aspotaトップサイトマップ

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

2013年11月04日

福島へ!

G'Day mate!

二本松へ。

郡山で各駅停車の電車に乗り換え、二本松へ到着。
もう到着も深夜になってしまい、予約して頂いてたタクシーに乗り、ホテルへ移動。

ホテルへ行く途中、東北サファリパークの看板が見えたので、それまではとても静かだった車内も、それをきっかけに会話が始まった。

なかなかよそ者からは持ち出しにくい放射線の話題ではあるが、運転手さんの話しを聞いていると、実際の話は非常に厳しい。。

18歳以下の家族がいる家庭のところが優先的に除染され、その次に比較的放射線が高く出ているところの除染という順番で除染作業がなされているそうだ。
2年以上も経つ今日、除染作業が進んでいないのが現状だそうだ。
運転手さんの自宅は二本松市にあるそうだが、自宅付近の除染に取りかかったのが先月の事だったそうだ。。。
正直、びっくりした。


DSC_2631.jpg

@波江町役場。引っ越し間際でバタバタされてました。


テレビでは除染作業されているシーンが頻繁に流されたのが記憶に残っている。
それは1年前のこと。。。
てっきりほとんどの除染は終了したと思っていた。。

また、タクシーの運転手さんも、運転して行く範囲が決まっていて、バリケードに警察官がいるところから先の浪江町の方面や県北の方面は行く事が出来ないらしい。

自分の知識では、そんな事になってるのなんて知らない事が多くあり、だいぶショックを受けた。

DSC_2633.jpg


小泉さんの言う事も色々と同調出来るなぁと、ふむふむとテレビを見たりしながらも、翌日の地元の被災された方々と交流できるのが楽しみ。

Taiz

2013年11月05日

歩く人 with 波江の人!

G'day mate!


DSC_2650.jpg


震災で被害にあわれた方の健康増進プログラム。

歩く人 

のプログラムで、福島でいまだ仮設住宅に住まわれる方々と歩いてきた。

DSC_2665.jpg


今回は、多くの元気いっぱいの参加者でとても熱がある会となった。
たくさんの笑顔も見る事が出来たし、とても充実した2日間となった。


DSC_2706.jpg

安達運動場仮設

岳下仮設住宅

旧平石小学校仮設

の三会場。


DSC_2742.jpg


また笑顔を見に来たいと思います。

一日でも早く、平穏な生活の日々が送れるようになりますように心から祈っています。

Taiz

2013年11月07日

トップリーグ第7節!

G'Day mate!

トップリーグ第7節

クボタスピアーズ 30−26 コカコーラレッドスパークス

激しい80分の試合だった。
それもそのはず、トップリーグの前半節は7節で終えてトップ8チームが決まる。
どちらのグループも、3位から4位の決定が大混戦。
勝ち点の差や、得失点差で順位が入れ替わる混沌とした状況になった。

クボタはこの日、勝ち点5を獲得したものの、Canonがヤマハに最後の最後でターンオーバーボールをつなぎトライを挙げてボーナスポイントを獲得したために、クボタはセカンドステージで上位グループに入る事が出来ず、Canonは上位グループに滑り込んだ。

これからウインドウマンスに入り、チャンピオンシップをかけたAグループと、トップリーグ生き残りをかけた死闘のBグループに向けて、準備へと入る。

後半節もラグビー熱が上がりそう。

4_large.jpg

1_large.jpg


5_lrge.jpg


6_large.jpg

8_lage.jpg

@ハルも良いパフォーマンス。

9_large.jpg

@Flying referee TM


11lage.jpg


14_lare.jpg

15_large.jpg

16_large.jpg

写真は九州協会広報さまから。
あざます。

2_large.jpg

Taiz

2013年11月09日

NZ襲来!

G'day mate!

6642.JPG

リポビタンDチャレンジシリーズ

ニュージーランド代表 54ー6 日本代表

悔しい。の一言。


1025.JPG


天候も冷たい雨が降って来てハンドリングエラーを誘った。
直前合宿も8月から実質2週間もない中で、取り組んでいたことが多く出ていたと思う。

1041.JPG


セットプレーは充分に対抗出来たと思うが、ブレイクダウンやスクラムからのボール供給やアタックシェイプの接点の部分で、ユニットとしてのコンビネーションが乱れたりパスが浮いて安定しなかった事でのゲイン突破にかなり影響が出て、試合巧者で経験豊なニュージーランドの選手たちにゲームをコントロールされて行った。


1122.JPG


ブレイクダウンは日本が低い姿勢を意識しているので、そういうブレイクダウン様相になってくるのは理解出来るが、ジャパンが攻撃を仕掛け続けるフェーズでは、ニュージーランド選手は良く立ってプレーしていて、マコウにいたっては、本当にため息が出るくらいブレイクダウンワークとリアクションの早さにプレーの数が多くて嫌になるくらい。速いテンポで少し長いパス回しが出来れば一気に打開策が出来るような気がするなぁ。

1151.JPG


1128.JPG


超満員の秩父宮ラグビー場は、本当に素晴らしい雰囲気だった。
キックオフ3時間というのに大行列。
本当に赤く染まった秩父宮ラグビー場は、僕らラグビーに関わる全ての誇りであり、感動した。

1008.JPG

Taiz

スペシャルレセプション!

G'Day mate!

悔しい試合の後は、アフターマッチファンクションパーティで両協会ともに熱戦を讃え合って交流した。


14340_10153451753555641_1657120704_n.jpg


試合が終わり着替えてファンクション開始まで数時間。
ニュージーランド協会のCEOスティーブ・チューさんがマッチオフィシャルを別の特別レセプションに招待してくれたので、そちらに向かう事に。


603150_10153419081850641_1223397671_n.jpg

@アーロン・クルーデンにボスと呼ばれるTaiz(笑)

外国人レフリーとTaizと塁とで向かった先には、今回の試合に出場していないオールブラックスの選手たちが。
貴重な時間を過ごし、ファンクション会場へ。


1450080_10153452009800641_1699315629_n.jpg


ファンクションも盛大に行われ、オールブラックスのキャップ授与式や、ジャパンの選手のヨーロッパ遠征に向かう意気込みが見られて、貴重な一日となった。

1395392_10153452054585641_1206884607_n.jpg

ファンクションとその後の外国人レフリーとの交流に参加したTaizと塁は、翌日も試合が入っていたので早々に退散しました。

フォトギャラリー。

601459_10153422500400641_1554394445_n.jpg

@ダニエルさん、タイゾーさん。

1391963_10153436576460641_1824112577_n.jpg

@フランキー&Taiz

1451508_10153428983265641_304122457_n.jpg

1452169_10153451728730641_1363287379_n.jpg

@餃子パーリー。

1003233_10153451727280641_789784077_n.jpg

@初テストマッチを高級スパークリングワインで祝福してあげました。


1467482_10153451725060641_2105406879_n.jpg

@ハーフタイムにマッチオフィシャルトーク。内容はスクラムハーフの反則について。

74927_10200115691254826_16583791_n.jpg

@お面で応援してくれた熱狂ファンのチージョ軍団。


1462997_10200115691534833_1278214521_n.jpg

@塁もタジタジ。


Taiz

2013年11月12日

関東大学ラグビー!


G'Day mate!


IMG_1238.JPG


関東大学ラグビー対抗戦

帝京大学 40ー31 早稲田大学

IMG_1282.JPG

連日の大観衆となった秩父宮ラグビー場。
今日も約2万人の大観衆が大学ラグビーのビッグマッチを観戦した。

IMG_1226.JPG

@37さんサンキューベリマッチ

前日の雨、テストマッチで個々の体重100キロの30人が死闘を繰り広げた翌日の秩父宮ラグビー場は、非常に良い天気となり、グランドの荒れ方もさほど気にはならない絶好のコンディションとなった。

IMG_1371.JPG

両チーム共にステップアップ出来た試合内容となった。
本当に両者ともに規律がとても高く、自分がこれまでレフリー担当した大学のトップ試合では間違いなく一番の強度とディシプリンのバランスが取れた試合だったと思う。


IMG_1288.JPG

試合を通じてセットプレーが安定していた為に、ゲームがしまった。早稲田大学の創意工夫とプレーの質を追求する姿がとても良く見えて、帝京大学のフィジカルの一貫性とスタイルへのこだわりが強く見える80分だった。
後半31分には早稲田が追いつき26−26の同点。


IMG_1306.JPG

ここから差が出た。
プレーの一貫性と選手たちの厳しい試合の経験値。自信を持っている方にスコアは動く。
帝京の選手たちはたいしたもので、残り10分を過ぎた場面で追いつかれる展開になると、追いついたチームは勢い付き、追いつかれたチームは浮き足だってプレーオプションが変わり易くなるが、全くプレーを変えず接点で厳しさを増しボールランナーがより強いボールキャリーをして突き放した。

IMG_1307.JPG

この試合、総じてゲーム様相が現代トップラグビーに近づいた。

IMG_1312.JPG

80分間通じてポジティブなメンタリティでブレイクダウンの攻防も激しくターンオーバーが起こり、ゲームの起点が移り変わりながらの攻撃ラグビー。そしてセットプレーのコンテストも激しく、スクラムもお互いに良くチャレンジしていた。


IMG_1315.JPG


試合後にわざわざエディさんからもコメントがあり、エディさんがこれまでに観た日本の大学ラグビーでのベストゲームだったとの賞賛を得た。


IMG_1322.JPG


選手たちの対抗戦での更なるステップアップ、そして大学選手権でのもう一つ上でのステップアップを期待。


IMG_1343.JPG

将来の日本ラグビーの宝の選手たちの中でレフリー出来た事に感謝。


IMG_1388.JPG

IMG_1266.JPG

@Flying referee TM


IMG_1298.JPG


IMG_1365.JPG


IMG_1367.JPG

Taiz

2013年11月14日

試合の後は!

G'Day mate!

大学ラグビーをレフリーした後は、関東レフリー恒例の反省会。
僕らはレフリー下っ端の頃から、ずーっとこのしきたりの中で活動している。
楽しい時もあれば、辛い時もあり、泣きたくなるような時もあれば、自信がつく時もある。

1393265_10153453684145641_1209499875_n.jpg

@rui & NEC fujiuchi & Taiz

以前は、秩父宮ラグビー近くの喫茶店で、大師匠のトップレフリーたちの試合振り返りを一言も発さずに聞き続けてた。
数年前になるとベローチェで、トップレフリーの方々と起こった事象についてのディスカッション。お酒も入らず結構なディスカッションになってたなぁ。
外苑前の駅近くにある釜飯のお店に毎週のように行ってた頃もあったし、おそば屋さんの二階に行ってた頃も。焼き鳥屋さんの常連だった頃もあってなつかしい。

最近では、地下の中華屋さんが多いかな。

996639_10153452122945641_2125362475_n.jpg

@特大!


しかし、この数年間で様々な理由があり、関東での開催も関東レフリーでまとまってレフリー割り当てがされる事が少なくなり、関東協会同士のレフリーが主要試合を担当する場合でも、非番のレフリーがスタジアムに足を運ぶ事がほとんど無くなっている。
若手のレフリーがライブで試合にトップレフリーが準備していく姿を見る事も無くなったし、試合後にレフリーからの試合感想を聞く機会もなくなっている。


1001268_10153452099845641_1848094031_n.jpg

それでも毎週のマンデーミーティングで関東レフリーの活発な意見の交換の場があるので、主要レフリーにはなにかと情報は回るが、なかなか寂しいなと思う。

1391483_10153452162995641_1291142255_n.jpg


この日は、2試合あったので、1試合目をレフリー担当した者以外は、みんなで試合後に関東協会行きつけのビルでワイワイと美味しく反省会をした。

みんな面白い。

1467247_10153453686285641_332956378_n.jpg

職場での珍事や、以前の試合での珍事、プライベートでの珍事の数々。
みんな珍事の宝庫。

みんな食べ過ぎて、ハフハフ言いながら帰宅した。

1463594_10153452075660641_72232372_n.jpg

@実は一軒目でスペアリブ。


まだまだシーズンはこれから佳境、知識と食べ物で栄養つけて頑張ろう。

Taiz

2013年11月15日

歩く人 in 富山!

G'day mate!

秩父宮から新幹線に飛び乗り、富山に到着したのは深夜。

富山市役所が協賛しての歩く人の為に、雨の富山入りした。

DSC_2979.jpg

ホテルに到着すると、コインランドリーを探し洗濯開始。
もう随分夜中になり就寝。仮眠!?状態だったが、朝7時に部屋の電話で飛び起きた。

「フロントです。」

大西一平さんの声で起こされて、5分後にはホテルを出発。

DSC_2950.jpg


市役所で、受付や準備を済ませて、17キロの歩く人開始。

DSC_2959.jpg


僕はボランティアで、チェックポイントを目指す方々への道案内係。
参加された大勢の歩く人たちは、富山市内の名所や美味しいものを頂きながら、皆さん無事に完歩されました。


DSC_2962.jpg

@K2デザインのながともさん。


東京からも著名人が多く参加されて、おもしろ楽しい一日だった。


DSC_2969.jpg


歩行機を推奨される方々も団体での参加。
この歩行機は、現在、リハビリテーションでは注目されていて、松葉杖やステッキよりも歩行リカバリーのスピードが断然速いんだって。

DSC_2967.jpg

DSC_2978.JPG

富山市役所の皆様、ご当地グルメにも連れて行って頂いたり、いろいろな富山のお話を聞かせて頂いてありがとう御座いました。また機会があればよろしくです。


DSC_2971.jpg


DSC_2974.jpg

DSC_2975.jpg


Taiz

シンガポールへ!

G‘Day mate!


DSC_3026.jpg

テストマッチの映像を遅ればせながらネットでダウンロードしたやつのレビュー整理。
朝6時には自宅を出て、激込みの高速道路をバス移動して、少々遅れて成田空港へ到着。
スムースにチェックインして、シンガポールへ出発。

飛行機は787。いいね。


DSC_3028.jpg


パシフィックリム

ずっと映画館に行けなくて結局見逃した映画。
なかなか良いコンセプトと、ザ・SFで良い感じ。

マコの子役時代。やっちゃったぁーって感じ。。。
マコじゃなくて、マナだろぉーーー。
本物のキャラ先行型は映画になじめない完全なミスキャスト。映画の自然な演技と言うより、子役オーディションもしくはミュージカル系の一生懸命演技感が全快。
その、普通の子どもからかけ離れたリアル感のない”一生懸命演技感”が彼女の価値なんだけど、共演者ガン無視の自分演技がハンパなかった。。

最後の"ウェア イズ マイ ガッデム シュー!”はいらない。。。


DSC_3029.jpg

2ガンズ

とっても面白かった。
普通に良い映画。

デンゼル・ワシントン良い感じ。
ストーリー中ずーっとどんでん返しはなかなか良い。
裏切りの裏切りの罠をハメ合うのってアクション・サスペンス映画の定番になってきたなぁ。

と、言う事で、パソコンと映画のながら族でシンガポールに無事到着。


DSC_3032.jpg

空港に到着すると、事前にシンガポール協会からは迎えは来ないと連絡来ていたので、1時間違いでシンガポールに到着した大槻レフリーと合流し、ホテルへタクシーで向かった。
彼はいつも同じどこのメーカーか分からない青いポロシャツを毎日着てるんだが、この日は赤いポロシャツでホッとした。どこのメーカーか依然わからないけど。

シンガポールの外は、夜でも気温が28度あるので、昼がぞっとする。

Taiz

2013年11月20日

アジア7s 最終戦!

G'Day mate!

ARFUセブンズ アジア7’sシリーズ最終戦シンガポールラウンド。

最後の最後まで激戦続きだった。

9月のマレーシアラウンドから始まり、10月のタイラウンドとインドラウンド、そして今回のシンガポールラウンドで、アジアチャンピオン決定と香港セブンズへの出場権を争うシリーズとなった。

大会の前日は、暑さに慣れる対策と、とても長ーいミーティングがいくつか。


DSC_6094.jpg

@ひなPさんきゅー。


第1日目は、Taizの出番は何とたった1試合。。。
一日に12試合しかないのに、レフリーが8人も来てる。。しかも、アジア協会がなのかシンガポール協会がなのか分からないが南アフリカ協会と交流していて、南アフリカ協会のレフリーが先週行われたクリケットクラブセブンズから1週間延泊して、アジアセブンズのレフリー陣に入ってるし。。


DSC_6130.jpg


第1日目 レフリー担当

香港 36−0 シンガポール


DSC_6101.jpg

第2日目は、ノックアウト方式と言う事でヒートアップ。
Taizが参加していなかったマレーシアとタイ大会では香港のコーチングスタッフがシンガポールレフリーに暴言を浴びせたと言う事で大問題に。インド大会では、これまた韓国コーチが同じシンガポールレフリーに暴言を浴びせ大会出場停止処分に。これらの事があり、日本のコーチングスタッフも含めて非常にナーバスになり、ストレスを全面に出しながらの難しい大会展開となった。


DSC_6140.jpg

第2日目 レフリー担当

カップ準々決勝

韓国 33ー5 中華台北

カップ準決勝

香港 28−5 韓国


割り当てを見ると、これまでの大会で気難しいチームを順番に当てられた感が強いけど、大事な試合を任せて頂けるのは光栄。

580794_10151985176500189_1006616687_n.jpg


我らがジャパンも、いまや宿敵となってしまった香港を24−19で破り、アジアシリーズ優勝と香港セブンズ出場を決定した。

大会が終わると、僕と大槻レフリーはフライトが夜中なので、ファンクションパーティには出る事が出来ず、近くのレストランで軽く食べて空港を目指し、無事に帰国。

次のアジアの大会は半年後。

アジアのラグビー万歳。

Taiz

2013年11月22日

サテライトin相模原!

G'Day mate!

先週の土曜日は、サテライトリーグのアシスタントレフリー担当をしに相模原へ行って来た。
今年のサテライトリーグの割り当ては初めて。ウインドウマンスには、トップリーグのチームもゲームタイム(コンタクトフィットネス)が必要なので、ある程度のゲーム感をキープしておくためにはとても大事な試合となる。

試合は、変則的にノンコンテストスクラムで行われた。
やはりスクラムコンテストがないとラグビーがすかすかになってしまう感があるなぁ。

と、試合は、一方的な展開になった。

NECグリーンロケッツ 67−7 三菱重工相模原ダイナボアーズ

NECは一本目の選手をずらりと並べてペースアップ。トライを取り始めたら良いペースでトライを量産した。

三菱の外国人たちはベンチで仲良く見学。

IMG080.JPG


試合後には、世界1のスタンドオフのビーバーとぱしゃり。
とっても久しぶりに会ったが、"MO"=ヒゲが素敵でした。
という事で、Taizと2人でお揃いのMOで。

DSC_3393.jpg

@チューボーですよの”街の巨匠”とパチリ。


試合が終わると、九州の前田レフリーが夫妻で来ている事を聞きつけ、帰宅途中に合流。
いきつけの宮崎料理屋さんに連れて行って来た。

DSC_3383.jpg


DSC_3385.jpg

DSC_3386.jpg

@気仙沼とも深い関わりがある宮崎・南郷のかつお


DSC_3388.jpg

@チキン南蛮


DSC_3391.jpg

@締めは冷や汁。


まだまだシーズンはこれから深まって行くので、切り替えしながら行こう。

Taiz

2013年11月23日

国会議員ラグビー!

G'day mate!

秩父宮で行われた奥氏の追悼試合、恒例の国会議院ラグビーに行って来た。

秩父宮はいい天気。
議員の方々や海外大使館の方々が次々にグランドに表れ、それぞれにウォームアップや奥さんの話しをされていた。

試合は20分×3本で行われた。
Taizは2本レフリーを担当したところで、一緒にプレーしようと誘われ、最後のハーフはプレーヤーとして参加させて頂いた。


IMG_0176.JPG

僕のプレースタッツは、こちら。

プレー時間:11分
タックル回数:5回
タックル成功率:100%
ボールキャリー:80m
ラッククリーンオーバー:3回
パス:2回

やはりコンタクトフィットネスやってないので、衝撃での体力消耗はハンパない。
で、ボールキャリーも、抜きにかかるイメージじゃなくてパスありきのランだから消極的。

元神奈川県知事の松沢さんがとっても元気で上手でびっくり。
中谷元防衛庁長官も元気で、清宮さんとラグビー出来たのも良い想いでになった。

試合が終わると、協会の2階でファンクション。


IMG_0184.JPG


現在、新国立競技場の新設にまつわる経費や形状で色々と意見が出ているが、ワールドカップやオリンピックを成功させる為に、先進国に8〜10万人規模のスタジアムがないというのは、国際常識としてもはや当たり前の事。
2019年や2020年になれば、10万人超えのスタジアムも世界には出没始める事は間違いないので、日本が知識に乏しいがために恥ずかしいような事にならないように願うばかり。

Taiz

2013年11月27日

ダブルヘッダー!

G'Day mate!

先週は、基本的にビデオ観まくり。時間が何時間あっても足りない。あと、日本で放映がない試合を探すのに本当に苦労する。。
合同練習が二回入り、NECvエヌコム、東芝v釜石シーウェーブスと良いセッションをやってきた。なかなか良いクオリティだったので、自分自身にとっても良いトレーニングとディスカッションになった。

土日は、関東協会の割り当ても頂いてダブルヘッダー。

BZxASUQCYAABkUk.jpg-large.jpeg

@サンキューYou&Meさん

トップリーグ サテライトリーグ
@Canonグランド

Canon 36−33 豊田自動織機

前半から規律が乱れた自動織機に立て続けにイエローカードが2枚出る展開でスタート。
両チームともにセブンズから戻った、坂井、橋野、原田選手たちがキレのあるプレーで活躍。
前半はCanonが突き放し、楽勝ムードに見えた。
しかし、豊田自動織機はボールを積極的に動かして、残り1分で逆転に成功。31−33とした。Canonボールのキックオフ失敗から、豊田自動織機ボールスクラムで再開したが、ボールアウトした時にはすでにタイムアップ。これをタッチに出さず攻め続け、敵陣で痛恨のペナルティ、この後、数分プレーは続き、右端にCanonが逆転トライ。

DSC_3553.jpg

@この日も全力サポートしてくれたDa-Yamaさん&Taiz

トップイースト
@駒沢陸上競技場

横河武蔵野アトラスターズ 51−19 釜石シーウェーブス

本当に久しぶりとなるトップイーストのレフリー割り当て。隣りでラーメンフェスティバルしている大混雑をかいくぐりながら久方ぶりの駒沢へ向かった。
とても良い天気となり激走日和。

試合は、両チームともに積極的に展開してグランド全体を良く使うラグビーに。
セットプレーも比較的に安定したので、ゲーム自体は良い構造となった。
規律の部分では、試合前から少し懸念していたところがあり、実際にそうなったのは少し残念な気がしたが、総じてラグビーへの情熱があるエネルギーのある好試合だったと思う。
自分としては、ゲームへの適用バランスを意識して臨んだ。アドバンテージ成功率は14アドバンテージオーバー/18回 = 78%ととても高い数値だったので、良く見えていたと思う。


DSC555.jpg

@1300円って。。。


試合が終わると、超特急で成田空港を目指し、分刻みスケジュールで滑り込み。
1人でターミナル1のとってもマズ美味い高級カツカレーで、1人決起集会を開催して飛行機に乗り込んだ。

Taiz

2013年11月29日

グアムなう!

G'Day mate!

ただいまグアム。

3時間強のフライトであっという間にグアム到着。

暑い。。

到着すると、迎えにきてるはずのホテルタクシーが来てない。。
それもそのはず、夜10時過ぎに到着したのに、ホテルのタクシーは僕が夜中1時に到着すると思っていたようだ。。
と、言う事で、少しボッタクリのタクシーに乗り込み、ホテルにチェックイン。

IMG294.JPG


イミグレーションを通るところで、ハッと気づいた。
あ、グアムはUSAだったんだった。


image.jpeg


と、駒沢の試合で、レフリージャージをレフリールームに置き忘れてきて、アシスタントの自宅で干されてるとのこと。
ベンチのある部屋もどうかと思うけど、心無しか部屋干しも強く見える。

Taiz

2013年11月30日

スパムむすび!

G'Day mate!

グアムに到着すると、ミーティング連続。

グアムの空気の流れに乗って、のんびりとのんびりとしてるんだけども、逆に短い時間で出来る事に時間がかかりすぎるのは、ストレスがかかったりするもの。

IMG_0302.JPG

@ビーチ近いのに行ってない。。。


Taizを派遣した元とグアム協会との連絡が上手く行っていなかった為に、自分のレベルで事前連絡しておいた分については出来ていたんだけど、大前提の部分の準備が出来ていなかったので、その施設の下見や交渉で時間を費やした。

研修会場と研修内容と研修スケジュールの3つの調整。

大変なのである。


IMG_0312.JPG

@アメリカにいる実感


スパムむすびが見えたので食べてみた。

まずっ!!!!!


IMG_0300.JPG

@とにかくご飯がまずい。。おにぎりは吐きました。。


Taiz

グアムレベル1!

G'Day mate!

IRBレベル1コース無事に終了。

コース会場は、以前トニーローマがあったレストラン跡を使わせてもらえる事になって、とっても良い研修会場となった。

IMG_0314.JPG

グアムで研修をやるときはとてもユニーク。
グアムでのラグビー人口はそう多くなく、その中でもレフリーに興味があるのは、また限られて来る。しかし、この協会は、現役の代表選手がレフリーに興味を持つ。
おもしろいよね。


IMG_0320.JPG

で、英語圏なのでワークショップやディスカッションはとってもスムースに進むし、会話をさせるとしっかり話が出来る参加者ばかりなので、本当に進行が早い。


IMG_0324.JPG


ディスカッションとプレゼンテーションの能力は、僕がこれまで研修会を運営した中でもかなり質が高い。

色々とレフリーの基本知識を1日でたたきこんで来たので、脳みそが沸騰するかもね。

IMG_0333.JPG


Taizも脳みそフル回転。
人に考えさせて、色々と変えさせていくというのは、本当にエネルギーがいる。

Taiz

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ