aspotaトップサイトマップ

« 2013年01月 | メイン | 2013年03月 »

2013年02月 アーカイブ

2013年02月01日

トップリーグアワード!

G'Day mate!

東京国際フォーラムで開催されたジャパントップリーグアワードにお呼ばれしてきた。

IM_20130129_175420.jpg

毎年、毎年、少しづつでもパフォーマンスが上がる様に、目標としているレフリング像に近づくために、日本のラグビーへメッセージを発信しつづけるために、と思いシーズンを過ごしているけど、このような賞が設けられている事は、モチベーションの一つになる。

式でのスピーチでは、ベストレフリーに選んで頂いたチーム監督/スタッフのみなさんへの感謝、日頃お世話になっている協会関係のみなさま、多くのマッチオフィシャルの仲間への感謝を述べて来た。

DSC_6546.jpg

@自分へのご褒美はグリルスイスのダブルカツ。1日50食限定。わざわざ開けてくれて食べさせてくれてありがとう、おばさん。


また、審判委員会もニュージーランド協会やアジア協会との積極的な交流や、今年から始まったペア制度など、様々な取り組みをもって現役レフリーをサポートしている事を説明し、これからもバランス感覚のあるレフリングをやって行きたいと決意を述べさせて頂いた。

ブログを見てくれてスタジアムで暖かい声をかけて頂ける全国のみなさん、ツイッターで直接おもしろおかしくラグビートークしてくれているフォロワーのみなさんにも感謝。
毎日、毎週末のみなさんとの色んなふれあいの仕方から勇気づけられ、モチベーションに変わりキツい状況を乗り切れたり、本当にいつも成長させてもらっていると思う。

62381_4114682317121_991092209_n.jpg

@パットの写真を拝借。シシシシシ(笑)パットに負けずに走ろうっと。

本当に幸せな週の頭でした。

でも、まだまだシーズン中。喜びは一日のみ。
すぐに厳しさを持って、信念を持って、ブレずに行きます。

Taiz

2013年02月04日

わけもん会!

G'Day mate!

やっと行けたー。

ずーっと誘われていたんだけど、遠征や試合が重なっていたので全く行く事が出来なくて数年経過。。

DSC_6577.jpg

@左から、アマダナさん、ジル姫、スタイリストさん、聖子さん、Taiz、背中の女性は劇団四季さん。

この日も行けると決まったのが、午後になってから。
行って良かった。

超宮崎弁での会話。

ここ数年間で、親戚以外の会で宮崎弁にまみれたのは初めて。

四宮巨匠のたもいやんせに集合した集団は、ハンパ無くエネルギーがあった。


DSC_6572.jpg

この会の名前は”わけもん会”と言って、宮崎出身の”若い者会”という集まり。
僕と同じ年で頑張ってる人間がこんなにいるかと思うと本当に嬉しい。

Taizが今年のテーマにあげているキーワードからも、こういう違う畑の人間達と触れ合って融合していくのは、本当に刺激になるし勉強になる。


DSC_6573.jpg

もうちょっと宮崎料理食べたかったんだけど、またゆっくり食べに行きます。

Taiz

2013年02月05日

日本選手権大会開幕!

G'Day mate!

日本選手権大会もいよいよ開幕した。
1回戦の秩父宮ラグビー場には大学チームが登場。

この週、割り当てが無かったTaizは、学生の勇姿を観に。そして、レフリーたちのサポート。


DSC_6663.jpg

大学選手権大会決勝のあとに行われたアフターマッチファンクションでは、学生達に、「社会人に一泡吹かせるチャンスがあるチームなので、コンディションを整えて日本選手権に挑んで欲しい。」と気持ちを伝えた。

筑波大学は、なかなか苦しい試合展開で、ブレイクダウンもかなりルースだった為に、社会人の重みをもろに背負ってしまい、クイックボールがなかなか使えない様相で、勢いは随分無くなってしまった。しかし、彦坂兄弟や内田選手はケタ違いを魅せていたと思う。内田選手は、この日もしっかりとトライを取った。楽な試合/難しい試合に関係なく事実としてトライが取れるのは、世界規格のスクラムハーフとして非常に重要な要素。

帝京大学は、周囲の予想以上の圧勝。
クラブチャンピオン相手に接点もスピードも圧倒。日本選手権の最多記録をたたき出した。

一回戦結果

コカコーラ 47−15 筑波大学
帝京大学 115ー5  六甲ファイティングブル
神戸製鋼  20ー5  トヨタ自動車
パナソニック56ー14 ヤマハ発動機


DSC_6660.jpg

それにしても春のような気温で驚いた。
この反動は近いうちに来るなぁ。
こういう気温が急激に変化する時期は、コンディショニング難しい。
大事な選手権大会。きっちりとコンディショニングして良いパフォーマンスで、インフルエンザもノロも絶好調に流行っているので、外出には気をつけよう。

Taiz

そうやって休むんだ!

G'Day mate!

初めて見た!

駅の売店。

なんかシーツがかぶせてあって、置き手紙が。

「トイレに行きます. 3分ぐらいでもどります 売店」


DSC_6667.jpg

すごい。

初めて見た。

文章の句読点は、" ○ " じゃなくてドット " . "

3分ぐらいかかるほう。

”店主”でも”店員”でもなくて、”売店”からの置き手紙。

結局、3分以上かかってたけど、売店のおばさんはいつトイレにいっているんだろう?の問題は解決された。

Taiz

2013年02月08日

世界美食フリーツアー No.66!

G'Day mate!

ホルモンの夜。

久しぶりのホルモン。

DSC_6671.jpg

でも、とある秘密結社の会ではない。
今日のメンバーはその会では無く、レフリーの人たちの流れで。

イイ感じのホルモンでした。

フレッシュで、お店のお姉さんたちもなかなか気のいい、おもしろいノリの人たち。


DSC_6672.jpg


レフリーのある人が必要以上にからんでスミマセヌ(笑)

また来ます。

新橋 ホルモン屋だん はなれ

電話:03-3578-1122
住所:港区新橋3−23−4 三上ビル1F
定休日: 日・祝日

DSC_6680.jpg

@店の前で火がボーボーは良いのか。。

Taiz

恐怖の最中!

G'Day mate!

とみさんのいたづら。

不覚にも超おどろいてしまった。。。

と、言うか、いつも驚かされるか、笑わされる。。
確実に。。

レフリーのお師匠。

まだまだ健在である。

DSC_6659.jpg


Taiz

2013年02月11日

異常な二人空間!

G'Day mate!

この人といるときはいつでも完全に二人。

はっきり言って、危ないです。。。。

いっつもやられっぱなし。

今日も笑顔でやれらて撃沈。


Taizのプッシュアップの図。


IMG_20130208_162826.jpg

アトラスさんのプッシュアップの図。

IMG_20130208_162715.jpg

おかしいだろ、この人。

また、撃沈しにいくぜい。

DSC_6832.jpg

@立てなくなった。。

Taiz

2013年02月12日

新作か!

G'Day mate!

週末に不思議な体験を。

茨城でタクシーに乗って移動。
なんら違和感のない普通の光景。

タクシーの運転手と会話になり、ラグビー関係者だって事の内容に。
でも、レフリーやっているとか、日本協会がとか、ほとんど話さないので、この日も自分から話す事なくおじいちゃん運転手の話しの聞き役。

そうするとタクシーの運転手さん、なぜか、エスカップを一本くれた。
そんなの初めて。
ティッシュをくれたり、おしぼりをくれたりするのは良くある。海外でもペットボトルの水をくれるタクシーはある。
日本で、エスカップをくれたのは初めて。

ふと、窓を見ると、新作映画の宣伝が。

おー、アメコミじゃないかー。と、興奮して、絶対見にいくぞー。って1人盛り上がり。


DSC_6859-1.jpg


でも、良く見ると、2011年1月22日封切り。。。。

この瞬間、何か変な気分になった。何か、このタクシーごと、タイムスリップして2011年に戻ったんじゃないかとか、夢なのかなぁー。とか。

なんだかタクシーを降りた後に、不思議な安心というか幸福感というか充実感があったのは、本当に不思議な体験。

Taiz

2013年02月13日

世界美食フリーツアー No.67!

G'Day mate!

スペイン最強のチョコレートショップ!

カフェにもなってる、カカオサンパカ。

良くオシャレなお店を知っている人がいるもんだと感心。
みんななんだかオシャレなお気に入りカフェをお持ちだねぇ。

と、取材で教えてもらってチョコレートカフェで、もちろん狙うはお店イチオシのチョコレートパフェ。


DSC_6654.jpg


アンビリーバボーな味わい。
さすが、カカオをヨーロッパに初めて持ち帰ったスペインだけある。
そして、「神々の飲み物」と称すだけの王室御用達のチョコである。

パフェ以外にもホットチョコレートや板チョコも有名。

あと、普通にカフェランチとかも出来る。

あ、明日か、チョコの日。

DSC_6652.jpg

お店は、丸の内、南青山、大阪梅田にある。

Taiz

2013年02月15日

高校日本代表セレクション!

G'Day mate!

高校日本代表が決定した。
このチームは、イタリア/フランスとこれからヨーロッパ遠征に向かう。

このチームを決めるセレクションマッチのレフリーを担当。
一番の感想は、これまでの高校日本代表セレクションマッチでのクオリティでは一番。
選手もハイパフォーマンスを充分に感じさせる選手がゴロゴロいる。
実際、すでに3名(山沢、重、松田)は一つ上のシニアジャパンのカテゴリーに昇格済み。

圧倒的にこれまでと違う事は、”ラグビーが好きだ”と言う事が充分に分かる積極的なボディラングエッジをグランド上で持って表現している事、それと、難しいプレー局面で、何度も正しいディシジョンメイキングをして難しい状況を打開していた事。


DSC_6860.jpg


ファクトリーギア社員のご子息の鈴木選手がスコッド入りして嬉しいね。

それと、「どっかで見た事あるぞぉー。」と思ったおもしろい選手が入った。

北海道芦別高校の小山選手。
初めて会ったのが、彼がラグビーやりに芦別に来た高校一年生。

「ちょっとおっきくなったか。」と声をかけると、「はい、大きくなりました!」と嬉しそうに元気に答えたのが、一瞬、いろんな芦別の情景を思い出させて嬉しくなった。
成田先生も本当に嬉しい事だろう。

これからも成長を注目しよう。

Taiz

日本選手権2回戦!

G'Day mate!

日本選手権2回戦をスカウティングしに行って来た。
スタジアムのいつもの高い端っこの場所からの観戦。

DSC_6894.jpg

コカコーラv神戸製鋼は、神戸製鋼の圧勝。
神戸製鋼は、ケガ人がどんどん復帰して来ていて、シーズン中に見た事ない層の厚さを出して来た。絶好調のジョシュ・ブラッキーや、フーリーが入れ替えした後にピーター・グラントとクレイグ・ウィングの組み合わせが入ってくるとか、ちょっと異次元の入れ替え。その他に、フレイザー・アンダーソンとか、マカパイトロとか、スゴイのがゴロゴロ。


DSC_6896.jpg

二試合目のパナソニックv帝京大学は、ゲームのアヤが帝京に転ばなかっただけで、自力で得点機会を作り出す事が出来ていた。帝京は前半のモール反則を2回連続でやられて得点機会を失ったのはかなり痛かった。
パナソニックは、さすがに攻守の切り替えと、アンストラクチャとストラクチャの切り替えが、トップリーグで1番。マイク・デラーニが途中で出て来たが、自分が思うトップリーグ一番のフットボーラー・スタンドオフ。キックやバックラインオーガナイズありきのランではなくて、ランありきでの他のプレーオプションである事が素晴らしい。やっぱりラグビーはランをされるのが、一番脅威だと思う。


DSC_6897.jpg


と、この途中経過の得点板に1人感動。

色んな可能性をかき立てる。大学ラグビー界に嬉しい試合だったと思う。

Taiz

2013年02月16日

水曜トレでしょう!

G'Day mate!

夜のトレーニング。朝はうっすら雪一面だったんだけどね。


DSC_6937.jpg


今日はボールを使ったトレーニング。

その後は、サーキット系。

最後のシャトルはやっぱりガックリ来た。

DSC_0625.jpg


良い感じの試合前グループトレーニング。
やっぱり現役レフリーには現役レフリーの仲間が一番大事。
そして、ラグビー界いろいろストレスや理不尽なモチベーションダウンが多く混在している状態だけど、仲間が一番モチベーションを上げてくれる。

DSC_6944.jpg

@たまーに来るのド銭湯、おもしろい。

そろそろ日本ラグビー佳境。
今年、取り組んで来た事の集大成。

お手本としての自覚も、きちんと出します。

Taiz

2013年02月18日

激安自販機!

G'Day mate!

やっぱりスゴイわ。

大阪の自動販売機!

あるあると聞いていたけど、本当にあった。。

50円自動販売機から始まって、


DSC_7001.jpg


でた、30円自動販売機!!

凄すぎる。

DSC_7004.jpg

Taiz

2013年02月19日

たもいやんせ!

G'Day mate!

渋谷のたもいやんせに立ち寄って来た。
目的は、”猪肉”。

あいにく、新宿店にしか猪肉が無くて、残念無念。。。

と、開き直って、美味しい宮崎料理でさくっと夕食満喫。


DSC_6949.jpg


チキン南蛮に始まるところが、この日は、冷や汁からのスタート。

DSC_6951.jpg

チキン南蛮と、地鶏の炭火焼を交互に行きながら、


IMG_20130215_003449.jpg


DSC_6959.jpg


最後に、特別メニューの佐土原のなすびが出された。
最高にこのなすびが美味かった。


IMG_20130213_232108.jpg

四宮巨匠がいる時に今度は来るぞ!


DSC_6945.jpg

最近、巨匠を見てないからね。
向こうは僕を良くスタジアムで見てるみたいだけどぉ。

DSC_6952.jpg

@店員さん。ナイスTシャツ。

Taiz

いかさま!

G'Day mate!

名前の付け方は。。。

大阪のとある所。。。

DSC_7006.jpg

お店の名前が、いかさまや。。。

もちろん入るのには度胸がいるし、その度胸はない。

Taiz

2013年02月20日

カルピスウォーター!

G'Day mate!

あわわわ。。。

カルピスウォーター。500ペット。


DSC_7073.jpg

と、三ツ矢サイダー、129年も売ってるんだぁ。こっちも驚き。

Taiz

2013年02月22日

日本選手権準決勝!

G'Day mate!

壮絶な花園ラグビー場。

日本選手権準決勝

神戸製鋼 31−29 東芝

P2161913.jpg


朝起きてみると大阪は快晴。
でも、京都や奈良は吹雪とのこと。。だんだんと試合前に雪がちらちらやってきていた。
でも、試合のキックオフ前には雪も止み、お天気の花園ラグビー場でのバトル開始。

ただ、スゴイ風が。。
グランドレベルの風と上空の風が向きが違うし、上空の風も3方向くらいに分かれている。。


P2161912.jpg

試合は、神戸製鋼が風上から先制し、後半に東芝がじわじわと追いつき、気づいてみれば2点差になっていた。
時間があと5分あれば、全く分からない試合で、試合の中で両チームにチャンスの流れがやってくる展開となった。

詳しくゲームを分析して行くと、試合のクオリティがテストマッチに近く、フィジカルも戦術もメンタルも高いレベルで要求され、またお互いの強みが出やすいゲーム様相だったので、ゲームのターニングポイントやプレッシャーが増していく局面を打開する能力も求められた。
お互いのゲームプランやストラクチャは全く異なるものだったと思うが、特性がありながらも力はイーブン。


P2161926.jpg

こういうイーブンのゲームで差をつけるのは、個人技やビッグプレー。
この日のビッグプレーは、神戸製鋼に連発。
これをされてはどのチームも止めようがないと思う。

特に前半のトライのいくつかはお見事。

前半8分トライ
大橋のキックから自らキャッチ 

→ 安井がセービング

→ 松原がパスアウト

→ 伊藤がスタンドに入りパス

→ ウイングが2飛ばしパス

→ 正面がハンドオフでラインブレイクしトライ

P2161946.jpg

前半11分トライ
橋本がヒルにタックルしフォースドエラーでノックオン

→ ターンオーバーボールを安井が少し持ち出しパス

→ ブラッキーがキック

→ 今村がトップスピードで走り込みバウンドしたボールをキャッチしてトライ


個人テクニックと状況判断がバッチリと合い、それが連動しているすごさ。
スピードとプレー強度が高い状況化でしっかりと判断出来てるのは、素晴らしかった。


P2161939.jpg

後半の、山本のグラバーキックからフーリーがポストの下にトライしたのも、ジャパンが本当にやりたいプレーそのもの。去年の代表合宿でも、この練習に何日も費やした。

セットプレーは、東芝がリーグ最強。前半の入りのスクラムではとても重要なスクラムで神戸製鋼が東芝を圧倒。しかし、徐々に東芝がプレッシャーをかけ始め、後半にペナルティトライで7点を奪った。神戸製鋼のセットプレーもかなり強いが東芝はもっと強かった。プレーオフ決勝で完全にサントリースクラムを壊したスクラムワークをさらに上回った強さだったと思う。

ブレイクダウンに関しても、両チーム共に良く立ってプレーを心がけ、テンポやスピードも充分速く、ブレイクダウンターンオーバーがしっかりと起こる様相に。ブレイクダウンのターンオーバーは、東芝が8回、神戸製鋼が3回の合計11回。(ちなみにもう一試合の準決勝は、サントリーが1回、パナソニックが3回の合計4回。)
また、クイックボールからのテンポ良いラインプレーで、ラインブレイクは東芝が16回、神戸製鋼が11回と互角の攻め合い。


DSC_7043.jpg

@日本のレフリーの歴史の中で、IRB大会の決勝を担当したことがあるのは、かずさんとTaizのみ。偉大な先輩かずさん。右は、日帰りでお疲れのトウナイさん。


シーズン全体を通じた戦略と言う面からすると、日本選手権のあり方自体が、リーグ戦上位チームの東芝にとっては難しい状況になってしまった。3週間公式戦から離れるとゲーム感がやはり鈍るリスクがある。一番、佳境の頃に”ウインドウマンス”がやってくる状況になり、練習試合を入れたものの、そこには怪我のリスクがあった。
一方の神戸製鋼は、大事な試合に向けて続々とケガ人が戻って来た。そして毎週続く試合で復帰した選手達を少しづつ試しながら、チームの勝ち文化/雰囲気と共にチームビルドを計画的に出来た事は大きかったと思う。

DSC_7045.jpg

@マッチオフィシャルのブーツは、アシックス。こだわり強い。

強烈に強い東芝に対し、逃げ切った神戸製鋼。

この神戸製鋼と言うチームに対してはスカウティング難しいだろうなぁ。
サントリーは自分たちのストラクチャを信じて戦い抜くのみ、かな。

フィットネス勝負的な下馬評予想も良く目につくけど、リーグ中の神戸製鋼は結構後半に強く厳しい時間にも得点を取ってる。

あと、1試合。
激しい試合を期待。
この試合が日本ラグビーのスタンダードとなる。
この試合が日本ラグビーにどういうメッセージを発するのかを興味深く観てみたい。

Taiz

2013年02月25日

WOF!

G'Day mate!

先日、ワールド・オブティカル・フェアにお呼ばれしてきた。

DSC_7145.jpg


毎回どんなサングラスが出て来るのがいつもワクワクする。
今回もカッコいいのがずらーっと並んでた。

DSC_7132.jpg

ポルシェデザインのブースで、今回はまたスペシャルゲストも来場し、ブースが華やかに。
周りのブースの方々も、自然とポルシェデザインのブースに集まって来てた感じがしたなぁ。

僕の大事な商売道具である目を大事にしてくれる素晴らしいサングラスです。

IMG_20130225_143714.jpg

@Taiz&社長&あの子。


Taiz

2013年02月26日

自販機の恐怖!

G'day mate!

注意:恐怖です。


とある国立のラグビー場。
某秩父宮ラグビー場にある自動販売機。。。

夜になっても、不気味に光るライトがぽつりぽつり。。

Taizは、勇気を持って近づいてみた。。。

DSC_7210.jpg


そして、一歩、一歩と近づく度に、おびただしい数のジュースが、

「私を買ってくれぇー。」

「私のボタンを押してくれー。」

と、誘惑してくる。。


そして、パイプを加えた超紳士の誘惑に負け、吸い込まれるように凝視すると。。。

その時、、、。


ぎゃーーーーーー!!!!!

ね、値段が、、、。

DSC_7211.jpg

もうすぐでぼったくられるところだった。。

ぼられないように、あなたも気をつけて。。。

真冬の恐怖でした。

パイプの超紳士は、あなたの近くにもいるかもしれない。。。

ほら、すぐ後ろに。。。

Taiz

2013年02月27日

東京都レフリー研修!

G'Day mate!

日本選手権決勝の日は、非番と言う事で、某電化製品会社社長や某有力新聞社記者たちと共に試合観戦。

試合が終わると、東京都の有望株である若手レフリーへの研修会へ講師参加して来た。

DSC_0728.jpg

レフリングの考えかたや、基本を中心に伝授。
ビギナーレフリーや、ある程度のランクを持っていても稼働が少ないレフリーたちには、なかなかテクニカルな講習だけしか出来ないのだが、ここに参加しているレフリーは、日頃からマンデーミーティングに出席していたり、多くのトップゲームを観ながら日々レフリングへの疑問点を持って活動している積極的なレフリーたち。


DSC_0734.jpg


インテリジェンスが高いレフリーたちなので、Taizから彼らへ接するレベルも必然と高いレベルでの話しとなる。

高度な試合を吹かせれば上達する、という様な考え方は、この研修会では持っていない。
コミットメントや態度も必要、知識→理解→パフォーマンスの向上プロセスを適材適所でやって行く事を大事にしている。


DSC_7209-1.jpg


間違いなく全員が ”良いレフリー”になります。
頑張れ。


Taiz

2013年02月28日

マンデーミーティング!

G'Day mate!

月曜日はマンデーミーティング。

出て来るレフリーたちは幅広い。
若いレフリーも良く熱心に来るようになった。
変わりに、委員は誰も来なくなった。。。

ま、自由な会なのが良さのマンデーミーティング。

色んな話題や質問を垣根がなく、誠実に健全さを持ってディスカッションする。
誰が指導するわけでも、誰が答えを押し付けるわけでもない、オピニオンディスカッションの場。


DSC_7221.jpg


この日も、日本選手権決勝のあとすぐともあって、熱い日本ラグビーを想う正直なコメントがたくさんの会だったね。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ