« 試合前日! | メイン | ドバイ→韓国! »

A5N 開幕!

G'Day mate!

2014−15シーズンのアジア5カ国対抗はディビジョン1から開幕!

光栄にも開幕戦をレフリー担当させて頂いた。

DSC_0178.JPG


アジア5カ国対抗ラグビー ディビジョン1

シンガポール 30−13 UAE


DSC_0185.JPG

日中のドバイは気温38℃近くあると言う事で、直射日光があたり始めると40℃近くまで上昇。それでもまだ涼しいそうで、あと数週間経つと40℃を越えてくるらしい。
と、言うことで、キックオフは19:30。
会場はIRBセブンズでおなじみの”ザ・セブンズ・スタジアム”。ホテルと会場がとても遠いので、通常よりもかなり早くホテルを出発。

DSC_0174.JPG


ただ、この日違ったのは、第2グランドで試合をして、メインスタジアムはウォーミングアップで使用。
変な感じでしょう。

両チームのブーツチェックを終えて、トス。
トスに勝ったのはUAE。UAEはキックオフを取った。


DSC_0200.JPG


試合が開始すると、両チームともに特色の出る展開となった。
アタックシェイプを使ってアタッキングラグビーを目指して早いボール展開を目指すシンガポールと、セットピースとドライビングモールでプレッシャーをかけて行くラグビーのUAE。
シンガポールは、ボールポゼッションは取れているんだが、コンタクトが軽いためにどんどん下がっていく。。クイックボールをアピールしてくるんだが、シンガポールのSHがブレイクダウンに到達するのが遅くなっているし、タックルエリアがUAEに圧倒されている。。

DSC_0215.JPG

@自分の強みを出してのレフリング。


UAEの方は、スクラムとラインアウトからのドライビングモールが炸裂。
ペナルティも取れて、ドライビングモールから反則の繰り返しでシンガポールにシンビン。戦術的には非常に有効にラグビーが出来ていた。

前半をシンガポール19−12UAEで折り返し、後半はシンガポールにテンポが出てきた。
UAEのアンダープレッシャーキックから、シンガポールがカウンターアタックで一発トライ。
逆にUAEは、自分たちの強みをやりきるフィジカルが足りずに、ペナルティゴールを再三狙うもキックが外れてしまい、ゲームのターニングポイントを手放して行った。


DSC_0217.JPG


試合が終わるとクラブハウスでファンクションパーティが行われ、アジア協会の問題で今年は1テストマッチしか試合が組めない両チームは、ワイワイと交流していた。
試合を何試合か続けて競技力が向上するので、1試合しかテストマッチがないのは、本当に残念。。

ディビジョン1の他の試合は、カザフスタンv中華台北が香港で行われる予定。
これまた、カザフスタンのビザ問題、中華台北の選手が中国本土の方へ渡航してくるのか、という難題をクリアしていかないと行けないね。

サイティングも特に無く、クリーンなラグビーで開幕したアジア5カ国対抗ラグビー。
次は、我らが日本も参加するトップ5が始まる。

Ta120

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ