« 優勝カップ! | メイン | 水曜トレーニングでしょう。 »

シンガポール国際セブンズ!

G'Day mate!


シンガポール国際セブンズ大会。

今回で65回目というとても歴史のある大会。

今回の大会は久しぶりにレベルが高かった。


644069_10151225313474172_1768816524_n.jpg


ニュージーランドからポンソンビー、南アフリカからウェスタンプロビンス、英国からはペンギンズ、フィジーからはデベタレブ、オーストラリアからはランドウィックとサニーバンク。その他、マレーシアコブラやフランスのクラブチーム。そして今年は、スコットランド代表が参加。


293722_10151251445328588_822549430_n.jpg


Taizは、いくつかのキモの試合を担当。

カップ出場決定戦
ポンソンビー 19−14 ウェスタンプロビンス
カップ準々決勝
ランドウィック 12−5 サニーバンク
カップ決勝
デベタレブ  26−17 スコットランド


679796_10151251489638588_349549506_o.jpg


今回は、天候もすごかった。。
毎日のように嵐のようなスコールがやってきて、とんでもない洪水状態。。
相変わらずの晴れ男ではあるんだけど、雨なんかよりもスゴイ事やっちゃった。。
雷の嵐がやって来て、準々決勝の途中、前半残り1分36秒を残して試合中断。。。
結局、約一時間の中断をして試合再開。。


DSC_3633.jpg


そして、激しい準決勝の末、カップ決勝のレフリー割り当てが来たー。

試合は、デベタレブvsスコットランド。

グランドコンディションは最悪のぐちゃぐちゃ。。

544901_442663622457042_273423510_n.jpg

でも、試合は激しくアップテンポなランニングラグビーとなった。
後半残り2分を残して19−17でデベタレブがリード。
ここでデベタレブに危険なタックルによりシンビン。

スコットランド7人 v デベタレブ6人 となり、スコットランドの猛攻撃開始。

しかし、フィジアン。。

6人となり、グランドのスペースがより使えるようになったからか、いきなりギャンブルのすごいロングパスを連発。
4対4でディフェンスと人数がそろっていたにも関わらず、たった1パスの超ロングパスで一気に3対1の数的優位を作ってしまう。
残り30秒でデベタレブが渾身の猛カウンタートライで26−17とし、デベタレブが逃げ切った。

スコットランドは、負けても素晴らしい紳士的なチーム。
本当に大好きなチーム。
試合後に、全員でレフリーテントまで来て、Taizと握手して行った。

シンガポール国際セブンズ大会。

何度でも来たいアジア最大級のクラブ国際セブンズ大会である。


Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ