aspotaトップサイトマップ

« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月 アーカイブ

2013年07月02日

船橋ナイツ!

G'day mate!

週末はオープン戦でレフリー担当をするので、その前にイメージをつけようと船橋に足を運んでみた。
ちょうど良いタイミングで、NTT対決のBマッチが金曜日の平日だけども試合すると言う事で、行ってみた。
せっかく遠いところを行くので、試合までの時間にグランドを少しお借りしてコンディショニングランをさせてもらう事に。


DSC_0251.jpg

インテンシティはまあまあの毎分80mくらいの強度で。

シャワーまで貸して頂いてしまって、甘え放題だったけど、スッキリしてA1レフリーの河野レフリーが担当する試合を見学。

色々と自分だったらこうする、というイメージを持って色んなグランドの角度から試合を観る事が出来た。

途中、ミウチタクロウ氏に声をかけた。

「ショウタロウか、ミウチ氏がバーバリアンズに入るくらいないと日本ラグビーは盛り上がらない。」

という内容。
スーパーラグビーに行っている選手たちの頑張りは子どもたちに大きな夢を与える。
でも、シニアの連中がバーバリアンズや、もしハイネケンカップに実力と実績でチャレンジ出来たりする事があれば、その事は現在プレーをしている全ての日本人選手たちに夢を与えると思う。

頑張って欲しいなぁ。

DSC_09.jpg

と、千葉の藤さんがアシスタントをされたので、同じ帰り方向でちょっと軽く夕食を食べて帰宅した。
船橋ナイツは、初めてだったけど、色々とお店がありそうなディープな感じ。
また、そのうちに覗いてみようかな。

Taiz

春のラグビーフェスティバル!

G'Day mate!

G'Day mate!


東芝ブレイブルーパス 35−12 ジュビロヤマハ

IMG_0139.JPG


お天気の府中。
湿度もどんどん上がり、良い感じに暑い日だった。

この春季最後のトップリーグオープン戦。
自分自身も締めくくりは、東芝vヤマハのビッグマッチとなった。
この日は、東芝のラグビーフェスティバルも兼ねていて、大勢のギャラリーの中で白熱した試合となった。


IMG_0178.JPG


いつもは平日に伺う事が多い東芝府中工場の敷地内。
今日は、エナメルバックを持った少年たちや、ブレイブルーパスの帽子をかぶったおじさんたちが多く工場内を歩いていた。


IMG_0183.JPG


東芝は、ボールのポゼッションキープの仕方がなかなか面白かった。
ラインブレイクするかしないかのところでコンタクト時にサポートの選手へ細かいポップパスやオフロード系のパスをポンポンとつなぐ。ディフェンスが少しマークしづらくなった所に、また強いランナーが走り込んで来る。オープンに広がったライン攻撃で、オーバーラップした場面に、フロントローが大外に立っていてランプレーに参加してラインブレイクをしていたのも良かった。


IMG_0144.JPG


ヤマハも長めのパスからのバックスラインの攻撃は脅威。

ラインブレイクの数

東芝  = 10
ヤマハ =  7

という具合いでボールはグランドいっぱいに動いた。

ボールポゼッションは、東芝=58% ヤマハ=42%だったが、東芝のブレイクダウンでのディフェンスがしっかり立ってプレー出来ていた為に、ブレイクダウンターンオーバーが5回(ヤマハは1回)とボールの再獲得に成功していた。


IMG_0202.JPG

反則については、東芝15回、ヤマハ6回で、ヤマハがラインブレイクしてテンポが上がって来た攻撃での、相次ぐ東芝のボールキリングでシンビン。立ってプレーする事とテンポを守って行く事がジャパンラグビーのキーポイント。


IMG_0135.JPG

自分自身としては、クラウチーバインドーセット の新しいスクラムコール運用をフルゲームでやるのは唯一の試合だったので、かなり準備してきて挑んだ。
具体的な目標としては70%の良いスクラムリスタートを目指してプランを練って工夫をした。結果としては、約60%の良いリスタート。ヒットもコンテストも結果としては充分にマネジメントする事が出来、実際にこの試合ではスクラムのターンオーバーが3回あったので、きちんと押し合う事でのコンテストをマネジメントする事が出来た。
まだまだジャパン組みも全く練習出来ていない中での試合だったので、感覚を得るのに時間がかかりそう。どんどん夏に向けて慣れる事が大事。


IMG_0208.JPG

もう一つのマネジメントの部分では、アドバンテージ成功率は9/12だったので75%ととっても高かった。この部分は、春に国際シリーズでゲーム感があり、プレースピードも今回の試合よりも速いところでやって来てたので、随分とゲームの読みに余裕があった。

春のシーズンにふさわしいクオリティゲームだったが、いくつか自分自身の課題もあるので、夏に向けてまたブラッシュアップして行こう。

Taiz

2013年07月03日

ジェイムスin月島!

G'Day mate!

週末、オーストラリアから旧友のジェームスが来日。
最近までニューサウスウェールズのトップレフリーだったジェームス。親族にもIRBの有力関係者がいて自分も色々とお世話になった間柄。


DSC_0265.jpg


本当は、ジェームス本人も練習試合か何かレフリーしたかったんだけど、関東ではほとんど試合がない週末だったので、東芝に来てくれてせっかくだったのでアシスタントレフリーたちにアドバイスしてくれた。

試合が終了すると月島へ移動ー。

DSC_0261.jpg

@おかあさんに焼いてもらうのが美味しい。


もんじゃでエンジョイした。

でも、これはスターターと言う事で。。


DSC_0266.jpg


Taiz

でんでんナイツ!

G'Day mate!

今日のディナー本番はこちらで。

DENDEN

オーストラリア人を待っていたのは、衝撃のみ。。

IMG_20130702_004521.jpg

@デザートはスイカの大盛り!


店長が出して来るものに全く疑いも無く食べるオーストラリア人。
美味しいに決まっているだろう肉には、もちろん”Yammy 美味しい”しか言えない。
あと、オーストラリア人は何にでも”Beautiful ! "。まぁ、日本語で言うところの、”イイネ”とか”スゲー”みたいな感じ。ニュージーランド人は他のスラングを使うので、そんなに使わないけど。


DSC_0272.jpg

店長が、「オーストラリア人には負けてられへんでしょ?」って意味の分からない勝負をしかけて来たのが、宮崎牛のシャトーブリアン。
とんでもないデカさ。。

DSC_0276.jpg


そんなの見た事ないし、金額いくらするのかも知らないんだけど、とんでもなく美味かった。
これにはオーストラリア人は完敗。

IMG_20130630_131852.jpg


ワサビをつけて食べるのが流儀と言って、ジェームスに食べ方を伝授。
これも期待通りに”Beautiful ! "。

DSC_0281.jpg

@勝者!!


結局、この日は、お店に来て一度もメニューを開かず。

完全に店長のアレンジメントで、そして店長の完勝でした。


DSC_0285.jpg

春のシーズン締めくくり。

遠いところからわざわざ来てくれた旧友と美味しいお肉に感謝。


DSC_0289.jpg


夏も頑張るぞ。

Taiz

2013年07月07日

月曜ミーティング!

G'Day mate!

月曜日は毎週のマンデーレフリーミーティング。
この日も良いディスカッションとQ&A。

ブリティッシュライオンズシリーズでは、色々とエラー?が起こる。
ゲームに影響するようなアクシデントも多く起こり、ゲームのターニングポイントが多い難しい試合。

IMG_20130701_214637.jpg

学生レフリーたちも来ているので、色んな気づきを与えて少しづつ前進。

しかし、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズは、改め、ブリティッシュ&”アイランダーズ”ライオンズになって来てませんか??ガットランドさん。。。

Taiz

オニツカタイガー!

G'Day mate!

オニツカタイガーのお店が新三郷に出店したのを案内頂いてたんだけど、ずーっと行けていなかったので、訪問してきた。

と、言う事で、プチ大人買い(笑)

IMG_20130703_172857.jpg

春シーズン頑張った少しのご褒美。

Taiz

2013年07月09日

恐怖の目玉焼き!

G'Day mate!

暑い。。

梅雨が来てたのか分からない今年の春だったけど、いつの間にか夏になっていて、梅雨明けをしてからはとんでもなく暑い。
ビニールハウスの中のような暑さ。。温室育ちでぬくぬくなゆとり世代を見ると余計に暑さが増す。。

と、タマゴを割ると、このダブル。

1363913317248.jpg


小さな頃はこういうタマゴを見ると、”超ラッキー!!!”みたいな事で一日中ワクワクしていた。
でも、今、大人になってみると、最初のリアクションは、”ゾォーッ・・・、怖〜。。”みたいな感じになってきた。。

中国製の食品がどうのこうのとか、辛ラーメンの会社のなんとか問題とか食べ物に色んなものが混ざってしまっている報道が出てしまうと、ビクビクしてしまう。。
しかも、最近ではコンビニやスーパーで針が入ってる事件も多発してるし。。

どういう事で、2つの黄身になったのかなぁ。。と想像は尽きないけど、暑さに負けない様にきちんと食べて行きましょうと言う事で。

水分と栄養は充分に!

Taiz

2013年07月12日

衝動ドクターマーチン!

G'Day mate!

渋谷駅まで歩こうと思い、歩き始めたら、出会ってしまった。

久しぶりの衝動買い。。

DSC_0141.jpg


ちょっと久しぶりにドクターマーチン見てみようと思ったのが半分。暑いのでちょっと涼みにクーラーへと入ってみたのが半分。。

たまには良いか。

欲しかった感じのシューズだったし。


DSC_0149.jpg


で、ドクターマーチンを購入したのは約15年ぶり。

やっぱり良い。

Taiz

関東オールスターズゲーム!

G'Day mate!

猛暑の週末。

国立競技場→秩父宮ラグビー場というルートで活動。


DSC_0143.jpg


国立競技場の会議室では、トップコーチ会議が開催され、関東チームの社会人/大学トップチームコーチたちが集結した。元日本代表レベルの方々がズラリの関東トップコーチ陣。
Taizの今日の役割は、今年、試験的競技規則の変更としてスクラムの組み方が変わったので、現役トップレフリーとしての質疑応答。すでに多くの社会人チームや大学トップチームでは練習や練習試合で導入されているが、夏合宿前で正式導入直前を控えて、方針と細かなレフリングの部分を落とし込みをしていくとても重要な機会となった。

早く会場到着してしまったので、国立競技場にある喫茶店のオリンピアでクーラーのあるところに逃げ込む事に。2時間ほど粘って座ってたが、コーヒーいっぱいでいるには限界過ぎるので、ちょっとフラフラしながら出番を待つ事に。。

質疑応答は平和に終了し、灼熱の秩父宮ラグビー場へ。


DSC_0145.jpg

@グッドパフォーマンスでした。


対抗戦とリーグ戦の選抜チームで対戦された試合は、対抗戦のフィジカルでの圧倒とリアクションの速さで、大差がついて対抗戦の勝利。

若い力がポテンシャルを魅せた。

Taiz

2013年07月13日

東京国体研修!

G'Day mate!


秩父宮ラグビー場にて、東京国体に向けてレフリー研修会が開催された。
今年からセブンズラグビーが初採用される東京国体。
東京都レフリーを多く集め、IRBセブンズマッチオフィシャルコースを実施した。


DSC_0111.jpg

Taizは講師を依頼され、3ヶ月も前から東京都協会の委員である鈴木さんと入念に打ち合わせて準備してきた。


DSC_0116.jpg

とっても暑い都内だったが、みんな元気にグループディスカッションや発表、知識を植え込んだ後のデモンストレーションや野外での実技研修と、内容が濃くテンポの速い研修プログラムを完了した。

DSC_0133.jpg

終わると、鈴木さんと二人でプチ反省会。
行きつけの青山・中華料理屋さんで、笑いの耐えない反省会となった(ある人のせいで)。

DSC_0136.jpg


国体成功に向けて、どんどんレフリーチームの団結と精度を高めて行こう。


DSC_0140.jpg


Taiz

2013年07月14日

夏直前練習&ラン!

G'Day mate!

合同練習で、リコーグランドへ。
この時期は本当に練習時間の設定が難しい。
と、言うのも、暑い。とにかく暑い。。
で、梅雨を開けて来たので、今度はゲリラ豪雨がやってくる。


1373635233907.jpg

@近所の洪水具合。。。やばい。。。


昼間だと暑いし、夕方だとゲリラ豪雨のリスク。。
埼玉でも雷が落ちまくっていて、死亡者も出たくらい。。。

DS_0151.jpg


リコーには、玄関に段ボールが山積み!
先日、行われたトップリーグセブンズの副賞が大量に送られ始めたらしい。。
で、優勝メンバーの許可がないと食べちゃいけないんだって(笑)

この日も、雨は降らなかったけど、ガンガンに落ちる稲光を遠巻きに見ながらのながーいセッションだった。

2013070920450003.jpg


そして、終わったら外苑前へ移動。
ランニングセッションに合流。
この日は関東のみんなでマルチフィットネス大会。

Taizは、7割&6割の感じで、2本連続走って汗だくになってきた。

さっぱりとちょっとした熱中症の2歩手前くらいで終了解散。

2013070920450002.jpg


と、20年ぶりくらいにジャンボ先輩と遭遇。
中学校の野球部、高校のラグビー部の先輩。
アパレル業界では、なかなか強者と聞いている。
またチャッチアップしよっと。


2013070920450001.jpg

Taiz

2013年07月15日

WWE!

G'Day, mate!


DSC02402.JPG

両国国技館のWWE Live Japan にご招待して頂いた。
しかも、2日間とも!

DSC02279.JPG

プレミアチケットのリングサイドから観るスーパースターたちは圧巻。

IMG_20130706_011340.jpg

ショーとしての魅力も最高。
本当に細かいところまで良く出来ている。


IMG_20130704_180023.jpg

観客のプロレス愛好者たちも、良くスーパースターたちの特徴を分かっているし、そのスーパースターたちの応援の仕方や必殺技に一緒になって大声で声援を送る。
一体感あったなぁー。


DSC02293.JPG

@カリ。でかすぎ。。

Taizの注目は、クリス・ジェリコ、カリ、ジョン・シナの3名。
ブライアンがびっくりするくらい人気があって、みんなでYES! YES! YES!! と会場大興奮。


DSC02389.JPG

@ジェリコのボストンクラブ!


1日目は、シナがヘビー級のタイトルを防衛し、2日目は、インターコンチのタイトルをジェリコが奪取した。

DSC02417.JPG

@シナ!

テーブルマッチとか、6人プロレスとか、見どころがたくさんあって面白かった。
ブライアンが逆にロメロスペシャル食らったのも興奮。


DSC02406.JPG


DSC02413.JPG

興奮冷めやらぬでとっても良い2日間でした。
本当に有り難うございました、巨匠&まゆみさん!


DSC02360.JPG

@ジェリコで行くぜい。

また格闘技誘ってくださいー。

Taiz

2013年07月16日

トップリーグトライアル!

G'Day mate!

灼熱の辰巳グランドで、初めてとなるトップリーグ合同トライアルマッチが行われた。
本当に暑くてしょうがない辰巳グランドに全国から多くの選手たちが集結、そしてトップリーグのリクルート担当や指導者たちが多く駆けつけた。

30分を小刻みにウォーターブレイクを入れながら、4セット。

Taizと河野レフリー2人で試合を担当したが、終わった頃にはユニフォームが濡れてとっても重くなっていた。

DSC_0168.jpg

彼らの熱い思いが将来につながりますように。
そして、来年、再来年とトライアルがより過激にレベルの高いものになる事に期待。


終わって脱水症状2歩手前からリカバリーする為に、冷たいものを飲みに。
結局、行く所が見つからず、有楽町の駅のカフェで。。。

そこから、また奇遇にもわらやんさんに遭遇。
この日も、わらやん節炸裂で、形状記憶シャツの事を”慶応義塾シャツ”って言ってた。。。

DSC_0180.jpg

@「オマエ、何言ってんだぁ。オレのは慶応義塾シャツだってぇ。」

暑いの危険。
水分補給と笑いは多めに。

Taiz

府中→大阪→博多!

G'Day mate!

週末も移動の多い活動。

金曜には府中のサントリーグランドで、東芝とサントリーの合同練習。
フィジカル、強度の高い練習となった。


DSC_0206.jpg

@コアを80%頑張った人(左)、やり切った人(右)

土曜日は、朝一から大阪を目指し、関西のトップコーチ会議に参加。

そこから移動して博多に移り、日曜日は九州のトップコーチ会議に参加。


DSC_0205.jpg

@30秒くらい頑張った人。おつかれー。


忙しくも内容の濃い週末となった。

またどんどん忙しくなりそうな予感がするけど、シーズンオフでも一息つかずに真夏へ突入。


Taiz

2013年07月17日

感動オニツカ!

G'Day mate!

先日、オニツカタイガーでプチ大人買いをした際、シューズを購入したんだけど、サイズがなかったので、お取り寄せしてもらって送ってもらった。

結構、早めに届いた宅急便。

ワクワクしながら袋を開いてみたらビックリした。
こんな事は初めて。


IMG_20130706_235023.jpg

お店の方から、丁寧なお手紙が入っていて、とっても感激。

こういう小さな親切って、とっても心に響くなぁ。

本当に嬉しくて何度も読み返しました。

ありがとうございました。

Taiz

2013年07月19日

菅平!

G'Day mate!

今年も菅平にジャパンが帰って来た。

IMG_20130718_120914.jpg


九州から自宅に戻って来たのが、飛行機の遅れの影響もあって、ほぼミッドナイト。
そして既に5時過ぎ起きで合宿準備をして新幹線へ。
もう9時台には上田駅に到着。

DS_0249.jpg


あれ?さっきまで博多にいたと思ったのにいつの間にか菅平に来ちゃったような感覚。
忙しない感じで移動して来たけど、上田駅に到着すると熱烈な上田市の方々の歓迎セレモニー。

DSC_0250.jpg


たくさんの方々の声援を受けて、みんな自然と士気が上がった雰囲気があり、チームバスで菅平に乗り込んだ。


DSC_0283.jpg

@ハンパないコアトレーニングの時間を終えて。Taiz&マルク。


菅平に入ると、早速、ミーティングとトレーニングのいつもの激しいルーチンの毎日。

あっと言う間に、月曜から金曜まで一気に過ぎた。

秋のオールブラックスに向けて、本当に限られた時間しかないが、強度の高いトレーニング頻度はかなり質が高い。


DSC_0268.jpg


また、しばしの間、ジャパンは解散するけど、チームに戻ってステップアップする夏にして行こう。

Taiz

2013年07月21日

菅平→赤羽!

G'Day mate!

菅平から赤羽へ直行!


DSC_0322.jpg


ナショナルトレーニングセンターでのレフリー研修へ。
今回の研修は、夏の網走キャンプ前のレフリング指針作り。
スクラムの様相が変わる為に、きちんと共有イメージを持っておく必要がある。

チームからも強くレフリーグループとしての一貫性と統一見解を求められているので、更なる統一に向けて討議を重ねた。


DSC_0324.jpg


本当に理解しているか、グループとしてパフォーマンス出来るのかは網走や菅平で興味深く見て行くということで。

ナショナルトレーニングセンターは、しばらく長期で宿泊したいくらいに、居心地が良く、食事も上手い。
練習や訓練をストレスなく出来る環境は本当に素晴らしい。

DSC0325.jpg


2泊3日のハードワーク。

夏が来た!って感じになる。

Taiz

2013年07月22日

無事之名馬!

G'Day mate!

赤羽のトップレフリー研修会終了。
2泊3日のあっという間の研修会。


DSC_0331.jpg

菅平の涼しい気温からやって来たTaizには、室内トレーニング用トラックは灼熱。
前半部分の2時間半のランニングセッション、その後のフィットネステスト。結構きつかったぁ。

と、言うのも、ぎっくり腰状態だったから。

ぎっくり腰と言っても、怪我や病気のぎっくり腰ではなくて、菅平のジャパン合宿最終日、自分のトレーニング終わって横でストレッチしていたら、JPから呼び出され、クレイグ・ウイングのフィットネスパートナーをエキストラでさせられた。サーキットトレーニング形式の練習では、ローイングのレース、鉄棒での足あげのサーキット。後で知ったんだけど、腰の筋肉とチョウヨウ筋がつながっているそうで、過度の負荷で筋肉がガッチリ固まってしまったって事。。


DSC_0340.jpg

@アシスタントさんは、元女子ラグビー日本代表!


二時間半ランニングトレーニングは、ランニングの先生が来られて、腰や肩甲骨の使い方を中心にエクササイズを行った。
もう現代ランニングの考え方は出尽くした感じなので、特に目新しいという事ではなかったが、先生のプレゼンテーションが本当に上手だったので、とても分かり易く再確認をする事が出来て、よりクリアなテクニックイメージがついた。
スプリント姿勢の練習の際に、一通り終わって、先生から声をかけられた。「どこかで教わってますね!」。さすが、プロの人を相手には手は抜けません。細かく見られてる。


IMG_20130720_182429.jpg

@パイレーツオブカリビアン観て良いですか?って言って、番組の途中で早々に寝てた人。。


骨盤の運動は、ぎっくり腰に結構利くので、キツかったけど、部屋でのアイシングやストレッチ、ボールでのマッサージを頻繁にやっていたので、持ちこたえる事が出来た。
今回の相部屋はトウナイレフリー。
トウナイレフリーがボールを貸してくれたり、アイスを持って来てくれたり、一緒に洗ったランドリーを取って来てくれたりして助けてくれた。サンキュー。

腰には結構負担がかかるエクササイズだったけど、もう1人僕の腰の状態に気づいた人がいた。元日本協会A級レフリーの藤さん。すぐに腰の状況が良くない事に気づき、ちょいちょい声をかけてくれた。
本当に有り難く、長丁場な”日本式フィットネスセッション”を乗り切れるモチベーションが上がり続ける事ができた。


DSC_0342.jpg

「無事之名馬」
無事、これ名馬なり。

このことわざは僕のレフリー師匠からいつも聞かされる言葉。
コンディションが万全ではなくても、怪我をせずにきちんとやり切れるのが名馬の証拠で、最高のアスリートと言う事。

50%ほどのボディコンディションでも怪我なくやりきった。

ハードワークをタフに取り組んで行く事。これは、僕の今年1月に立てたテーマからしてもとっても大切な事。

まだ夏は始まったばかり。

ガッチリ行くぞ!

と言う事で、リハビリとコンディショニングにつとめます。

taiz

2013年07月25日

カフェラテ?オレ?

G'Day mate!

カフェ ラテ と オレ

の違い分かる??

喫茶店に打ち合わせで行ったら、メニューに珍しくも、

カフェラテ

カフェオレ

と、二つ並んでた。

DSC_0354.jpg

室田さんと一緒に、どっちがどっちなんだろう?、、、じゃあ、どっちとも頼んでみますかぁ。
って、両方注文。

泡がラテ

泡無しがオレ

と言う事。

どっちも同じ味だから、どっちでもいいんだけどねぇー。

「オレのカフェラテ」って商品出そうだな。うん。

と、良いミーティングでした。

Taiz

2013年07月29日

スリランカへ!

G'Day mate!

2ヶ月ぶりくらいになる海外遠征は、スリランカへ。
いつもながらの具体的な旅程や大会詳細のない中での遠征。慣れたものである。
協会事務所の職員の方に、スリランカ協会を何度もつついてもらって、渡航2日前にチケットが届いた。
なんとか遠隔で旅行会社を通じでスリランカのビザ申請も無事に終了。

成田空港に到着すると、お土産を買わなきゃと思いグルグル。。。
結局、ユニクロで済ませた。

IMG_20130726_120219.jpg

スリランカ航空での8時間半のフライト。
珍道中の匂いがプンプン。。。

超満員のフライトで、寝る事も出来ず、いつも通りにパソコンと映画の併用。
隣りのスリランカ人の高校生くらいの少年との肘置きの取り合い格闘。。。
この少年、思い切り肘を開いてガッチリと置いてる。
コズいたろかとも思ったけど、やめといた(笑)

今回の映画は、2つ。

「オズの魔法使い」

うーん。ダメだ。。。キャストはまぁまぁだったものの、話しの内容がズルズルすぎる。。
サム・ライミが監督の為、怖い顔のメイクと撮り方だけにはこだわりを感じた。

もうひとつは、

「ジャックと豆の木」

ストーリーはイマイチだけど、格闘シーンが最高。
とっても素晴らしい格闘CG。
主人公が”ウォーム・ボディ”のゾンビ役だった印象が強すぎて、ミスキャスト。
ジャックは、小さい方が良い。


IMG_20130726_134106.jpg

@フレンチコネクション。

と、フライトが半分も過ぎたころ、アナウンスが。。。

「乗客の中に、どなたかお医者さんか看護婦さんはいらっしゃいますか?」

なんだかテレビみたいな状況に。。
近くに座っていたスリランカ人男性が、嘔吐してグッタリ。。。
周りのスリランカ人男性たちに抱えられるように後に連れていかれていた。
お医者さんらしい人がいたようで、酸素ボンベや注射等の応急処置が施され続けて、ずいぶんと騒然とした感じに。。
もちろんこういう事があったので、食事時になっても食べない乗客が多く、キャビンアテンダントも全くサービスしなくなったので、かなーり気まずい機内だった。
スリランカ男性、大丈夫だったかなぁ。。


DSC_0481.jpg

と、コロンボ国際空港に到着すると、スリランカ協会の方が送迎に来られて、もう時間が遅くなったので空港からGALLE(ゴール)まで直接に行かずに、コロンボ市内に一泊して、他のレフリーたちと一緒にゴールへ移動すると言う事になった。

珍道中、開始と言う事で。
ちょっと刺激強かったけどぉ。

Taiz

2013年07月31日

GALLEへ!

G'Day mate!

コロンボからゴールへ南下移動。

午前中にゴールウォークロードをジョギングして暑さになれる事に。
その後、ジムに行って少しパンプしてプールへじゃぼん。
プールから出た瞬間にアンビリーバボーなゲリラ豪雨がやってきた。
こういうトロピカルな土地の豪雨はハンパない。一粒が大きくて、落ちて来る雨が痛い。。
しばらくすると雨は止み、とっても湿度が上がって嫌な暑さに。。

DSC_0532.jpg

12時半にホテルを出発する予定のバス。
結局、待たされまくって1時半の出発に。。


DSC_0537.jpg


ハイウェイを通ればだいたい2時間弱で到着するはずのゴール。。
地元スリランカレフリーたちの大失態のおかげで、結局到着したのが夕方6時前。。。。

どんだけもたもたしてるんだ。。。


DSC_0550.jpg

クリケットスタジアムにてチームコーチとのミーティングを終えて、ホテルへ移動。
とっても良いリゾートホテルで、少しリラックス。


DSC_0544.jpg

朝7時にはホテルを出発するので、ほとんど休む事は出来ないけど、レベルの高い難しい大会なので良い準備して挑もう。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ