« NTTダービー! | メイン | ビザゲット! »

ジャパン合宿2!

G'Day mate!

11月2日のニュージーランド戦とその後に出発するヨーロッパ遠征に向けての2度目のジャパン合宿。
今回は、多摩に陣を取り、Canonのグランドを使わせてもらっての合宿となった。

今回の合宿である程度イメージを共有完了するとの事で、コーチングスタッフのグループディスカッションからスタートした。
1分1秒を無駄にしない為に、選手に対してスタッフが何を出来るのか。と言う命題の元に、具体的なソリューションまでをディスカッション。

DSC_2202.jpg

@夜な夜なまでニュージーランドのテストマッチをビデオチェック。

前回の府中合宿では、台風に見舞われてスケジュールが大幅に変更しながらのハードワーク。
今回の合宿では、天候は素晴らしかったが、それぞれがトップリーグ試合直後と言う事で、リカバリーやコンディショニングのメニューを増加して入れ込んだため、これまでで一番忙しい合宿メニューとなった。

DSC_2220.jpg

@筋肉トレーナーの村上さんも、もつかれー。ストレングス命!

Taizは、全国から時間をずらして到着する選手たちに、それぞれ声をかけてトップリーグで起こった事象についてコミュニケーションを図り、フィードバックしたりレフリングに対するフラストレーションを解消したりする作業に追われた。
ジャパンモードのメンタリティにスイッチを入れ替えてもらう為に、ハッキリと事象については回答をしてモヤモヤを残させない。これ単純で非常に重要な事。選手が次々に投げかける質問に個々の対応をして行くので、試合にはタイムリーに目を通しておかなければならないので、これもまた下準備がいる。

今回の合宿ではダルマゾさんもスクラム強化の為に来日。
前回来日された際に、合宿終了後に2人で新しいスクラムテクニックをディスカッションした事もあり、それが今回ジャパンでどれだけ落とし込み出来て、そしてスクラムマシーンではなく対人スクラムでどれだけ有効に使えるかが大きなポイントだった。
今回の合宿中も、トップリーグのスクラムやテストマッチのスクラムを1クリップづつ見比べて、2人きりの不思議なスタッフルームで50個以上のスクラムを、あーでもないこーでもないと言いながら一時停止&巻き戻しの繰り返しでビデオクリップを見まくった。


DSC_2227-1.jpg

また、ブレイクダウンの更なる精度アップも実践で図り、ここの部分はエディさんからの指令も「より厳しく」とのリクエストがあったので、練習の中ではかなり精度を上げてレフリングと個々へのフィードバックを行った。

最終日の練習強度は非常に高く、とても高いチームの士気で合宿を締めくくった。

もうあっという間にニュージーランドがやってくる。

ジャパンはこの2週間で個人的によりフィジカルのステップアップに挑んでもらって、より攻撃的に、より排他的にニュージーランドに仕掛け続けられるだけの準備をして欲しい。
ニュージーランドはワラビーズと一戦残っているので、ワラビーズに激しく心と身体をくじいてもらって来日お願いします。
満員の赤い秩父宮で、ジャパンサポーターが、これまでにニュージーランドが味わった事のないJapan Wayのアウェイ雰囲気で待ってますwww

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ