aspotaトップサイトマップ

« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月 アーカイブ

2012年12月01日

冬なのにSOHO!

G'Day mate!

543001_10152289411325641_457262778_n.jpg


ブラックフライデイのSOHO。


30980_10152289413930641_1197999827_n.jpg


マンハッタンはきれいな秋とファッションの良い景色だなー。と思っていたら、そういえば冬に入ってた。。
感覚がおかしくなってきているのに感性を狂わせられるのはいかんいかんとハッきづきながらのソーホーの午後。


46237_10152289407925641_1919496040_n.jpg

日本人はきちんと四季を感じないとね。

きちんと日本人として季節のご挨拶してますか?
大事ですよ、そういう感覚。

DSC_4346.jpg


Taiz

ニューヨーク国際セブンズ!

G'Day mate!

世界一寒い国際セブンズ大会として有名。


DSC_4457.jpg


ニューヨークど真ん中にあるスポーツフィールド(島)で開催される大会。
アメリカで最大のセブンズイベントである。
今年の参加チーム数も136チーム。


DSC_4448.jpg

朝8時半から一日中セブンズラグビーやっている。

案の定、雪が降った。。

DSC_4401.jpg

@女子のみなさん、こうやって寒さをしのいでます。。

アンビリーバボーに寒いと言うか、極寒の厳しい気候の中でのレフリング。

DSC_4456.jpg


今回は、コンディショニングとパフォーマンスのルーティンを試してみる事が大きな目的とした。結果は、非常に良かった。その実感があったのが、その中でもとても良かった。


DSC_4431.jpg

@アメリカのマイク&Taiz


今大会には、アメリカのセブンズパネルレフリーや僕の他にもIRBセブンズパネルレフリー(オリンピック候補)に、イングランドやカナダのレフリー達も参加。もちろんこれだけの試合をカバーしないといけないのでたくさんのレフリーと力を合わせて大会運営を成功させないといけない。

DSC4421.jpg

@豪州スーパーラグビーレフリーのリージー&Taiz


予選から準々決勝、準決勝と進んで行き、カップ決勝のレフリー割り当てが発表されTaizがレフリーを担当する事になった。

DSC_4473.jpg


アメリカのチーム対インビテーションチームの対決。NINJAsと言う名前のインビテーションのチームは、サモア人やニュージーランド人を含む混合チーム。

前半19−19の取り合いで折り返し、後半も集中力のいる展開。

DSC_4439.jpg

残り1分でNINJAsの7点リード。
最後の攻撃に入ったSchuylkill エグザイルス。
ロスタイムにゴールポスト下へ渾身のトライ。

最後のコンバージョンキックが入れば、サドンデスの延長へ。

集中してキック。

あ、、、、、。

無情にもゴールポストを直撃し、ノーゴール。

DSC_4441.jpg


カップ決勝

NINJAs 26-24 SCHUYLKILL Exiles

ドラマチックな決勝を制してNINJAsが優勝した。

DSC_4390.jpg


とても寒くも、とても熱い、マンハッタンのセブンズだった。

また一つ大きなクレジットとなった。

Taiz

2012年12月03日

西へ北へ!

G'Day mate!

ニューヨークから14時間のフライトを経て、西へ西へと日本を目指した。


DSC_4497.jpg


成田空港に到着すると何やら出口が騒がしい、僕のすぐ後に外国人女性のスターがいたらしく、ゲートから出て来ると、報道陣に写真をバシャバシャと撮られた。。
あ、間違ったという微妙な空気が流れ、すぐに僕の後からショートカットのかわいらしい女性が現れ、写真を撮られてサイン攻めに合っていた。
最後まで、その子が誰か分からなかったけど、、。

と、帰宅した翌日はすぐにリコーの砧グランドへ。

リコーvs山梨学院大の練習試合と言う事で、砧で走り回ってきた。
ルールに関するQ&Aも行い、ウィンドウマンス明けのトップリーグ再開に備えた。
ちょっと格好を間違ったので、Taizの試合中は真夏の格好。。
走れば走るほど体温が奪われてキツかった。。


DSC_4510.jpg

そして砧を後にすると、東京駅へ全速力で移動。

こんどは北へ。。

一ノ関に到着したのは、もう夜11時近く、そこからレンタカーで三陸を目指して雪のちらつく中を走っていった。

DSC_4521.jpg


大移動の数日間。

士気は非常に高い。

Taiz

歩く人。南三陸町!

G'Day mate!

宮城県南三陸町へ。

震災から1年8ヶ月。

こんなに経っても、未だに多くの方々が元通りの生活に戻られていない。
また、時間が経つ事によっての多くの障害や問題が発生してしまっている。


DSC_4566.jpg


直接的な震災復興支援ということで、微力ではあるがサポートへ行って来た。
プロコーチの大西さんや、トレーナーとして有名な土井さん、そして事務局の斉藤さんたちと一緒に”歩く人。”というプログラムで、支援に。

歩く事の大切さ。
歩かない事の怖さ。
正しく歩く事。


DSC_4588.jpg

@こちらは指導員の養成プログラム。

という事で地元の方々と一緒に身体を動かして来た。

最高齢は92歳の方や、中には、まだ仮設住宅で日々を生活される方も多かった。


DSC_4583.jpg


いつも逆に元気を頂いてしまうが、まだまだこれが日本の現状。

これからも微力であるがお手伝い出来ればと思う。

DSC_4643.jpg

@まだまだ完全復興への道のりは長いのです。

Taiz

2012年12月07日

東北新幹線30周年!

G'Day mate!

東北新幹線は30周年を迎えたらしい。

マニアも喜ぶ限定のカステラ。


DSC_3806.jpg

なぜカステラかは聞かないで。

ちなみに僕はマニアぢゃありませぬ。


Taiz

Movember!

G‘Day mate!

11月はNovember ノーベンバー。

外国では、最初の”N”を”M”に変えて、Movember モーベンバーとして、ヒゲを伸ばすのがトレンディ。
多分、多くの有名外国人スポーツ選手がヒゲを伸ばしているのを見かけた事があるはず。

今年は、11月に結婚式やミーティング等があったので、完全に伸ばし切る事には成功しなかった。途中まで良かったんだけどなぁ。


DSC_4420.jpg

と、この人は、逆さ絵のようになっている友人クリス。

来年こそは立派なのをたくわえるかな??

Taiz

トップリーグin山梨!

G'Day mate!

トップリーグはウインドウマンスを明けて待ちに待った再開。

第9ラウンドは山梨へ。


_MG_0246.jpg

南三陸から気仙沼へ上がり、向洋高校の先生や市の方とお会いして帰京した。
そのままの足で甲府へ入りコンディショニングを整えた。


_MG_0259.jpg


山梨は昨年に引き続き2年連続。

お天気も良く、良いラグビー日和。

試合は、会場の風の影響もあり前半と後半が全く違う展開に。

_MG_0249.jpg


トスで風上を取ったNTTドコモがサントリーを攻め立てて、前半はずーっとサントリー陣でのラグビー。
非常に珍しい。
サントリーもキックを使えず自陣奥深くから攻めようとするが、フェーズは重ねられるもののNTTドコモの気迫のディフェンスでなかなかゴールラインを割る事が出来ず。
それでもカウンターを仕掛け、7-7に追いつき前半を折り返した。


_MG_0256.jpg

後半は、風上に立ったサントリー。
スクラムハーフを日和佐選手に変え、一気にテンポアップ。
ピーター・ヒューワットのインターセプトを皮切りに、トライを量産。
トゥシ・ピシが入って来て、またテンポアップ。

最終のスコアはサントリー48-14NTTドコモとなった。


415114_10152309691660641_626160867_o.jpg


試合の中では、箕内選手のタイトプレーやムリアイナのスーパープレーの連続ありと、プレーは見応え充分だった。

とてもクリーンなオープンラグビーで、会場に詰めかけた多くの観客の皆さんも熱い声援をかけていた。

382046_10152312631410641_1711307032_n.jpg

試合後は、山梨県協会さんの豪華なアフターマッチファンクションでノーサイド。
両チームの素晴らしいスピリッツに感謝。


IMG_6922.jpg

@マッチオフィシャル

2012120114490000.jpg

@&まねーじゃー。


数時間後にトンネルがそんな事故になるとは思ってもみなかったけど、、、。
サントリーのバスも、本当に無事で良かった。


_MG_0242.jpg

Taiz

2012年12月08日

100回記念 早明戦!

G'Day mate!

早明戦、明早戦。

呼び名からして意地の張り合いの感じられる伝統の定期戦。


703555_10152310585360641_625082209_o.jpg

国立競技場が国立競技場らしい地響きと割れんばかりの歓声で盛り上がった。

両チームの特色が色濃く出て、展開/速攻の早稲田、接点とセットプレーの前に出る明治の両局面がぶつかり合う格好になった。
さすがに気持ちが入っている上への反応(空中のボールへの競り合い)、下への反応(ルースボールとなったファンブルボールへの競い合い)が速い、学生独特のプレーも多く見られた。

お互いに逆転逆転を重ね、両チーム共に得点機会の多い試合内容へ。

明治大学 33-32 早稲田大学

IMG_3379.jpg


この定期戦を体験したチームはこの試合を機に急激に成長すると言うだけに、これから始まる大学選手権の両チームのパフォーマンスは非常に期待出来る。

東北からわざわざ試合を観に来た方々、ラグビーで大きな怪我をされたけどラグビーへの愛情で会場に来られた方。
試合後にお会い出来て話をする事が出来、ほんとうに嬉しく感動した。
ラグビーが伝える感動の力は偉大でパワフルである事を再確認した。

大きなピクチャーで見たとき、この1戦は非常に価値があり、ラグビーの本質を伝える力があると感じた。

悪質なファウルプレーも無く、自分たちの気持ちを全面に出し長い、80分間で重圧を感じながら死闘を尽くした両チームへ感謝。

IMG_0621.jpg

@修造さんも桑田さんも忙しいところをわざわざ来てくれてありがと。


Taiz

2012年12月12日

全国自衛隊大会!

G'Day mate!


先週の水曜日、秩父宮にて全国自衛隊大会の決勝をレフリー担当。

お天気も良く、すごく良い試合に。

DSC_4773.jpg

防衛省の方や関係者の方々も多く来られて、毎年の事ではあるけど、規律正しい雰囲気の漂ういつもの秩父宮とは違う雰囲気。
号令と敬礼で始まる試合前の儀式もだいぶ慣れてきた。

昨年は、震災後で全く練習が出来てないままの試合となったが、今年の試合は双方共に練習が出来ていてとても素晴らしいプレーが連発した緊張感のある試合となった。

船岡自衛隊 26−21 習志野自衛隊


DSC_4777.jpg

試合後は、参加された自衛隊のレフリーみんなと交流し、おいしいふかひれ麺を堪能。

DSC_4781.jpg


今年も、国益に附すると言う事で。

全国の自衛官の皆様、いつもお疲れさまです。
これからも頑張ってくださいー。

Taiz

2012年12月14日

冬のドバイ!

G'Day mate!


14時間のフライトを経て、ドバイへ。
今は冬らしいと言う事だが、もちろん熱い。夜でも27℃の気温。。

びっくり。

DSC_4788.jpg


今回は、ちょっと遅めの秋のテストシリーズと言う事で、香港、UAE、ジンバブエ、ベルギーの4チームでカップを争う大会。
昨年に引き続き、2年目の大会開催。

到着すると翌日がテストマッチと言う事で、ミーティングやらコンディショニングトレーニングやら。

Taiz

2012年12月16日

EACONカップ!

G'Day mate!

NCg9ZSf2F-hHrdEFvwGPjGG7NXzE0dPVCTts9cqVN3Y.jpeg

ドバイに到着して、翌日はテストマッチのレフリー担当。
朝、少し動き、お昼は少し休息。
キックオフは夕方4時と6時と言う事で、2時にホテルをチェックアウト。
ホテルからザ・セブンズスタジアムは40分くらいの距離にあり、交通渋滞に巻き込まれると1時間くらいになってしまう可能性もある。
Taizは6時キックオフの試合を担当。


qWPtXouGRDPJiGwuyrP05kUi1b2RIRigctv5nL2eHzo.jpeg

香港代表 22−7 ジンバブエ代表

YKNvbYobVZGheBY7URbqUs1SLQCigF1oh2-bjw5FxuI.jpeg

試合は、予想通りにフィジカルなジンバブエに対して香港代表がボールを散らして対抗して行く格好に。
お互いに意地の張り合いゲームで前半を香港6−7ジンバブエで折り返した。
ジンバブエはオフサイドとゲートの反則、香港はアシストタックラーの反則と傾向があり、後半は少しペナルティキック合戦に。
ジンバブエは試合で5度のペナルティゴールを外し得点機会を失い続けて、残り時間のプレッシャーでアタックオプションが削られて行った。


cBXEpF355Dcy0V-IYk61g69Hu5gl3YlEZTtXG4MmQCI.jpeg


香港はノンキャップ選手を9名採用し、セブンズ代表のレギュラー選手は遠征せず。
2015年ワールドカップ予選を見越した若手起用で大きなアフリカの選手に対して勝利できた事は、大きな自身になるだろうと思う。

Eoq2MQWWTr2whuFeEksKcCV9IG06vYUkjs8Uj1Rsk7Q.jpeg


6時キックオフは涼しい感じだったけど試合が終われば汗だくに。流石に砂漠の気候、危険である。

IzBRia3RMLVCuwS_xnvs0mp_WYA8c5kdyP7tLAV78lQ.jpeg

Taiz

124階!

G'Day mate!

一緒にドバイに来ているルーマニアレフリー。
ブルジュカリファに上りたいと言う事で、予約して行く事に。

「人はなぜ高いところに昇りたがるのか。」

DSC_4938.jpg


Taizには全く高い所が興味ない。。
色々な考え方があるが、Taizにはどうでもいい。
なぜなら高い所が苦手だから。。

DSC_4901.jpg

小さい頃、良くおばあちゃんの家の木に登って遊んでいた。
そのおもしろさは今考えると、木に登るにはテクニックが必要だし練習も必要。友達よりも高いところに登れるという事は、技術が優れていたり勇気があると言う事を示す。
小さい頃に、テレビでトムソーヤの冒険をやっていた時には、トムソーヤ気分になったりハックルベリーフィンの気分になったりしたもの。

DSC_4926.jpg

ルーマニアのレフリーにも質問してみた。


「なぜ高いところに昇りたがるのか。」

DSC_4947.jpg

結局の所は、お金を払ってまで人のエゴで作った大きな建物に登る事について、”ノーリーズン”であった事。
答えがないと言うのも立派な答えだなぁと思った。

破綻しかけたり企画倒れになりながらもこの828mドバイタワーを作ったエゴの固まりの業者やデザイナーにカリファさんも、結局のところはノーリーズンで、そしてここに多額のお金を払ってまでやってくるノーリーズンの人々で、上手くビジネスモデルがなりたっている。

潜在的な本能なのか、人為的な戦略的な魅力にひかれてなのか、世界中から多くの人が集まって止まない。

自分もノーリーズンの誰かのロマンにお金を払って訪れた一人になったという事。


DSC_4924.jpg

これから行ってみる方には、インターネットでの事前予約をオススメ。
インターネットで予約すれば100ディラハム(約2500円)だけど、当日の現地では400ディラハムと意味の分からない4倍価格の当日価格。

Taiz

EACON第2戦!

G'Day mate!


第2戦目は、アジア対決のレフリーを担当。
ホスト協会のUAEv香港の対決。

dJz1Lvm7zaEG2eiNkBmlIIMpZ6_kRH9nbKJeK6YP1AQ.jpeg


UAEが大健闘。
デフェンスも素晴らしく、得点機会も自力で作り出していた。スクラムも香港を圧倒する場面が多く、しまった内容になった。

f6MhthZJRiPS0A8pzLOHJLELo9i8PMcf3CZiLnR1I6Q.jpeg

香港 53−6 UAE

ただし、最大のUAEの欠点はフィットネス。。。エックスパッツと呼ばれる自国で生まれた選手ではない国外からの移住組み。
しかも、シーズン中との事もあり、ドバイの大会で一番強いドラゴンズが代表選手を出さないという始末。

ubZPwWby17VYgTBs5bFjPn5Ehg0K_qKHcNZZnJtvtkY.jpeg

そんな状況でも必死に香港のテンポのある攻撃に必死にくらいつき、一生懸命ディフェンスをし続けるUAE代表にはとても好感が持てた。


DSC_5026.jpg


春のアジア5カ国対抗では、試合が前半早々からブロークンゲームになってしまい、スコアも大きく離れてしまいとても残念な試合だったが、スコアが随分縮まり自信がつく内容になったようでとても良かった。

Taiz

2012年12月17日

色んな所でミーティング!

G'Day mate!

DSC_5011.jpg

試合日の合間には、ビデオレビューやセルフリフレクション、コンディショニング、1オン1のレフリーコーチング、次の試合へのミーティングと盛りだくさん。

DSC_5003.jpg

ホテルには一緒にジンバブエチームとベルギーチームが宿泊。
試合ではエモーショナルになる部分も多く、特にジンバブエコーチの1人が香港レフリーに対しての態度が極度に悪い事もあり、出来るだけホテルの外でミーティングをする事に。

DSC_5029.jpg

今回のレフリーマネージャーのアランが住むアブダビ近くのアルアインラグビークラブのクラブハウスでミーティングがあったり、ドバイで一番高い岩山の上にあるホテルでミーティングがあったりと、いつもの大会ではなかなかない様なロケーションでのミーティング。


DSC_5040.jpg


ミーティングの合間にランチが出来たり、ティーブレイクでちょっと休憩出来たりと、一石二鳥だったり。

DSC_5063.jpg

そういうやり方もありだなぁと。

別にお金が特別かかる訳ではなく、ラグビーにまつわるイイところに連れて行ってもらえて、そういうやり方も日本で出来るかな。


DSC_5062.jpg


夜ご飯では、Taizのリクエストに答えてくれて、いつも行っているラグビーレストランへ。

DSC_4972.jpg

ミーティングの回数は多いけど、それなりにエンジョイしながらと言う事で。

DSC_4974.jpg

Taiz

2012年12月20日

ドバイ、また次回!

G'Day mate!


ドバイの最終日は、アシスタントレフリーを2試合連続で担当。

ジンバブエはUAEを倒し、ベルギーは香港を倒し、今回のEACONカップは3勝したベルギーがカップを勝ち取った。

TH.jpg

@UAE協会のチェアマンと。

試合が終わると、そのままスタジアムでアフターマッチファンクション。

そして、スタジアムからホテルへ帰り、マッチオフィシャルでの反省会。

DSC_5077.jpg

DSC_5078.jpg

@約150万円もするラクダの置物。。空港でどうやって買って持って帰るんだ!?


そのままの流れで、ドバイ空港へ移動し、深夜2時50分便に飛び乗り、今回の遠征は無事に終了。

帰りの便もエミレーツ航空のA380。
2階建てで超デカイ。。

DSC_5081.jpg

遠征前には少しくらいゆっくり出来るかなと期待していたけど、毎日忙しなくしていたドバイ遠征だった。
日本にいてもドバイにいても師走って激動に時間が過ぎてしまうのね。

IMG_20121209_204729.jpg

@チョコレートのブルジュカリファ。タダでチョコレート頂いちゃいました。あざます。

Taiz

マンデーミーティング最後!

G'Day mate!

灼熱ドバイから帰国すると日本はこの2週間でグッと寒くなってた。。
10時間のフライトで無事に時間通りに到着。
リムジンバスに乗ろうと時間を調べると、まだ30分以上あり。
ちょっと余裕かなと思ったら、バンクーバーからの飛行機が遅れたせいで、手荷物が順番待ちに。。。ちょっと何をやってくれているんだバンクーバー。。。

と、結局バスに乗れず、苦労して自宅に帰る事に。。
時間かかった。。

DSC_5105.jpg

@クリスマス近し、プレゼント交換会。


翌日は、2012年最後のマンデーミーティング。

大学選手権の話やトップリーグの神戸v東芝戦のルーリングやレフリングのディスカッションが主に。

今では学生レフリーたちも多く、彼らを受け入れて育成していく雰囲気の出来てきた関東マンデーレフリーミーティング。
毎週のディスカッションや、簡単なワークショップでの知識の積み上げやスキルの情報共有は、とっても大きな実力として身に付く事だろう。
これは皆が積極的に”コミットメント”しているからであり、この”コミットメント”というのがトップレフリーを目指す上でも、トップレフリーになった時にもとても重要。

IMG_20121217_221218.jpg

@プレゼントはかなり豪華。

レフリー活動って、吹きたい試合だけや目標にしているステージだけで活動するものではない。

オン/オフのコミットメント、仲間とのコミットメント、先輩や後輩としてのラガーらしいコミットメント、トップレベルだろうがグラスルーツだろうがレベルを越えてのコミットメント、そういう様々なコミットメントがあって、レフリー活動。

関東協会(CLEAN活動)、マンデーミーティングでは特にそういう事を大事に言い続けた2012年だった。

DSC_5106.jpg

@高級なサングラスをプレゼントした猛者も。

年末は、しばしのブレイク。

年末に見た色んな試合で色んな疑問や質問を溜め込んでいるだろうから、また来年始まるマンデーミーティングも白熱しそう。

皆さん、モツカレー。


Taiz

2012年12月24日

イタリアサッカー協会より!

G'Day mate!

ぐっと寒くなって来た。。

先週までドバイで半袖&半ズボンだったのが遠い昔の話みたい。。

週の平日には、7人制女子日本代表の練習試合がある予定だったけど急遽中止。
走って走って、ビデオスカウティングして、ゲームプラン立てて、チームオブスリーと連絡取り合ってと、試合準備にいそしんだ。

もう、クリスマスまでもうすぐ。

シーズン中は全然実感ないけど、こういう季節ごとの行事は出来るだけ大事にしたいんだよね。

と、友人達からメールで暮れの元気なご挨拶が次々と。

image001.jpg

イタリアサッカー協会のイタリア代表チームスタッフの友人からも毎年のクリスマスカード。

ぐっと熱くなる。

そんなイタリア代表とドイツ代表をこよなく愛する僕でした。

Taiz

2012年12月25日

皆にメリクリ来ますように!

G'day mate!

メリークリスマスと言う事で。

484965_10152289399575641_235925355_n.jpg


だんだんとクリスマス商戦が前倒しになっているので、街のクリスマス関係の装飾品を観ても、なんだかワクワク感が少なく実感がない。こういう正しいタイミングで季節を感じない感覚になってしまう事にちょっとだけネガティブに考えてるTaiz。
でも、家の近所の焼き鳥屋さんの本店の前でクリスマス用のチキンの大売り。
これを見たとき、始めて季節感があった。
ここのお店は前倒ししないで、その日の勝負。

そうそう、そのタイミングだよね。やっぱり。

今年のクリスマスイブは、超寒いと感じた。
街のビルの谷間は、顔が痛くなるほど寒すぎ。。


IMG_20121225_080949.jpg


今年は、クリスマス関係や年末関係の会を、出来るだけ入れないようにしている。
狙いはシーズン中のコンディショニング。この時期のこの差がどこかで現れると、心のどこかで信じながら。

全ての子ども達、そして大人になっても子どもの気持ちを忘れない皆にメリクリが来ます様に。


DSC_5184.jpg


Taiz

2012年12月27日

8割ラグビー!

G'Day mate!

クリスマスはどう過ごしてましたか??

Taizは8割ラグビーやってました。

イブも千葉のおじさまとたくさんのラグビーレフリートーク。


DSC_5265.jpg


@東京は快晴だけど激寒。。。。

大学もトップリーグも試合数が多いから、試合を見て行くだけでも物理的に時間が必要。
年末にトップレフリー研修会もあるので、その準備もしながらしっかりとイメージ作って行く。

シーズン中の作業とは、自分のパフォーマンス確認や準備もそうだけど、全体的に各カテゴリーの試合や傾向は把握しておく事が重要になってくる。レフリーやその他からの問い合わせやディスカッションがあるので、その時にはある程度答えは持って待っておく。

シーズン中には、いろんな事が起こるし、傾向を把握しながら解決して行く、大きな全体的なものであれば、シーズンが終わった後に、レフリー仲間やチーム関係者と議論を重ねて皆で解決していくプロセスに乗せて行く。

傾向からポイントを絞って、色んなバランスを考えながら皆で日本ラグビーを前進させて行くという毎年同じ不断の努力。

DSC_5258.jpg


@千葉のおじさまは甘いものを美味しそうに。


日頃、四六時中、ラグビーレフリーの事ばーっかり考えているから、ピーン!とひらめく事も多々ある。
このひらめき=インスパイアが大事。小さなヒラメキの一瞬の裏にある何百時間。
自分はこういう役割。

もうちょっと時間が欲しいー。

なんで師走は時間の経過が早いのだ!?

Taiz

2012年12月31日

東芝vリコー!

G'Day mate!

久しぶりに東芝グランドへ。

天気は薄暗く、超寒い。。


DSC_5570.jpg


東芝とリコーの練習試合のアシスタントレフリー担当へ。
お互いに一歩も引かない展開で、1点差の僅差をリコーが制した。
リコーのブレイクダウンのアグレッシブさは良かった。

東芝は、ベイツ/ウスズキ/森田/伊藤、リコーはオリフィエ/湯浅/津田/横山ツインズと、公式戦にバリバリ出ている選手たちも多く出て、ゲームクオリティはなかなかあった。


IMG_20121228_235911.jpg

試合の後に、本当に感心した事。

日本代表キャプテンの広瀬選手を含めて、みんなでクラブハウスの大掃除をしていた。
隅々までキレイに磨き上げていた。
ジョンさんもホウキを持って忙しそうにしてた。

企業スポーツの価値を目の前で見られて嬉しい気分に。


DSC_5572.jpg


そうか、世間は仕事納めか。
うーん、季節感がない。。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ