« 目黒桜祭! | メイン | 国際交流! »

YCAC7’s!

G'Day mate!

始発で横浜へ!

数年ぶりにYC&ACクラブに行くと、立派な人工芝になってた。

トップリーグからはキヤノンのみの出場。社会人チームは栗田工業っ釜石シーウェーブス、クラブチームはタマリバクラブが参戦し後は大学チームがずらり。

GEDC7830.JPG

マッチオフィシャルは年代もランクも幅のある集団だったが、一体感はかなりあった。みんなポジティブで、協力しあい、みんな本当に気が利くレフリーばかり。自分だけとか、自分は特別と思うレフリーはおらず、レフリー・アシスタントレフリー・インゴールジャッジ・入れ替え担当をみんなで順繰りにこなし、大会終了後にはみんなでテント撤収までやった。
自分の出番じゃなくても人のレフリングを見ながら良く学び、良くディスカッションした。

GEDC7818.JPG


大会はやはりYCACが強い。そりゃあもちろん。だって、現役と元のオールブラックス七人制代表がいるし、オークランドブルーズに所属していた選手も出ていた。

GEDC7826.JPG


カップ決勝までは全ての試合を完封勝利にしてきたYCAC。このチームを苦しめたのは筑波大学。

自分自身も初めてYCACセブンズ大会のカップ決勝をレフリー担当させてもらい非常に光栄で、とても嬉しかったのだが、試合内容がエキサイティングで、忘れられない思い出深い決勝戦となった。


GEDC7827.JPG

カップ決勝

YCAC 28ー26 筑波大学


最後、筑波大学の大逆転トライかぁ!?と思われたが、あと数10センチでノックオン。スルリと逃げてしまった。

GEDC7828.JPG

いつも感心させられるのが、筑波大学選手たちのポジティブな事。非常にひたむき、かつ、発する態度が素晴らしい。
またレフリーやりたいなぁと思うチーム。
また強くなるね。


GEDC7832.JPG


アフターマッチファンクションではTaizが英語でスピーチ。YCACのニュージーランドからわざわざ来てくれた選手たちへ感謝を伝えて、来年もぜひ来日して欲しいとお願いした。そして、日本チームを代表して、来年は日本チームが勝つでしょう。と宣戦布告しておいた。

日本協会が主催するとても大事なセブンズ大会。
一回戦から準決勝までのチームとレフリーがとてもよかったので、決勝にクオリティーがあった。

これはみんなの力だと思う。

素晴らしい一日の横浜でした。


Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ