« U20合宿おかわり! | メイン | トップレフリーミーティング! »

U20ジャパン圧勝!

G'day mate!

週末の熊谷。


912576_367710746662856_1485241666_n.jpg


朝は結構な土砂降り。。。
試合前に小雨。。。
試合中は、小雨の霧雨みたいな中途半端な感じ。。中途半端にボールは濡れてて、しかも、暑くて涼しくない。。。

912543_367710743329523_533173832_n.jpg

と、今回の試合。少し情報不足と勘違いも起こり、正直、U20日本代表とU20シンガポール代表の試合だと思っていた。。
シンガポール代表はスタッフが3人だけとか、週末だけの来日とか、聞けば聞くほど、U20代表だと思ってた。。
フタを開けてみて、試合前のメンバー表を見てビックリ。年齢がシニアの年齢。。
2・3度遠回しにシンガポール代表マネージャーのイノケに聞いてみると、6月に開催されるアジア5か国対抗ラグビー ディビジョン2に参加する為の直前強化遠征との事で、完全にフル代表だった。。


961054_367710736662857_1111065259_n.jpg

と、世代が変わろうともやるレフリングは一緒なのだが、世代が違うと規律の部分で崩れ易く、ケンカになる火種が起こりやすい。
その為、ファウルプレーやプレーヤーコントロールの部分で、試合前からアプローチを変えて行った。

IMG_20130511_130704.jpg

@トスでキャプテンとコミュニケーション


試合は、本当に素晴らしい両チームの態度で、天候には関係なくボール展開が速い試合となった。
U20ジャパンも、ハンドリングが総じて良く、選手のランニングアタックの思い切りが良く、結果的にはU20ジャパンのトライショーとなった。


IMG_20130511_130936.jpg

@フロントローへ、安全対策のコミュニケーション。


シンガポールもフィジカルを生かして、タイトプレーをしている間は充分に脅威ではあるが、一つのミスの切り返しや、キックの後のディフェンスコンビネーションが精度悪く、その部分からU20ジャパンのカウンター攻撃を次々と食らって失点を重ねていった。

結果は、

U20日本代表 109-19 シンガポール代表

反則数も両チーム合わせて「8回」のみ。Taizがこれまでに担当した国際試合で、最小反則数の試合となった。
コミュニケーションの手法、チームオブスリーの連携に工夫を入れて行って、ポジショニングについても意識して色々と試してみた。

DSC_9202.jpg

@シンガポール代表マネージャーのイノケと。彼は、元ウェリントン・ハリケーンズのキャプテン。以前、ご近所さんで、二人で写真をしょっちゅう撮ってる事もあり「2人のアルバムを作らないといけないなぁ」と言われた。あはは。


ファンクションも両チームともにとても良い雰囲気で、お互いに言葉は完璧に理解出来なくとも、たくさんの笑い声が耐えなかった。

U20日本代表も、良く出来たところ、これから課題にしていくところがハッキリと見えたので、チリ大会に向けて自信がついた事だろう。

IMG_20130511_135633.jpg

@スプリント回数が多かった為、脳みそが酸欠状態だったトウナイさん。数字の質問にも、つまらないジョークで返す始末。。


そしてマッチオフィシャルは、ファンクションのあと、ナショナルスポーツセンターに向かった。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ