« なんですとー! | メイン | Mミーティング開始! »

大学選手権決勝!

G'day mate!

全国大学選手権大会 
ファイナルステージ決勝

帝京大学 50−7 筑波大学


IMG_2486.JPG

日本代表ヘッドコーチのエディさんもこれまでの大学ラグビーの中でゲーム強度/ゲームテンポ共に最高と称したような、とてもフィジカルなゲームとなった。


IMG_2409.JPG

レフリーとしては、ゲームの質が向上出来るように集中していけるくらい、両チーム共に選手たちがとても規律高く、ファウルプレーが全くないポジティブでクリーンな試合となり、全ての選手たちに感謝。

IMG_2425.JPG

ブレイクダウンの総数も187回と大学ラグビーでは非常に多いコンタクト数。インプレーも35分を越え、ゲームのテンポも良く、両チーム共に多くのラインブレイクをし、グランドいっぱいに広くラグビーをした80分感となった。


IMG_2398.JPG


ブレイクダウンの様相も、両チーム共に良く立ってプレーし非常にポジティブだったので、ブレイクダウンターンオーバーは帝京11回、筑波4回と多くボールコンテストをしていた。一般プレーのターンオーバーも帝京9回、筑波6回とゲームの攻守が変わる機会が多く、両チーム共に狙ってチャンスを創り出せていたのは、大学レベルでは非常に高い次元だったと思う。


IMG_2442.JPG

両チーム共に、80分間からだをぶつけ合った事、お互いに創意工夫が見られた事。
2019年に向かって主軸に入って来るであろう選手たちは、レベルアップ出来ただろう。
まだ日本選手権がある両チームなので、またコンディションを整えて、社会人チームに学生らしさを見せて闘って欲しいと思う。

IMG_2500.JPG

大学選手権決勝のスタジアムとして馴染みのない味の素スタジアムに来場頂き、大きな声援をかけてくれた方々に多大な感謝をします。
また、素晴らしい80分間のグランドに立てる機会を得る事が出来た事を光栄に思い、支援してくれている全ての方々に心から感謝します。


IMG_2551.JPG

@良いチームオブ4でした。

試合が終わると、急いで大阪へ移動。
新幹線の中ではすでに足が固まり始めて、大阪のホテルに着くと、リカバリーのおにぎりを食べて、翌日はトップリーグ最終節のアシスタントレフリーを担当。

DSC_3762.jpg


試合が終わると、夜遅くに帰京し、カチコチの身体で充実した一週間が終了。

2015-01-11-23-09-40_deco.jpg


Ta120

CーLINK インターナショナル
http://www.bioion.net/

カンタベリー・オブ・ジャパン
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

アシックス
http://www.asics.co.jp/

http://www.f-gear.co.jp/

http://www.musashijapan.com/

アスポタ