« Charge! | メイン | 女子セブンズ&JTL! »

トップリーグ第2節!

G'Day mate!

ジャパントップリーグ第2節
@鈴鹿スポーツガーデン

ジュビロヤマハ 31−30 リコーブラックラムズ


P1040075.JPG

@試合中の最高速度、時速29km/hでたぞー。

激戦。
前半は、リコーのハイパフォーマンスからトライを量産。一時は21点差をつけた。
前半終了前に、マレサウとピウタウの強烈なラインブレイクが炸裂し始めて、フェーズプレーに切り替えたヤマハ。トライを2トライ挙げ、点差を詰めて後半につなげたのが大きかった。


P1040069.JPG


後半は、サイコロジカルな心理合戦。
ペナルティゴールで24−24の同点に追いついてからは、お互いのプレッシャーを掛け合うゲーム構造に。
スクラムのプレッシャービルドがじわじわと効いて来たヤマハ。スクラムでのペナルティをもらってから、試合終了まで残り5分の6点ビハインドで、この日、一番のギャンブルをしかけてトライを狙いに来た。
監督の声「トライ取りに行くぞ。」と言ったのがビデオに音声として入っていたのだが、この声に全員がパフォーマンスで応えるのは本当に素晴らしいと思った。
マレサウのキレキレな値千金トライに、五郎丸の集中力が必要なプレッシャーコンバージョンゴールが決まり逆転。

P1040068.JPG

その後に、リコーボールスクラムでのビッグチャンスが訪れたが、上手くボールキープが出来ず、劇的にノーサイドとなった。

この試合、後半が膠着したゲーム展開になったので、プレーを読むのが難しかったが、アドバンテージ成功率は64%と良好で、3トライがアドバンテージ適用からのトライとなった。

P1040071.JPG


熱戦が終わると、三重県レフリー委員会の皆さんと交流させて頂く機会を頂き、とても有意義な三重県訪問となった。

両チームのサポーターのみなさんも本当に遠いところまでわざわざ応援に来て頂き、熱戦に熱い声援をくださり、本当に感謝感激。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ