« 明日1時は大学決勝! | メイン | 雪すぎる! »

全国大学選手権決勝!

G'Day mate!


全国大学選手権大会
決勝

帝京大学 39−22 筑波大学


IMG_3222.JPG


試合前から各メディアもこぞって報道した今年の大学選手権決勝。
4連覇のかかった帝京大学と国立大学として初めての優勝がかかった筑波大学の試合となった。


IMG_3104.JPG

色々と試合の面白みが詰まった決勝。

ディフェンディングチャンピオンである帝京大学が死守したいタイトルに挑む筑波大学。
そして、
対抗戦で勝っている筑波大学にリベンジで挑む帝京大学。

IMG_180.JPG


チャンピオンでありながらのチャレンジャー。
一度勝っている相手により貪欲に戦おうとするチャレンジャー。

「支配文化の衝撃」か「自律文化の創意工夫」か。

本当にわくわくする80分だった。


IMG_3119.JPG


今回の決勝は、まぎれも無い強さとスキルの高さ、そして素晴らしいラグビーの”戦い方”を披露した帝京大学が、4連覇という偉業と共に優勝してノーサイドとなった。

1回目優勝、2回目優勝のあたりまでは、世間からの風当たりも強く、ルールが悪いとかラグビーの戦い方が王者らしくないと、一般やメディアから多くの厳しい意見があった。ルールが変われば多くのチームが勝てる等々の意見が流れていたが、そのブレイクダウンのルールも今では変更済み。その変化にもしっかり対応した帝京は更なる強さとスタイルを示して圧倒した。


IMG_52.JPG


今回の試合では、

立ってプレーをする
速いプレースピード
コンテストの推奨をする


事をレフリングでしっかりと示すべく準備をした。
また詳しくビデオ分析して行くが、テンポがあり立ってプレーする事での素晴らしい展開プレーや、立ってプレーしブレイクダウンコンテストする事でのプレーの切り返しからのトライが多く生まれ、とてもポジティブで両チームが擁するジャパンの選手たちの将来にもつながるプレーが多く見られるゲーム様相だったと思う。


IMG_3139.JPG

筑波の選手も彦坂兄弟のビッグプレーやSH内田のゴールラインぎりぎりのトライを間近で見られて、筑波も良いプレーを連発していた。

IMG_57.JPG

アフターマッチファンクションでは、両チームに対して、学生が社会人に歯が立たない時期が続いているので、是非、社会人チームを一泡吹かせて欲しい、それが充分に出来る力があるとエールを送った。

IMG_164.JPG


もう何試合もない現在の国立競技場で、本当に良い天気で素晴らしいプレーを魅せてくれた両校へ感謝。

IMG_387.JPG

@37さん、あけおめ。これからシーズン佳境でっせ。


Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ