« ジャパンセブンズ2014! | メイン | きむたく! »

サモア戦!

G'Day mate!

日本代表 33−14 サモア代表

久しぶりに対戦した重くて強い相手に対して完勝。
ワールドカップ最終予選の位置づけでゲーム難易度としては難しかったものの、アジアの格下相手でスキルとフィジカルが低い相手と対戦していたので、毎年の事ながら、このようなフィジカルチームと対戦する1戦目は、本当に難しく危険。
この試合でコケると今後の強い相手にはずっと苦戦してしまう大きな危険性がある。

10418935_1427974977466032_9051129853005972267_n.jpg


実際に、この試合前の練習では強度と規律が上げ切られずに、今回のようなゲームインテンシティが高い試合では試合内容に影響していた。
ただ、これまでと違うのは、若手を積極的に合宿に呼び続けた事もあって、本当に層が厚くなった日本代表になった。

サモア代表はセブンズの選手や国内の選手たちが多く、1本目とは言えないチーム。
それだけを見ると勝って当たり前のように思う人もいるが、日本代表もスーパーラグビー選手たちやシニアの選手たちが多く怪我で出てなかった。


10310555_1427975337465996_4868403413648551030_n.jpg

@試合中にサモア入れ替え担当とサモアマネージャーが一触即発状態に。試合後、僕の方から丁寧にルール説明をさせて頂いて、事無きを得ました。こういうのも経験値と人脈がものを言う。


リスタートプレーとブレイクダウン精度はまだ向上する事が出来るので、それに伴ってユニットのコンビネーションが深まってくれば、ゲームテンポも上がるだろうし、強度の高い難しい時間帯を耐えられるチーム力やゲームマネジメント力が上がって来るはず。

色々とディフェンスやセットプレーの安定も良い所が見えてきてるので、楽しみが多いチームになってきた。

10433888_1427975427465987_9165102793780434637_n.jpg


と、今回の試合は、アイルランドのチームオブスリーが担当した。
この3人は、みんなそれぞれが州協会と契約するラグビーディベロップメントオフィサー。
アイルランド独特の仕組み。
アシスタントを務めたマイケルは、ユースチーム育成も担当しているので、この国際試合を最後にレフリーを引退された。
事前に情報を知っていたので、僕からささやかなサプライズ。
試合後にちょっと高めのシャンパンを開けて、スタジアムにいたレフリー関係者で引退セレモニーをやってあげた。
マイケル、泣いてたね。

日本でレフリー最後の良い思い出になって、また将来に向かって強い絆が出来ればと思う。

Ta120

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ