいなぁ。


GEDC7811.JPG

@膨大な試合記録の編集者!!!焼き係。。

クリニック後は、東大生が通う鉄板焼き屋さんでサクッと。
ラグビーマガジン社の編集の謎も一つ解明して、良い一日を終了。

GEDC7815.JPG

@鉄板ビビンバ!

とっても良い春の土曜日を満喫でした。

Taiz

YCAC7’s!

G'Day mate!

始発で横浜へ!

数年ぶりにYC&ACクラブに行くと、立派な人工芝になってた。

トップリーグからはキヤノンのみの出場。社会人チームは栗田工業っ釜石シーウェーブス、クラブチームはタマリバクラブが参戦し後は大学チームがずらり。

GEDC7830.JPG

マッチオフィシャルは年代もランクも幅のある集団だったが、一体感はかなりあった。みんなポジティブで、協力しあい、みんな本当に気が利くレフリーばかり。自分だけとか、自分は特別と思うレフリーはおらず、レフリー・アシスタントレフリー・インゴールジャッジ・入れ替え担当をみんなで順繰りにこなし、大会終了後にはみんなでテント撤収までやった。
自分の出番じゃなくても人のレフリングを見ながら良く学び、良くディスカッションした。

GEDC7818.JPG


大会はやはりYCACが強い。そりゃあもちろん。だって、現役と元のオールブラックス七人制代表がいるし、オークランドブルーズに所属していた選手も出ていた。

GEDC7826.JPG


カップ決勝までは全ての試合を完封勝利にしてきたYCAC。このチームを苦しめたのは筑波大学。

自分自身も初めてYCACセブンズ大会のカップ決勝をレフリー担当させてもらい非常に光栄で、とても嬉しかったのだが、試合内容がエキサイティングで、忘れられない思い出深い決勝戦となった。


GEDC7827.JPG

カップ決勝

YCAC 28ー26 筑波大学


最後、筑波大学の大逆転トライかぁ!?と思われたが、あと数10センチでノックオン。スルリと逃げてしまった。

GEDC7828.JPG

いつも感心させられるのが、筑波大学選手たちのポジティブな事。非常にひたむき、かつ、発する態度が素晴らしい。
またレフリーやりたいなぁと思うチーム。
また強くなるね。


GEDC7832.JPG


アフターマッチファンクションではTaizが英語でスピーチ。YCACのニュージーランドからわざわざ来てくれた選手たちへ感謝を伝えて、来年もぜひ来日して欲しいとお願いした。そして、日本チームを代表して、来年は日本チームが勝つでしょう。と宣戦布告しておいた。

日本協会が主催するとても大事なセブンズ大会。
一回戦から準決勝までのチームとレフリーがとてもよかったので、決勝にクオリティーがあった。

これはみんなの力だと思う。

素晴らしい一日の横浜でした。


Taiz

2012年04月14日

国際交流!

G'Day Mate!


千葉県にある専修大学松戸高校にお邪魔して来た。
ウィークデイであるが、海外もはるばるドバイからチームが遠征して来たという事でスペシャルマッチが組まれた。


GEDC7908.JPG

専大松戸ラグビー部は、千葉県でもだんだんと力をつけているトップ4の高校。
この学校には、太田GMの息子さんも通っていて、太田さんの関係もあって試合が現実になったそうだ。

専大松戸 40−10 ドバイハリケーンズ


GEDC7893.JPG


点数はついたが、すごく素晴らしいプレーが双方に見られた素晴らしい試合だった。
お互い非常にポジティブで、和気あいあいとお互いの違うプレースタイルに学び合いながらの試合だった。

GEDC7903.JPG

アフターマッチファンクションでも、国際交流としては最高の交流をしていた。
最近はめっぽうおとなしく消極的な生徒が多い日本だが、専大松戸の生徒達は非常に積極的でたくさんの笑顔を交わしていた。


GEDC7874.JPG


またドバイからお越し下さいー。

Taiz

2012年04月15日

さくらちゃん!

G'Day Mate!


我が家のペット。

そうイモリ。

野生のイモリ。
メスで、名前は「さくら」ちゃん。

GEDC7867.JPG


宮崎から空輸して埼玉まで持って帰って来た。
空港でチェックインする時、もちろん大騒ぎ。
一応、生き物なので、グランドホステスの方々もモノとして扱わず、「こちらの”ペット”さま」と気づかってもらいながらの対応。

結構、可愛い顔をしてるんだよなぁ。

野生だぜぇー↑ ワイルドだろぉー?


Taiz

2012年04月16日

桜満開!

G'Day Mate!


GEDC7835.JPG

桜が満開になってるのを、一目見よう、見とかなければと、オンリーワンチャンスの時間で近所の桜が綺麗な名所にやって来た。

本当に眺めているだけでエネルギーをもらう不思議な桜の花。

GEDC7848.JPG


アルコールで花見も来年くらいにはしたいなぁと少しの希望を持ってみる。。

お花見の宴会って、もう何年もしてないもんだなぁ。。。と気づきながらも、昼間っから宴会をしている人たちをちっとも良いなぁと思わなかったのも事実。
何か、真剣モード突入のスイッチが入っているからかも。。

GEDC7846.JPG


すぐにテストマッチシリーズが始まるので、自分自身を良いスポンジ状態にして、徐々に上げて行こうー。

GEDC7850.JPG


Taiz

2012年04月17日

フィリピンへ!

G'Day Mate!


マニラに到着。

成田空港でずいぶん待たされたので、到着遅れ。
JALも成田空港では扱いが悪くなって、航空会社としての扱いも優先順位が後ろになっちゃったかなぁ。


GEDC7927.JPG

飛行機では、パソコンに向かいながらのイーサン・ハント。
一度観たはずのミッション・インポッシブルは、きちんと観るとストーリーが分かった。前に観た時は集中して観てなかったからかな?


マニラ空港に到着し、パスポートコントロールを比較的スムースに通過すると、荷物受け取りはとんでもない混雑。。カートを押してる人達は、無頓着過ぎる人達ばかりで、至る所で、後ろからカートでアキレス腱を攻撃される人々を見かけた。。


超痛そうー。

GEDC7949.JPG


と、言う事で、夜中の11時過ぎにホテル到着、チェックインをし、夕食を取ろうと試みた。。
ルームサービスは、すでにキッチンクローズでダメだったので、外に歩いて出てレストランを探し、軽く夕食。。
ここでは、がっちりオネエ系の男性2人に見つめられながらの夕食。。。
カエルが蛇ににらまれた状態はキツい。。

ホテルに戻ると、1時過ぎ。。
完全な睡眠不足で、次の日は早朝からアジア協会レフリーのミーティングが開始。


GEDC8028.JPG

ビデオセッションや、ディスカッション。
気温38度の炎天下でのアクティビティと盛りだくさん。

いよいよIRBワールドカップ2015のアジア予選が始まるのかと、少しづつ士気が上がりつつあるね。

Taiz

子どもと交流わず!

G'Day Mate!

IRBワールドカップ2015 アジア予選ディビジョン1

スリランカ ○ ー × 中華台北
フィリピン ○ ー × シンガポール


いよいよ始まった。

今日のレフリーは、1試合目を香港のレフリー、2試合目をスリランカのレフリーが担当した。
日本人レフリー達は、非番。

の、はずが、キッズラグビーがあるという事で、凄い思いがけない強烈パスが飛んで来て、自分が受け止める事に、、、、。結局は、シンガポールのレフリーと愛知県協会の松岡レフリーと一緒に子ども達と戯れる事になった。

熱中症の子どもが出るくらい危ない直射日光だったが、何とか頑張ってエンジョイする事が出来た。

楽しいけど、灼熱過ぎて危ない感じもしたなぁ。。

GEDC8035.JPG

でも、子ども達もマッチオフィシャルも笑顔で終わりました。

こういう交流、数年後に別の形で生きると良いなぁと思いながら、ホテルに歩いて戻りましたとさ。

Taiz

2012年04月19日

IRBワールドカップ予選!

G'Day Mate!

IRBワールドカップ2015イングランドのアジア予選が開幕した。
今年のアジア予選はディビジョンが5つある。
毎年、それぞれの最下位と最高位が入れ替わりながら予選を繰り替えし、2015年の最終予選大会のTOP5で優勝すればワールドカップ行きが決定する仕組み。

GEDC8049.JPG


アジア5カ国対抗と言う呼び方をする大会であるが、ディビジョン1から以下は4チームもしくは3チームのリーグとなる。
ディビジョン1に勝って、来年度に日本のいるTOP5にどのチームが入る事が出来るか。


TOP 5

日本
韓国
香港
カザフスタン
UAE

ディビジョン1

スリランカ
フィリピン
中華台北
シンガポール

ディビジョン2

マレーシア
タイ
イラン
中国

ディビジョン3

インド
グアム
パキスタン
インドネシア

ディビジョン4

カタール
レバノン
ヨルダン
ウズベキスタン


ディビジョン5

ラオス
カンボジア
ブルネイ

GEDC8055.JPG


この灼熱のフィリピンで激しい試合が繰り広げられる。


Taiz

2012年04月20日

ブラタモリ!

G'Day Mate!


初めて来たフィリピン。

一緒に来ている愛知の松岡レフリーが以前にフィリピンへ来た事があると言う事で、合間のフリータイムを見つけて案内してもらった。
今、いるところが北なのか南なのかもさっぱり分かっていないTaizは、ついて行くのみ。


GEDC8087.JPG

ランドリーを出したり、ミーティングが重なっていたりと何かと多忙なスケジュールなんだが、合間に歩いて行ける距離でと、世界遺産を目指した。

このフィリピンはスペイン領だったところで、とても古い建造物が残っている。

GEDC8101.JPG


マニラ聖堂や、城壁の跡、今でも大砲が置いてある壁の廊下と、色々とブラタモリして歩いた。

直射日光がとんでもないので、しばらく歩くと汗だくになる。

GEDC8137.JPG

お土産屋さんに入って、エアコンで涼むけど、「こんなん買って帰ったら何を文句言われるか分からんなぁ。。」という民芸品ばかりで何一つ買わなかった。。

歩いていると、ずーっとラグビーの話になってしまうチームオブスリーでした。


GEDC8139.JPG


Taiz

女子ラグビー交流!

G'Day Mate!


急遽、フィリピン協会からリクエストがあり、来るかなぁ、、と予感がしていたけど、やっぱり呼ばれた。

と、言う訳で、フィリピンの女子ラグビーの方々と交流。


GEDC8199.JPG


クリニック形式で、行われた会では、練習したり試合形式で実践してみたり。

試合形式の後には、自分もレビューに関わって、ストレートランする事の重要さや、コミュニケーションをはっきりと取って自分の役割が何なのかを伝える重要さを教えて来た。

RIMG0001.JPG

@Flying referee in Manila

みんなとっても熱い中だったけど、笑顔を忘れず一生懸命にラグビーしてました。

ある女の子が言ってたけど、「敵味方あっても、試合が終われば、ワンチーム!」。

RIMG0002.JPG

@ナイストラーイ!

その気持ちをいつまでも忘れないでねー。

もつかれー。

Taiz

アジア5カ国ディビジョン1!

G'Day Mate!


フィリピン マニラで開催されているアジア5カ国対抗ディビジョン1。
4月18日にはリザルナショナルスタジアムで2試合が行われた。
昼間とんでもなく熱いので、キックオフは午後5時から。

スリランカ 35v10 シンガポール

フィリピン 34v12 中華台北

GEDC8201.JPG

この日は、2試合共に4thオフィシャル(第3タッチジャッジ)を勤めてサポートした。
興奮して来てだんだんと感情が押さえられなくなり、エスカレートしてきてベンチが立ち上がりどんどん前に出て来たり、入れ替えのルールをろくに知らずに思うままに選手入れ替えをしたがる。

RIMG0021.JPG

@スリランカ代表監督は元イングランド代表フッカーのフィル・グリーニング。


フィリピンのマネージャーが「ルールブックを見せろー。」と大声を出すので、「試合が終わってからで良いから、貴方がルールブックを持って来て見せなさい。」とマネジメント。
この試合は、テストマッチであってしかもワールドカップ予選。チームマネージャーはあまり違法にチャレンジをすると規律委員会にかけられる事もあるんだから、ちゃんとした方が良い。。実際に、大会本部は、このマネージャーに制裁を加える気が満々だったねぇ。。

RIMG0121.JPG

@まつさん、写真あざます。

だんだんとヒートアップしているマニラだが、土曜日は、決勝と最下位決定戦がある。

決勝
スリランカvフィリピン

最下位決定戦
中華台北vシンガポール

この最下位決定戦で負けたチームが来年ディビジョン2に自動降格となる。

Taizは決勝戦のレフリー担当。
きちんと準備してパフォーマンスしよう。

GEDC8203.JPG

@HSBCペンギンズで世界のラグビー普及をしているディーノ。彼は双子なので、この生き物がもう一つどこか地球上にいる。飯、食い過ぎ!!(笑)

Taiz

2012年04月23日

プレジデントの息子!

G'Day mate!


スリランカのプレジデントの息子とパシャリ。

スリランカ代表でフランカー&キャプテンを務める。とってもナイスガイ。

さすがにプレジデントの息子というだけあり、常時、私服のSPが三人体制で擁護している。


TaizはSPさんたちと結構話した事あるので、どの人達がSPさんか分かるけどね。


さすがラグビーが国技の国。スリランカはラグビーステータスが非常に高い。


Taiz
Non Title

2012年04月24日

ディビジョン1決勝!

G'Day Mate!


大激震!

IRBワールドカップ2015アジア予選
アジア5カ国対抗 ディビジョン1

決勝

フィリピン 28−18 


GEDC8272.JPG


フィリピン凄い。この5年間で、ディビジョン4から一気に来年のトップ5まで上りつめた。
全くラグビー不毛の国が、数年間でアジア地区でトップ5入り。
これは他に例を見ない。


GEDC8264.JPG

選手達は、5割がオーストラリア人、数名のニュージーランド人とアメリカ/カナダ人がコンバインドしたチーム。
オーストラリア人達は、オーストラリアでもプレミアレベルでラグビーユニオンやラグビーリーグで活躍する選手たちばかり。
もちろん、プレースタイルもラグビーリーグ的な感じ。

この日も、前半にキッキングゲームから果敢にカウンターを仕掛け、アンストラクチャプレーからトライを重ねて行った。


GEDC8286.JPG

一方のスリランカは、今年から元イングランド代表フッカーのフィル・グリーニングが指揮を取り、フォワードがさらに威力を増した。
しかし、スリランカは前半にキッキングゲームに付き合ってしまい、しかもスタンドオフがユースラグビーから上がってまだ1試合しかしていない経験が浅い選手の為、キックの精度が悪く、相手にノープレッシャーでボールをあげてしまうようなプアキックとなり、劣勢になった。でも、後半はスクラムとラインアウトモールにこだわり、しっかりとプレッシャーをかけて相手の反則を誘発したり、力でトライを奪い、後半だけを見るとスリランカが勝っていた。
スリランカが国内の政治に大きな問題を抱えているので、キャンディの選手を選出しておらず、事実上のスリランカ代表はBチームでの編成となってしまっていた。

GEDC8289.JPG


また、最下位決定は、中華台北がシンガポールを下し、シンガポールが来年ディビジョン2に降格。


GEDC8294.JPG


フィリピン代表は、多くのトップリーグチーム契約選手を擁するまだまだ伸びしろのある若いチーム。来年の日本代表とのマッチアップが楽しみ。


GEDC8236.JPG


Taiz

2012年04月26日

フィリピン→堺!

G'Day mate!

灼熱フィリピンを出て日本へ帰国。

GEDC7932.JPG

@フィリピンのバス。


フィリピン最終日は、朝からレフリーレビューアーとの1対1のミーティング。
アジアのレビューアーはほとんどの方がテストマッチをレフリーした経験はない。そこには一長一短あって、個人的な私論が強く客観的で世界のトレンドの理解が充分あるコメントはなかなか得られないものの、印象ベースでのフィードバックは観客目線が強く反映されているので、ゲームバランスを考えている自分にとってはありがたいコメントが多い。

GEDC8234.JPG

@Taizのチームスカウティングメモ。


クリティシズム(批判的)なコメントにどうしてもなってしまうのはレフリーコーチングの手法を充分に教わっていないだけであって、それはコーチに対するプログラムの問題。
そういうコメントに対してもしっかりと自分の考えを理論的に説明出来れば、自分としては良いと思う。


GEDC8372.JPG

@もう5月だね。健やかに。


そんな自己研鑽の多くあったマニラ遠征から戻ると分刻みの集中力のいる移動劇。

夜8時に到着の成田空港から、パスポートコントロール、税関を経て、上野まで出て来て、翌日の朝8時半には大阪・堺で日本代表のスタッフミーティングに出席せよ。という指令。

GEDC8373.JPG

@早朝の堺駅前。


やってのけた。


東京と大阪は陸続き。

不可能はないもんだなぁ。

こういうのを危機回避能力と呼ぶ。

今回の遠征は自信につながったね。


GEDC7988.JPG

そんな日もある。

Taiz

2012年04月27日

ジャパン堺合宿!

G'Day Mate!

大阪のJグリーン堺で行われていた日本代表の直前合宿に帯同して来た。

一言で、素晴らしい環境。


DVC00167.jpg

素晴らしいグランドに綺麗な宿泊施設、すぐに対応してくれたというバランスの取れた食事。

もともとJリーグサッカーやなでしこジャパンでしか使っていない施設だそうで、ラグビーポールが立ったり、スクラムの練習をしたりする事の交渉はとても大変だったのだろうと言う事が容易に想像出来る。

DVC00166.jpg


選手達もグランドのパフォーマンス向上に集中出来ている。

すごく統一感の感じられる直前合宿だった。

2日目には、自分の誕生日で、自分は黙っていたんだけど、均ちゃんがこっそり声をかけて来て、広瀬キャプテンがみんなと一緒に祝ってくれた。感謝ー。今年もエキサイティングな1年になると思うね。


STIL0222.jpg

@ありがとー。


新生日本代表の素晴らしいパフォーマンスと圧勝を心から願う。

Taiz

2012年04月28日

堺→韓国!

G'Day Mate!


怒濤の堺合宿を終了して、一端自宅に戻った。

戻ったと言っても、その日に帰られず日にちが変わってしまってた。。
あと10秒あったらその日に帰られたのにぃ。

そして翌日は午前中に銀行等を済ませて、また荷物をまとめて午後には成田空港へ。

アシアナ航空で韓国へ。
新しい飛行機だったので、中はキレイでかなり空いてたせいもあり、3列シート独り占め。

トランジットの韓国へ着くと、プチ韓国を味わいたいと思い店を探した。
夜遅すぎて全滅。。


GEDC8383.JPG

やっと見つけたお店で、激アツの石焼スープ発見。
あんまり熱すぎて、しばらく眺めてみると言う新手の食べ方。

名古屋の大槻レフリーと空港で合流し、ドバイを目指した。

Taiz

韓国→ドバイ!

G'Day Mate!

ドバイへ到着!

でも身体ガチガチ!

びっくりするくらい激混みの飛行機。。

キャビンアテンダントの人たちが飲み物サービスを嫌になるくらいの100%満員。。
完全にやる気を失ったキャビンアテンダントは、呼び出し音を色んな所で押されまくり、でも、呼び出し音に全く反応してないくらいやる気がなくなっていた。。
自分も周りの人たちも飲み物サービスなかったので、顔が「???」てなって見合わせたくらい。。

ドバイ空港へ到着するとUAE協会の人が待っていてくれた。まだ朝6時と言うのに。
ありがたい。

でも、来るはずのギャリーさんじゃない。。
何でも、連絡ミスで昨日の朝6時に空港で待っていたらしい。。。
ゴメン、ギャリーさん。。

GEDC8413.JPG

と、ホテルへ無事にチェックイン。

お金がないのかなぁ。
3つ星ホテルに大槻レフリーと2人部屋。
まぁ、新しいホテルだから快適は快適なんだけど。アジア協会テストマッチのスタンダードではない。

GEDC8417.JPG

そして、横になってしまっては寝てしまうと言う事で、無理矢理、外にロングウォークに出かける事にした。
暑さに慣れる、時差の克服を考えて、大槻レフリーを引っぱり出してホテルの近所へ。


GEDC8405.JPG

幸いにもホテルのすぐ近くにドバイミュージアムやゴールドスークにスパイススークと言った名所があるので、2人とも以前に訪問した事はあったが行ってみる事にした。


GEDC8450.JPG

@ギネスのゴールドリング

GEDC8451.JPG

汗だくになりながら、あーだこーだ会話しながら翌日のテストマッチの準備。

GEDC8434.JPG


ホテルに帰るとプールセッション、レフリーマネージャーたちとのミーティング&ディナーで、長い一日終了。

GEDC8529.JPG

@アジア協会レフリーマネージャーのアラン

キックオフの時間帯が日本時間の深夜1時あたりという事で、少しキツい1日目は無事に終了。

Taiz

2012年04月29日

キャプテン!

新コーナー。

キャプテン現る!!


TaizGEDC8617.JPG

2012年04月30日

A5N トップ5開幕!

G'Day Mate!


アジア5カ国対抗ラグビー
トップ5

香港 85−10 UAE

GEDC8577.JPG


あまりの灼熱度合いに、キックオフは8時。

ホテルを夕方に出発してから30分おきごとに気温が下がって行く感じで、少しだけ快適に感じた。
そうは言っても、試合中はやはり汗だくになる。
砂漠の中で、汗が比較的に飛びやすく、どれくらい体内の水分が奪われていっているのかが、分かりにくい。。
より慎重にと、いつもより水分を多めに取って調整した。
Taizは、この日はアシスタントレフリー担当だったけど、それでも汗だく。。レフリーの大槻くんは、、、。

GEDC8574.JPG

試合は、最初から最後まで香港ペース。
両チーム共に昨年のメンバーから大幅に選手が入れ替わり、グッとチーム力が落ちた。
大味な試合で、コンテストがあまり起こらないかなり軽い試合様相になっていた。
ブレイクダウンのコンテストからのターンオーバーも1回か2回くらいしかないくらい。

スクラムも終始安定せず、、。

きちんとリスタートがされないので、テンポとかそういうのではないお互いのミスからゲームを仕掛けるようなラグビーだった。

GEDC8573.JPG

開幕戦という事もあり、みんなまだチームとしてはまとまってないかな??

次は、香港に大敗したUAEは日本に遠征して来てジャパンとの対戦。

UAEのチームは日本のラグビーに衝撃を受ける事になりそう。。

Taiz

ドバイ→インチョン→成田!

G'Day Mate!


灼熱ドバイは、帰国の日まで灼熱。。

ホテルのプールに行かなきゃやってられない。
やはり前日の試合で少し熱中症になるような環境にいたので、身体のガチガチ感がありダメージがあった。プールでゆっくりセッションをして、出来るだけ溜め込まない様に努力。

GEDC8486.JPG

@エゴ・ビルディング。最近、アブダビで地震あったらしいけど、大丈夫かぁー??

帰りのフライトでは、ホラー映画を2本観賞。

「フライトナイト」と「Don't be afraid of Dark」の2本。

フライトナイトは、途中までどっかで見たストーリーと全く一緒。まぁ、B級映画で、教訓は”息子は親より正しい。”と言う事。
「Don't be afraid of Dark」は、久しぶりに見たクリーチャー系のホラー映画。B級だけど結構よろしい内容。こちらの教訓は、”娘は、だらしない親父よりも正しい。”と言う事。

子どものアピールを聞かないと言うありがちなストーリーの2作だったね。偶然。


DVC0209.jpg

@トランジットで、なんちゃって石焼ビビンバ。

と、ペーパーワークの山を一つ一つ片付けるこの数日間になりそう。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ