« ジャパン合宿! | メイン | ASICS シューズ! »

vsイタリア!

G'day mate!

僕自身の夢がまた一つ叶った瞬間。

IRBランキング トップ10入り。シックスネイションズチームを倒して。

日本代表 26−23 イタリア代表


10500586_10201266219537314_179021242038536116_n.jpg

IRBはランキングが時期によって変動するので、不動のトップ10入りという位置づけではないが、この日を待ち望んで毎日のレフリー活動をして来た。

僕以前の国際レフリーの先輩たちの時代もそうであって、2005年から国際ラグビーに飛び出した自分自身が海外で感じた事、そして、日本ラグビーが早急に取り組まないとならない必要な事のいくつかの事に、日本代表が強くなる事があった。
詳しくは書かないが、レフリーが国際レベルで本当に認められる事と日本代表が強くなる事は間接的につながっている。


10475994_10154269611465641_6350032589681069822_n.jpg

この春シーズンのジャパンの成果は、日本ラグビーの歴史の中では非常に重要だと思う。

ワールドカップアジア最終予選 全勝優勝
アウェイでアメリカ・カナダに連勝
サモア代表に勝利
イタリア代表に勝利
今季テストマッチ全勝(練習試合vAPDがちょっと悔やまれる)
テストマッチ10連勝


という結果だけでは無く、本当に層が厚くなったし、戦術の深みが見え、スーパーラグビーで活躍する選手たちも経験浅い選手たちのベンチマーク引き上げにとても良く影響していると思う。
一日も早く「ディベロップネイションズ」という首輪を外す事が大切で、いつもどこかの協会や誰かに依存して教えてもらう立場でなく、しっかりと実力を認めてもらった上で対等に切磋琢磨出来る日を送れると本気で思っている。

その為にも適性を揃えて、強みを持ち、機会に備える事が大事。

今回のジャパンのトップ10入りは、その可能性をしっかり自覚する事が出来て、本当に心から嬉しい。

DSC_0942.jpg

@試合前のルール運用の打ち合わせは暗号のよう。非常にトリッキーケースの打ち合わせ。


国際シリーズはひとまず終わり、自分自身も出来るサポートとマッチオフィシャルとしての力は充分にグランドパフォーマンス発揮出来た良いシリーズだったので、夏に向けての色んな準備を始めよう。

トップリーグが国際基準に近づく事。
レフリーの僕らはより国際基準に近いレフリングをA・A1グループ一貫性を持ってチャレンジする事。
特に、大きな注目度の高い試合ではイビツなゲーム様相もなく、ルール適用の正確性を高めて、インプレーの長くコンテスト局面の多いラグビーイメージにして行く事が大切だと思う。

士気は高く、気を引き締めて行こう。

ジャパン勇士のハードワークとハイパフォーマンスに感謝。


DSC_0943.jpg

@マウロはイタリア代表100キャップおめでとう。グラッチェ。

Ta120

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ