aspotaトップサイトマップ

« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月 アーカイブ

2013年01月04日

暮れの元気な研修会!

G'Day mate!

年末は大阪だった。

IMG_20121229_222808.jpg

土曜日にキャノンのグランドに行き、アシスタントレフリーを担当。
クボタとの対戦だったが、クボタは完全に一本目が出て来たと言う事もあり、終始クボタがゲームを支配した。
クボタはチームとしての総合力が上がって来ていて、シーズンでも関東トップイーストの厳しい試合をこなして来ているので、かなり強さと層の厚さにオプションの数が増して来ている仕上がり。

DSC_5616.jpg


@宮崎ラグビースクールの後輩がんばれ!

そして日曜日は始発の電車に乗り、大阪移動。
雨の花園まで一気に向かい、午前中には花園ラグビー場へ到着。
数名のレフリーのサポートをし、新大阪のホテルへ移動。


DSC_5694.jpg

トップリーグ関連の打ち合わせ、これから始まる全国大会主要試合に向けてのミーティングと言う事で、かなり良いディスカッションが出来た。


DSC_5697.jpg


@原田兄、しきりありがとう御座いました!

月曜日の大晦日は、やっとの事で今年中に自宅に帰り着いた。

本当に振り返ると、またまた素晴らしい2012年だった。
ラグビーやっていると12-13シーズンなので、心のどこかでは「まだシーズンをリセットしてはいけない」と思いながらも、きちんと節目を感じておく事は重要と言う事で。


DSC_5703.jpg


@グループの風邪気味ホビットさん。この人は流行に乗ってますw


まだまだシーズン中。
これから加速ギア入れます。

Taiz

2013年!

G'Day mate!

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。


DSC_5737.jpg

@流行るかなぁー。

今年は巳のへび年。
皆さんいろいろな思いで今年を過ごされるのでしょう。一つでも多くポジティブな事が起こるように願います。

去年にも勝るファンタスティックな1年になりますように。

Taiz

2013年01月06日

ガンタン・スタイル!

G'Day mate!


DSC_5729.jpg

大晦日の残り30分くらいでなんとか自宅に戻る事が出来て、超テレビッ子のTaizは即効でテレビをつける。

DSC_5728.jpg


ガキの使いを見ながら大笑いし、時間が変わる頃には、恒例の「チャンネル・シャッフル」。

1年が変わる節目を強調するテレビ局、全く無視のテレビ局。
後者のテレビ局の意図は全く理解出来ないけど、なにかしらの理由があるのだろうなぁ。


DSC_5731.jpg


テレ東のオーケストラ、NHKの清水寺。
この2局は、一年が変わる節目で複雑な気持ちになる。もちろんいい気持ち。

ガキの使いも、いつの間にかお正月番組として慣れてきた。

DSC_5734.jpg

テレビ埼玉は、ちょっと地元だけに流石!と思うと言うか、何をやってるんだよぉ!と思うと言うか、なんかお正月じゃなくても良い様な気がする映画を。。。

アゴが外れそうになったのは、TOKYO MXテレビ。。
スナックのママのカラオケ大会やってた。。
しかも、かなり真剣に。。。

DSC_5735.jpg

毎年、元旦のテレビ番組は色々あって、1チャンネルだけをずっと見る事はあり得ない。
テレビの前にいる時は、リモコンを片手に、常にチャンネルをシャッフル。
これがガンタンのスタイル。

今年の最強はMXテレビに決定。

Taiz

大学選手権12−13 準決勝!

G'day mate!

2013年のジャパンラグビーキックオフは、大学ラグビーからのキックオフ。

全国大学選手権大会の準決勝が国立競技場で行われた。

Taizは、準決勝の割り当てはなく、最後の試合のレフリー割り当てが入っている為、スカウティング目的に国立競技場へ足を運んだ。

DSC_5823.jpg

帝京が早稲田を圧倒し、筑波が東海に刺し勝つゲーム展開となり、決勝カードは帝京大学v筑波大学となった。

この2チームは、プレースタイルが違うので、決勝の当日のコンディションにどちらがどうマッチングして行くのか、色々と参考になった。

この日の国立競技場は、強い風が吹いていて、太陽もバッチリと出ていた。
キックオフのトスからの攻防。
試合の流れからのプレーオプション選択の変更。

こういう部分がゲームのアヤになっていた。


DSC_5821.jpg

@使用も残り回数わずか。国立競技場レフリールーム。

学生ならではのレフリングの難しい局面もあり、こちらもピリッとなった。
やはり現地で試合を見られて、実際にレフリングしたレフリー達の言葉を試合前/後と聞く事が出来たのは価値がある。

この大会はトーナメント方式。

マッチオフィシャルも、大会全体を通じてビルドアップしていく。
大学選手権もあと1試合のみ。

DSC_5827.jpg

@新年早々、目の前にあったモミアゲ。


レフリー、アシスタントレフリーのグランドに立てる3人はしっかりと意識して積極的に士気を挙げて行こう。

Taiz

2013年01月07日

劇的ライスボウル!

G'Day mate!

毎年恒例のアメリカンフットボール選手権決勝に今年も行く事が出来た。

大山さんに声をかけてもらって、東京ドーム集合。


DSC_5881.jpg

試合は、途中は中だるみしながらも、終盤にとんでもない展開に。
関学がタッチダウンを取った所で、一気に会場の雰囲気が変化。
試合時間が残り2分を切った部分で、まだ関学ボール。。

1357223572065.jpg


4thダウンだった関学が、策に溺れたような中途半端なパントキック。
これでも、この時にはまだほぼ100%関学が勝利する展開だけど、心理的に揺るんでしまった。。。
オービックからすると、残り時間で50ヤード以上あるフィールドをギャンブルしながらゲインしないといけないので、オプションは限られているはず。
なのに、あれよあれよと関学はブレイクを許してしまい、1インチ前でのセット。
これがもっと心理的に揺さぶってしまった。

この瞬間には、会場の雰囲気はオービック寄り。オービックサポーターは、”もう負けた”と諦めた気持ちはいつの間にか”行けるかも?”と信じ始め、関学サポーターは、”勝った”と思っていた気持ちはいつの間にか”あ、行かれるかも?”と揺らぎ始めてたと思う。

奇跡の大逆転が必然であったかのようにオービックが大逆転。


DSC_5884.jpg

@良く食べる旦那、初登場。


新年早々に良いものを見せてもらった。

今年も良いスタート。

Taiz

2013年01月10日

トップリーグ最終節!

G'Day mate!


トップリーグはいよいよレギュラーシーズンが終了。

最終ラウンドは京都だった。
関西は、早朝はマイナス2℃になるほどとっても寒かった。


DSC_5991.jpg


京都は、本当に久しぶりとなるので、嬉しかった。
試合当日の朝に、京都御所を訪問。
新年の抱負を持って初詣をかねて、周辺の神社も訪問。

いのしし神社では、身近な足腰の調子が悪い人たちのお参りをし、菅原さんでは牛をなでてきた。

IMG_20130106_110616.jpg


試合は、最初のプレーから3分強のインプレーと、継続プレーがテンポとスピードを持って激しく起こった。早いテンポとブレイクダウンの激しい争奪プレーからのターンオーバー。そのターンオーバーからの激しい仕掛けと、ゲームが動く局面の多い試合内容となった。

試合結果は、

トヨタ 31−24 NTTドコモ


A_7fBM-CYAANcZm.jpg-large.jpeg

@ハイパフォーマンス中の写真。ありがとー、しょーたろー。


ドコモとしては、13位を死守してトップリーグを最下位で終わらない、良いプレーをして強いチームに勝つと言う事を目標にしていたようだ。
31−21と10点差につけられた後、試合終了間際に怒濤の攻撃でトヨタ陣深く入り、ペナルティを得た。その判断は、ペナルティゴール。そのゴールをハミッシュ・ガードがしっかりと決め、7点差以内のボーナスポイント1獲得。

このボーナスポイント1が大きなボーナスポイントとなり、13位を死守出来た。

実は、当日、最下位のサニックスもNECとの試合をしており、サニックスがポイントを取っていたので、ドコモは、このボーナスポイントを取れるのと取れないのは大きな違いだったようだ。


DSC_6028.jpg

@幸せの白いいのしし。特別にお願いして、ある人のお守りを祈願して頂きました。護王神社の方々、ご協力ありがとうございました!


ドコモは、チャップマンやムリアイナを欠きながらも13位の位置とは思えない強いチーム。
これからドコモとサニックスは入れ替え戦に進む。

トヨタは、ワイルドカードに進み、また厳しい試合が続く。

両チーム共に怪我のないように良いコンディショニングで試合に挑んで欲しいと思う。

そんなコメントをアフターマッチファンクションで述べ、トップリーグのレギュラーシーズンを無事に終了した。

DSC_5953.jpg

最終順位はこちら

1位  サントリー
2位  東芝
3位  パナソニック
4位  神戸製鋼
5位  トヨタ自動車
6位  ヤマハ発動機
7位  近鉄
8位  NEC
9位  NTTコム
10位 リコー
11位 キヤノン
12位 九州電力
13位 NTTドコモ
14位 サニックス


Taiz

2013年01月12日

高校大会決勝!

G'day mate!

全国高校大会決勝は、大阪常翔学園が大阪工大高校の頃から久しぶりの優勝ということになった。

7割もテリトリーで支配し、ボールポゼッションも6割以上が常翔。しかし、点数にはその支配の差は表れないゲーム様相をしていた。

2012年は、春の全国高校選抜の準決勝をレフリーさせてもらえるチャンスが転がり込んできたので、その試合では一生懸命にプレーヤーに立ってプレーをさせるメッセージを打ち続けた。
そういうこともあり、全国高校大会期間中には、いかに立ってプレーできるか、コンテストが起こりうる様相になるか、という部分にとても強く興味を持って見ていた。


決勝でのブレイクダウンターンオーバーの数は、最後のノットリリースザボールのペナルティを含めて4回。
もっと立ってプレーしていれば、タックル後の次のコンテストに行けたようなもったいないフェーズがあったように思うが、だんだんとブレイクダウンの倒れている選手たちの様相に順応して行き、コンテストをだんだんと止めていっていた。

IMG_20130107_112125.jpg

@関係ないけど、本土では製造を止めたウォンカチョコレート。

「この選手たちはもっと出来るんじゃないか?」とそのポテンシャルを想像しながら見ていた。ひたむきに身体を張ってタックルし続けられる御所、点数がビハインドでもボディラングエッジに自信が見える常翔。

マッチオフィシャルは、レフリーの松岡さんが中学教諭、アシスタントレフリーが、高校と小学校の先生。

グランドに立った選手とマッチオフィシャル全ての人たちのこれから長い人生での大きな思い出となる決勝になったと思う。

今年もユース普及に素晴らしい大会になった。

Taiz

明日1時は大学決勝!

G'Day mate!

全国大学選手権大会は、明日1時に決勝を迎える。

前人未到の4連覇 = 帝京大学

初の国立大学が制覇 = 筑波大学

DSC_6074.jpg

@とおるさん、ありがとう。

双方のチームには、シニアからユースまでの多くの日本代表レベルの選手がいる。

どれほどのフィジカリティを表現する事が出来るのか。
どれほどの連携プレーをスピーディーに出来るか。
どれほどのビッグプレーが出るか。

キックオフ
1月13日(日)13:00
場所:国立競技場

レフリーは、紺色ジャージ着用。

Taiz

2013年01月15日

全国大学選手権決勝!

G'Day mate!


全国大学選手権大会
決勝

帝京大学 39−22 筑波大学


IMG_3222.JPG


試合前から各メディアもこぞって報道した今年の大学選手権決勝。
4連覇のかかった帝京大学と国立大学として初めての優勝がかかった筑波大学の試合となった。


IMG_3104.JPG

色々と試合の面白みが詰まった決勝。

ディフェンディングチャンピオンである帝京大学が死守したいタイトルに挑む筑波大学。
そして、
対抗戦で勝っている筑波大学にリベンジで挑む帝京大学。

IMG_180.JPG


チャンピオンでありながらのチャレンジャー。
一度勝っている相手により貪欲に戦おうとするチャレンジャー。

「支配文化の衝撃」か「自律文化の創意工夫」か。

本当にわくわくする80分だった。


IMG_3119.JPG


今回の決勝は、まぎれも無い強さとスキルの高さ、そして素晴らしいラグビーの”戦い方”を披露した帝京大学が、4連覇という偉業と共に優勝してノーサイドとなった。

1回目優勝、2回目優勝のあたりまでは、世間からの風当たりも強く、ルールが悪いとかラグビーの戦い方が王者らしくないと、一般やメディアから多くの厳しい意見があった。ルールが変われば多くのチームが勝てる等々の意見が流れていたが、そのブレイクダウンのルールも今では変更済み。その変化にもしっかり対応した帝京は更なる強さとスタイルを示して圧倒した。


IMG_52.JPG


今回の試合では、

立ってプレーをする
速いプレースピード
コンテストの推奨をする


事をレフリングでしっかりと示すべく準備をした。
また詳しくビデオ分析して行くが、テンポがあり立ってプレーする事での素晴らしい展開プレーや、立ってプレーしブレイクダウンコンテストする事でのプレーの切り返しからのトライが多く生まれ、とてもポジティブで両チームが擁するジャパンの選手たちの将来にもつながるプレーが多く見られるゲーム様相だったと思う。


IMG_3139.JPG

筑波の選手も彦坂兄弟のビッグプレーやSH内田のゴールラインぎりぎりのトライを間近で見られて、筑波も良いプレーを連発していた。

IMG_57.JPG

アフターマッチファンクションでは、両チームに対して、学生が社会人に歯が立たない時期が続いているので、是非、社会人チームを一泡吹かせて欲しい、それが充分に出来る力があるとエールを送った。

IMG_164.JPG


もう何試合もない現在の国立競技場で、本当に良い天気で素晴らしいプレーを魅せてくれた両校へ感謝。

IMG_387.JPG

@37さん、あけおめ。これからシーズン佳境でっせ。


Taiz

2013年01月19日

雪すぎる!

G'Day mate!

週の頭にどか雪の関東地方。

とんでもない1日を過ごしてた。。

高校生の試合をレフリーしに、朝早くから千葉を目指した。
朝はひどい雨だったんだけど、試合中止になったとたんにすごい雪。。


DSC_6206.jpg

アンビリバボー。

それで、千葉から帰るのに時間がかかったかかった。。
電車アウト、藤さんの車で電車が走ってるところまで送ってもらうも、時速20キロじゃぁとんでもなく時間かかる。。


DSC_6198.jpg


いっぱい事故ってる車いました。

Taizo

ゴアテックスシューズ!

G'day mate!

この雪の数日間、またも大活躍したのが、アシックスのゴアテックスシューズ。
ランニングも出来るので凄くいい。

DSC_6208.jpg

結構、真冬でも真夏用の通気性と体温を逃がす機能のトレーニングシューズ履いている方たち多いよね。
七不思議。

Taiz

2013年01月21日

千葉県高校新人大会!

G'Day mate!


佐倉高校 33−24 幕張中央高校

先週は、千葉県の高校新人大会1回戦の試合をレフリー担当してきた。
まだまだ身体も出来上がっていない、スキルも発展途上、ポテンシャルの固まりの選手達と一緒にグランドを駆け回って来た。


DSC_6311.jpg

八幡グランドの素晴らしい人工芝のグランドでの試合。

千葉県の先生達が調整して生徒達に良い環境でラグビーさせてあげようと言う熱い気持ちが良く伝わる。

立ってプレーをする事
速いプレーを目指す事

のメッセージを伝えて帰って来た。

どこに将来のジャパンがいるか分からない。
今日出会った子ども達の中にも、将来のトップリーグ選手やジャパンの選手がいるかも。

DSC_6313.jpg

@お弁当いただきました。あざます。

Taiz

2013年01月22日

チャレンジマッチ!

G'Day mate!

トップリーグチャレンジマッチ終了!

ジャパントップリーグ13−14の自動昇格組は、

コカコーラレッドスパークス
クボタスピアーズ

の2チームに決定。


IMG_20130120_155848.jpg

Taizは、この日1試合目の試合をレフリー担当した。
水曜日から色々とフライトやホテル、九州協会のマッチオフィシャルと連絡を取り合い準備をした。事前の天気予報によると博多はとても寒く、雪の可能性もあると言う事だった。当日になるといつもの冷たい風もない快晴のレベルファイブスタジアムだった。

ホテルの付近までアシスタントレフリーのスケさんに迎えに来てもらい、スタジアムへ。

DSC_6365.jpg

@車のドアを思い切りぶつけてスマソ。。。


グランドは本当に綺麗な芝生で走り回るにはもってこいのコンディションだった。
両試合ともに、走り回る展開の試合となった。


BBIx8GvCEAETw1G.jpg-large.jpeg

クボタスピアーズ 40−17 三菱重工相模原ダイナボアーズ

コカコーラレッドスパークス 73−49 豊田自動織機シャトルズ


BBIyLzMCQAA4gL-.jpg-large.jpeg


クボタも三菱もスゴイ選手達を擁し、その選手達が期待どおりにパフォーマンスした。
カート・モラス、マプスア、トム・ドネリー、シェーン・ウイリアムズと、やはりワールドカップトップ8でプレー出来る選手達の集中力とプレーの実力はハンパない。

ブリティッシュライオンズのシェーンは、本当に凄すぎて華麗。
彼の華麗なレベルのプレーと素晴らしい態度を観ていると、それこそ日本人の小さな選手達も「彼みたいになりたい!」「彼みたいになれるかも!」とイメージ出来てしまう。
偉大な選手が日本によくぞ来てくれたものだと思った。


BBIyhSPCYAIgNt1.jpg-large.jpeg

これから三菱重工はNTTドコモと、豊田自動織機はサニックスと入れ替え戦に入る。


BBIxs9tCcAA0HU8.jpg-large.jpeg


両チームともまだトップリーグに復帰するチャンスは大きい。


BBIx1vACYAAYmZv.jpg-large.jpeg

シビアな試合がこれからも続く、良いコンディショニングで。


IMG_20130120_225818.jpg

@おい、分かってるだろうなぁ!  

Taiz

2013年01月24日

世界美食フリーツアー No.65!

G'Day mate!

博多のハナマル厨房にて。

目指すは”トルコライス”。

とんでもなかった。

IMG_20130120_004606.jpg


どん!って置かれた大きな皿。
その皿に乗っているのは、

チキンライス
カツカレー
ナポリタンスパゲティ

DSC_6361.jpg

ぜーんぶ炭水化物という、超危険なプレート。

普通のカレーもとんでもないサイズ。
携帯電話と並べるとアンビリーバボー。

DSC_6359.jpg


また行きたくなった。

味もはなまるっ!!


HANAMARU厨房

住所:福岡市中央区春吉2−2−5
電話:090−762−8280
営業時間: 月〜金 11:30〜朝5:00くらい
      土   12:30〜朝2:00くらい
      日 定休日

DSC_6356.jpg

Taiz

2013年01月26日

緑の山手線!

G'Day mate!


山手線50周年記念。

真緑の山手線。


DSC_6498.jpg


やっと、ちゃんと写真撮る事が出来たー。
あんまり乗り物オタクではないんだけど。。どっちかと言うとあまり興味がない方と言っても良いんだけど。何だか嬉しい。

ラッキー。


DSC_6497.jpg


DSC_6495.jpg


Taiz

2013年01月30日

トップリーグプレーオフ決勝!

G'Day mate!

ジャパントップリーグプレーオフ

決勝

サントリーサンゴリアス 19ー3 東芝ブレイブルーパス

壮絶な肉弾戦だった。
よく怪我しないものだと両チームの選手達に感心。気持ちが入った人間はこれほどにも強いものかと思った。


BBoh9MoCYAA_bnx.jpg-large.jpeg


ジョージ・スミス、真壁、ニコラス、大野均、ベイツ、リーチ、仙波、伊藤、広瀬、豊田と、クラッシュする両チームの選手を、ガッチリとダブルタックルで止め合うシーンが何度あった事だろうか。


BBnaSiUCYAA_UDn.jpg-large.jpeg


試合では、速いラグビーと激しいコンテストの起こる様相の試合にして行こうと挑んだ。

試合前から両チームと良くコミュニケーションを取り、高い規律を求めて、トップリーグファイナリストにふさわしい態度をお願いして行った。両チームともに、不用意なアピールや、ナンセンスな態度は無く、終始試合に集中していた。

ゲームを細かく見て行くと、特に前半は東芝の方がブレイクダウンターンオーバーの数は多く、ボールリサイクルスピードもサントリーよりも速かった。やはりテリトリーが取れなかった事や、ボールポゼッションの時間が短く、3点追加が出来る場面での追加が出来なかった事が、よりサントリーをチャレンジングにさせてしまったと思う。

リーチが早めに入って来て、ラインブレイクのオプションが増えると、ゲームの様相も変わったかも知れないなぁ。


2CA4I.jpeg

この両チーム、何回やっても最後の10分までどちらが勝つか分からないゲームになると思う。
東芝は得点では負けたけど、セットプレーとフィジカルコンテストでは自信になった決勝になったと思う。日本選手権は、このチームの悔しさがまた倍返しでやって来そうな気がする。

とにかく凄すぎるジョージ・スミスに真っ向から勝負するのは誰なのか、日本選手権が楽しみ。

10周年記念のトップリーグ決勝。
レフリーとして担当させて頂いた事を光栄に思い、こんなに激しい試合を繰り広げた両チーム、サポートしてくれている協会と委員会、大勢のマッチオフィシャルの仲間に感謝。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ