« 船橋ナイツ! | メイン | ジェイムスin月島! »

春のラグビーフェスティバル!

G'Day mate!

G'Day mate!


東芝ブレイブルーパス 35−12 ジュビロヤマハ

IMG_0139.JPG


お天気の府中。
湿度もどんどん上がり、良い感じに暑い日だった。

この春季最後のトップリーグオープン戦。
自分自身も締めくくりは、東芝vヤマハのビッグマッチとなった。
この日は、東芝のラグビーフェスティバルも兼ねていて、大勢のギャラリーの中で白熱した試合となった。


IMG_0178.JPG


いつもは平日に伺う事が多い東芝府中工場の敷地内。
今日は、エナメルバックを持った少年たちや、ブレイブルーパスの帽子をかぶったおじさんたちが多く工場内を歩いていた。


IMG_0183.JPG


東芝は、ボールのポゼッションキープの仕方がなかなか面白かった。
ラインブレイクするかしないかのところでコンタクト時にサポートの選手へ細かいポップパスやオフロード系のパスをポンポンとつなぐ。ディフェンスが少しマークしづらくなった所に、また強いランナーが走り込んで来る。オープンに広がったライン攻撃で、オーバーラップした場面に、フロントローが大外に立っていてランプレーに参加してラインブレイクをしていたのも良かった。


IMG_0144.JPG


ヤマハも長めのパスからのバックスラインの攻撃は脅威。

ラインブレイクの数

東芝  = 10
ヤマハ =  7

という具合いでボールはグランドいっぱいに動いた。

ボールポゼッションは、東芝=58% ヤマハ=42%だったが、東芝のブレイクダウンでのディフェンスがしっかり立ってプレー出来ていた為に、ブレイクダウンターンオーバーが5回(ヤマハは1回)とボールの再獲得に成功していた。


IMG_0202.JPG

反則については、東芝15回、ヤマハ6回で、ヤマハがラインブレイクしてテンポが上がって来た攻撃での、相次ぐ東芝のボールキリングでシンビン。立ってプレーする事とテンポを守って行く事がジャパンラグビーのキーポイント。


IMG_0135.JPG

自分自身としては、クラウチーバインドーセット の新しいスクラムコール運用をフルゲームでやるのは唯一の試合だったので、かなり準備してきて挑んだ。
具体的な目標としては70%の良いスクラムリスタートを目指してプランを練って工夫をした。結果としては、約60%の良いリスタート。ヒットもコンテストも結果としては充分にマネジメントする事が出来、実際にこの試合ではスクラムのターンオーバーが3回あったので、きちんと押し合う事でのコンテストをマネジメントする事が出来た。
まだまだジャパン組みも全く練習出来ていない中での試合だったので、感覚を得るのに時間がかかりそう。どんどん夏に向けて慣れる事が大事。


IMG_0208.JPG

もう一つのマネジメントの部分では、アドバンテージ成功率は9/12だったので75%ととっても高かった。この部分は、春に国際シリーズでゲーム感があり、プレースピードも今回の試合よりも速いところでやって来てたので、随分とゲームの読みに余裕があった。

春のシーズンにふさわしいクオリティゲームだったが、いくつか自分自身の課題もあるので、夏に向けてまたブラッシュアップして行こう。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ