« 富士山! | メイン | ムサシ! »

ウィダージャパンセブンズ!

G'Day mate!

zD2.jpeg


日曜日は秩父宮でウィダージャパンセブンズ大会が開催!
昨年までは、チャリティイベントという事でのジャパンセブンズフェスティバルと言うお祭りイベントだった。今年から、ウィダーが冠スポンサーとなり、優勝賞金100万円と豪華副賞をかけての、真剣勝負の大会として第1回目の開催となった。
と、この情報は、グランドでウォーミングアップしていた時に、場内アナウンスでパトリック・ユウさんが説明していたもの。


hyM.jpeg


その第1回目の大会では、大変光栄な事に、開幕戦と決勝をレフリー担当させて頂いた。
IRBの大会と同様に、プール戦までのレフリー割り当てが発表されていて、プール戦でのレフリーパフォーマンスで、その後のレフリー割り当てが次々と発表されていくやり方で運営されていった。


プール戦
リコー    21−7  NTTコム
パナソニック 24−19 YCAC

コンソレーション準決勝
NTTコム 48−0  玄海タンガロア

カップ決勝
リコー    28−26 東芝

DSC_9535.jpg

@決勝マッチオフィシャル!


どのチームもセブンズ代表経験者を多く擁し、セブンズらしい試合が多くなってきた。
リスタート、ディフェンスシステム、キックプレーのバリエーション使いが上手くなってきたら、一気にセブンズの試合らしくなって強度もグッと上がってくると思う。
リコーは、横山ツインズが期待どおりの大活躍。
そして、決勝のシーソーゲームでは、東芝のベイツがブレイクダウンで凄いプレーを連発。
この日が引退となった東芝のジョンさんも、最近トレーニングしていないはずなのに、とんでもなく上手。ナチュラルにフィットネスがあるジョンさん。スゴいわぁ。


1369538009542.jpg

@IRBセブンズでカップ決勝をレフリーした事あるのは僕ら2人だけ。Kaz & Taiz パレードは好きなラグビージャージを着て練り歩き。

セブンズの大会は、本当に多くのマッチオフィシャルが関わる。
約30人のマッチオフィシャルの大所帯で1大会を運営する。
まだまだオフフィールドの部分では、もっと全員がきちんとディシプリン持って活動して行かなければならない大きな反省を持って、来年度はより全体のパフォーマンス向上を目指して頑張ろう。

まだまだ大会の認知度も浸透していないこの大会。
結構面白い質の高い試合が多かったので、観に来なきゃ損!
もっとイベントも増やしてもらって、来年は満員の秩父宮でドンチャン騒ぎしたいね。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ