« 緑の山手線! | メイン | トップリーグアワード! »

トップリーグプレーオフ決勝!

G'Day mate!

ジャパントップリーグプレーオフ

決勝

サントリーサンゴリアス 19ー3 東芝ブレイブルーパス

壮絶な肉弾戦だった。
よく怪我しないものだと両チームの選手達に感心。気持ちが入った人間はこれほどにも強いものかと思った。


BBoh9MoCYAA_bnx.jpg-large.jpeg


ジョージ・スミス、真壁、ニコラス、大野均、ベイツ、リーチ、仙波、伊藤、広瀬、豊田と、クラッシュする両チームの選手を、ガッチリとダブルタックルで止め合うシーンが何度あった事だろうか。


BBnaSiUCYAA_UDn.jpg-large.jpeg


試合では、速いラグビーと激しいコンテストの起こる様相の試合にして行こうと挑んだ。

試合前から両チームと良くコミュニケーションを取り、高い規律を求めて、トップリーグファイナリストにふさわしい態度をお願いして行った。両チームともに、不用意なアピールや、ナンセンスな態度は無く、終始試合に集中していた。

ゲームを細かく見て行くと、特に前半は東芝の方がブレイクダウンターンオーバーの数は多く、ボールリサイクルスピードもサントリーよりも速かった。やはりテリトリーが取れなかった事や、ボールポゼッションの時間が短く、3点追加が出来る場面での追加が出来なかった事が、よりサントリーをチャレンジングにさせてしまったと思う。

リーチが早めに入って来て、ラインブレイクのオプションが増えると、ゲームの様相も変わったかも知れないなぁ。


2CA4I.jpeg

この両チーム、何回やっても最後の10分までどちらが勝つか分からないゲームになると思う。
東芝は得点では負けたけど、セットプレーとフィジカルコンテストでは自信になった決勝になったと思う。日本選手権は、このチームの悔しさがまた倍返しでやって来そうな気がする。

とにかく凄すぎるジョージ・スミスに真っ向から勝負するのは誰なのか、日本選手権が楽しみ。

10周年記念のトップリーグ決勝。
レフリーとして担当させて頂いた事を光栄に思い、こんなに激しい試合を繰り広げた両チーム、サポートしてくれている協会と委員会、大勢のマッチオフィシャルの仲間に感謝。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ